英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

晩夏のバカ!ww

2017-08-31 | 日記
新学期も始まり、仕事は夜時間にシフトする。
だんだん忙しくなってきた。
インドメタシン配合湿布を貼りながら(涙)日々仕事に家事に勤しむ。


国立博物館や智積院のすぐ近所に、新しい甘味処ができていて、それは人気だと聞いていた。
インスタグラム、恐るべし。ww
かき氷の季節の間に、行ってみたいなと思っていた。


家で仕事をしていると、メールの着信がある。
開けると・・・

私の食べたかった、かき氷ですっ!!
先回りしたのは、家族ですっ!!







近くて遠い、かき氷
もう直ぐあなたも、店じまい
次はいつごろ、出会えるの?
それまで溶けずに待っててね♪

などと、ゴチながら、仕事を続けたのであった。


今朝の京都は「晩夏」という名にふさわしいすてきな風の吹く夜明けだった。
それはそれで、夏の終わりのなんとも不思議な寂しさを感じる。

けれどね、裏切るのが京都の天気なのです。

昼まえには、ありえない湿気どす。涙
夕方まで、そのまま蒸し風呂どす。涙

晩夏のバカッ!!









コメント (4)

ピーナツブリトルと、てふ。

2017-08-30 | グルメ
皆既日食を見に米国大陸に渡った方から、お土産を頂いた。
噂のピーナツブリトルだ!
南部で人気だと聞いていた。
日本で買うと、べらぼうに高いんですって。
現地では普通の値段で売られているのだけれど。

悔しいことに、私は食べたことがなかったのだ。




一口食べて、気づく。
これは、禁断の食べ物だ!


「食べてはいけない。」と理性が叫ぶ。
「食べちゃいなよ♪」と本能がささやく。





だってね、考えてもみてください。
ほぼ、ピーナツと砂糖、それにバターで出来ているんだから。
カロリー表示なんてしちゃったら、絶対に売れない代物です。


1口食べて、ため息をつく。
ブリトルから距離を置く。

吸い寄せられて、2口食べる。
ブリトルから距離を置く。

吸引力に負けて、4口食べる。
ブリトルから・・・って、数列かよっ!!涙


ということで、あっという間に美味しくいただいてしまったのだ。



ところで、某S画伯から、メールが届いた。
栗吉の擬態を見つけたんですって!

ふんっ!!!









コメント (6)

静かな夜に、どうぞ。

2017-08-29 | 日記
今日も、お風呂の後、インドメタシン配合の湿布を貼りまくる。ww

いや〜
気持ちいいのです。
本当に、もっと早くに貼っときゃよかった。ww

体のメンテナンスが大事だなんて、正直、あまりよくわかっていなかった。
若い頃から運動が苦手で、運動をしないから、逆に、怪我も骨折もしたことがない。
だから、古傷が痛むこともない。
(心の「古傷が痛む」ことはあってもね。ww)

ありがたいことに、それでなんとかなってきた。
ストレッチ?
なにそれ?
だなんて、なんて膨満、じゃなくて、暴慢な人生だったでしょう。
と、湿布を貼りながら、しみじみとする。

湿布じゃなくて、ストレッチをもっとしろって?
分かってます。
やるときゃやるんですっ♪

なのに、あちこちから、面白い動画をどんどん教えてくださるから(誰も頼んでないのに。ww)やっぱり見なきゃならないし、いったいどうなることやら。ww




栗吉が行方不明だった頃、ひとりで延々と聞き続けたアルバムがある。
AROMAという、ヒーリングミュージックだ。(音が出ます。)
(これについては、以前に一度書いたことがあったかもしれない。)
ここに貼ったのは、各曲の出だしだけを集めたものだけれど、このアルバムに、それはそれは癒された。


それ以来、何千回聞いたことだろう。
栗吉が戻っても、1年くらいは聞き続けていた。

今はもう、聞くことはほとんどない。
けれど、一人で起きている夜に、聞きたくなる時がある。
聞いていても、その当時の状況は思い出さない。
ただただ、癒しを求めていたことだけが、思い出される。


それがね、ひとつ、とっても残念なことがあるのだ。
今では、このアルバムを聞くと、1曲目が終わらないうちに、寝てしまうのだ。笑

静かな夜に、どうぞ。









コメント (10)

湿布の効果とつちのこ効果

2017-08-28 | 日記
体の軋みは、軽いストレッチと、マッサージ機と、湿布薬のおかげで、劇的に改善した。
特に、湿布薬がこれほど効くなんて思いもしなかった。
というのも、元々湿布にかぶれることが多くて、だんだんと使わなくなっていたのだ。

今回は大丈夫どころか、ほんとうに気持ちがいい。
「大人」になって、皮膚も「厚顔」になった?笑

とはいえ、午前中仕事をした以外は、家を出ずに、1日、動画を見たり、料理をしたりして過ごす。
とうとうCRIMINAL MINDSもシリーズ10のストーリー21まで来てしまった。
シリーズ11をなんとか探して見終えたら、動画を卒業するつもりです、本当です。
読み始めて2ヶ月以上かかっている「みかづき」もきちんと読了したいのだ。
凄い!凄い!と思いながらも、刺激的な動画に流れてしまった。



ほんの一時の蜜月のあと、我に返ったらしくて、遠くからガン見するさくら。 涙




いろいろあって、拗ねる栗吉
つちのこですって?
・・・おっしゃる通りなんですけれど、このつちのこが、心身に一番効くのです。ww







コメント (11)

パクチーモヒートは腰痛には効かない。涙

2017-08-27 | 日記
土曜日、朝から仕事で出ていた。
体調はあまり良くなかったけれど、仕事をすればシャキッとすると思っていた。

一息つくと、もう2時を過ぎている。

お昼に何を食べようかな。

そういえば、近くに、新しいタイ料理屋さんがあったぞ♪

いそいそと、お店へ急ぐ。

昼ごはんの時間を過ぎていたけれど、まだお客さんは多い。
けれど、広々としていて、なんだか美味しそうだ♪

追加のパクチー1皿50円♪
うきうきと、ワンプレートランチを注文して、メニューをもう一度眺める。
パクチーモヒート!?
仕事も終わったことだし、1杯くらい飲んでもいいよね?
いいな、これも頼みましょう。






ゆっくりとご飯を食べる。
それは心落ち着く時間だったのだ。


けれど、自宅に帰ってみると、やっぱり腰が痛い。
背中と肩も痛い。
とにかくあちこち痛い。涙

疲弊して、ベッドに横になる。
パクチーモヒートじゃ、効かなかったのね。涙
ネットで調べると、やはり腰痛や背中の痛みは、ストレッチをするのが一番ですって。
いろいろ、アドバイスいただいていたのに、生来の運動嫌いのせいで、この有様だ。

そのまま、夜まで寝ていた。
そばには、もちろん、癒しのてふ。




これから本気でストレッチをする予定、なのである。涙


コメント (8)

黒猫のおみやげ

2017-08-26 | グルメ
夫が、なにをとち狂ったのか、黒猫をおみやげに買ってきた。
電車の中で、両膝の上に大切に乗せて、しっかり守って帰ってきたそうだ。

黒猫!!
愛すべき黒猫!!!

福吉や
ちょび吉や
やっと姿を変えて戻ってきてくれた・・・のよね?

あれ?
違う?


なんだかみんな、あらぬ方を向いている。涙


尻尾は、ふつうの巻き尻尾?ww



丸い黒猫は、チョコレートのムース。
大きな黒猫は、チョコレート生地のロールケーキ。
可愛い♪ 可愛い♪ と言いながら、家族で美味しくいただいたのだった。

けれど、いつか、福吉やちょび吉の生まれ変わりの黒猫が、食べられない本物の黒猫が、うちに来てくれるのを待ち続けている。

勿論、今いる猫も、心から愛しつつ。







敬愛する「くるねこ大和」のくるさんの、愛猫「とめちゃ」が亡くなりました。
心から哀悼の意を表します。

コメント (6)

551の豚まん、じゃなくて、アイスキャンデー♪

2017-08-25 | グルメ
551蓬莱の豚まんといえば、関西人のソウルフードだ。
買って帰るときに、かなり匂うけれど、関西人なら、許してしまう。ww


(HPより)

私も昔は大好きだった。
それがどうしたことか、だんだん食べられなくなった。
年のせいで、とうとう焼きが回った?涙
それでしばらく、蓬莱とはご縁がなかった、のだけれど。

551のアイスキャンデー」という、これもまた関西人のソウルフード?wwがあるのだ。
吉本の芸人さんたちの強烈なコマーシャルは(違った意味で強烈な音声が出ます!お気をつけあそばせ。笑)こちらの人間なら誰でも知っている。ww




ただ、京都では買える場所がないと思っていた。
大阪メインなのだ。
ところが、どっこい♪
いつも行くJR伊勢丹の地下に、小さなコーナーがあったのだ。
昔からあったんですって?
どうして気がつかなかったんだろう?

早速試しに5本買って帰る。

一瞬でなくなる。ww

次に今度は、7本買って帰る。

またまたなくなる。ww

あっさりしているから、食べやすいのだ。
クリームも使っていないしね。
カロリーも、お値段も、可愛いし♪

しばらくハマってしまいそうなのです。ww



夜遅く、家族も寝静まったリビングでパソコンに向かっていると、そっとまた、アメフラシ、じゃなくて、付け耳をつけたトド、じゃなくて、淡色のウリ坊、でもなくて(色々コメントくださって、ありがとうございますっ!フンッ♪)脳内変換すると、「それはイケメンで筋肉質の栗吉」が側に寄り添うのだ。うふ♪

え?
嫌がってる!!?涙












コメント (8)

フラペチーノとブラックコーヒーを同時に飲む。

2017-08-24 | 日記
この頃、ますます顔が丸くなってきた、てふ。



仰向けになると、手足が浮いてしまう、てふ。



自分で歩こうとしない、てふ。




この頃、朝ごはんにマフィンを焼いて、半分は、トマトとレタスとベーコンで、もう半分は、バターを乗せて、メープルシロップをたっぷりかけるのに、はまってしまった。



甘くない方を一口
超甘いのを一口
またまた甘くない方を一口
さらに超甘いのを一口

・・・止まらない。ww

もしかして、私も、顔が丸くなった?
ねっころがったら、手足が床につかない?
自分で歩こうとしない?じゃなくて、車ばっかり使ってる?

ヤバい!
ヤバいぞ!


そういえば、スタバのあま〜いフラペチーノとブラックのホットコーヒーを買って「代わり番こに飲む至福♪」とかふざけたことを言っている輩がいた。・・・夫ですが。






コメント (6)

開けてびっくり、玉手箱♪

2017-08-23 | 日記
朝から、押入れの整理をしていた。
奥の方から、引越し以来一度も開けていない箱が出てきた。
「記念服」と書いてある?

開けてびっくり、玉手箱♪
◯10年前に、家族のためにお揃いで編んだ、編み込みのセーター2枚と、これもお揃いのアラン模様のセーター2枚
それに、ベビードレスが1枚出てきたのだ!





黄ばんでいるのもあるけれど、虫に食われてもいないし、綺麗な状態だ。
でもまあ、よく編んだな、こんなの。
「大人メガネ」の必要な今となったら、信じられない細かさだ。ww

若い頃は、編み物が大好きで、編んだセーターのデザインブックも2冊はあった。
どこか、探したら、出てくるかも?
出てきても、もう編まないけれど。ww

綺麗に洗い直して、記念に置いておこう。
今度は忘れないようにね。


午後になって、天津甘栗を買いに、寺町四条に行く。
なんだか懐かしくなったのだ。
今は、スーパーでも「甘栗むいちゃいました」なんて売っているけれど、以前は、甘栗といえば、これだった。
今でも大好きな「林万昌堂」の甘栗だ。




手を黒くしながら、ぼそぼそとむいて食べる。
いろいろな記憶が蘇る。


ところで今日は、典型的な「暑い日」だったのだ。
空は曇っている。
お日様は照っていない。


・・・なのに。
歩いていると、ダラダラと汗が出る。
街の湿度計は85%ですって!

忘れていた、これが盆地の宿命なのです。涙



コメント (8)

京菓子「松風」は。

2017-08-22 | グルメ
大好きなお菓子、「松風」をいただいた。
和製カステラのようなものだが、白味噌を使っていて、もっともっちりとしている。
16世紀、織田信長の時代にできたものだと伝えらえる。

いただきます♪




あれ?
いつもの「松風」と違うぞ?

箱を見ると「松屋藤兵衛」の「紫野松風」となっている。
私が知っているのは、「亀屋陸奥」の「松風」だ。

調べてみると、「松風」は、京都で三軒の店で作られているのだという。
知らなかったわ〜
いただいたほうの「松風」には、ぽちぽちと大徳寺納豆が入っている。
これがいい♪

大徳寺納豆



この、大徳寺納豆、幼い頃に初めて口にした時の衝撃は、今も忘れない。

白い綺麗なお干菓子だったのだ。
今考えると、多分、塩芳軒の小口(こごう)だろう。
可愛いタンスに入っていた。
一口噛むと、中から、おかしな臭い黒い物が出てきて、思わず吐き出した。

・・・これは珍味なのだと言って、叱られた。


(HPより)


事ほど左様に、塩辛いというか、臭いというか、大徳寺納豆は、とにかく妙な味なのだ。
大徳寺の近辺で売られている。
糸を引かない納豆、という感じだろうか。
これが、お菓子の中に入ると、絶妙な塩梅なのだ、不思議なことに。

大人になって、ミョウガやらコーヒーやら、苦いものや辛いものを、だんだん好きになるのと同様、私も大徳寺納豆の微妙な味が好きになった。
だから、松風も、大徳寺納豆が入っているのが嬉しい。

あと5切れほど残っている「松風」♪
美味しくいただきます!


ー本日のてふ吉ー

ずっと座りたかったけれど座らせてもらえなかった座椅子に、夜中、ひっそりと座っていたのである。

満足した?ww










コメント (10)

平凡な1日の非凡な色々。

2017-08-21 | 日記
アマゾンプライムで、CRIMINAL MINDSのシリーズ10を見られないとわかって、がっかりした昨日。
けれど、やっぱり見たい!

ということで、ネット上をあちこち探して、シリーズ10を見られるようになった♪
空いた時間にちまちまと、1話ずつじっくり観るのだ。


今日は昼ごはんも夜ご飯もパスタだった。
なんでそうなったのかは、色々訳があるのだけれど。ww
とりあえず、みんなが好きで、手っ取り早くて、あんまり失敗がないのがパスタなのだ。




夜、一息ついて、またまた、パソコンに向かっている。
いつものように、栗吉がそばにいる。

でも、今夜はヒマそうな顔をしてるぞ?
ちょっとお相手をさせていただく。

あれ?
怒った?




姑が、このごろ話しかけると、にっこりして目を見てくれるようになった。
私がお世話に行くのは夜だけだから、大抵姑はうつらうつらと寝ている。
だから、反応がないように思ってしまっていたのかもしれない。
何が良かったのか、何がどうなったのか、よくわからないのだけれど、しばらく重かった介護が、とたんに少し軽くなる。
不思議なものです。

介護は、する側もされる側も、非凡な体験なのだなと、やっと気付いた夜だ。
コメント (6)

季節の移ろい。静かな街。

2017-08-20 | 日記
祇園祭が終わり、五山の送り火も終わり、京都の街は少し静かになった。
まだ蒸し蒸しするけれど、街中の熱気は、とたんに猛々しさを潜めて、少し優しくなる。
なんだかほっとする。

突然の授業変更があって、少し時間にも余裕ができる。
タカシマヤに行って、たねやのどら焼きを買う。
化粧品売り場に行って、9月発売の商品のサンプルをもらう。ww
売り場をゼイゼイ言いながら走り回らないで済む時間の余裕が、今日はあったのだ。


(たねやHPより:これ、美味しいのです♪)



CRIMINAL MINDSも、とうとうシリーズ9を見終え、10に突入するぞ!というところで気がついた。
シリーズ10は、アマゾンプライムの「見放題」の対象じゃない!!涙

ここ2ヶ月ほど、毎日まいにち見ているから、Dr.リードやガルシアが私の家族のような気分なのに。ww

・・・仕方なく、シリーズ5くらいからもう一度見始めるのだ。

その一方で、並行して読んでいる本は、ここ2ヶ月で20ページほどしか進んでいない。
早く読まないと、内容を忘れてしまう。
ドラマばかり見ていて、なんだか生活が傾いでいる気もする。


夕方、久しぶりに、高瀬川沿いを散歩する。
芙蓉が咲いていたり、百日紅が咲いていたり、蝉が鳴いていたり、猫じゃらしが揺れていたり。
日々の季節の移ろいに気がついた、稀有な1日。


変わないものもあるけれど、
それも大事。




コメント (6)

「餃子の◯将」に助けられ。ww

2017-08-19 | 日記
朝から仕事や用事が重なっていた。
けれど、大丈夫♪
昨日のマッサージで、気分爽快だもんね♪

次々と仕事やら何やらが重なって、夜ご飯の時間になる。

・・・なーーーんにも用意できてない!
体はガシガシだ。
マッサージの効果は何処?涙

焦る頭で、思いつく。
近所に「餃◯の王将」があったんだ!

お店に行って、大声で注文する。

餃子6人前!
酢豚に、唐揚げに、レバニラ炒めに、エビチリに、炒飯!

あ、それと、白ご飯もくださいね。ww


帰って、お皿に料理を空けて、さて、一瞬で夕食の準備ができました。
これだけあれば4人分、十分よね?

ところがここで、メールが入る。
夫は飲みに行くらしい。怒




残った料理を冷蔵庫に入れて、考える。

ま、いいや。
明日は残り物で済ませましょ!


文句は言わせない。


深夜、パソコンに向かっていると、そっと手を膝に乗せてくるネコ1匹。




本当にいい子ね。




コメント (4)

視線の先には 涙

2017-08-18 | 日記
お盆明けの木曜に、一人で自由に使える時間ができた。

よしっ!!
全身マッサージに行くぞっ!!!
「ハワイアンロミロミ」といいうオイルマッサージがいいよ、と聞いていた。
運良く予約も取れた。
初めてだ!
嬉しいな♪


至福の75分が、あっという間に終わり、店の外に一歩踏み出して・・・めまいがする。
「あぁ、現実世界が待ってますっ!」と思わず呟くと、見送りに出てきたお店の方が、プッと吹き出した。

その笑い声を背に、その現実世界に一歩踏み出す。ww


家に戻って、リビングで一息つこうとして、視線を感じたのだ。


えっと、あの、あなたもマッサージに行きたいって?
・・・違いますよね。涙











コメント (4)

大文字焼き・盆踊りの遠い音

2017-08-17 | 日記
今日はどうせ「五山の送り火ネタ」なんでしょうって?ww

えっと、おっしゃる通りです。ww
今年は、本当に綺麗に火が灯ったのだ。



16日は、朝から、なかなかいいお天気だった。
夕方に少し雨が降ったけれど、これなら点火も大丈夫だろう。

7時半過ぎに、自動車で出かける。
うまく車を停める場所が見つかったらいいのだけれど。


ところがこれが、普段の行いの良さ!!
ベストな場所の駐車場に、一台だけ空きがあったのだ。うひひ♪


早速車を停めて、鴨川沿いを歩く。

二条通の橋のところで、うろうろしていると、交通整理のおまわりさんが、「今年はここから見えへんよ。建物がたったしね。荒神口ならバッチリ見えます。」とみんなに声をかけている。

そうなんだ。なんてありがたいアドバイス♪
けれど、また見える場所が減ったんだな。

急ぎ足で、鴨川沿いを北へ歩く。


荒神口に行き着く前に、大文字が点灯する。







思わず手をあわせる。
様々な思いを託す。


五山は、「大文字」から順に点灯される。
最後に「妙法」に点灯される頃には、もう大文字の炎の勢いは衰え始めている。

川沿いで、消えかける大文字に、一心に手をあわせる若者を見た。
誰かを送っているのだろう。
気持ちに区切りがつきますように。



帰り道、どこからか盆踊りの音が聞こえる。
川向こうから聞こえるような気もする。
凄く近くから聞こえるような気もする。


突然、提灯が見えた。
そうか!
銅駝(どうだ)学区の夏祭りだ。
ふらふらと提灯の方向に吸い寄せられる。
提灯の灯りに寄って行くなんて、夜のみたいですって?
いえいえ、夜のって、言っていただきたいんですの。
(・・・誰でも筆が滑る時ってありますよね、本当にもう、ごめんなさい。涙)


そこは、学校の校庭で、夜店も何も出ていない。
盆踊りのやぐらもない。
ただただ「銅駝音頭」がスピーカーから流れていて、老若男女がひたすら、円を描いて踊っているのだ。

不思議な感じだ。
森見登美彦の「きつねのはなし」を思い出す。

この日で京都の夏は終わる。





ふらふらと駐車場まで戻る。
古美術のお店のショーウィンドウも、こんな夜は、不思議な光を放っているんだから。













コメント (4)