英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

なんだか疲れた。

2016-05-30 | 日記
去年の5月31日、愛猫チョビ吉が、私の腕の中で息を引き取った。
同時刻、夫が事故で大怪我をした。
その後、次々と様々なことが起こり、姑が倒れ、介護生活に入った。
怒涛の一年だった。
自分なりに必死で頑張ってきたけれど、なんだか疲れてしまった。

しばらくブログを休みます。
姑の具合が悪いとか、猫が病気とか、そういうわけではありません。



訪問していただいたのに、申し訳ありません!

コメント (13)

十七回忌とにしん蕎麦

2016-05-29 | グルメ
舅の十七回忌は、つつがなく終了した。

法事の後の足洗いに、姑の孫のやっている、懐石フレンチの店に、全員集合する。
おばあちゃん、食べられるものがすごく限られていたけれど、茶碗蒸し入りのスープやら、パプリカのスープやら、楽しそうに、一口ずつ食べていた。
感謝です。


けれど、疲れた。


3時頃家に戻り、そのまま気絶状態で寝てしまう。

夜になって、お腹が減って目が覚めた。
夜ご飯を作る気力もない。


そうだ、にしん蕎麦を食べに行こう!!

京阪電車に乗って、南座の向かいの「松葉北店」へと急ぐ。



にしん蕎麦は、盤石の安定感、京都人のソウルフードどす。ww
それに、穴子の天ぷらだ。

疲れていると、食べ慣れたいつもの味に、心底ほっとする。







店を出ると、南座も、もう灯を落として、静まり返っている。
さてさて、さっさと帰りましょ。




コメント (10)

植物園の猫などなど

2016-05-28 | 日記
お昼の時間が空いていたので、植物園にバラを見に行ってきた。

バラは6月が見頃とHPに書いてあったので、ちょっと早いかなと思っていたのだけれど、もうすでに満開の時期を過ぎて、ハラハラと散り始めていたのだ。

散りかけのバラは、桜とは違い、なんとも無残な感じがする。
けれど、それもまた良し。




「もののけ姫」のシシ神でも現れそうな、美しい緑だ。




おや?何かいるぞ!




あらら!
こんなところに、耳カットをした黒猫さんが!
ここで暮らしているのだろうか?
シシ神ならぬ、シシキャット。
全然物欲しそうな様子もなく、悠然としているから、きっときちんと暮らせているのだろう。



後ろ髪を引かれる思いで、その場を後にする。
そう、私は無類の黒猫好きなのだ。

ご存知でしたって?
そうですよね。ww



閑話休題

さて、土曜日は、舅の十七回忌だ。
舅は、なんだか具合が悪い、と言って、救急車で運ばれて、そのまま帰らぬ人となったのだ。
結局、死因はよくわからなかった。
あれから足掛け17年。
時の経つのは早い。

姑は、この頃、嚥下障害がひどくなってきて、なかなか充分に食べられないでいる。
兄夫婦が「嚥下外来」にも連れて行ったのだけれど、根本治療はできないということで、食べるものの調整と、見守りを徹底している。
さらに、入れ歯の具合の調整を、歯医者さんが往診で見てくださるという。

何せ、お医者さんでも、100歳を超えた人の生理はよくわからないと仰る。
お茶目なセンティネリアン、舅の十七回忌も、ちゃんと乗り越えてくれるでしょう!ww
コメント (7)

恨み節 ww

2016-05-27 | グルメ
実家にお客さんが来るというので、少し手伝いに行った。
最近、近くに、とても美味しいちっちゃなケーキ屋さんができたという。
お客さんにお出ししたら、いいじゃない♪


さっそく買ってきました!
なんて可愛いお菓子でしょ♪

けれど、卵とミルクを、「これでもかっ!」と言うくらいに、使ってるよね?
・・・私の食べられるのは、後ろにちょこっと見えているリングクッキーだけだ。涙
(クッキーは、知り合いのお店に焼いてもらったアレルギーフリーのものです。)





ひどいよね。
ほんとにね。
こんちくしょう。



コメント (18)

現場を押さえた!ww

2016-05-26 | ネコ話(動物)
烏丸通りを歩いていた。
車道はいつものごとく渋滞している。

ふと目を挙げた。

!!!!!??

巨人がトラックの荷台に寝っ転がっている!!
道行く人は、みんな立ち止まり、パシャパシャと写真を撮っている。
(すごい時代になったものだ・・・わたしもパシャパシャやったのですが。ww)





その時はなんなんだかさっぱりわからなかった。
帰って調べてみると、映画「DEADPOOL」のコマーシャルだったのだ!
ちょっとコメディ?ww
6月1日にロードショウらしい。
すごくいいコマーシャルになってるな、こうして、見る予定のない私でもブログに書いちゃうんだから。ww


その後、にゃんにゃん宅 ww を訪ねる。

にゃんにゃんは、庭でちょこんと座っていた。











あらあら、ご飯もらえてないの?

何言ってるん、さっきあげたばっかりよ?

え?
そうなん??

この頃1日5回以上あげてるんよ♪


母よ、それはやりすぎです。涙


母とああだこうだと話をしていて、ふと窓の方を見た。






やった!やった!
家の中に入ったところをやっと目撃したのだった!ww




コメント (16)

雑な雑感

2016-05-25 | 日記
栗吉がぼんやり口を開けている。




昔から口を開けていると知恵が逃げると言って、よく叱られたものだ。

口は一生懸命閉じていたけれど、知恵は・・・口を閉じていても逃げるものだと悟った15才のあの日。ww

どうしても「作用と反作用」が分からなくて、物理の先生に聞きに行った。
先生の答えは「おまえな、理系は諦めろ。ww」


・・・先生の指摘は正しかった。涙


筆が滑っちゃいました。ww


天気が悪化するようだ。
こういうときに頭痛がひどくなるのよね。

けれど、この晴天の間に、布団という布団を干して、洗濯という洗濯をした、という達成感。ww



・・・なんだかほんとに雑な雑感。



















コメント (13)

放火魔はそこにいる。

2016-05-24 | 日記
今朝6時半に、けたたましいサイレンの音で目覚めた。
消防車だ。
この頃多いな。

ベッドの上の栗吉を撫でながら、ぼんやり考える。

あれ?
音が止まった!?

近いんと違う!!?


慌ててベッドを飛び出す。
(片手にはiPad ww)

表に出ると、きな臭い。
通りにはたくさんの消防車と救急車が並んで、物々しい雰囲気だ。





何があったんです?

神社の裏手の資材置き場で放火やって!

え?
放火!?

そういえば、おとといもありましたね。すぐ近所で。

最近また多くなってきましたな。



思い出した。

もう十数年も前のこと、ご近所で放火があったことから、うちも延焼しそうになったのだ。
それも2度も。

1度目は、うちの隣の家が、建て替え中で、家を潰した後に置かれていた廃材や建築資材に火をつけられたのだ。
その時は、早い時点で通報があって、ボヤで済んだ。


そして2度目。
深夜2時を過ぎていた。
気付いた時には、燃えいているとなりから飛んできたススの塊が、2階の窓から入ってくるような状態だった。
窓の外は真っ赤だ。

夫は留守だった。
大事な時に夫はいない。
(この話はまた改めて。ww)


すべての窓のシャッターを閉める。
貴重品をひっつかみ、袋に入れた。
子供達と一緒に、当時いた8匹の猫を、2階建ての大型ケージに詰め込んで、必死で2階から担ぎ降ろした。
当時庭で暮らしていた愛犬ファル吉を、姑の家のガレージに避難させる。

火事場の馬鹿力とは、よく言ったものだ。涙

もう、なんだかわからないけれど、必死だった。


結局、放火された家は半焼、うちの隣も、1回目で燃え残った資材が全焼、そして、うちはベランダの手すりのところが熱で少しぐにゃりとなっただけで済んだのだ。人的被害もなかった。


恐ろしかった。
火事自体も恐かったけれど、「放火魔はそこにいる」という事実の方が、もっと恐かった。

結局、その時の犯人はまだ捕まっていない。


その時から十数年も経っているのだけれど、この近所で放火犯が捕まったという話は聞かない。

ほんとうに恐ろしい。


気をつけます!





どのツラ下げて・・・涙








コメント (6)

綺麗なもんやら美味しいもんやら疑心暗鬼の猫やら

2016-05-23 | 日記
先日ふたたび、比叡山のガーデンミュージアムに行った。
好きなんです、比叡山!


今回は、藤の花が満開だった。ラッキ~♪
やっぱり山の上だから、開花も遅いのだろう。

ガーデンミュージアムは、モネの絵の風景を模しているそうだ。








もう、うっとりです。

でも、もっと好きなのは、こんな景色だったりする。



あっという間に過ぎていく新緑の季節。
この緑の季節が一番好きだ。




さて、新茶の季節となりました。
おいしくお茶をいただくには、やっぱり美味しいお菓子も必要ね!

ということで、長久堂の「砧(きぬた)」を買いにいく。
これは、私の亡くなった祖母の大好物だった。
私も時々思い出しては買いにいく。

最近、あんまり流行っていないようだけれど、1867年のパリ万博で受賞したいう、えらい大層なお菓子なのだ。ww
(多分、京都の人はみんな好き♪)



(求肥姉妹ってお菓子があるわけではない。ww わさびと吉備と昆布の三種類だから、私が勝手にそう呼んでいるだけだ。 もちろん、私はお店の回し者ではありません。ww)






・・・諸行無常の意味、わかって使ってるんならいいけど。涙






コメント (14)

無題です。

2016-05-22 | 日記
たまにはね

書けない時もあります。

明日は元気!

たぶんね♪

コメント (15)

ごめんね、チコ吉!

2016-05-21 | ネコ話(動物)
家族が一人で、一晩だけ帰省した。
仕事の都合で、翌日に大阪に行くらしい。


リビングに入って、次々と猫の相手をしている。
そして、台所の片隅に寝そべっているチコ吉を見つける。


チコやい、元気にしてたか?
あれ?
目がおかしくないか?
瞳孔が開いてるぞ?


ごそごそとチコ吉の目を調べている。


おや、チコ吉、目が見えてないな。
ほらな、瞳孔が全然反応してないやろ?


なんやって!!!!!
ほんまに!!!??


チコ吉の目は、三白眼だけれど、大きく見開いていて、とても可愛いな、と思っていた。
瞳がちょっとだけ白く濁っているので、白内障になりかかっているな、とは思っていた。
時々椅子から落っこちるのも、年のせいだと思っていた。
ご飯も大喜びで食べるし、トイレも自分で普通に行くし。
下痢や嘔吐もない。

今年で19歳くらい(元野良なので誕生日はわからない)にはなるのだから、全部歳のせいだと思っていた。


けれど、まさか、見えていないとは!


カリカリをあげても、ちゃんと食べるし、こちらの目をじっと見て、にゃんと鳴くし、部屋の中を移動するにも、全然問題無い。
ごくたまに、ものすごく大きな声で鳴き叫ぶのも、美味しい方のカリカリが欲しいから、わがままを言っているのだと思っていた。


目が見えなくて不安だったのだな。


七条京阪のマクドナルドの前で、途方に暮れて鳴き叫んでいた、ちいさなかたまり。
捕まえる時に、信号待ちで立っていたおばさんに、チコ吉のことを、「きゃ!なにこれ、こわい!」と言われて、「あんたの顔の方がよっぽど恐いわ!!」と言い返しそうになったこと。

うちに来てから、全く病気もせず、穏やかでおとなしく目立たない小さな猫。


ごめんね!
ごめんね!
気づかなかった。
もっとちゃんと気をつけていればよかった。

これからは、今よりもっと幸せに暮らせるように、ちゃんと守ってやります。









ここからはお願いです。

以前、里親を募った、黒猫のふうた&さくらのさくらちゃん、2匹で一緒にもらわれて、新しい里親さんの元で、幸せに暮らしているのですが、今回、突発性膀胱炎にかかっってしまったらしいのです。

獣医さんにお願いするのはもちろんですが、もし、こんな状況をご経験の方がいらっしゃいましたら、体験談など教えていただければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。





コメント (13)

すこしにぎやかな玄関

2016-05-20 | ネコ話(動物)
木曜日、いつものように、朝から勉強会をして、いつものように、タイ料理屋へ行き、いつものように、パッタイを・・・
ではなくて、グリーンカレーを食べたのだ!


本当はパッタイを食べたかったのだけれど、某氏に「勉強会の後は、いつも同じタイ料理屋に行って、いつも同じアングルのパッタイの写真を載せてるんだから♪」と言われたので、パッタイを我慢して、今回はグリーンカレーにしたのだ。

でもね、グリーンカレー、とっても美味しかったのです。ww

人の意見には
添うてみるものと知る
◯◯歳
(超字余り)





家に戻って程なく、荷物が届いた。

やった!
注文していた猫の置物だ!

以前から家の玄関を守っていてくれたセメント製の猫は、夫が倒して耳がもげてしまっていた。
とはいえ、大事な猫だから、そのまま玄関においていたのだが、近所の保育園の子たちが、うちの前を通るたびに騒ぐのだ。

あ、ねーーこーーー♪

ほんまや、ねーーーーこーーーー♪

ねこちがうで、耳ないやん。

犬かな〜

ぶたやな!

ぶーーたーー!!

ぶーーたーー!!

ぶーーたーー!!

はぁ・・・


というわけで、同じシリーズで、違う子を探していた。
同じ子を買い換えるのは、ダメです。前からいた子に申し訳ない。

最近になって、やっと、大阪のセメント屋さん(!)が扱っていることがわかって、ネットで注文したのだ。

ところが、届いてみると、包装がいい加減だ。

割れてなきゃいいな、と思いながら開けてみると、案の定しっぽと片耳が欠けている。涙


セメント屋さんに問い合わせた。
お相手は、平身低頭で(電話だから、実際には見えていないけれど。ww)すぐに代わりのを送るとおっしゃったのだが、あいにく在庫がない。
違うタイプならあるということで、それを送っていただくことにした。
で、割れていた子は「もう送り返していただかなくてけっこうです。」とのことだった。

で、届きました、新しい猫の置物が、それはそれはぐるぐる巻きの包装で!


あれ?
うちにいる子と同じタイプの子ね?


で、いろいろ考えた。

ぶたに間違われた子は、手水鉢の横で、番を張ってもらおう。
ここなら、正面からは見えにくいから、「ぶた、ぶた♪」と言われないだろう。
ぶたも可愛いんだけれどね。





寝ている子は、割れているしっぽが見えないように、ちょっとお尻を隠してもらってと。
一番新しく来た子に、子供たちの相手をしてもらおう。ww






なんだか嬉しくなる。
玄関が少しにぎやかです。ww

コメント (16)

最高に幸せな不条理 ww

2016-05-19 | グルメ
京都銀行四条支店のすぐそばに、虎屋がある。
これは、いけないことなのだ。
銀行に行くたびに、虎屋の前を通らねばならない。
私は虎屋の生菓子が大好物なのだ。
それを無視して店の前を通り過ぎるのは至難の技だ。


店の奥から、生菓子が呼びかける。

あら〜 ポン吉さん
このごろ、お見限りね〜
ほらほら、こんなに綺麗にお化粧して待ってましたのよ〜
連れて帰ってくださいな♪

誰がこんな誘惑に抗えようか!
(「阿保かお前は!」という声も聞こえてきます。ww)


ということで、連れて帰った美味しいお菓子 ww
今回は、すべて、あんこ系ではなくお餅系だ。ラッキー♪




ふと玄関の花を見て、ため息をつく。
この大量の百合科の花は、ぜーんぶで540円だった。
売れ残って、どんどん花が開いてしまったのをまとめて投げ売りしていたようだ。




この綺麗なたくさんの花と、虎屋の生菓子1個の値段はほとんど変わらない。


ものの値段って、本当に不条理だ。
いや、不条理じゃない?

・・・やっぱり不条理だ。

お花を眺めながら、もしゃもしゃと生菓子をいただく。

いや、もう、どーーでもいい。
これは、最高に幸せな不条理なのだ♪









コメント (10)

マシな1日

2016-05-18 | 日記
午前中、時間が空いていた。
そうだ、母を連れ出して映画に行こう!
いろいろ迷って、ディズニーのズートピアに決定!ww
ディズニー映画を見るのは久しぶりだ。

いつも行く映画館では、夜しかやっていなかったので、久しぶりに二条城の近くの東宝シネマズ二条に行く。
京都イオンの映画館ができるまでは、足繁く通った場所なのだけれど・・・

ナビを使っているのに、迷ってしまった!!!

だいたいが、ナビが教えてくれる、交差点を曲がるタイミングがよく分からない。
気づくと、通り過ぎてしまっていて、ナビは怒ったように、グネグネの新たな道を示している。
母はというと、ナビに向かって「ごめんなさいね」と謝る始末。ww

嗚呼・・・


だから私は、いつも30分前行動なのだ。
万が一迷っても、時間に遅れないように。

あ、「万が一」ではないですね、「十が一」?

・・・「二が一」くらい?涙



なんとか映画館について、コーヒーを飲む余裕もでき、席に着く。
平日の午前中なので、結構空いている。


けれど、通路を挟んで斜め前に座ったコワモテ系の中年男性が問題だった。

お連れはいない。
少し遅れて席に着くなり、袋入りのおかき(音から推測 ww)を取り出して、バリバリと派手にやりながら、携帯の画面をずっと見ているのだ。

ずーーーーっと♪

真っ暗ななかで、携帯の明るい画面はすごく目立つ。
どんなページを見ているかも丸見えだ。ww
(私は目がいいのです。ww)
個人情報,、というか、ご本人の嗜好も趣味も、だだ漏れなんですけど。ww

そのままの状態で、スクリーン上では、ストーリーは粛々と進む。
館内には、バリバリという音と、きらめく携帯。


15分位経って、ご本人は周囲の無言の圧力に気付いたのが、携帯を片付けた。
で、今度はいびきをかいて寝始めたのだ。涙


あまりの不運!と思いながら、母を見ると、全く意に介せず映画に没頭している。

・・・よかった。

こんな日もあるよね、去年の今頃と比べたら、ぜーーーんぜんマシよね、と思ったのです。








コメント (14)

ネコの矜持

2016-05-17 | ネコ話(動物)
朝、炊き込みご飯を持って実家の母を訪ねた。
きのこと鳥もも肉の炊き込みご飯だ。
以前書いたように、夫のいぬ間に鶏肉料理と炊き込みご飯を堪能しようという魂胆なのだ。ww

今日の献立なんて、上述の鶏肉の炊き込みご飯に、白菜と鶏肉を炊いたのに、COOK DOの「ガリバタチキン」だ!
(ガリバタチキンのコマーシャルが美味しそうすぎて、ついつい買ってしまったのです。)

明日の献立なんて、うすいえんどうの豆ご飯に、鶏肉たっぷりの筑前煮だ♪
(もう仕込みは済んでます。ww)



どうだい!
ぜーーんぶ鶏肉が入っているんだから!!

でも、一人で食べきれないんだから!!!ww


閑話休題

で、母のところに行ってみると、母は留守だった。
仕方なくご飯を置いて帰ろうとしたのだが、ふと庭を見ると、ちゃんといるのです、この方が。ww


(上が本心、下が社交辞令 ww)



(おなじく上が本心、下が社交辞令 ww)



仕方ない、お皿に「シーバ」を入れて、進呈する。
この頃、実家によるといつもいるみたいだけれど、まだ家の子になる気にはならないのかな。


(上が私の独白、下はにゃんにゃんの建て前 ww)




ネコにも事情は色々あります。
コメント (8)

UFOものがたり(駄)

2016-05-16 | ネコ話(動物)

















30分後





お粗末様でした!




・・・・・見捨てないでね。
コメント (12)