英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

e-Book 雑感

2019-09-18 | 受験・生徒・勉強・学習
e-Bookが出始めたころ、興味本位で何冊かネットから落として読んでみた。

なんだかしっくり来ない。
脳のいつもの部分が働かない。
しっかり頭に入らない。

こりゃあダメだと放置していた。


ところが、必要に迫られて、さまざまな本をe-Bookで読むようになると、段々、脳の方が慣れてくる。ww


便利なのだ、何十冊入れても、重たくないし。ww
文章の背景の紙の色を、真っ白じゃなくて、ちょっと優しい薄茶色に変更もできる。
もちろん文字の大きさもフォントも自由自在。
周囲に光源がなくて真っ暗でも、画面表示が変わって、ちゃんと読める。

すると、文章がちゃんと、頭のあるべき場所に入ってくる。

もう、いつでもどこでもe-Bookです。


パソコンが普及し始めた頃、モニターから頭に入る情報は、紙の文書から入る情報とは違う脳の場所に保存されちゃうから、あんまり良くないよね、もうひとつだよね〜〜、という記事を散々読んだ。


けれどね、もしかして、これって究極は『慣れ』だけのことだったのかしらん?ww


『積ん読』状態から脱した『龍臥亭事件 上・下』

真っ新みたいですって?

そうなのです、結局、e-Bookで買い直して、読破したのでした。
面白かった!



コメント (4)

一つの決断。

2019-09-14 | 受験・生徒・勉強・学習
20年続けてきた、数○出版の、『入試問題(長文問題)の分析』(在宅)をやめようと決心した。


この夏は、凄かった。
旅行に行ったり、救急車に乗ったり。
色々考えて、仕事を整理しようと思いたったのだ。

得るものの多い仕事だった。
辞めて、実力が落ちることを心配した。
私的には、大きな決断である。


職を辞する旨を、予め伝えて、2日後に、最後に仕上げた文書を届けに行った。
受付の方に、用件を伝えて、暫し待つ。


すると、ビル内の大きなガラス戸の向こうから、十数人の人たちがやってくる。

あれ、一番前の人は、私の担当の方よね?
あれ、懐かしい元担当さんや、元々担当さんや、上司の方々もいらっしゃるよね??


長い間、ありがとうございました。
お世話になった者たちが、ご挨拶にまいりました。


・・・落涙する。


こんな風に迎えられるなどと、思ってもいなかった。
こちらこそ、本当に感謝です。


夜になる。
ぼんやりと今日の出来事を反芻している。


視線を感じる。

いつも優しいね。






コメント (6)

無花果のコンポートの夢。ww

2019-09-11 | 受験・生徒・勉強・学習
イチジクを甘く炊いても美味しいと、教えていただいた。

大好物のイチジクです。
コンポートにして、バターをたっぷり塗った厚切りのトーストに乗せたら美味しいだろうな?

そう思うと、もう止まらない。
深夜のスーパーに駆けつけて、イチジクを1パック買ってくる。


夜中にコトコト炊いたのです。
綺麗な旬のイチジクを。
一晩冷やしておきましょう。
明日の朝のおたのしみ♪


などとブツブツ言いながら、眠りにつく、
イチジクトーストの夢を見ながら。


な〜〜〜んてはずもなく、なんの夢も見ないで目覚めた朝。

4枚切りのパンをこんがり焼いて、作ってみたのだ。
ど素人の超絶簡単適当トーストを。
なんといい匂いでしょう、イチジクってこんな香りがしたのね。

でも、桃の時と同じで、色がもう一つだな。
もうちょっとお砂糖を入れても良かったかも?
シナモンとかがちょっとあったら、もっと美味しかったかな?
けれど、優しいお味はとても素敵でしたの♪ おほほ。

ところで、本来は、朝ごはんに甘いものは苦手なのだ。
甘い系のパンも好きではない。
(コンポートを乗せたトーストは別だけれど。)

だから、半分は、ハムトーストでしたとさ。ww




コメント (4)

四つ葉のタクシー

2019-07-01 | 受験・生徒・勉強・学習
イノダ本店でお茶を飲んで、鳥たちに挨拶をする。
レインボーちゃんは、ちょっと眠そうだ。
いつもの『突っつき攻撃』はなりを潜めている。ww




店を出ようとすると、玄関で、1台のタクシーを囲んで、女性たちが写真をパチパチやっている。

何かしら?


あらら!!
実物は初めて見ました。

四つ葉のタクシーだ!!
本当のマークは三つ葉なのだけれど、たまに四つ葉のマークのが走っているという噂は聞いていたのだ。

私も調子に乗って、パシャパシャやっていたら、運転手さんが降りて来てくださった。
(お客さんを下された後だったようだ。)

若い方だ!

思わず話しかける。

やっぱり運転がお上手だとか、成績のいい方が四つ葉のタクシーの運転手さんに選ばれるんですか?

それに対して、その運転手さんは、こう答える。

いえいえ、このタクシーは本当に事故のないタクシーでして♪

四つ葉だから幸運を呼ぶって言うことをおっしゃりたかったのだろう。
1300台に4台だけですって。

ちょっとラッキー♪

コメント (2)

これだからやめられない。ww

2019-05-29 | 受験・生徒・勉強・学習
授業中、こんな文章が出てきた。

He is no less bright than his father.

これは、入試頻出の構文で、訳は『彼は父親同様に賢い。』なのだけれど・・・

brightの意味で、生徒が詰まる。

brightは、洗剤の名前にも使われている『ブライト』である。

基本的には、『明るい、輝く、晴れやかな、あざやかな』などという意味なので、こうヒントを出した。


ブライトって明るい、でしょ?
頭が明るいんよね?
ということは?ww


生徒が答える。
hage(あえてローマ字を使います。)です、か?


頭が明るい=hageって!!!


ごめんなさい、私の言い方が悪かったのだ、『頭の中身が明るい』という風にいえばよかったのに!


生徒と二人でおおおおお大笑いする。ww


これだから、やめられないのです、この仕事♪


ところで、先週末に、卒業生とご飯を食べにいったのだ。
一人ではなかなか行けない、飲茶のビュッフェに!

そりゃあ食べましたとも!
カロリーなんて御構い無し!!
だってね、大好きなんですもん、飲茶が!!!

3日分くらいの栄養(と脂肪と油分)を溜め込んだのであった。号泣
















コメント (6)

本年度入試、完全終了!

2019-03-28 | 受験・生徒・勉強・学習
先日、今回卒業していく、ひとりの生徒さんと、ご飯を食べに出た。

駅ビルの高層階(とはいっても、10階だけれど。京都には高層ビルはほとんど存在しないのだ。)から見る京都タワーは、いつも美しい。



それは色々な話をして、笑って食べて、ちょっと泣いて。ww
この仕事をしていて良かったと思える瞬間である。


今回は、繰り上がり合格もあり、3月25日で、担当した受験生が全員合格となった。
ありがたいことだ。
倍率が高いと、やはり様々な形で運不運も、結果に影響する。
他学部の受験とは、全く様相の違うのが、医学科受験である。

さて、新しい受験生たちの対策を考えよう。


今日もまた遅く帰り、もそもそと夜ご飯を食べていると、視線を感じる。
うふ♪




腹を撫でると、目を閉じる。
うふ♪



コメント (6)

たかが、と、されど。

2019-03-02 | 受験・生徒・勉強・学習
スーパーで買い物をしていて、普通に小銭を出して払おうとした。

あれ?
お客さま、この一円玉・・・


え?
あ、新しいのかな、綺麗ですね♪


いえ、これ、日本のお金じゃないです。


えええええ!!!!!


よくよく見ると、この硬貨は、日本の一円玉より、少しだけ小さくて、少しだけ分厚い。
何よりも、裏側のデザインが全く違う。




気がつきませんでした。
いつ混ざったんだろう?


中国へ旅行されたのですか?


いえいえ、行ってません!!!

あり得るのは、その直前に、京都駅近くの薬屋さんで買い物をしてお釣りをもらった時だろう。
駅周辺の薬屋さんは、今でも中国の方々でごった返しているのである。

たかが1円玉、されど1円玉。
たった1円でも、すごく悔しいのである。


家に戻ると、ネコが珍しくソファと『おもらし対策シート』の間に挟まって、なんだか『もの思う風情』なのだ。

どうしたの?ww






コメント (6)

地面の下の豊かなニンジン。

2019-02-23 | 受験・生徒・勉強・学習
私学は、もう後期試験が始まっている。

木曜日に、某私学医科大学を受験した生徒が、試験直後にラインをしてきた。

英語のテスト、大問1題丸々、去年の過去問と全く同じでしたっ!!!

なにっ!!?

あり得ない。
またまた、大問1題、丸々全員正解となるんだろうな。


案の定、金曜になって、大学のホームページに、謝罪文が掲載される。
『この問題につき、全員正解とします。』の文言もある。


とはいえ、珍しいことではないのである。
私が経験しているだけでも、今までに2回ある。
それぞれ別の大学で、物理の問題と科学の問題が、大問1題丸々無効となったのだ。


いつも思うのは、生徒達があまりに不憫だということだ。


英語でいえば、問題を知っていた生徒は、ささっと解いてしまって、残りの時間をほかの問題を解くのに注げただろう。
知らなかった生徒は、必死で全問解くから、その分時間的に不利となる。

物理や化学でいえば、それぞれ物理選択者、化学選択者と、生物選択者で、差が生じる。
『差が出じないように対処する。』という文言は常にあるけれど、どうやったら『差が生じなく』なるのだろう?


しかも、こういったミスに関しては、ホームページに掲載されるのはわずか2日ほど、その後完全に消されてしまう。
赤本に載るのは、訂正された問題か、削除されているかである。
当然なんの但し書きもない。


そういえば、中国地方の小さな私学と、東北地方の小さな私学の文系入試問題が、全く同一だったことに気づいたこともあった。

入試問題を外注していたんだろうな。
外注された側は、同じ大学を受ける生徒なんていないから、分からないだろうと考えたんだろうな。

大人の事情が何であれ、真面目な受験生達はひたむきに勉強する。



ある受験生が見せてくれた『大切にしているイラスト』である。

頭が下がるのです。


地上に豊かな葉っぱを見せびらかす根っこのないニンジンと、
地上には貧相な葉っぱしかないけれど、見えない地下にある、豊かな太いニンジンと。















コメント (8)

台風の目の中でぬくぬくとケーキを食べた午後。ww

2019-01-21 | 受験・生徒・勉強・学習
台風の目のど真ん中にいるような、ざわざわするけれど、とりあえずは、することのない日曜日の夜、次々とラインが鳴り始める。

成績報告と、受験校相談だ。
悲喜交々、毎年のことだけれど、複雑な時間が続く。

どうやら、台風の目から出る時間が来たようだ。
またまた嵐の中に放り込まれる1ヶ月が始まる。

でも、この真剣勝負の期間が大好きなのです、困ったことに。ww


その台風の目の中のお昼、本屋で思う存分時間を過ごした。
読みたい本やら、読まねばならない本やら、色々と物色する。
そう、やっと「ネットで動画」の時間と「読書の時間」の折り合いをつけられるようになって来たのだ。

本に戻るのにずいぶん時間がかかった。
けれど、面白い映画や動画をたくさん見て、動画の素晴らしさも充分理解できた。
これからは、バランスよく行きましょう。

本と食料品を買って、疲れて行き着いた先で、美味しい渋皮つきの『くり』のタルトに出会う。
いえ、ネコの『くり』ではございません。ww




帰ると、滅多に入らないダンボールに入っている『くり』。
珍しいこともあるものだ。ww




こっち側で、ネコに向かって「ネコジャラシ」を振ってただろうって?

分かります?ww
















コメント (4)

センター1日目の中華と安心。

2019-01-20 | 受験・生徒・勉強・学習
センター試験1日目

仕事場は、閑散としている。
やんちゃな小学生達も、今日が統一入試日で、誰もいない。
そうなると、やっぱり寂しいのだ。

受かって、ワーワー騒ぎながら報告にきてくれますように。


センター試験は明日も続く。
こちらはまだまだ気が抜けない。

・・・のだけれど、講師達は一段落。
とはいえ、すぐに私学受験が待っているし、2月25日からは国公立大学の二次試験だ。

束の間のお休みに、『そうだ!中華を食べに行こう!!』

ということで、講師仲間で、近くのリーガロイヤルで中華料理を堪能したのである。




家に戻ると、惚けたネコが見上げる。
お前はいいのよ、なーーーーんにも考えなくても。ww




夜になる。
問題公開を待つ。
9時半を過ぎて公開された問題を見て安堵する。
例年通りだ。
さて、日曜はひっっさしぶりに終日お休みだ。
デパートと本屋とイオンに行くぞ!ww

コメント (6)

センター試験1日前。

2019-01-18 | 受験・生徒・勉強・学習
いよいよセンター試験前日となる。

対策授業は、木曜で終了した。

京都で予備校の寮に入って浪人している生徒たちは、地元に帰っての受験となる。

京都受験の生徒達も、試験会場の下見などで、落ち着かない。


センター試験に関して、教えるべきことはすべて教えた!・・・はずなのです。

けれど、合格に必要なのは、もちろん英語だけではない。涙

医学科受験の場合には、7科目合計で、最低でも85%取らねばならない。

合格するかどうかで、将来の職業も決定される。

就職試験も兼ねた、過酷な受験なのである。



夜中に目がさめると、誰かが呼んでいる気がする。
朝起きても、何かに呼ばれている気がする。

みんな眠れぬ夜を過ごしているのだろうな。



・・・いつも安眠。













コメント (6)

可愛い受験生。ww

2019-01-09 | 受験・生徒・勉強・学習
どんどん寒くなって来た。

いつも、入試時期は超絶寒いのだ。

センター試験まで、あと10日ほど。

同じ日に、私立中学の統一入試日がある。

どういうわけか、この日は大抵、氷雨降る最悪の天候となる。



仕事場には、小六の受験生たちもたくさんいる。

この子達は、子供だから、うるさいのだけれど、それは可愛い。


生徒たち:先生、明日、愛光の受験日やねん。大阪で受けるわ。統一日の前に試験があるから、受かっときたいねん。


愛光は、愛媛県の中高一貫の名門校である。
地元学生以外は、男子寮に6年間入ることとなる。


私:愛光は、名門校やし、お兄ちゃんたちは、みんなすごい大学に入ってはるよ、がんばり!

生徒たち:そうなん!!?
(目を輝かす。)

私:でも、みんな中一から男子寮に入らなあかん。お母さんと別れて生活や。

生徒たち:そ、そ、そうなん!!!
(とたんにショボくれる。)

私:でもね、寮には大風呂があって、みんなで入ったら楽しいよ♫


生徒たち:そうなん!?? そうなん!!? わーーーーい!!!
(みんなで大騒ぎ。ww)


なんて可愛いんだろう。

私はこの子達には教えていないけれど。


家に帰る。

ソファにかけた、爪とぎと粗相防止のフィルムの上で器用に眠る猫。

この子もまた、なかなか可愛い。
滑り落ちそうな姿勢なのが、縁起が悪いけれど。ww






コメント (8)

立場が変わって、改めて考える。

2018-08-01 | 受験・生徒・勉強・学習
先に休みを取った自分のせいとはいえ、ハードな日々が続いている。
そんな中、時間をもぎ取って、『おフランス語』を習いに行ったのだが。

いつもの先生のご都合で、今回のみ、別の若い女性講師となった。
普段の授業は英語でやっていただいている。
フランス語を日本語で教わるよりもはるかにわかりやすいからだ。
日本語とフランス語は、言葉の成り立ちが全く違うもんね。
英語は共通点が多くて分かりやすい。
わがままを言えるのも、個人レッスンのありがたみだ。


しかし、代行の先生は、それはできないと仰った。(多分そう仰ったのだと思う。)
英語も日本語もほとんど話さないと。(そうね、確かにね。)
日本には自分探しに来ている、というのが、身振り手振りの会話でなんとか理解できた。

使用するビデオの使い方をご存じない。
発音記号を書こうとして、途中で『これ、いろいろね。』で終わらせる。
そもそも、テキストの構成を理解されていない。

確かに私は超初心者だ。
自己紹介くらいしかできない。

けれど、それでも、発話した途端に、自分の間違いに気づいた文章があった。
けれど先生は、『そうそう、そう。』と仰る。

間違ってるやんけ〜〜〜〜〜!


でもまあ、性格は良さそうな先生だ。
悪気がないのも分かる。
ということは、こういうアルバイト感覚の方を、講師として授業に割り振った学校が悪いんじゃないの?

いろいろ思うところがあったけれど、次の仕事に追われて、へらへらしながら、その場を辞す。涙


けれど、あとでよくよく考えてみれば、私もこういう仕事をしているのだから、生徒の気持ちや、どこに気をつけるべきか、誠意ある教え方とは? なーーーんてことが、少しは再確認できたのだ。

そういう意味では、よかったのである、多分ね、多分。


夜遅く家に戻ると、ソファの背中でなんだか落ち着かない猫。
あ、『私の気分』が移っちゃった?ww











コメント (4)

祇園祭宵々々山どっせ♪

2018-07-15 | 受験・生徒・勉強・学習
1日仕事の土曜日、夕刻にビルを飛び出して、祇園祭の宵々々山を見に行った。
日曜と月曜の、宵々山と宵山は、歩行者天国になって、夜店が軒を連ねる。
今日は、大通りの交通制限なし、夜店もなし、だけれど、比較的ゆっくりと山や鉾の見物ができるのだ。

自動車でゆっくりと四条通を西に進む。
窓とサンルーフを開ける。
雑踏の向こうに聞こえる「コンコンチキチン」のお囃子の音。
この音を聞かずに、どうして京都に夏が来るのでしょう?ww
なんだかワクワクする、ドキドキする、ザワザワする。
宵山は特別なのだ。
明日も絶対に来るのです。







お昼ご飯を食べる時間がなかった上に、6時間連続授業だったから、そりゃあお腹が空いた。

そうだ!
久しぶりに『ミスター餃子』の餃子が食べたいぞ。
そのまま車を南へ走らせる。

小さな店だけれど、餃子を買いに来る人が延々と列を作る。
ものすごい勢いで売れていく餃子。

その横のカウンターで、焼きたての餃子を頬張る。
隣の二人連れは、「とりあえず、餃子8人前とビールね♪」なんて言っちゃってる。
8人前って・・・笑

(こちらは3人前)












コメント (8)

もしかして、おフランス?

2018-06-21 | 受験・生徒・勉強・学習
土砂降りの水曜日、家の用事諸々を済ませた後、いそいそと急ぐ先は『アンスティチュ・フランセ』♪
旧『日仏会館』である。
京都大学の『西部講堂』に隣接している。
『西部講堂』は、相変わらずのカオスだ。
けれど、そんな『京大生の独特の雰囲気』が充満する中、彼らとはハッキリと一線を引いた、ちょっとステキな空間が、この会館なのである。ww

前回に続き、もう一度お試し授業を受けて、夏期講座の申し込みをする。
どこまでできるか分からないけれど、あくまで『趣味』の領域で、楽しみたい。

登録を終えて、『ル・キャフェ』でひとり、お昼ご飯をいただく。
『ル・キャフェ』ですって!ww
嗚呼、一気にかぶれてしまう、フランスに♪ ww

この日のランチメニューは、鶏肉のクリームソース煮だった。
・・・クリームソースは、食べたらダメよね、食べたいけれど。


あらら、サラダのセットが5種類もある。
これにしましょう。

いろいろ悩んで、『オーベルジュ風』というのを注文する。
このところ、夫のサラダ弁当は作っているけれど、自分は全然『生野菜』を食べていなかったのだ。


やってきたのは、大皿いっぱいの大量のサラダだった。
ブルーチーズと生ハム、くるみにマッシュルーム♪
フランスパンに挟みながら、いただく。

あら?
ここはどこ?
もしかして、おフランス!?




レッスンが始まるのは7月の第1週からだそうな。
フランスかぶれのイヤな奴』になる、あらゆる理由があるのである。

ごめんあそばせ♪







コメント (7)