英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

タデ食う虫も。

2019-06-30 | ネコ話(動物)
夫のシャツに乗っかって眠る猫。

時々、『フミフミ』したり『甘噛み』したり。

・・・タデ食う虫も好き好き、と、いうけれど。




お好きにどうぞ。ww



コメント (5)

バッタもんのバッタのブローチ♪

2019-06-29 | 日記
机の上に、バッタがいた。

キンキラキンのバッタである。

もう20年も前に、ラスベガスで買ったブローチだ。

とても大きなブローチで、ものすごく気に入っていたのだけれど、結局着ける機会はあまりなかった。

足が取れちゃって、しまい込んでいたのが、どういう訳か、ちゃんとなおっている。

誰がなおしたのか知らないけれど、とりあえず『あらぬ方向を向いて』感謝する。ww


安いガラス玉の『バッタもん』のブローチだけれど、可愛いでしょ♪




バッタもん:
バッタ屋で売られているようなものという意味。
ちなみにバッタ屋とは安売り露店の現金商売で、お金を持ってバッタのようにあちこち飛び回っていたことに由来する。
(weblioより)
コメント (8)

力なくこうべを垂れる。

2019-06-28 | ネコ話(動物)
突然台風がやってきた!
と、思ったら、あっという間にいなくなった。
ザワザワとする1日、夕方まで家で仕事をしていた。


なぜか、iPadのキーボードに固執する猫。



からの、爆睡態勢。




結局、仕事意欲を喪失する。
しばらくして、テーブルに戻る。


「意地でも仕事をさせまい!」という決意は認めよう。
・・・体の下に、完全に埋まるキーボード。涙




号泣しながら、リビングを出て、家事をする。
仕事は後回しね。

と、猫が振り返る。
視線が、バチッととあう。
途端に胸が締め付けられる。

嗚呼、なんて可愛いの!!!??
(あくまで、ネコ下僕の視点です、お許しください。)



パシャパシャと散々写真を撮ってから気づく。
こんな『裏ワザ』を使うなんて、卑怯だと思うんですけど?


結局、力なく、こうべを垂れる。









コメント (4)

クイズ♪

2019-06-27 | ネコ話(動物)
これは何でしょう?





1. ムートンのスリッパ

2. フェンディの毛皮♪

3. げんちゃんの背中

4. 風に揺らぐ砂漠

5. その他


正解した方には・・・賞賛の元気玉を!ww




ネタ切れですって?
そうですって?

違いますけどっ!!!??

コメント (3)

げんちゃん、げんきになれ!

2019-06-26 | ネコ話(動物)
琵琶の琥珀姫、こと、玄米姫、こと、げんちゃんのいるお茶屋さんの前を、朝にとおりかかった。

あれ?
なんだか、げんちゃん、元気がないな。


お昼頃に、もう一度通った時には、げんちゃんは玄関にはいなかった。


夕方、さらにもう一度通りかかると、げんちゃんは、お店の奥さんにブラシをかけてもらっていたのだけれど、やっぱり全然元気がない。


思わず声をかけた。

こんにちは。
げんちゃん、なんだか元気がないですね。


そうなんです。
もう4日ほどになるかな。
脂肪腫のある右の後ろ足をぐねったみたいで、それから全然ご飯を食べないんです。
お水もあんまり飲まないし。

けれどね、この子ももう歳だから、絶対に体にメスを入れたり、痛い思いをさせたりするのは嫌なんです。
だから、獣医さんに連れて行きたくなくてね。
若い家族たちとは意見がちがうんだけれど。


奥さんのおっしゃることは、とてもよく分かる。

昔、それはそれは大切にしていた黒猫が腎臓病になった時、自宅で100回以上点滴をした。
なんとかご飯を食べさせようと、色々なものを試して、口に入れてみた。
無理やり口を開けさせて、薬を飲ませた。

結局、やせ細って、わたしの腕の中で息を引き取った。


自宅点滴をしていた頃は、「この子のために、なんでもする!」と思っていた。
けれど、それは、わたしのエゴではなかったのかと、何年か経って思うようになった。
無理やりつらい治療を受けさせて、命を引き延ばしたことが、この子にとって本当に幸せなことだったのかと。

死んでほしくなかった、どうしても生きていて欲しかったのだと、思う。


そんなことを思い出しながら、奥さんのお話を聞いていたら、不覚にも落涙する。
慌てて、その場を立ち去った。


げんちゃん、なんとか元気になってね。


コメント (8)

赤のごちそう、青のご馳走。

2019-06-25 | グルメ
朝は、6時前に夫のご飯を用意する。
いつもは、それから、もう一度少し寝る。ww
夫婦の仕事時間がずれているので、寝なくちゃ体が保ちません。

けれど、今朝は、7時半に出かけたのだ、三条通のパン屋さんへ!
フランス人のオーナーが焼く、それは美味しいクロワッサンがあると聞いて!!
6時半にお店を開けて、お昼には売り切れて、閉めてしまうらしいんですって。

パンが大好物の実母も連れて行く。

お店には焼きたてのパンのいい匂いが溢れている。

クロワッサンに、キッシュにタルトに、とあれこれカゴに入れる。
隣で母のカゴを覗き込むと、あらら、そんなに食べ切れるの!?というほど買い込んでいるじゃないの?


大丈夫!
ちゃんと仕分けて冷凍して食べるから♪


しばらく風邪で伏せっていて、全然食べていなかったので、ホッとする。ww


その特別美味しいクロワッサンは、帰り道、車の中で食べてしまった。
我慢できなかったのだ。

・・・もうちょっとゆっくり食べたらよかった。

青いお皿に入れて、記念撮影をパチリ。




夜になって、仕事から戻る。

え!!?
さくらんぼのいただきものがあるじゃない!!?
さくらんぼは1番好きな果物なのだ。


今度は赤いランチョンマットに乗せて、記念撮影だ。ww





なんて素敵な月曜日♪




コメント (11)

巣立つツバメにあじさいのお菓子。

2019-06-24 | 日記
ツバメが近所で子育てをしている。
だんだん育って行くのを楽しみにしている。

今日、見に行ってみると、もうこんなに大きい。
巣立つ日も近いな、と思って、記念撮影を1枚、じゃなくて、2枚♪







街のど真ん中でも、川やお寺が周りにあるから、餌の虫はけっこう豊富かも知れない。
それでも子育ては大変だっただろう。
親鳥は大変だ。


家に戻ると、お菓子が届いていた♪
元生徒さんが、顔を出してくれたんですって。
桂の中村軒のお菓子ですって。

うふふ♪
あはは♪
ほんとにありがとう!

あら?
綺麗なあじさいをかたどった生菓子が入っているな。
薄く色付けられた寒天が、コリっとふわっとしていたのです。

・・・ダイエット中なのを忘れて、ぜーーーんぶ貪り食べちゃいましたとさ。







コメント (4)

『ふんっ♪』

2019-06-23 | ネコ話(動物)
土曜日、家に戻ると、猫がいない。

必死で探す。
リビングのドアは全部施錠してあるよね。
昔、家出された時の不安と絶望が蘇る。


どこにもいない、どうしようと思った瞬間に、気配を感じる。
ああ、さくらは出て来た、家具の影から。


もう1匹はどこ行った?
改めて部屋を見回して、見上げたキャットタワーの頂上には・・・





お、お前ね〜
ちょっと一声、返事ぐらいしてよね〜 涙


・・・『ふんっ♪』という声が聞こえた。号泣
コメント (6)

さすが大阪!えびす橋!!

2019-06-22 | 日記
野暮用で、大阪の戎橋(エビスバシ)に行ってきた、午前の授業を終えて、京阪電車に飛び乗って。

こんなに近くに住んでいるのに、生まれて初めて見た、グリコの看板!



この橋の上は、結構な観光地らしく、人だらけだ。
そして、その少なくとも8割が、アジアからの観光客の方々。
京都よりも凄いことになっている!



用事を終えて、向かった先は、『牛カツ』のお店だったのだ。

・・・昨日の『女は野菜が好きどすえ♪』発言のことは、お忘れください。

ランチは4種類。

1. 牛カツ1枚の定食
2. 牛カツ1枚+とろろの定食
3. 牛カツ2枚の定食
4. 牛カツ2枚+とろろの定食

これだけである。

ご飯はお代わりできるんですって♪
1番の1番少なそうなのを注文してみた。

それがこのボリュームである。
千円ちょっと?
そして、ここも、8割以上がアジアからの方々だ。

活気が半端ない。

すごいね!!
さすが大阪!





コメント (6)

ちまちまご飯。

2019-06-21 | 日記
ちょうど1週間前のモリアオガエルの赤ちゃんが、孵化していた。

しかも、酸素ポンプを入れてもらって、実に快適そうなのである。

幸せなオタマジャクシたちだ。

名前をつけようかと思ったけれど、多すぎて諦める。

立派なモリアオガエルになって、山に帰っていってね。





モリアオガエルの見学会と化した『勉強会』をなんとか終えて、街中に戻る。

今日はタイ料理じゃなくて、『野菜料理』にしましょう♪

ちまちまと並ぶ、有機野菜の料理の数々。

店の中は、見事に女性のみ。ww
ガッツリ系じゃないもんね。ww


女はこういったご飯が好きなのである。

コメント (6)

この怨み、どうしてくれよう!

2019-06-20 | グルメ
仕事に出かける準備をしていると、ゴルフから帰ってきた夫が、『戦利品♪』といって、なにやら箱を取り出した。
今日は仕事が休みで、早朝から出かけていたのだ。

出がけにこんなものを見せられると、途端に『やる気』を失うのである。ww
ゴルフ場の名物サンドイッチですって?

ふんっ!!
なにさ!!
あんたはいいよね!!

と、思いながらも、食欲に負けて、一切れほおばる。

うふふ♪
あはは♪






残りは帰ってから食べようと、楽しみにしていた。



帰ってきたら・・・
残っていたのは、空箱だけだったのです。


この怨み、どうしてくれよう!

コメント (4)

牛肉弁当と街のスズメ。

2019-06-19 | 日記
風邪で10日ほど臥せっていた母が、なんとか回復した。
何が食べたい?と、問うと、なんと『お肉のお弁当♪』と、言うではないの?ww


とはいえ、量が多いと食べられない。
大丸でいろいろさがして、『柿安』で牛めしを見つける。


上が普通サイズ、下がミニサイズ♪
下のサイズなら、いくらなんでも食べきれるだろう。
あ、もちろん私は、上のサイズね。




二人でお弁当を食べていると、庭から、ちゅんちゅんと鳴き声が聞こえる。


スズメがくるから、ご飯を置いているんよ。ww


ほうほう、スズメたちはずっと来てくれているんだな。
うちの辺りでは、最近見かけない。

街のど真ん中で、鳥たちもちゃんと暮らしているんだな、と、少し嬉しくなる。





コメント (4)

やめて欲しいこと。

2019-06-18 | ネコ話(動物)
夜おそく、家に戻ると、いつも側にきて、見つめてくれる。

深夜に寝返りをうつと、いつもそばにきて、鼻に噛みつく。



・・・えっと、噛みつくのはやめて欲しいんですけれど?


コメント (2)

京都に来たら。

2019-06-17 | 日記
日曜日、仕事中、なんとなく窓の外に目を移す。

目の前の川沿いで、若い外国人たちがお酒を飲みながらタバコを吸っている。
お酒はいいんだけれど、タバコは京都市内全域、屋外で吸うことが禁じられている


・・・とはいえ、まあ、この辺りは過料聴衆地域ではないので、吸い殻さえポイ捨てしなければ、仕方ないかな。

ところがその瞬間、一人が川に吸い殻を投げ捨てたのだった。


川にですよ!
みんなで大切にしている、街のど真ん中を走る川に、である!
ホタルのやってくる、カモやサギもやってくる川なのに、なのである。涙


怒りに任せて、飛び出そうとしたけれど、相手は酔っ払いの若い男子達だ。
流石にひるんだ。
その間に、彼らは騒ぎながら、立ち去った。


なんだかね。


観光地だから仕方ないのかもしれないけれど、民泊が増えて以来、どんどん路上ごみも増えて、街中のマナーが悪くなってきている。
新しい電化製品の入っていたであろうダンボール箱なんて、川沿いに放置なんですから。


一つだけ、お願いです。


旅先では、その地の習慣、慣習を尊重してくだされ。
郷に入りては郷に従え、って言うじゃないですか?



雨の合間に、散歩に出る。
街中が騒がしくても、鴨川河畔は静かである。













コメント (6)

特別用事のある日ではなかった。涙

2019-06-16 | 日記
土曜日、特別用事のある日ではなかった、はずだった。

お昼前までゆっくりして、コストコに月に1回の買い出しに行って、花苗を買って、本屋によって、イオンに寄ったら、あっという間に夜だった。ww


大急ぎで『焔を吐いても』大丈夫な格好に着替えて、「月例:魔女の会」に出かける。


今回は、堀川二条あたりの居酒屋である。
なんということのない『げそ炒め』が美味しくてびっくりする。
バター炒めと書いてあったけれど、多分ニンニクとごま油が入っているよね?
お砂糖もちょっと?




家に帰って、腹筋をする。
そうなのです、『あなたおなか、ぷよぷよね♪』と言われたあの日から、『猫の爪とぎ』と化していた腹筋マシーンを取り出して、意地でトレーニングをしているのだ。号泣

・・・ストレスで変になりそうなのである。
(運動が大大大の苦手、且つ、嫌い、なのは前述のとおり。)


で、深夜に、買い込んだコストコの材料を使って、カレーを作り始める。
(現在進行形である。)


コトコトコットン
コトコトコットン
やってられないわ♪




コメント (4)