RAKUDA通信 海外&国内 添乗員の最新旅情報! 

こだわりの旅で世界の国々へご案内!㈱キャラバントラベルのスタッフによるブログ。コメント、ご質問歓迎!

中国旅行

2020年01月31日 17時54分27秒 | つれづれ

皆様、こんにちは。

お元気でお過ごしでしょうか?

先日キャラバンは創業25周年を迎え、益々気合を入れて魅力的な旅をご提供しようと意気込んでましたが、皆様もご存じのように新型コロナウィルスによる肺炎発生で出鼻をくじかれました。

思えば17年前にSARSが発生した際、当時は中国旅行専業でしたので大きなダメージを受けてしまい、それ以来中国旅行のみならず、他の国へのツアーも取り扱うようになりました。

 

今の状況を受けて、残念ながら2月に予定していた中国旅行は全て取り止めましたが、お陰様で東南アジアや南アジアなど他の国へのツアーは通常通り実施します。

さて、今後の中国旅行についてですが、本日外務省から中国全土に対してレベル2(不要不急の渡航は止めてください)の渡航情報が発出されましたので、これを受けて2月以降のツアーも現状が改善し、渡航情報がレベル1(十分注意してください)に下がるまでは、基本的に実施を控えることになると思います。

近日中にホームページにて、正式にご案内させていただきます。

キャラバントラベルのツアー実施基準は、簡単に申せば①安全第一、②旅行に行って楽しめるか、この2つのどちらか一方が欠けてもツアーは実施しません。

 

一刻も早くこの状況が落ち着き、再び魅力的な中国旅行にご案内できる日が来ることを祈っております。

弊社を応援してくださるお客様、現状すぐには中国旅行にご案内できませんが、4月以降出発のツアーは募集を開始しております。また、中国以外の国へのツアーは通常通り実施しておりますので、ぜひご参加いただきたくお願い申し上げます。

 

本日はこのへんで、良い週末お過ごしください!

本田

 

ブログランキング、ここをクリックして応援してくれると嬉しいです!お願いします。

  

人気ブログランキング

 

 

新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

  

 

 

コメント

ラ・プロヴァンス/ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

2020年01月30日 18時56分07秒 | 国内

友人の誕生日に選んだ「インターコンチネンタル東京ベイ・プロヴァンス」は、開放感あふれるエントランス、ロビーは華やかな品格があり、中世プロヴァンスの貴族の別荘をイメージさせる落ち着いたレストランです。

特にお店の中は静かでゴシック系の素敵な雰囲気、

風格のあるお花の前、クラシカルなお席に座りました。

とても感じの良いスタッフの説明から始まり

欠点一つないコースの運び、

スパークリングワインでの乾杯付きのコースで、

コストパフォーマンスも良かったです。

デートや記念日にオススメしたいです!

以上、ジョでした。

 

 

ブログランキング、ここをクリックして応援してくれると嬉しいです!お願いします。

  

人気ブログランキング

 

 

新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

  

コメント

世界遺産ハロン湾とパラダイスプレジデント号

2020年01月29日 20時34分21秒 | ベトナム

こんにちは、おおたぶです。

本日も先日訪れたベトナムのご紹介をさせていただきます。

 

今日は、ベトナム屈指の自然景観、世界遺産ハロン湾です。

海からニョキニョキとしたカルスト地形の島が顔を出す珍しい景色です。

 

その独特な景観が評価され、1994年にユネスコの世界自然遺産に登録されています。

 

今回もクルーズ船に1泊してハロン湾の景色を存分にお楽しみいただきました。

 

そのクルーズ船ですが、今回利用したのは2018年に就航したばかりの

新しい「パラダイスプレジデント号」です!

 

簡単ですが、ご紹介させていただきます。

 

 

全5階建てのパラダイスプレジデント号ですが、

なんとエレベーターも完備されています。

 

 

▼まるでホテルかと思うほどの客室前

 

ドアもカードキーで室内へ入ります。

▼部屋は広々としており、スーツケースも充分広げられます。

 写真にはありませんが、全客室にバルコニーがついています!

 

▼3階のレストランスペース ソファーの座り心地もとても良いです。

 

▼窓も大きく、食事しながらゆっくりと景色を眺められます。

 

▼ビュッフェのランチ

 

 

 

 

▼ディナーもとても洗練されていて美味しかったです。

▼下船観光ではこちらのテンダーボートに乗り換えます。

 

▼砂浜のある島に上陸しました。

 

▼展望台に上がり、景色を一望しました。くじらのような島も見えました。

▼沢山の島と沢山の船が。

 

▼大きな鍾乳洞にも行きました。

 

▼こちらは小船に乗って洞窟をくぐっているところです。

 

 

▼船内では料理教室も行われました。生春巻作りの講義と体験中です。

 

 

▼朝はデッキにて太極拳

 

 

 

こうして1泊2日のハロン湾クルーズは

あっという間に時間が過ぎ去っていきました。

 

お客様にとっても印象に残るクルーズ体験だったようです。

本当におすすめです!

ではまた!

 

 

ブログランキング、ここをクリックして応援してくれると嬉しいです!お願いします。

  

人気ブログランキング

 

 

新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

  

コメント

今年もやります!②

2020年01月28日 23時40分36秒 | 中米・南米・北米

こんばんは、丸山です。東京は冬の嵐ともいうべき雨が降り続いている今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

写真はブラジルの絶景レンソイスです。白色の砂の大地に青い池が点在しています。この景色が見られるのは雨季から乾季の始まりまで。昨年の8月に実際に訪れて撮影しました。実際に白い大地を歩いて眺めるも良し、小型セスナに乗って上空から全景を眺めるも良し、本当に素晴らしい景観です。今年の夏も企画する予定です。お楽しみに!

ブログランキング、ここをクリックして応援してくれると嬉しいです!お願いします。

 

  

 

人気ブログランキング

 

 

 

新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

 

  

 

コメント (2)

ベトナムへ行ってきました!

2020年01月27日 20時02分36秒 | ベトナム

おおたぶです。

1/15〜23まで南北を縦断するベトナムの旅に同行しておりました。

今年は、25日から旧正月が始まるということで、

街はお正月飾りなどでとても華やかだったのが印象的でした。

 

少しだけ写真をご覧ください。

 

 

▼スイカにおめでたい言葉

 

▼ホテルのロビー

 

▼アートなお花

 

 

▼正月のお祝いで、金柑をバイクに積んで走る人を沢山見かけました。

 

いつもと異なる街の雰囲気を感じられよかったです。

人々はこれから家族と迎える正月に思いを馳せているようでした。

 

 

ブログランキング、ここをクリックして応援してくれると嬉しいです!お願いします。

 

  

 

人気ブログランキング

 

 

 

新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

 

  

 

コメント

ハルピン氷祭り その5

2020年01月24日 14時24分55秒 | 中国

ハルピン氷祭りの旅。今回で第5回目のブログ更新です。

今日は氷祭り最大の会場「氷雪大世界」の様子をご紹介します。

その前に、午前中はハルピン市内観光へ出かけました。

バスの車窓からになりますが、前方にハルピン駅が見えてきました。伊藤博文が安重根に暗殺された現場とし

ても知られています。

こちらも車窓からになりますが、旧ヤマトホテルです。チャンスがあれば館内も見学してみたいです。

ハルピン市内で一番賑やかな場所がここ「中央大街」です。ロシア統治時代は「キタイスカヤ」と呼ばれてい

ました。歩行者天国になっており、寒くてもご覧の通り沢山の人で賑わっています。

御馴染みの聖ソフィア教堂です。内部工事中のため、外観だけの見学となりました。

そして夜、いよいよ氷雪大世界へやってきました。団体入口を通り、会場内へ入ります。

外の気温は−20℃。だいぶ寒くなってきましたが、ワクワクして身体は全然寒くありません。

氷のオブジェが見えてきました。ライトアップされて幻想的な雰囲気です。では、何枚か写真をご覧下さい。

規模が大きいですね。中国のやることはスケールが違います。一つ面白いものを発見しました。

このドーム型の建物ですが、一体なんだろうと思いましたが、入口にしっかり書いてありました。

「アイス火鍋」と書かれた入口から中へ入ると、本当に火鍋を食べている人がいました。

椅子もテーブルも全て氷でできているといるアイス火鍋、どんな味がするんでしょう。

大人から子供まで、沢山の人で賑わっています。寒さに負けず、楽しむ様子が印象的です。

氷の彫刻です。細かい細工が施されています。

最後はこれ、東北地方の伝統的なおやつ「サンザシ飴(中国語では糖葫芦)」です。昔はサンザシだけでした

が、最近はイチゴやパイナップル、ミックスフルーツなど、様々な種類が売られています。

以上、ハルピン氷祭りメイン会場「氷雪大世界」の様子をご紹介しました。

氷祭り自体は2月いっぱいまで開催予定なので、ご興味のある方は是非一度訪れてみて下さい。

山根

 

ブログランキング、ここをクリックして応援してくれると嬉しいです!お願いします。

 

  

 

人気ブログランキング

 

 

 

新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

 

  

 

 

 

コメント

ハルピン氷祭り その4

2020年01月23日 10時20分37秒 | 中国

今回で第4弾となるハルピン氷祭りの旅。今日は太陽島で開催中の国際雪像芸術博覧会の様子をご紹介します。

今年で32回目となる国際雪像芸術博覧会ですが、どんな雪像が見られるのか楽しみです。では、早速入場してみましょう。

入場ゲートを通り、電動カートで園内を移動します。もちろん歩いてまわることもできますが、敷地が広いので時間と体力に

余裕がある人以外は電動カート利用をお勧めします。

電動カートに乗ること約5分。雪像が見えてきました。今日の天気は晴れ、青空が広がり雪像の白と空の青のコントラストが綺

麗です。

雪の巨大滑り台も体験できます。子供たちが楽しそうに遊んでいます。 

 ちっと割高ですが、ソリや防寒具も近くの売店で購入できます。

かなり細かい細工がされた雪像の数々。一つ一つ見ていくとあっと言う間に時間が過ぎていきます。

 

テレビ局も取材に訪れていました。レポーターの女性、一回目は噛んでしまいNG。カメラマンに「もう、笑わせないでよ~」と

言っていました。仲のいい2人ですね。

 これは大作の「戯れる熊たち」。勝手にタイトル考えてごめんなさい。きっと違います。

これも大きめの作品です。タイトルは「雪の精霊」だと思いますが、合ってるかは定かではありません。

 頭に角が生えています。ユニコーンかと思ったら、翼も生えています。ということは、ペガサスですね。

タイトルは「舞い上がるペガサス」でしょうか。中国風に言うと、「飛翔天馬」ですね。また勝手にタイトルを決めてしまいま

したが、きっと違うと思います。

これが最大の雪像でした。巨大な孔雀のようですが、それにしてもスケールが大きい。階段で上に上がることもできます。

可愛い雪だるまたち。

最後は可愛い雪だるま&変なおじさんのコラボでした。失礼しました。

では、また次回をお楽しみに。次回は氷雪大世界(氷の芸術)の様子をご紹介します。

山根

 

 

 

ブログランキング、ここをクリックして応援してくれると嬉しいです!お願いします。

 

  

 

人気ブログランキング

 

 

 

新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

 

  

 

コメント (1)

ハルピン氷祭り その3

2020年01月22日 11時37分33秒 | 中国

ハルピン氷祭りの旅、今日で3回目になります。

かなり引っ張りましたが、今日はやっと氷祭り会場の様子をご紹介できます。

氷祭りの会場は3カ所ありまして、今日は一番規模が小さい兆麟公園の氷灯まつり(兆麟公園氷灯芸術遊園会)を紹介します。

兆麟公園は、日中戦争で活躍した民族の英雄「李 兆麟」にちなんで名づけられました。

普段はどこにでもある公園ですが、氷祭り期間中は数多くの氷灯が展示されており、夜はライトアップされてとても綺麗です。

気温は−17℃でしたが、運良くこの日は風がなく、それほど寒さを感じませんでした。

公園内の池も凍り、スケートを楽しむ人達の姿が見られました。楽しそうでいいですね~。

1時間くらい公園内を散策しながら、ライトアップされた氷灯の数々を見学しました。近くで見ても結構細かく彫刻してあり、

完成度は高かったです。兆麟公園は入場無料なので、誰でも自由に見学できます。

次回はあと2つの氷祭り会場(氷雪大世界、太陽島雪博覧会)をご紹介したいと思います。

 

山根

 

ブログランキング、ここをクリックして応援してくれると嬉しいです!お願いします。

  

人気ブログランキング

 

新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

  

 

コメント

ハルピン氷祭り その2

2020年01月21日 18時28分15秒 | 中国

こんにちは 今日は前回の続きで、ハルピン氷祭り その2です。

氷祭り会場へ移動する前に、もう一つ冬の風物詩をご紹介します。

まず、ハルピン市内を流れる松花江沿い移動します。因みに、松花江は中国と北朝鮮を跨ぐ聖なる山「長白山」

が源流で、水量も豊富、夏場は観光用のクルーズ船も運行していますが、冬はガチガチに凍ります。

その凍った松花江の上で開催されるのが寒中水泳(中国語では「冬泳)です。

午前10時半と午後2時半、1日2回行われている寒中水泳。ちょっと逆光で見づらいですが、参加者の登場。

今日は午前の部を見学しますが、このときの気温はマイナス13度でした。耳と顔が痛いです。

 参加者全員で記念撮影。いよいよこれから水の中へ飛び込みます。

トップバッターの男性、とても綺麗なフォームで飛び込みました。

記念写真が終わると続々と水の中飛び込んでいきます。皆さんいい身体してますね。

仲間の雄姿をパシャリ。いい記念になりますね。

約30分程で寒中水泳午前の部が終了。会場を後にする際、壁に張られていた写真です。何かの儀式か呪いをしているようですね。

実はこれ、12/7に松花江にて採氷の儀式が執り行われた時の写真です。儀式が終わると、いよいよ15日間昼夜突貫で氷祭り会場の工事開始です。

では、また続きをお楽しみに。

 

山根

 

ブログランキング、ここをクリックして応援してくれると嬉しいです!お願いします。

  

 人気ブログランキング

 

新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

  

コメント

ハルピン氷祭り その1

2020年01月20日 17時49分10秒 | 中国

1/12〜15まで、ハルピンの氷祭りの旅ヘ行ってきました。ハルピンへはかれこれ5,6回は訪れていますが、氷祭りは2回目です。ハルピンは中国東北三省の一つに数えられ、三省の中で最も北に位置していますが、夏は日差しが強く、かなり暑くなります。逆に最も気温が低い時は−30℃前後まで気温が下がるという厳しい自然環境です。

歴史的には、12-13世紀に中国北部を支配した女真族(後の満州族)が興した「金王朝」の最初の都・上京会寧府は、現在のハルビン市阿城区に置かれました。また、同じ満州族の「清王朝」は東北地方に根拠地を置き17世紀に中国を統一しました。

こうしたことから、ハルビンは清王朝発祥の地とされています。19世紀末、シベリア鉄道の支線である東清鉄道の建設拠点として、ロシア人の入植が始まり、急速な都市化が進みました。最盛期には、世界33ヵ国約16万人の外国人が居住し、16ヵ国の領事館が設置されるなど、早くから国際都市として発展していました。

そんなハルピンで行われる冬の一大イベントが「ハルピン国際氷雪祭り」いわゆるハルピン氷祭りです。さぁ、一体どんな旅になったのでしょう。次回をお楽しみに。

山根

 

ブログランキング、ここをクリックして応援してくれると嬉しいです!お願いします。

  


人気ブログランキング

 

新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

  

コメント