RAKUDA通信 海外&国内 添乗員の最新旅情報! 

こだわりの旅で世界の国々へご案内!㈱キャラバントラベルのスタッフによるブログ。コメント、ご質問歓迎!

今年こそ優勝しタイガー

2010年02月26日 22時35分53秒 | 添乗報告
大阪支店の真田です。
今月2回目の登場です。
「よくネタが続くなぁ」と言われることもありますが、いえ、ネタはあるんです。無いのはそれを面白く紹介する文才です。ちなみに執筆時間の半分はタイトルを考えるのに費やしてますので、多少なりとも毎回ここにかける意気込みを感じていただけたら幸いです。

さて今回のタイトルを見て「さては今回のテーマは甲子園球場だな!」と思ったあなたはまだまだ大阪がわかっていない。あそこの住所は兵庫県。阪神タイガースが必勝祈願に訪れるのも兵庫県の廣田神社(タイガースの結成式が行われた兵庫最古と言われる神社)。
では大阪にある必勝祈願の場所と言えば? もちろん北千里にある「ガンバ大阪神社」です! ショッピングセンターの4階というイマイチ重みに欠ける場所ではありますが、選手をかたどった石像がお出迎えしてくれます。移籍の激しいサッカーチームの常で、もうガンバにはいない選手もいますが、、、ご本尊は「GAMBA(イタリア語で「脚」)」らしく黄金の『脚の神様』です。脚の裏を触るとご利益があるとか。
元旦の天皇杯は連覇したものの去年のJリーグでは惜しくも3位。今年こそその名のごとく『ガンバ』ってくれと思う大阪人は多いはずです。
ところで阪神タイガースの成績がパッとしなかったのは廣田神社の他に西宮神社にも必勝祈願に行っていて、二股かけたバチが当たったためだという都市伝説は本当でしょうか?
(歴史メモ:そもそもは2005年にチームの顔であった大黒(おおぐろ)将志選手を大黒様にみたてた「ガンバ大黒(だいこく)神社」が元でした。その後大黒選手の移籍に伴い日本代表の宮本選手を新たに本尊にした「ガンバ大阪神社」にリニューアル。ガンバファンが選んだ年間MVPの石像を追加したりして賑やかになりましたが、前述のように移籍が激しいため配置も時々変わっているようです。ちなみに『脚の神様』の登場は2008年。)

キャラバントラベルも今年は勝負の年。社員一同ガンバって参ります!


クリックして、こちらも応援して下さい。

コメント

チャンパ大国

2010年02月25日 21時02分29秒 | 添乗報告
はい、皆様こんにちは。

東京の浅野です。

2/17~25までベトナムへ行ってきました。
さすが、東南アジアです。南のホーチミンシティは日中、30度以上を記録していました。
寒い日本から少しの間離れて、ベトナムを感じてきました。

そこで紹介します。
コチラ!!



ミーソン遺跡です。
山の奥にひっそりと建てられていますが、長い戦争でそのほとんどが破壊されています。
が、まだ残っている部分が世界遺産になりました。



これらは、レンガで造られていますが、
昔は木で作られています。歴史は2世紀からとふるいのですが、以前は木造なので、
当時のものは残っていません。


ガネーシャは富の神。
立ち上がっています。

これらの彫刻はダナンのチャム博物館に展示されています。
チャンパ王国の遺跡から出土されたものです。

と言ったように、今回はコゴでです。
このほかにもベトナムは素晴らしいところがありますので、
またご紹介いたします。

有難うございます。


クリックして、こちらも応援して下さい。

コメント

秘境ブータンで感じたこと

2010年02月24日 16時03分26秒 | 添乗報告



先週の寒さからカラットとかわって、
陽気な春の暖かい日が続いています。
なんだか、わくわくして外へ出たくなるような気もしません。
日本を出て、日本と違う人種、文化、景色、生活を観て、体験するのも、
すてきなことですよね。

昨年の4月にヒマラヤの麓にある小さな王国ブータンへ添乗にいったときの
ことを思いだします。
世界経済において再貧困国といわれながら、
世界においては最も幸せの国でもあります。
ツアーはパロ、首都ティンプーへいきましたが、どこへ行っても、
人々は民族衣装(男性はゴ、女性はキラ)をきちんと着用し、
人々の表情は穏やかで、のんびりとしていました。
素朴な子供たちの笑顔は可愛くて、とてもすてきでした。

ホームレスの人は見当たりませんでした。
乞食には会いませんでした。
観光客に追いかけての物売りもいませんでした。

民家訪問に行きましたが、電機と水がちゃんと引いてあって、びっくりしました。
そういえば、観光中のトイレは殆ど洋式の水洗式で清潔でした。
観光の合間に、小学校に立ち寄りました。
学校の校長先生から熱烈の歓迎を受けました。
ブータンの教育費は無償のことを初めて知りました。
医療費も無償のことを知りました。
国王様は、今後国民の100年の幸せを保障するための政策でしょうか・・・

私はブータンがエコの先進国だなあと感じました。
電信柱は全部地下に埋め、ゴミはきちゃんと分別し、
各家には水と電気を引いてあったりして・・・
樹木の伐採や家の建造様式にまで厳しく制限され、
自然森林の保護と国の文化を保存するために・・・。

物質的には決して豊かではありませんが、
ブータンにきて、遠く聳えるヒマラヤの雄姿、目前ののどかな田舎風景、
荘厳をきわめるブータンの「ゾン」や僧院、古きお寺、誇り高く僧の人々、
幸せとはなにか、改めて考えさせられた良い旅でした。

今年も、秋からブータンのツアーの企画がありますので、
是非、ご検討していただき、ご参加下さいますようお願いします。
こころに残る旅に間違いないでしょう。

東京本社の柳でした


クリックして、こちらも応援して下さい。




コメント

少数民族のお祭りへ行ってきます!

2010年02月23日 21時06分49秒 | 添乗報告
東京支店の山根です。今週の金曜日から中国の西南部・貴州省へ行って参ります。

貴州省はミャオ族、トン族、等の少数民族が数多く暮らしているところで、

今回はミャオ族村の訪問や、歌が上手なトン族の集落を訪問し、

歓迎式を見学します。

そして、今回最大の見所は、ミャオ族の五穀豊穣を祈願する芦笙(ろしょう)祭りです。

ミャオ族の少女が銀の細工を施したきれいな衣装を身にまとい、各集落から集まって賑や

かなお祭りが開催されます。

少数民族はお祭りが大好きで、年に何度も開催されますが、今回は特に規模が大きく、

参加する人が多いです。

きっと楽しいお祭りになるでしょうね。戻りましたら、ご報告いたします。

クリックして、こちらも応援して下さい。




コメント

しゅんせつ

2010年02月22日 19時26分14秒 | 中国


こんばんは!

ようやく2010年春~秋のパンフレットの入稿が本日終わり、今日こそは早く帰ろうと思ったのですが、この時間にブログを書いています。
ある目論見?があり例年よりも約1ヶ月遅くなりましたが、3月1日に出来上がりますので、どうぞ期待してもうしばらくお待ち下さい。




さて、中国は2月14日に春節(旧正月)を迎え、先週一週間は現地の旅行会社も正月休みということで、なかなか仕事がはかどりませんでした。

今年の春節期間には日本へ旅行に来られた中国の方も例年になく多かったようで、おかげで飛行機の席は異常に混みあって、当社の航空機
手配の担当者も泣かされておりました。中国はどんだけ儲かっているのでしょうか。
日本も早く景気回復して欲しいものですね。

私が旅行業に携わるようになった頃(今から18年ほど前)の中国の春節は、家族で自宅に集まり外出は余りしないということで、商店やレスト
ランも閉まっていることが多く街はひっそりとし、ホテルの服務員さんも田舎に帰ってしまったりでサービスも低下気味になるなど余り旅行に向い
ている時期ではありませんでした。

かつて私も春節期間中のツアーに添乗員として同行した際、ある街のホテルではホテル内のレストランも閉まってしまい、仕方なくロビーにテ
ーブルを並べて夕食をとったり、ボイラーを炊く人が田舎に帰ってしまったとかで、暖房も入らず寒くて眠れぬ夜を過ごした記憶があります。
最近では春節期間中はホテルの宿泊料も通常の何倍になったり、街のレストランや商店は人で込み合うなど、日本の正月同様中国の春節
も随分様変わりしました。



いったいこの期間にどれ位の量のお酒と食べ物が消費されたのでしょうか?



しかし、中国ではまだまだ古き良き伝統文化が残されています。春節ならではの雰囲気も他の時期では味わえませんので、機会があれば
是非体験してみてはいかがでしょうか。

因みに2011年の春節は2月3日になります。

東京 本田でした

クリックして、こちらも応援して下さい。















コメント

冬季五輪開幕!

2010年02月18日 09時25分13秒 | 添乗報告
先週バンクーバーオリンピックが開幕しました。
日曜日には女子モーグルが衛星生中継され、思わず見入ってしまいました。

悪天候で転倒する選手も多い中、注目されていた上村選手は見事4位となりました。
(メダルという期待と重圧の中であれだけの滑りを見せてくれて感動です)

見てるだけで緊張感ある独特の雰囲気はオリンピックの大舞台ならではのもの
かもしれません。私自身モーグルのことはあまり分かりませんが、テレビの解説を
聞いてるとどうやら「エアー・ターン・スピード」の総合点で競うようです。
派手な大技を出した選手やかなりのスピードを出してる選手でも思ったほど高い得点
が出ないことなど、素人目には分からない奥の深い競技かもしれません。

また冬季五輪というとスキージャンプ、スピードスケート、フィギアなどの
印象が強いですが、最近はスノーボードなど新しい競技も増えてるみたいですね。
(知らなかっただけ!?)


さて、よくインタビューで「自分の力を出し切る」「自分との戦い」という言葉を
耳にします。「自分の力を出し切る」のはどのスポーツでも共通して言えます。

しかし「自分との戦い」はどうでしょう?

私はずっとサッカーをやってきましたが、試合は相手との戦いでした。
(もちろんポジション争いなどチーム内の争いは別として)

サッカー、野球、バスケットなど団体競技に限らずテニスや柔道もなども対人競技です。
また、マラソンや水泳も直接対峙しないにしても相手あっての戦いですね。

では「自分との戦い」のスポーツとは・・・?
上記に挙げたモーグル、フィギア、などではないでしょうか。

私なりにスポーツの判断基準を設けると【競技は一人で行い、第三者により点数で
判断される】ものでしょうか。対人競技は自分の力+相手との駆け引きというのに
対し、個人競技はより一層自分への厳しさ、いかに自分の力を出し切れるかが重要に
なると思います。

今回のモーグルも決勝戦は予選で低い点の順番に滑りましたが、先が良いのか後が
良いのか・・・どちらでしょう。私が選手としたら最後までプレッシャーがどんどん
大きくなるより、先にやってしまいたいと思うかもしれません。

いずれにしてもモーグルの上村選手のように後から強い選手が滑るのを待ってると
いうのも見てるだけで緊張でしたが・・・皆様でしたらどうでしょう?

今回、たまたまオリンピックを見て感じたことですが、良い発見が出来たと思います。

いずれにしても引き続き日本人選手には頑張ってもらいたいですね!

※上記の見解はあくまで個人的なものなのでご了承下さい。

東京 小山

クリックして、こちらも応援して下さい。

コメント

アンケート、そして南半球の大きな木のこと。

2010年02月17日 23時35分30秒 | 添乗報告
今月初めに一斉にお送りしたご案内に、アンケートを同封しました。

ただいま色々と企画を進めていますが、果たしてそれがどの程度お客様のニーズと合致しているか、などを教えていただき企画の参考になればという目的で行っています。

日々多数のご返送をいただいており、ご協力感謝しております。ご協力いただいた方にはもれなく、薄謝を送らさせていただきますので皆様お手元にアンケートのある方は、ご返送下さい。

この結果によって、自信を持って発表に入る企画、お蔵入りしてしまう企画、色々あるかと思いますが、皆様もどのような企画が出るか楽しみにして下さい。



と、業務的な話はこれくらいにしまして別の話に。昨年12月に行きましたニュージーランドで見た、巨木のことです。

世界には各地に大きな木がありますが、南半球ではニュージーランドのカウリという木が有名です。カウリはナンヨウスギ科のアガチス属で、常緑樹です。比較的暖かいところで見られ、ニュージーランドでも温暖な北島北部に集中し、南島には自然のものは無いそうです。

カウリの特徴はいくつかありますが、まずは成長が大変遅いこと。そして、そのために年輪が密になり、結果たいへん硬い木になっています。実際に叩いてみましたが大げさでなく木というよりもコンクリートに近い感覚です。また、成長にともなって下の枝を落として行き、木は上方向にまっすぐ成長していきます。かつて北島はカウリの森におおわれていたことでしょう。

そこに南太平洋からカヌーでマオリが渡来し、時を置き続いて欧州人、要するに人間が入ってきました。マオリにしろ欧州人にしろ、やったことは同じです。カウリを切りまくった訳ですね。真っすぐで硬く、木目も安定している。こんなに良い木はありません。それが見渡す限り生えているのですから。気持ちは分かるような気がします。

ただし後発の欧州人のほうが比較にならないほど大々的に伐採しました。硬い木ですから人間がノコギリだけで切っていくのは大変な作業でしたが、欧州人は機械を導入したため切るスピードが飛躍的に上がりました。やがて、カウリは96パーセント以上が伐採され、現在ワイポウアの森などに僅かに残っているのみです。



現在ニュージーランドに残るカウリで最大のものが、このタネマフタです。タネマフタは『森の神』を意味し、その高さ51メートル、直径4メートル強に達し、木の幹回りは約14メートルもあります。樹齢は1500年以上と言われ、屋久島の縄文杉と姉妹木となっています。

上部には着生植物がたくさん繁り、さながら木の上に森があるかのようです。


続く2番目は『森の父』テマツアナヘレ。こちらのほうが樹齢2千年以上と古く、幹回りも16メートルを越えており、見た目にもタネマフタより迫力があります。タネマフタを最大としているのは、木全体の容積が245立方メートルと、テマツアナヘレの210立方メートルより大きいためです。


かつては、もっと大きなカウリがたくさんあったことでしょうが、現在残されたカウリも実際見てみると本当に大きく圧倒的で、マオリの人たちが神と崇めたのも納得できます。

内藤でした。

クリックして、こちらも応援して下さい。

コメント

15周年記念の寄せ書き その4

2010年02月16日 22時17分58秒 | 添乗報告
15周年記念の寄せ書きも最終回です。

⑲キャラバンは長く平安でありますように
                 中国和平国際旅遊有限責任公司 社長  張 広林
⑳直訳 駱駝の背中の上にあるキャラバンは、とてもすばらしいキャラバン
                 雲南海外旅遊公司           阮 沽
21、虎年は、もっと勢いがあるように!                 
                 珠海陽光国際旅行社有限公司  社長  肖 紅
22、更に一段上にあがるように
             ㈱キャラバントラベル インバウンド開発室室長 薛 陽

4回に渡り主に中国からの旅行社の方を紹介しました。社員やその他日本の業社の方々も
それぞれの思いがかかれていましたが、日本語ですので、省略させていただきました。

この15周年記念新年会にお越しの180名のお客様、中国や各地の旅行会社の皆様、多数
ご出席いただき、本当にありがとうございました。
16年目に突入し、今まで当然のようにやってきたことが時代とともに変化しています。その時代の変化、お客様のニーズを敏感に感じ取り、より良いツアーの提供を心がけて、日々邁進していく所存です。

これからのキャラバントラベルにご期待ください!

明日より社員によるRAKUDA通信に戻ります。お楽しみに  
 
 
 

コメント

15周年記念の寄せ書き その3

2010年02月15日 14時05分53秒 | 添乗報告
今朝の新聞に出ていましたが、4月より全日空は国内線の機内の飲み物を有料化
することになったそうです。水と日本茶のみ無料で、コーヒーはスターバックスをはじめとする
有名ブランドの製品に、ダージリンティーは300円、ワイン、日本酒は千円。
全日空も7年ぶりの営業赤字になる見通しだそうです。

私たち旅行会社も厳しい時を迎えておりますが、「夢や希望、感動を与える」旅行会社、中国旅行ならキャラバントラベルとおっしゃっていただけるよう、全社一丸となって突き進んでいきます! 

さて先週から3回目になりました15周年記念の寄せ書き。簡単なものもありますが
文字は少なくても、その裏に隠された意味はとても深く、難しいですね。
寄せ書きは2/10のブログをご覧下さい。

⑬更なる発展をお祈りします。
                ㈱キャラバントラベル 上海事務所  所長 王 軍
⑭直訳 虎年は王様のように一番上。
    虎年のキャラバンは一番
                      雲南海外旅遊総公司   社長 呉 志剛
⑮キャラバントラベルはもっと商売隆昌
                      珠海陽光国際旅行社   社長 劉 大庸
⑯キャラバントラベルは商売繁盛 万事如意
                      青島華青国際旅行社  副部長 張 祚友
⑰キャラバントラベル 商売繁盛 儲かるように
                      珠海陽光国際旅行社   部長 劉 志軍
⑱虎年には、虎のように力を発揮し、沢山儲かるように
                      河北省中国国際旅行社 副社長 劉 双鎖

以上です。明日はその4をお送りします。 
 

 クリックして、こちらも応援して下さい。


 
      
コメント

15周年記念の寄せ書き その2

2010年02月12日 11時16分08秒 | 添乗報告
 拡大したものは2/10のブログをご覧ください

いつもRAKUDA通信をご覧いただきありがとうございます。
明日からバンクーバー五輪が開幕しますね。そして、、、
中国では旧正月の春節のお休みが明日から始まります。
明日は大晦日で、皆で餃子を作り、ご馳走を用意して家族団欒です。
中国の旅行社の人たちも仕事を早く終らせようと今日は朝から大忙しです。

さて、2/10に引き続き寄せ書きを紹介します。

⑦自分の家(キャラバントラベル)の商売は、永遠に輝いていくでしょう
                   甘粛省シルクロード旅行社 社長  王 海軍
⑧永遠に真っ直ぐ前進しましょう
                   ㈱キャラバンツアー 代表取締役社長 郭 永成
⑨キャラバンは、事業が発展、社員の身体が健康、万事順調を心よりお祈りします。
                   張家界運通康輝国際旅行社 部長  喩 宇林
⑩会社の発展を期待します
                   ㈱キャラバントラベル 中国手配担当  王 涛
⑪15年はあなたのもの 私のものでもある
                   ㈱キャラバントラベル 代表取締役社長 王 
⑫苦しい15年 輝く15年 蘭州人としての誇りを持ってください
                    敦煌旅遊有限責任公司   社長  常 立新

今日はここまでにします。
  皆様風邪には気をつけてください。

クリックして、こちらも応援して下さい。




 
                       

コメント