RAKUDA通信 海外&国内 添乗員の最新旅情報! 

こだわりの旅で世界の国々へご案内!㈱キャラバントラベルのスタッフによるブログ。コメント、ご質問歓迎!

カメラ・・・

2006年10月31日 17時13分39秒 | 添乗報告
大阪 沼澤です。
今月のひとことを書くとき、だいたい今まではツアーのことを書いたり、新しい旅、かわら版のこと、イベントなどを書いてきました。今回は(たぶん初めて)今もっとも興味深いことを書きます。

それはカメラです。
もともと旅行が好きだし、写真を見るのも撮るのも好きなほうでしたが、あることがきっかけでカメラに興味が湧いてきました。それはあるお客様よりご紹介いただき、写真家の方と知り合いになり、写真展などに行くことになったからです。大阪には大阪駅近くにマルビルというホテルのあるビルの中と肥後橋に富士のフォトギャラリーがあります。色々な題材の写真が展示してあり、中には中国の九寨溝や桂林、黄山などの写真を見つけては、いいなーと眺めています。

今月末には京都あたりは紅葉の時期なので、デジカメもって行ってみようかと思っています。

ところで、写真をやっている方と知り合いになり、話をしていると必ず写真のツアーを作ってよと言われます。そんな方々のためにも大阪周辺でも自分で色々出かけて撮ってくるのも悪くないなと。そして中国の良い所もご紹介できたらと思っています。写真にご興味のある方ぜひアドバイスをお願いします。普通のデジカメしか持っていませんが、自分の視点で楽しんで撮りたいと思います。
ではまた。



大阪 沼澤



コメント

ハロウィン

2006年10月31日 13時12分28秒 | 添乗報告
今年はハロウィンが大流行みたいですね。10月最後の日曜日は各地で仮装行列が現われたとの報道を目にしました。ハリーポッターなどの小説や映画などが火付け役になったみたいですがテレビで仮装している子供達を見たとき私の息子の伶央(レオ)の顔が重なりました。いつも新しい風を吹かすのは今子供である若い世代達です。厳しくも暖かく育てていきたいと思っています。期待ともに責任を強く感じずにはいられません。                 指田 史朗
コメント

最近気になること

2006年10月31日 12時48分52秒 | 添乗報告
最近、いじめによる自殺が大きな社会問題になっています。弱いものがさらに弱いものをたたく・・・とても悲しく虚しいものです。それ自体は今に始まった事ではないと思いますが、最近は頻繁に目にする機会が多いです。報道が過熱し、それにあおられてしまっている部分もあるのではないかと思います。起こった事だけではなく、なぜ起こってしまったか、どうすればなくなるのかといった事まで究明し、社会の仕組みそのものを変えていかなければこれは決してなくなるものではないと思います。失っていい命なんてない。どんな命も尊ばれなければならないものです。ここにこんなことを書いて何かが変わるわけではないと思いますが、もし自分の身近な人がと思うと、とても他人事ではいられません。教育制度の崩壊はもはや深刻な状況でしょう。景気回復や日中、日韓関係の改善なども大事ですが、政府にはこういった部分を早期改善していただく事を切に願います・・・                                斉藤
コメント

古本祭り

2006年10月31日 09時55分39秒 | 添乗報告
十月の28・29日にあった神保町の古本祭りに行ってきました。
絵本から専門書までたくさんの本との出会いがあり見て回るでも楽しかったです。
王 涛
コメント

旅行の秋

2006年10月30日 13時18分45秒 | 添乗報告
さて早いもので秋になりました。10月は添乗2回と視察1回とほとんど中国に行っていましたので夏が終わったのも束の間、いつの間にか秋になっていたという感じです。秋と言えば「読書の秋」「食欲の秋」「スポーツの秋」などと言われます。何ででしょう?別に秋に限らず年中共通して言えることにも思えますが・・・私なりに「秋は何をするにも過ごし易い季節でベストシーズン」という解釈をしています。そういうことで「旅行の秋」とも言われます。紅葉や温泉なども良いですが、私が先日添乗で行ってきました、内蒙古自治区の黄金に輝く胡楊樹はとても素晴らしく、海外にも見所はたくさんありますので是非、海外旅行にも出かけてみましょう!話は変わりますが、今月27歳の誕生日を中国で迎えました。これから一層精進していきたいと思いますので、どうぞ今後とも宜しくお願い致します。 小山
コメント

★秋の九寨溝★

2006年10月29日 18時35分55秒 | 中国
世界遺産の中でも人気観光地として、ペルーのマチュピチュに続いて、第2位の中国・四川省の九寨溝と黄龍。1年の中でも最も観光客が多い10月は、朝8時30分の時間には、入口が人で埋め尽くされるほど・・・園内はどこへ行っても人だらけ。もちろんレストランも・・・正直ゆっくりまわれる場所なんてなかったですが、幸いにしてチャーターバスを使ったために、乗り合いバスよりもゆっくりと時間を使えたのは事実です。九寨溝の観光には絶対にチャーターバスですね~
 
さて、観光についてですが、やはり神秘的な湖に写る秋の紅葉の光景には誰もが、足を止めてシャッターをきりました。集合時間ですよ~と言う声も届かないくらいに夢中でシャッターをキッテましたね。お蔭様で天候にも恵まれたため、いい写真と観光ができました。また、2003年よりオープンした神仙池という新たな観光地も、ロープウェイのできた黄龍も心に残るものができました。こんな自然がいつまでも残ることを祈りつつ、9日間の日程を無事終えて参りました。

まだ九寨溝に行ってない方、もしくは秋以外で行った方。ぜひ秋の時期にお越し下さいませ。紅葉にあたれば、すばらしい世界がご覧いただけるでしょう!

次回、11月は、世界遺産・武陵源へ行ってまいります。
                         K鹿でした。
コメント

丸山ひとこと

2006年10月28日 17時18分56秒 | 添乗報告
今年の日本シリーズは北海道日本ハムが見事優勝しました。本拠地を北海道に移してからわずか3年で一時は弱小といわれたチームの快挙でした。本当に見事の一言です。優勝の要因は数年かけて着実に強いチームくなった事が一つだと思いますが、球場が4万人の超満員になるくらいに応援する熱狂的なファンが増え、そのファンの後押しもあったのではないでしょうか?やはり見ているお客様、応援するお客様が多くなればなるほど、選手達はやる気になり、勝利と言う結果を貪欲に求めるようになったと思います。もちろん強くないとファンは増えない、ファンが応援するから強くなれる、頑張れる、そのバランスが大事なのではないでしょうか?
キャラバンも同じです。お客様がいて、応援して下さるから、「もっと素晴らしい旅を提供したい!」と頑張ることが出来ます。それはお客様が増えるほどより強い気持ちになります。私は今でも「今回の旅、楽しかったよ」の一言だけでも、それに代わる言葉はないくらい、嬉しく思い、また次頑張れる気持ちになります。
お客様がいる限り、応援して下さる限り、私は努力を惜しみません。
コメント (3)

内藤ひとこと

2006年10月27日 21時19分45秒 | 添乗報告
東京の内藤です。

9月半ば過ぎから3回続けて添乗でしたので、久しぶりの書き込みとなりました。何でも続けていればそのうちものになるのでしょうか。私の書き込みも楽しみにして下さる方がいることを知り、嬉しく思っています。

先日は当社で売出し中の『天坑・巴馬』の旅に行ってきました。会社としては4回目、私は勿論初めてのところです。会社として色々と宣伝している訳ですが、実際はどうなのかという点で、私自身大変興味深く行ってきた次第です。ですからなるべく冷静に見るよう努めました。

ツアー全体については、私は好印象を持ちました。掛け値はありません。現地の方が、その限られた条件の中で、お客様を楽しませよう、快適に過ごしていただこう、より美味しく食べていただこう、といった努力を随所に感じながら気持ち良く旅することができたということが大きな理由です。妙な損得感情は無いと思いました。5~6年前までは中国の田舎でよく見られたものの、最近はほとんど無くなった一生懸命さが残っていて、それが実感できたのが個人的に何よりも嬉しかったのです。

観光地は、当然ながら何処も貸切り状態です。整備もほぼ終わってます。ですから存分に見学できるのがまずプラスの点。そしてツアー中に何ヶ所もの「天坑」を見るわけですが、上下左右いろんな角度から見られるという点が第2のプラス。歩いたり手漕ぎの船に乗ったりしながら見学します。

また、お食事は当社も現地側も味付けや食材など様々な配慮をしていますので、比較的お口に合いやすいと思います。具体的には実際に召し上がってみて下さい。

ホテルはまずまずです。当然豪華ホテルはありませんが、宿泊するには充分なレベルです。バスタブは1ヶ所(1泊)を除いて全て付いています(日本のお客様が来るというので急いで設置したホテルが1ヶ所)。

道路は全線舗装済み。バスは本ブログで紹介しました「キャラバンバス」ですから快適。

いろいろお伝えできることはあると思いますが、今回はこの位で。

最後に持って行くと良いもの。①懐中電灯、②蚊取り線香、③ビーチサンダル。

それではまた書きます。
コメント

■中国の首都北京■

2006年10月26日 20時08分31秒 | 中国
中国の首都、北京。世界遺産が5つもある北京。私が初めて訪れた中国の地は北京です。学生のころ、万里の長城を見ることを目的にして冬の北京へ行ったのでした
。そのせいか私は上海より北京派です。実は偶然にも、今私が担当しているのが北京のツアーなので、まだ北京をじっくり見ていない方にぜひともおすすめしたいのです。4日間で北京の世界遺産を全て訪れ、さらには三輪車にのって古い街並み胡同を巡ります。興味ある方、ぜひお問い合わせください。  難波さやか
コメント

効くかも!長寿の水!?

2006年10月17日 16時32分36秒 | 添乗報告
東京本社の本田です。長寿郷・巴馬(ばま)周辺のみに出回る通称「巴馬ウォーター」(勝手にそう呼んでいます)。これを飲んだら長生きができるかどうかはわかりませんが、私が現地で飲んだ時も、何となくありがた~い水のような気がしました。巴馬ツアーにご参加のお客様、是非お試しあれ
コメント