RAKUDA通信 海外&国内 添乗員の最新旅情報! 

こだわりの旅で世界の国々へご案内!㈱キャラバントラベルのスタッフによるブログ。コメント、ご質問歓迎!

セレブリティ・ミレニアムを見てきました!

2016年10月05日 23時23分38秒 | クルーズ

こんばんは、丸山です。10月に入りましたが、都心は30℃を超える暑さもあった今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて私は先日、近年注目されているクルーズ船『セレブリティ・ミレニアム』の船内見学会へ行ってきました。船内の様子を少しご紹介させていただきます。

 ↑世界のクルーズファンから愛されているセレブリティクルーズ、『セレブリティ・ミレニアム』の総トン数は9万1,000トンで、10万トンは超えませんが、やはり近くで見ると大きいです。2012年に改装され、モダンでお洒落なクルーズ船です。

 ↑メインダイニングです。光が差し込む一面の大きな窓ガラスが船内にいることを感じさせません。

 

 

 ↑写真は全て別々のレストランです。キャビンのカテゴリーによって利用できるレストランもありますが、クルーズ専門誌でもベストダイニングを受賞するほどお食事は力を入れていて、美味しい料理をふさわしい雰囲気の中で味わっていただくため、空間のデザインにもこだわっています。

 

 ↑屋上デッキではくつろぎながら映画などをお楽しみいただけるシアターがあります。

 ↑もちろんジャグジーやプールも充実しています

 ↑カジノもあります。

 ↑普通のバーカウンターのように見えますが、実はカウンターの表面自体が冷たくなっていて、出来立てのカクテルを冷たいまま美味しく召し上がっていただける画期的なカウンターになっています。

以上ですが、これから更に注目されるセレブリティ・ミレニアム、もちろん来年も日本の航海が決定しております。

是非、お見逃しなく!

いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい。

 

  新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。

コメント

フランスのポナン社のラグジュアリー船を見に行ってきました

2016年04月05日 11時25分01秒 | クルーズ

ぬまざわです

先週日曜に晴海埠頭にフランスのポナン社のラグジュアリー船「ルソレアル号」が寄港するため船内見学に行ってきました。

来年2月にこの船と同型の2015年就航した最新設備の「ルリリアル号」で南極クルーズに行くための視察でした。最近大変人気の高い船で、欧米のお客様で満室でした。

さすがフランスの船らしく洗練された過剰な豪華さではなく、リラックスできる高品質な空間でした。

フランス船籍ということでお食事も楽しみのひとつです。ミシュラン取得シェフを招聘し、朝、昼、晩と美食を味わえます。ワインなども無料です。

レストランも2か所あります。

こちらはブリッジです。この船はオープンブリッジになっていて自由に出入りができます。最新の設備が並んでいます。

この船は、南極や北極で凍った海を安全に進むことができる耐氷船カテゴリー1Cに属します。これは船の高い衝撃耐久性を示すものですが、同時に船体の剛性の高さの証でもあります。また船は大型化するほど海水の揚力を受けてしなりが生まれます。ポナンはコンパクトで剛性の高い船体に、波の動きに対して高速で反作用を作り、揺れを制御する4つのスタビライザーによって、驚異的な耐揺性の船となっています。

 

当日は40名くらいの旅行業界の方々もきており、注目の高さが伺えます。

今年の1月も弊社で南極クルーズの旅が出発しましたが、今回はこのフランス船を利用します。

 

 

こちらは・・・南極の写真です!

 

 

2017年2月9日発 ル・リリアルで行く優雅な南極クルーズの旅 17日間を発表しております。今回ご紹介した船と同型で、ル・リリアルは2015年就航した最新鋭の船です。現在のところ催行は決定しておりますが、相部屋をご希望の女性のお客様がいらっしゃいますのでご興味がありましたらお問い合わせ下さい。

詳細な日程などお問い合わせ下さい。お待ちしております!ぬまざわでした

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい

 

  

新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。

 

 

 

コメント

南極へ行ってきました!②

2016年02月15日 22時21分40秒 | クルーズ

丸山です。東京は先週末暑いぐらいの陽気となりましたが、今週は一転、寒さが戻ってしまいました。

春はまだといった今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

さて今回も引き続き、南極のご紹介です。今回は様々なアザラシをご紹介します。

↑写真はゾウアザラシ、見た目はちょっと・・・という感じですがちょうど換毛期の時期で、ゾウアザラシは一気に生え変わるそうです。

↑写真はヒョウアザラシです。名前の通り、アザラシでは獰猛なようで、ペンギンも食べてしまうそうです。

↑写真はウェッデルアザラシです。表情は分かりにくいですが、非常にかわいいアザラシです。ちなみにバックは今回乗船しましたクルーズ船『オーシャンダイヤモンド』です。

↑最後はカニクイアザラシです。実際にカニは食べず、主にはオキアミなどを食べるそうです。今回の旅でこのカニクイアザラシが圧倒的に多く見ることができました。とても愛嬌ある表情を見せてくれました。

今日は以上です。次回は氷山など南極の景色をご紹介できればと思います。

いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい

 


 

新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。

 


 

 

 

コメント

南極へいってきました!

2016年02月12日 23時08分00秒 | クルーズ
丸山です。全国的に寒さが一番厳しい時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
先日、私はついにキャラバン初上陸となる南極のクルーズの添乗へ行って参りました!
今の南極の季節は夏、といってもかなり寒いかと思いましたが、気温は1℃から5℃ぐらいと北海道ぐらいの気温でした。さらに南へ行けばもっと寒いかと思いますが、今回訪れた場所はサウスショトランド諸島と南極半島でした。
今回は出会ったかわいいらしいペンギン達をご紹介します。






↑ここまでの写真はアゴヒゲペンギン、かわいいヒナもたくさんいました。アゴヒゲペンギンの子育ての時期は間もなく終わり、2月入ると営巣地に姿は見れなくなるそうです。






↑ここまでの写真はゼンツーペンギンです。ここ数年でゼンツーペンギンの数が増えてきているそうで、南極の温暖化も影響しているのではないかとも言われています。




↑上の2枚はアデリーペンギンです。ペンギンの中では小さい部類ですが、何とも愛くるしい仕草が特徴的です。

以上、今日はここまでですが、本当に沢山のペンギンがいました。もちろん数など数えられません。日本の水族館の規模ではないですよ。
次回はアザラシをご紹介します。アザラシも様々な種類に出会うことができました。

いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい




新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。







コメント

約一年ぶりでした

2015年05月15日 23時23分52秒 | クルーズ

丸山です。東京では夏日だった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日、私は横浜大さん橋へ行ってきました。昨年添乗で乗船しましたダイヤモンドプリンセスを一年ぶりに見てきました。

↑大きすぎて全体が写せません。

↑後からも撮ってみました。

↑ちなみに右側に見える高い建物は横浜のシンボル的存在のランドマークタワーです。

ダイヤモンドプリンセスは今年も秋まで日本を中心にロシア、韓国、台湾など航海します。今年は残念ながら添乗で乗る機会はなさそうですが、来年も日本発着クルーズは多数あるそうなので是非乗ってみたいものです。皆様も是非乗ってみて下さい。お勧めです!

いつもご覧いただきありがとうございます!
ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい


人気ブログランキングへ

魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。


コメント

ダイヤモンドプリンセスに乗ってきました!2

2014年06月17日 23時42分21秒 | クルーズ
丸山です。本日は先日乗船しましたダイヤモンドプリンセスのクルーズで訪れた場所をご紹介します。
今回は横浜から太平洋を北上し、北海道をぐるりと回り、サハリンに立ち寄り、日本海から津軽海峡を通り、再び太平洋に出て、横浜へ戻ってきました。


↑まずは釧路湿原です。この時期は緑が広がっています。野生の丹頂鶴も見ることができました。


↑釧路の丹頂鶴自然公園です。丹頂鶴が保護、飼育されていますが、2週間前に生まれたばかりのかわいい雛も見ることができました。


↑北海道三大市場の一つ和商市場です。活気がありました。ここの名物はお好きなネタを勝手にのせて楽しむその名も『勝手丼』です。


↑雄大な知床半島です。船からじっくりと眺めることができました。


↑ここはどこでしょう?ちょっと地味ですが、ロシア・サハリン州の港町・コルサコフです。今回は日本統治時代の面影も残るサハリンにも立ち寄りました。


↑小樽では少し足を延ばして定山渓温泉へ行き、癒しの温泉楽しみました。写真は『定山渓温泉 鶴雅リゾートスパ 森の謌』です。非常に良い温泉でした。


↑函館にも寄港しました。写真は今年50周年を迎えた五稜郭タワーからの眺めです。


↑最後は青森です。青森といえばねぶた、実際にねぶた祭りで使われたねぶたを展示する『ねぶたの家 ワ・ラッセ』です。

以上ですが、船内でも船外でも楽しめる充実した旅でした。やっぱり北海道は涼しかったです。

魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。


いつもご覧いただきありがとうございます!
ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい!ぜひ!

人気ブログランキングへ
コメント

ダイヤモンドプリンセスに乗ってきました!

2014年06月12日 23時58分06秒 | クルーズ
丸山です。梅雨にも入り、東京はすっかり蒸し暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?
さて私は先日、梅雨の蒸す暑さとは遠い北海道へ行ってきました。そして北海道へは、ダイヤモンドプリンセスという最近話題の豪華客船で行ってきました。
何が話題なのか?それはダイヤモンドプリンセスが今年日本発着のクルーズを始めた事、日本仕様に内装も一部改装されたことです。一時期、オードリーヘプバーンが出演するテレビコマーシャルもありましたが、非常に設備も充実した素晴らしい船でした。今回は船の様子をご紹介します。


↑ダイヤモンドプリンセスの全景ですが大きすぎてカメラには収まりきりません。総トン数116,000トン、全長290m、プリンセスクルーズの中でも最大級の船です。


↑船内の廊下から撮りました。先が見えないほど遠いです。


↑屋上デッキには巨大なスクリーン「ムービーアンダーザスター」です。青空の下、星空の下で見る映画は最高です。連日、話題の映画、最新の映画などが上映されていました。


↑船内には屋内、屋外合わせて3つのプールがあります。


↑船尾のバーです。船内のバーの数は・・・数え切れません。


↑日本発着公開に合わせ、改修された目玉の一つお寿司屋「海寿司」です。クルーズ中も新鮮なネタを味わうことができます。


↑船首6、7階には大劇場・プリンセスシアターです。連夜様々なショーが行われます。


↑こちらも日本仕様に新たに造られました大浴場「泉の湯」です。大海原を眺めながらのお風呂は最高です。


↑大きな船内、エレベーターは欠かせません。前方、中央、後方の3か所にあり、写真の中央には6基ものエレベーターがあります。


↑船内中央の「アトリウム」です5階から7階まで吹き抜けになっています。ここでもピアノの生演奏からシャンパンタワーなど様々なイベントが行われます。

以上ですが、1,2日では見て回れないほど充実した設備でした。日本航海はまだまだ続き、来年も予定されています。是非乗ってみてはいかがでしょうか?

魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。


いつもご覧いただきありがとうございます!
ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい!ぜひ!

人気ブログランキングへ

コメント

武陵源とボイジャークルーズの旅に行って参りました。

2013年05月02日 17時42分47秒 | クルーズ
指田です

武陵源とボイジャークルーズの旅に行ってきました。

ボイジャークルーズの様子は沼澤と松崎がご紹介しましたので、
今回のブログは武陵源に焦点を絞ってアップしました。

武陵源(張家界)の旅へは今まで3回ほど行きましたが、いつも良いお天気に
恵まれ素晴らしい景色を見てきましたが、今回はどちらかと言うと天気は良かった
とは言えないものでした。

しかし、正直言って景色は一番良かったと思います。
それではツアー中に見られた景色をご紹介いたします。


雲が湧き上がる袁家界の風景です。
ここは高さ360mガラス張りのエレベーター百龍天梯の乗り場から撮影しました。
この写真だけ唯一下から風景を見上げる写真です。


頂上に登ると見渡す限りの雲海の風景です。


下を眺めるとこんな感じです。雲が動くので、刻々と風景が変わります。


石柱が浮いているように見えました。勿論錯覚です(笑)。


天子山のメインの一つ御筆峰です。いつまでも眺めていたくなる風景でした。


天子山のロープウェイ乗り場です。ここから下りました。
ロープウェイの行き先は雲の下です。


こちらは張家界市内にほど近い天門山のロープウェイです。
天門山ロープウェイは世界最大規模のロープウェイと言われています。


上に登ると天門と言われる洞があります。
着いたときは霧で真っ白でしたが、徐々に霧が晴れてきました。
洞から霧が噴き出しています。


片道999段の階段を登ると階段の裏側にご褒美が待っていました

旅って本当に良いものですね。ご一緒に出かけましょう。
この場をお借りして、今回ご参加のお客様、同行してくれた現地スタッフ、お世話になった大勢の方々、素晴らしい景色を見せてくれた旅の神様に心よりお礼申し上げます。




魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。




こちらもワンクリック!!ブログの応援をよろしくお願いします!!
コメント

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ & 南京・黄山・杭州の旅

2013年05月01日 20時41分48秒 | クルーズ
松崎です。

昨日の沼澤のブログを引き継ぎ、私もボイジャー・オブ・ザ・シーズの紹介をしたいと思います。
私は、乗船前に南京~黄山~杭州と観光した後、上海より乗船する10日間の日程で同行させていただきました。

陸地での観光の紹介はまた次回にさせていただき、今回は主に船内の雰囲気を写真で紹介させて頂きます。

デッキ12(12階)から見た船内。プールやジャグジー、喫煙できるスペースがあり、
コーヒーや紅茶なども自由に飲む事が出来ます。もちろん、大海原の景観も最高です!


デッキ5(5階)にある「ロイヤルプロムナード」
約120mの吹き抜けのストリートでカフェやバー、お店が並ぶショッピングアーケードです。24時間営業のカフェもあります。


船の中とは思えないほど凝った装飾の素敵なストリートです。


こちらはデッキ14(14階)にあるチャペル。船上で結婚式をすることもできるそうです。新しい人生の船出には最高の場所ですね!


そして、この船にはなんと!スケートリンクまであるんです!!一般開放されている時間は乗客もスケートを楽しめます。写真はアイスショーの様子です。


お食事も紹介致しましょう!
船内には主に2か所のレストランがあり、ブッフェ形式で自由に召しあがれるレストランと、アラカルトメニューから選べるメインダイニングがあります。

写真はメインダイニングでいただいた昼食です。








ちなみに一人で食べたわけではありません。弊社添乗員の沼澤、指田と3人でいただきました。

続いてはエンターテインメント。こちらはメインのシアター。約1300席ある本格的な劇場です。こちらでは毎晩、歌や踊り、マジックなどのショーがご覧いただけます。
写真は下船前夜のショーの様子です。船のクルーもステージに次々と上がり、乗客とのお別れと再会を誓ったのでした。



今回は3泊4日のクルーズでしたが、私の率直な感想として「もっと乗っていたかった」というものです。3泊4日では短い!退屈することなく楽しく、のんびり過ごす事ができた船旅でした!!

次回は絶景が楽しめた「黄山」を紹介させていただきます!!




魅力あるツアーはこちらをクリック!!



こちらも応援お願いします!ブログランキング、クリックして応援してください!

人気ブログランキングへ
コメント

新春 初詣クルーズに行ってきました!

2012年01月12日 10時13分14秒 | クルーズ
ぬまざわです 

先週 日本が誇る豪華客船 飛鳥Ⅱで初詣クルーズに行ってきました!


昨年のにっぽん丸に引き続きの乗船でしたが、やはり飛鳥はまた違った印象でした。
横浜大さん橋より乗船し2泊3日で、四日市港まで移動し、5ヶ所に分かれて初詣にご案内する日程でした。私達キャラバンのグループは京都の伏見稲荷大社を訪れ、伏見の町にもご案内。それでは順にご紹介します。


出発時、船からの横浜の夕景です


船内はお正月の飾りつけで雰囲気もいいですね。


餅つきも盛り上がりました


伊勢湾に入るころ きれいな日の出が!


じゃん! 四日市港で出迎えてくれたのは「こにゅうどうくん」 


伏見稲荷大社の入り口です 混んでます。
初詣ランキングで昨年は4位の270万人だそうです。

全国3万を越える「お稲荷さん」の総本宮で、創建は711年。本殿は1499年に再建された京都市でも最古の神社。商売繁盛・五穀豊穣の神として有名で、正月の初詣の人出の多さでも有名です。

立派なお稲荷さんがいたるところで見れます


千本鳥居 人が多いのできれいにとれませんでしたがとてもきれいでした。


これは寺田屋です。坂本龍馬が、幕府伏見奉行の捕り方百数十人に囲まれ、いち早く気付いたお龍は風呂から裸のまま裏階段を2階へ駆け上がり投宿していた龍馬らに危機を知らせた寺田屋事件。意外にもこじんまりしていました。


竜馬通りにあるイラスト。ぶらぶら散策を楽しみました。


伏見の町はお酒の町とも言われ、いたるところに酒蔵があります。黄桜や月桂冠のお店もありとても雰囲気のいい街でした。もう少しゆっくりと訪れたい街ですね。


港に戻ると子供たちが太鼓や笛でお出迎え!


横浜に戻ると朝、富士山が!お天気に大変恵まれた初詣になりました。

飛鳥のお食事も大変美味しく、セミナーやジャズ、ダンス、シアターでのショー、カジノ(外国と違うのでお金にはなりません)など様々な催しもあり、少し忙しいくらいでした。

今後もこのようなクルーズの旅をぜひ皆様におすすめしたいという気持ちになる旅でした。船は駄目というお客様の声を聞きますが、本当に時期や場所、船の大きさを検討していけばほとんど揺れも気になりません。船旅をしていない方は一度体験してみてはいかがでしょうか?

これから船旅も続々発表していく予定です。

いつもご覧いただきありがとうございます。こちらも応援してください!!

人気ブログランキングへ


魅力的なツアー、船旅も掲載しておりますのでこちらへも是非お立ち寄り下さい。





 



 



コメント