【JBS】ジャパン・バリスタ・サプライ。ラテ・アート教室・珈琲焙煎プロ教室・ 珈琲焙煎機中古販売買取・・Cafe987

三重県桑名市:珈琲焙煎プロ講座:レバー式エスプレッソマシン:電話0594-31-9874 新品中古業務用珈琲焙煎機販売

ペーパードリップの備忘録 其の一(全7話)

2015-04-26 | ◇Pre-Washed Coffee

【ご家庭でコーヒーを楽しまれる方々へ】

(書いたものを信じるのも、信じないもの自由です、それを最初にそれを記しておきます。ご自身で判断下さい。雑誌には反対のことが書いてあるかもしれませんね、それも自由ですし、商業上の何かがあるかもしれません。また当ブログはコメント機能がOFFです、理由はコメントされても鬱陶しいからです。)

全7回の話の予定でございます。

下記の内容です。

【A】

HARIO  V60 とか
3穴のドリッパー
を使ってませんか?

 

【B】

紙もひょっとして茶色
そして温度計もない?

【C】

最初に申し上げます。コーヒーで一番大切なことは、温度(計)です。

プロで計ってないなら、どうか笑ってください。

どんな能書垂れようと「チャンチャラ可笑しい」です。

裏返せば、一般の方でも、温度計があれば必ず喫茶店より美味しくなります。

サイフォンでは下のフラスコがボコボコ沸騰してますから、つまり100度です。(小学生)

これでは、美味しいコーヒーは無理で、惜しいコーヒーです。

或いは、田舎モン(百姓)には、美味しく見えるコーヒーです。

これもHARIOが作ってます。

科学実験で使うフラスコを化学会社や学校に売ってもたった500円ですが、サイフォンと名付けると、フラスコ2個上下でで10000円で販売出来ます。

商売だからそれでいいです。

男なら、誰でも一度は、サイフォンはで買った経験があるでしょう。そしてスグにお蔵入りになります。

単純に「不味い」からです。スグに理解出来ます。

何年一度ブームが来ます。 これ使ってるのは日本だけです。

 

【D】界はペーパードリップです。

日本の名店もペーパードリップが多い、もちろん深煎りの名店は「ネル・ドリップ」です。

【E】

コーヒープレスどうなんですか?という質問。

これもHARIOが作ってます。

【F】

他ごとなど・・・。気がつけばHARIO。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コーヒー焙煎教室、結局、何... | トップ | ペーパードリップの備忘録 ... »
最近の画像もっと見る