海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

鳳凰三山(ほうおうさんざん)山行記録 vol.2 ~ 縦走、さいこー。

2006年10月09日 | 登山
2006年10月7日(土) 鳳凰三山  (ほうおうさんざん、観音岳: 2840 m)
テーマ: 日本百名山 南アルプス テント 縦走
天気 : 晴れ!


<<<鳳凰三山 vol.1はこちら 


vol.1の続き


明け方、5:30に目を覚ました。
よっしゃ、晴れ男、いいぞ!
前日、15:00から殆ど寝ていたから、体力十分。



 


ただ、素人、10月の山を舐めていた。
体が、芯から冷えている。 そりゃ、シュラフとは言え、中が薄着なら寒いだろ。
なんせ、もうマイナスなんだから。


今回は、縦走なので、テントをたたみ、重い荷物を背負って、登る。
結構、しんどい。


と思っていたら、あ、富士山!
やった!




「山頂に行きたい」という気が盛り上がる。


薬師岳小屋を超えて、、

うおー、きもちーいー。
縦走スタート。

ありがとう、この景観。





美しすぎます。 こんな景色。




白と緑と黄色。




たまりません。シャッターを押し続けます。




甲府の街も眼下に。気分は武田信玄。




こりゃ、ラッキーセブン。
登山って、こんなに気持ちがよいのか、、、ますますはまります。




と、たくさん写真を撮ろうとしたら、
「電源がない」アラータ。


え? 充電してきたのに。 なんじゃい! さすが初代EXILMEと後悔。
風景を心に焼き付けるべく、注視。



懲りずにデジカメの電源を入れると、
気まぐれで、写真が撮れる。。。





「愛しているよ、デジカメ」と声をかけながら、電源をつける。

おー、ちゃんと電源が入り、写真が撮れる。
(ほんまかいな)






と、こんな景観が、ずっと続くわけですよ。

もう、荷物の重さなんか、まったく気になりません!
 


いつか、登ってやるからな、北岳 よ。
と言いつつも、
ありゃ、シンドイ山だな・・・





途中、時間に余裕ができたので、地蔵岳による。
なんか、チューリップみたいだ。




実は、あの岩、結構怖い。


風も強く、途中まではなんとか行けたけど、最後が恐ろしい。
う、う、っと躊躇していると、リュックを持ったおっさんが、
風に吹かれながらも、登っていく、すごすぎる。


俺も登りたいが、技術がなさすぎる・・。
多くの人間がトライするも、結局そのおっさんだけが、成功。

やっぱ、ロッククライミング勉強したい。



と、楽しい縦走を満喫し、素人の苦手な下山。





今回は、重い荷物に、ライトなトレッキングシューズだったことから、
本気で足がガクガクになった。


林の中で、足が動かなくなる。




70歳くらいの健脚?おばあちゃんに抜かれます。
おいおい。。。


このヘニャヘニャな姿、とてもお見せできません。


必至の思いで、広河原に到着。
夜叉仁まで、バスで戻りました。



翌日以降、筋肉痛だけでなく、足の親指が真っ黒に(血豆)。。。
こりゃ、爪はがれるな。


ともあれ、楽しかった。
ますます、登山はまります宣言です。


<<<vol.1はこちら<<<



↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  

ランキングはこちらをクリック!


コメント   この記事についてブログを書く
« 鳳凰三山(ほうおうさんざん... | トップ | 八ヶ岳(横岳、硫黄岳)【山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事