尾道 百島物語~From/For Momoshima~人生航海 蜃気楼 百の伝結び

生きているだけで嬉しく喜ばしく、生きているだけで幸せと思う他なく、何れにしても、この上好い事は無いと思う。父より。

百華(MOMOKA)。

2018年06月20日 | 百の伝結び

百島プレミアムきのこを目指す、百島きのこ工房(百華)。

http://momoshimakinoko.com/ ホームページを訪ねてみました。

スタッフを募集中でした。

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

以下

百島きのこ工房 ごあいさつ

瀬戸内海の紺碧の海に囲まれた緑豊かな離島・百島で、本場長野県で研かれたキノコ栽培の技術を用い高品質のキノコを育て、皆様のお手元にお届けします。

人生百年時代。

食を通じての健康づくりに向けて貢献すること。体づくりの基となる栄養素を多く含んだきのこづくりを始めました。

日本では少子高齢化と長期に渡るデフレによってさらに地方や離島の生活には活気が失われつつあります。

そこで私ども弊社は、日本の縮図である瀬戸内にきのこ工房を建てました。

・百島きのこをブランド品として産業を興す。


・町の活性化を図る。


・島民や関係者方々をはじめ夢をあたえる。

地方創生のモデル発祥として勧めていきます。

 ~私たちと島できのこを作りませんか?~

百島きのこ工房ではスタッフを募集しています!
百島への移住も大歓迎!
家族で移住、島外から船に乗って通勤等ご相談に応じます。
瀬戸内の恵みあふれる百島から、美味しいきのこを全国にお届けしましょう♪

勤務形態:正社員・パート同時募集
勤務時間:8:30~17:30(時間内で応相談)
仕事内容:きのこの栽培と販売にかかわる業務
知識・経験:不問
給与:面接時応相談
交通費:支給(社内規定有)
その他特典:百島へ移住される方には住居をご用意します!

詳細は是非メールでお問い合わせ下さい!
info@medicaline.co.jp

以上。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円山応挙 (1733 ~1795)

2018年06月16日 | 空木宝剣

幽谷や 幽霊うつす 応挙かな      

              

世に、名のある画家は数々あれど、幽霊の絵描きは、応挙の右にでるものなし。

(掛軸は応挙の春秋)と漆塗りの箱がきであるが、その真贋は如何に!?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大砂走り。

2018年06月16日 | 百の伝結び

午前中、定期診断のため眼科へ。

白内障の手術後、子供の頃の視力1.2の世界に戻って半年になります。

今は、緑内障への心配・・・担当医のパソコンの画面の映し出される眼球は、どこかの恒星か、惑星にも映ります。

午後からは、届いた納税通知書に関して、税務省へ。

お蕎麦定食の昼食を食べながら、考えました。

日本も、シンガポールのように、ペナルティを重くすると、いいのでは?

道路上にチューイングガムを捨てると罰金、唾・痰を吐いても罰金、タバコを吸いながら歩くと罰金等々。

シンガポールの国庫は潤っているようです。

かつての日本、飲酒運転は罰金2万円程度の頃、誰も深刻に考えなかったけれど、それが罰金50万円、免許一発取り消しになった突端です。

飲酒運転の減少根絶が、当たり前のこととなりました。

ところが、人一人殺しても出所出来るシステムは何だろうね?!

今の日本の刑務所に収容されている人が、約10万人? 

1人当たり年間約300万円?の税金が費やされているとのこと。

納税のことを考えながら暗い表情をして考え込んでいると、アラフォー世代の若い友人が言いました。

「今の日本の刑務所は老人ホームになりつつありますよ。シャバで苦しむ生活よりも刑務所の方が居心地がいいですよ」

老後・・・そう思う。

一昨日、昨日・・・新幹線車内の無差別殺人事件、看護師拉致殺人事件のニュース。

人権の矛盾を考える昨今です。

アラフォーの若い友人は、いつも東南アジアばかりに行くのに、今年の夏、初めての富士山登頂を目指すとのこと。

それで、どの登山ルートを考えているのかな?と訊くと「プリンスルート」だとのこと。

・・・プリンスルート?

皇太子浩宮様が、数年前に、富士宮口ルート五合目からスタート、六合目から、宝永山火口を横切り、御殿場ルートを上り富士山山頂を辿ったルートです。

下山は、御殿場ルート・・・あの「大砂走り」も体験できる!

成程、いいね!・・・それで意気投合。

二度、富士山頂上のお鉢巡りを体験しましたが、御殿場ルートの「大砂走り」は未経験です。

月山も、鳥海山も、涸沢も、行きたいけど・・・。

来月、彼と一緒に富士山へ行くことになりました。

勿論、ぼくは、富士山登頂は目指しません。

御殿場六合目で別れて、彼は登頂へ、僕は「大砂走り」を目指して下山という計画を立てています。

子供の頃、百島の段々畑の頂上からジャンプして着地、ジャンプして着地、それを繰り返して駆け下りていく「遊び」をしていました。

自然と生る、みかん、いちじく、びわ・・・美味な食感と砂遊びでした。

プリンスルートは、来年からは、エンペラールートに名称変更となるのかな?

税金やら眼球やら、経済も健康の現実問題も忘れてしまうぐらい、楽しかった思い出が甦ります。

大砂走り・・・楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポールの夜は更けて (1966年12月10日)

2018年06月12日 | 空木宝剣

梅雨晴れや  シンガポールの  夜は更けて

♪ 南十字は 燃えたとて 誰に いまさら 恋ごころ

消えたひとみに 似た星を ナイトクラブの 窓に見る

ああ シンガポール シンガポール 星の港の 夜は更けゆく

逢える その日は いつのこと ああ シンガポール シンガポール

星の港の 夜は 更けゆく

( 唄 橋 幸夫  詞 佐伯 孝夫  曲 吉田 正 )

シンガポールにて、米朝首脳初の会議。

ナポレオンが、ドイツに侵入して、あこがれのゲーテと対談した時の第一声が、

「おお ここに 人物がいる」だった。

荀子 (BC298~BC235)の、性悪説を基盤に発展したシンガポール。

悪事や違反に対して、過大な罰金を課し、汚い金をきれいに使う。

かつて、メディチ家出身の法王 レオ10世 (1475~1521)が免罪符で得た資金で、バチカンのサンピエトロ大寺院を建設したように、孟子(BC372~BC289)の性善説と、荀子の性悪説は対峙せず、性悪説の土壌汚染を浄化することによって、性善説の花盛りとなる。

今日のシンガポールの夜空には、きっと南十字星が美しく輝くことだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つながり。

2018年06月10日 | 蜃気楼

イタリア旅行した際、ジプシーの子供たちが、自分の身の周りを囲むように寄り付いて、ポケットの中に手を突っ込んできたり、お金を無心される体験をしたことがあります。

「アイム ノ ハポネ。 アイム シーナ」・・・使った言葉です。

どうも、親が子供たちに命じて、当時の豊かな日本人観光客を狙ったスリ、窃盗の集団のようなものでした。

今のイタリアは、どうなのかな?

逆に、豊かな中国人観光客が、狙われているのかもしれません。

カンヌ国際映画祭最高賞受賞作「万引き家族」を観て参りました。

イタリアの名画「自転車泥棒」のような貧困生活の中での親子愛のような先入観を持って観ました。

・・・よい意味で、裏切られました。

年寄りの年金を目当にして、生活必需品をも万引きして暮らす日本の貧困家庭を、とても巧く描いていました。

豊かな日本社会よりも、現実の日本は、どんどんと貧困社会に進んでいるのかもしれません。

ちょうど、東京目黒での虐待死した五歳女児の残したノートに「ゆるしてください おねがいします」という悲惨な現実のニュース。

この映画に登場する5歳児の女の子に、イメージが覆い被さぶります。

人間の絆とは、何?

「体のつながり。心のつながり。お金のつながり」

「捨てたんじゃないよ。拾ったんだよ」

まさしく、「万引き家族」は、「家族の絆」というものを盗んだのでしょう。

・・・奥深い含蓄のある善い映画でした。

あなたの絆、つながりは何ですか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガラガラポン、だんご岩。

2018年06月09日 | 百の伝結び

さて、六月に入りました。

昨日の午後・・・越前海岸へ。

ガラガラ山まで行き、引き返しました。

水無月という名の通り、土砂降りの雨に見舞われました。

ホタル(蛍の光)鑑賞も諦めました。

市街地に戻ると、雨も止んで、ピザ店へ。

 

 ピザを食べながら、仕事のことやら、来月のスケジュール(勤務予定)を机上の課題へ。

この頃の若い世代の就職活動? 仕事への思い入れ、やりがい?

ニート、引きこもり、フリーター、非正規、さらに、ミッシング・ワーカーという言葉も現れました。

人手不足、労働人口の減少というならば、政府は、ニート、引きこもりの皆さんの活用、高齢者の年金受給者に対して、アルバイト、フリーターとして活動するように奨励すべきなのでは?

考えるほどに、混沌とした貧困社会が当たり前になりそうな日本社会です。

還暦過ぎた我々の世代は、まだ恵まれていたのかもしれません。

当時の就活は、大学4年次の10月1日が解禁日。

現在は、大学3年次からというのが不可解です。

一流名門大学生でなければ、三流大生の就職活動という仕事探しというものは、様々なアルバイト、人脈で培ったコネで得るという感覚でした。

はて・・・、百島の南端にある「だんご岩」が浮かんできました。

親から仕送りを頂いていた学生時代、帰省した折には、百島の南端にある「だんご岩」まで走っていました。

腕立て伏せ、スクワット、ストレッチ、南東の愛媛県方面に向かって、身体を鍛えていました。

映画「ロッキー」のテーマ音楽の似合う場所なのです。

ロッキーのトレーニングの舞台となったアメリカのフィラデルフィア美術館の石段とは大違いですが・・・(笑)

それ以上に、対人関係いじめ打破、モチベーション向上、やる気にさせる場所です。

まもなく、国から「年金」という「仕送り」を僅かばかり頂くことになりますが、元気な高齢者こそ、出稼ぎ奨励、アルバイト三昧。

今風に言うと、高齢者フリーターとして、生活防衛、社会維持に寄与すべきではないかと考えるのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百年計画。

2018年05月30日 | 蜃気楼

今日は、かなり感動しています。

ぼくは、高校時代から、明治の文豪夏目漱石の大ファンでした。

東京で初めて下宿した場所は、漱石が誕生した牛込へ。

東京で一番最初に行きたかった場所は、漱石のお墓がある雑司ヶ谷へ。

漱石が暮らしたロンドンの下宿屋フラット(アパート)へ見学(当時、漱石記念館としてオープン)。

先日、英国留学中の夏目漱石が差し出した葉書が、福井市内の古本屋で百年ぶりに再発見されたニュース。

今日、漱石ファンとしては、自筆の実物を見たくて、展示されている福井県立こども歴史文化館まで出かけて参りました。

そのまえに、ちょっと補足。

1900年(明治33年)9月、30歳代となった夏目金之助(その後、文豪漱石)は、同年代の福井出身の芳賀矢一(その後、国文学者)、藤代禎輔(その後、ドイツ文学者)と、同じ船に乗って、ヨーロッパへの国費留学生として渡り、イタリア経由、パリまで行きます。

そこからは、芳賀と藤代はドイツへ行き、パリで別れます。

そして、漱石は、独りだけロンドンへ行くことになります。

福井県立こども歴史文化館の方によると、昨年9月、福井市内の古本屋でかわいい缶の中に200通近い絵葉書を発見。

そのほとんどが藤代氏関係のもので、その中から、3通の葉書が、夏目金之助(漱石)のものだと判明したのです。

その3通は、大正時代の全集(1917年)に文面が掲載された後に所在不明となり、約100年ぶりの再発見だったとのこと。

漱石がロンドンから、パリで別れたドイツ留学の藤代と芳賀に宛てた自筆3通の葉書です。

右の2通は、藤代禎輔に宛てられ、もう1通は日本文学を研究していた芳賀矢一宛のものです。

留学して約1か月後の1900年明治33年11月、「ロンドンの天気が悪いのには閉口したよ」「僕ハ独リボツチデ淋イヨ「金と不便と遠慮が鉢合わせをしてとても謹直だ」淡々と、当時のロンドン生活の漱石の心情が伝わります。

百年以上昔、ロンドンで孤独な東洋人夏目金之助が、英語にも、人種差別にも、金にも苦労したのが偲ばれます。

漱石がノイローゼになった心の傷みが、痛いほど分かるような伝文です。

されど、それが無ければ、夏目金之助は、夏目漱石として、百年後にも名を残す日本の文豪にもなれず、英文学者で終わったかもしれません。

漱石は、驚くことに、スコットランドにも行っています。

のちの「彼のこころ」という言葉の転換、「百年計画」への大きな創作の原動力となったかもしれません。

「私の個人主義」を再読したい気分です。

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画えが出来る。人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣にちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。(草枕)

何だかムズムズしていけません。学校なんどへ出るのが惜しくってたまらない。やりたい事が多くて困る。僕は十年計画で敵を斃たおす積りだったが、近来これほど短気な事はないと思って百年計画にあらためました。百年計画なら大丈夫、誰が出て来ても負けません。

(1906年明治39年11月11日付 漱石の書簡)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奥の細道。

2018年05月29日 | 蜃気楼

昨日二十八日は、春季陸上大会観戦、お不動さん詣、そして散策。

桐生選手が日本人初、100メートルを9,98秒で走り切った福井県営競技場です。

愛称を「9.98スタジアム」と呼ぶことになりました。

ベンチに坐りながら、走る仲間だった同年代との会話で話題に上がるのが、年金話です。

・・・短距離人生走よりも長距離人生走

最近の関心は、65歳までの給与と年金支給が、月28万円以上を超えると差し引かれるという年金問題。

そして、65歳以降の限度額が、29万円から46万円に引きあがっている現実の矛盾。

62歳から65歳までの仕事、労働意欲へのモチベーションが下がるという事実に対応して、政府は法改正を行うという記事を読みましたが、施行する頃には、我々は、65歳になってしまいます。

これから、65歳になるまでの3年間は、身心のリハビリ重視です。

理解できないものは、そのまま受け止めます。

またもや圧倒的なポイント数で、幸福度日本一となった我が福井県・・・それなのに、何故人口減なのかなぁ?

幸福度と魅力度は、異なる感覚世界のようです。

Make your brand!・・・を掲げる地元企業もあります。

今日も一日晴れ晴れでした。

心も晴れ晴れの満月です。

月日は、百代の過客にして、行きかふ年も、また旅人なり。(奥の細道)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百人力の顔。

2018年05月23日 | 蜃気楼

先日、自分の血管年齢が70歳だと表示されました。

多分、拡張性心筋症から大動脈解離発症に至るまでの2年前までは、自分の血管年齢80歳だったと思うので、ボロボロの血管が若返っていると信じています。

とりあえず、自分の血管年齢を自分の年齢に近づけるためのリハビリ道程です。

複雑に考えません。

・・・独り散歩。

誰も歩いていません。

ステップ、スキップです。

今まで生きてこられたことに感謝です。

・・・誰も歩いていません。

目に見えないものを感じます。

自分に無いものを求めません。

ホップ、ジャンプです。

田圃をチェック。

瑞々しい空気、空元気を吸い込みます。

「恵み」に気づきます。

秋の新米が、楽しみです。

倉庫内のコレクッションを整理、チェック。

 心の力を強くしてくれる人が、百人力の顔。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百の真実。

2018年05月18日 | 百の伝結び

百は、「もも」と読むことができます。

・・・それは、何故か?

百のパワー(力)は、素晴らしく凄いのです。

百島は、何かに守られているような気がします!・・・というコメントをよく耳にします。

・・・事実であり、真実です。

「もも」の語源は、諸説あります。

古代の中国では、もも(桃)の木を天から授かった木として崇敬しており、仙人の暮らす場所を「桃源郷」と呼びます。

この桃源郷が、日本にも伝わり、日本神話、卑弥呼の時代には、邪気よけに桃の実を使い、もも(桃)が「邪気を圧伏し、百鬼を制する」。

「桃→もも→百」と結びついたという説もあります。

「一+白→百」から生まれたという説もあります。

漢字の「百」は、和語系数詞で「もも」と読みます。

「20は、はたち」「30は、みそじ」「40は、よそじ」、「100は百と書いて、もも」と読みます。

さらに、「千は、ち」「万は、よろず」・・・だから、八百万(やおよろず)。

百島の中学時代の恩師、大原先生から教えていただいたこと。

何故、九十九は、「つくも」と読むのか?

・・・次が、百だからだと。

つまり、九十九は、「つぐもも(次百)」なのです。

百島中学校に入学した一年生の時に、同じく赴任された校長先生が、大原先生でした。

広島大学付属三原中学の教頭から、初めての校長先生への人事異動だったようで、非常に印象に残る先生でした。

校長先生でしたが、同年入学の我々一年生をよく可愛がり、「社会科」を特別に教えてくれました。

「太平洋」と「大西洋」の書き方の違いは・・・?

太平洋には、ハワイがあるから「太い」字を書くんだ!・・・とか。

だからなのでしょう・・・大原校長先生、中学1年生の秋の遠足は、倉敷の大原美術館へと決定。

倉敷への遠足・・・そこで出会った初めて耳にする100%異国人(修道女)の話すナマの英語・・・今思えば「置かれた場所で咲きなさい」著 渡辺和子さんの岡山ノートルダム清心女子学園の先生だったのでしょう。

・・・ノートルダムの百日紅の美しい花かなぁ。

百花繚乱、百鬼夜行、百戦百勝、百戦練磨、百発百中、百家争鳴 等々。

百選、百代、百般、百凡、百薬、百慮、百事、百科、百家、百戦、百薬、百鬼、百獣、百王、百姓、百工、百官 等々。

百を伴う言葉は、優しくもあり、凄みのあるパワーが有りますね。

ちなみに、ちょっと気持ち悪い「百足(むかで)」・・・もともと百官を意味するもの。

百足は、攻撃的で、後ろに下がらない、出足も沢山・・・子孫繁栄、商売繁盛、戦の神、毘沙門天の使いとも言われているとのこと。

だから、武家、商家、歌舞伎役者の家紋にも使われているとのこと。

先日、テレビを観ていると、お参拝すると、宝くじが非常に当たる関東方面の神社に「百足」が鎮座していました。

それから「出家とその弟子」の倉田百三、インスタントラーメン発明の安藤百福さんの名も浮かんできます。

・・・さて、話をもともとに戻します。

桃島(あるいは、百島)と名付けたのは、一体どんな人物で、誰だったのだろうか?

さらには、「もも」の語源には、「真実(まみ)」、実が赤い「燃実(もえみ)」という意味。

そして、実が多く成ることから「実々(みみ)」、、分厘毛毛が生えていることから「毛々(もも)」の等々、そして「百々」への転換意味。

・・・真実(まみ)です。

古代から、人は、食べるため生きるためには、花や木よりも、果実・・・つまり「真の実」に重みが置かれたのでしょう。

「実」を強調した「実々(みみ)」が、「百(もも)」に通じる説です。

「桃太郎」が鬼退治したように、それが、悪魔払いにも用いられるようになった・・・「百の真実」です。

何かの願いがあれば、お悩みがあれば、是非、一度、百島の空気を吸い込みにお出でください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルー・スカイ・ブルー。

2018年05月17日 | 百の伝結び

今朝、定期受診検査。

「・・・ジョッギングぐらい出来ますかね?」

と、かかりつけの先生に問えば・・・残念な答えを頂きました。

「大動脈の血管が裂けたままの状態ですから、再発を促すような危険な運動行為は絶体にしないほうがよいでしょう」

意気消沈したまま帰宅して、「気功関連」の本を読んでいると、悲しいニュースが入りました。

かつてのトップアイドルの西城秀樹さんの訃報。

地元広島では、中国新聞が号外を出したほど悲しいニュースでした。

広島県出身で、同年代の我々にとっては、「西城秀樹」は、10代の頃から特別な存在でした。

同級生のあゆちゃんは、ファンクラブに入っていたよね・・・一度、百島へ招待すればよかったのにね。

午後から、映画「ウィンストン・チャーチル ~ヒットラーから世界を救った男~」を観て参りました。

国難に直面して、和平交渉か、戦争か・・・実話に基づく究極の選択を迫られるチャーチルの27日間を描いたものです。

こんな台詞がありました・・・「歳を取れば、知恵だけが頼り」

チャーチルは、文筆家としても、政治家としても、数多くの名言を残しています。

~~~~~

資本主義の欠点は、幸運を不平等に分配してしまうこと。

社会主義の長所は、不幸を平等に分配すること。

その国の高齢者の状況を見ると、その国の文化が見えてくる。

~~~~~

西城秀樹さんが歌うYMCA(ヤングマン)。

♬ Y.M.C.A. Y.M.C.A  ゆううつなど 吹き飛ばして 君も元気だせよ

  そうさ  Y.M.C.A. Y.M.C.A.  

  若いうちはやりたいこと 何でもできるのさ

・・・青春だね。

個人的には、「♬ブルー・スカイ・ブルー」が、一番思い出深い歌でした。

♬ 振り向けば あの時の 目にしみる 空の青さを思う

  悲しみの旅立ちに まぶしすぎた空を思い出した。

~~~~~~~~~~~~~~~

心よりご冥福をお祈りいたします。

合掌。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百島定住促進サイト 。

2018年05月16日 | 百の伝結び

百島定住促進サイト

瀬戸内海に浮かぶ尾道市の離島「百島」への Iターン   J ターン  Uターン・・・移住サイト。

こんな広報もありました。

島内での仕事

投稿日:2018年5月1日

百島には大きな企業があるわけではないので、「就職」には限りがあります。

高齢者の多い島なので、看護・介護職では求人もあるようです。

今回は郵便配達員(委託)の求人情報です。

百島への移住を検討している方には、一つの検討材料にはなるのではないでしょうか?

詳しい内容については直接尾道郵便局にお問い合わせ下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の印象。

2018年05月11日 | 蜃気楼

ゴールデンウィークの期間中も働き詰めでした。

人手不足とはいえ・・・やりがい搾取の日銭稼ぎです。

今日は、久しぶりの休日散策。

「ターナーからモネへ 光の芸術 印象派の誕生」という絵画展を鑑賞して参りました。

英国を代表する巨匠 ロマン主義派のターナーの作品が、福井初上陸。

・・・見ないとね!

ロンドンのテート・ギャラリーで、初めて見た時のターナーの絵画への想いが残っているのです。

自分の目が悪くなったのかと思うぐらい、くすんで、ぼやけたような絵画の印象があって、これぐらいならば「俺でも描ける!」と内心ちょっと過りました。

浪漫(ロマン、ロマンス、ロマンチック)とは、何ぞや?・・・と考えたものです。

今回の展覧会・・・印象派という言葉を誕生させた画家、作品の流れを教えていただきました。

印象派の祖というべきフランスのモネに、多大な影響を与えたイギリスのターナーから続く、イギリス・フランスの両国の画家の作品が展示されていました。

(会場内は写真撮影禁止)

看板ポスターは、モネの代表作である「サン・ジョルジョ・マッジョーレ、黄昏」

(ジェームス・ティソ作)

(ジャン・フランソワ・ミレー作)

印象派モネが誕生した時代は、19世紀でした。

日本は、江戸時代の幕末から、明治維新の動乱時代にあたります。

当時、ヨーロッパの多くの画家を震撼させたのが、そのまま描き出す「写真技術」の登場です。

そこで画家が悩んだのが「絵を描く動機とは? 意味とは?・・・何だ?」ということです。

そして、考え抜いた答えが、「自分の目で見た風景を描く、自分の心の印象を表現する」という結果でした。

それ以降を「印象派」と呼ぶことになりました。

それ以前の代表格が、光や大気や空気の揺れを得意とするイギリスのロマン派のターナーだったのです。

当時は、写真技術だけではなく、英国を筆頭に一般社会でも産業革命の余波に揺れていました。

「機械」というものが、工場で大量生産を可能にして、低賃金労働者を多く生み出しました。

機械」は、資本主義の象徴でもあり、悪魔のような対象だったのかもしれません。

現在も・・・人工知能の登場やら、何か同じような風潮が漂います。

ちなみに、当時のロンドンには、あのカール・マルクスも暮らしていました。

今年は、マルクスの生誕200年だそうです。

「資本論」が著されたのが、150年前・・・日本では、ちょうど、明治維新の時代ですから非常に驚きです。

さて、話を元に戻すと・・・現代の絵画には3つの大きな流れがあるとのこと。

「表現」「抽象」「幻想」・・・これらの始まりが、「印象」だとのことです。

・・・ほんとうかな?

江戸時代の日本の絵描きには、北斎や広重、それから伊藤若冲のような錚々たる人物を輩出していますが、「表現」「抽象」「幻想」にすべてに当てはまるような気もします。

はて・・・そんなことを考えながら、美術館を出て、市役所、県庁まで、散策。

県庁ロビーに、幕末の福井藩藩主松平春嶽公が輸入購買したという日本初の「独行車=自転車」が展示されていました。

明治維新150年の今年の秋・・・福井で国体が開催予定になっています。

前回の福井国体は、50年昔の明治維新百年の時だったそうです。

50年昔の1968年は、憶えています。

メキシコオリンピックが開催された年でした。

50年なんて、100年なんて、一瞬の時間です。

夢は、持ち続けていないとね!

日々精進。

今日一日の印象でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢の種。

2018年05月08日 | 蜃気楼

歳を取れば、先が見えてくる。

若い人には、夢がある・・・それだけで贅沢な時間がある。

「そう君、歳だから止めるのではなくて、歳だから前に進むんだよ」

 

加古里子(かこ・さとし、本名・中島哲 越前市出身、92歳)さんが亡くなられました。

ご冥福をお祈りいたします。

と同時に、「ありがとうございます」という言葉が添えられる日本を代表する絵本作家でした。

合掌。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Zeusのネット

2018年04月30日 | 空木宝剣

連休や ゼウスの降らす 金の雨

冬には、枯れたようにひっそりとした草木も、今や青く萌えている。

全知全能のゼウスは、雨になり、虫になり、鳥になり、ありとあらゆるものに姿を変えて、事象を創り出す。
ゴールデンウイーク。

半分青い空に向かって、人も鳥になる。

一日の半分、夜の空は黒い。

星座の輝く夜空を求めて、人は、ギリシャ神話や果てしない宇宙にまで、思いをめぐらす。
下界で生じる、戦争から、事件、パワハラセクハラまで、ありとあらゆる争いも、ゼウスの敷いた阿弥陀籤の範疇。
よって、この世の事象は、現れては消える眉つばもの。
世間を賑やかすメンバーの面々。
本日、向島に潜伏中と見られていた平尾メンバーが、なんと広島駅界隈の、荒神陸橋付近で逮捕されたとの事。
近くには、マツダスタジアムもある。

カープの赤いユニホームに身を包み、デイゲームを応援に行く自由人達は、逃亡者平尾メンバーの目に、どのように映っただろう。
団塊が、中学生の頃「メンバーじゃのう」という言葉が流行った。

向島の近所の百島でのことである。
フーリシュと言わずにメンバー。
山口メンバー、平尾メンバーの、次のメンバーは誰?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加