100-8081 blog

■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■
■■■■

長崎へ(また) 軍艦島デジタルミュージアム グラバー園 四海樓

2017-03-26 23:58:52 | 趣味
夜は長崎市内のイベントに行くという予定の上で、長崎で行きたい所をピックアップ。
田舎の方はうろうろする機会が多いけど市内となると全然行かないので、この機会にはやっぱりここには行っておきたい。

朝11時頃に出発。



【軍艦島デジタルミュージアム】オフィシャルサイト
軍艦島の説明を少し。
1969年春の閉山まで少しずつぼたで大きくなっていった炭鉱の島です。正式名称は端島(はしま)。
最盛期は東京都の人口密度を超えるほど1つの島に人口が密集していた島で、日本で初めてのコンクリート住宅が建った所ですね。30号棟かな。
その島に軍艦島コンシェルジュというツアーで訪れることも出来るけど、その島の歴史や作りをデジタルで体験出来るミュージアムでした。







個人的に1番凄いと思ったポイントはバーチャルリアリティで、ゴーグルを装着して島内を回る人の目線で周囲を見回せるシステムだったんだけど、
通称『地獄段』って言って端島神社まで繋がる勾配の急な階段が島の真ん中くらいにあるんですが、もちろんここは立ち入り禁止エリアなので入れないんですが、VRで上がることが出来た!!これは嬉しいー
上陸して行くことが出来るならここを上りたかったので、それは叶わずともVRとかいう現代のハイテクであたかも上ったかのような!(興奮)

感動です。
ここに限らず島内歩けるのは最高です。
コンクリートのそびえ立つ住宅を下から自分の感覚で見上げることが出来る!

ただ1つ難点は歩速は映像任せなので、自分の予測する動きと映像の動きが合わなくて酔う。
30分くらい着けて楽しんでたけど、がっつり吐き気がきてその後ずっとぐったりしてました。
自分のペースで島内全域を歩き回れるVRが出来たら最高だな。。。何かのゲームであるとか聞いたことあるようなないような。
ちなみにGoogleのストリートビューでも天気が良い中をまあまあ回れます。

島までは行かないけど、って人は気軽に密度の濃い体験が出来てオススメです。ただ入場料は思ったよりも高い。


すぐ近くの【グラバー園】へ
行かなかったけど、大浦天主堂も通り道にありました。



行く途中にあった祈りの丘絵本美術館の外観
良い外観

グラバー園は




フリーメイソンのあれが


一応抑えてきたハートの石


映らない鏡





グラバー園ってメジャー過ぎて、近くても今まで行かなかった場所だったので良い機会でした。


くんちの龍かな
くんちも行ったことないんだよなぁー


すぐ近くのなので

長崎でちゃんぽんを食べると言う ど定番も以外と初めてな気がする。

普通に美味しかった。
ちゃんぽんは野菜摂れてる感じになるし、ラーメンとかよりもヘルシーな気分になる。

この日の観光は終了でパニックスマイルというお店に向かう。



レコ屋物色


終わり
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【草稿中】ダークネスナイト ... | トップ | 【草稿中】パタヤンナイト at... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

趣味」カテゴリの最新記事