広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

知の果てへの旅

2018-05-31 08:13:34 | 日記

マーカス・デュ・ソートイ著   新潮社刊

著者は二代目シモニー教授(初代は例の『神は妄想である』の著者リチャード・どドーキンス。詳細はp35)、と言えば察しが付くだろう。本来は数学者で『素数の音楽』の著者といえば知っている人も多い筈。本書は、そのシモニー教授としての著書。
テーマは「知の限界はあるのか、今現在どこまで分かっているのか」である。それを「最果ての地」として、その一からその七まで(全14章)、530ページ。かなり分厚いが、少しも苦にならなかった。サイコロの目をぴたりと当てる手はあるのか?といった問題から、ビッグバンの初めは? 一度だけだったのか?(これには興奮した!)、ブラックホールは全て光すら取り込んでしまう筈が、実はモレがあるらしい、とか読んでいて厭きない。
特に、脳が自分自身を調べられるのか?というテーマは考え込んでしまった。そして、「神は時間の外にいる」に至ってはどう考えたら良いのか、暫く悩んでしまった。何を言いたいのかまとめられないが、そのくらい面白かった。多分、もう一度読み返すことになるだろう。このままでは、納得出来ない。

コメント

世界を変えた50人の女性科学者たち

2018-05-20 08:10:39 | 日記

レイチェル・イグノトフスキー著  創元社刊


実は、本書は子供向けの本(テーマに惹かれてウッカリ買ってしまったのだが、後悔はしていない)。そのためか、分かりやすいように一人一ページでまとめられている。これが良い! 簡にして要を得ていて、彼女達の業績とその成果、世界をどう変えたかがスッキリ分かる。
と同時に、「女性科学者が正当な評価と処遇を受けるのに、どれだけの時間と、差別・妨害を受けてきたか」も分かってしまう。これを時代の所為、歴史の所為としてはいけない。今も、女性を差別する人達はいるし、それを当然だと思っている人達はゴマンと居る。それどころか、彼女達の成果を横取りした者さえいるのだ(ノーベル賞を貰って平然としている男性科学者)。これ以上は書くまい。書けば男の恥になる。
話が横道に逸れた。ここに取り上げられた人達の他にも多くの人達のリストがある。居るのですねぇ、素晴らしい方達が……。子供や孫達にぜひ読ませたい本です。おっさん達にも読ませたいが……まっ、無理、無駄、無謀、だろうな!

コメント

向田邦子を読む

2018-04-01 09:03:08 | 日記

文春ムック  オール読物責任編集

向田邦子が亡くなって、今年で37年目になるそうだ。早いものである。本書には彼女を悼む惜別の辞や思い出が再録されているが、その人達の何人かも既に鬼籍は入られている(山口瞳・森繁久弥・中川一政・團伊玖磨氏など)。
歳月、人を待たず…改めて、そう思う。
ところが。私は彼女の脚本によるTVドラマを観ていないのだ。なにしろ、時代が悪かった! 折しも高度経済成長が始まり、あの時間に家に帰ることは無理だった。今思えば、残念なことなのだが…。つまり私は、彼女のエッセイや対談、そして小説……もっと書いて欲しかった……のファンだったのである。あの時代に、茶の間で観たかった!
どこか…幸田 文に似た匂いがして好きだった。歯切れの良さと、意思の勁さが魅力だった。これが、限りない優しさに裏付けされていることを、今の若い女性達が判ってくれると良いのだが…。
今更に…彼女の全集を読もうかと、思っている。

コメント

恨みっこなしの老後  

2018-03-20 09:25:55 | 日記

橋田壽賀子著   新潮社刊

本書は新潮社の情報誌『波(2018・3)』で、著者とプロデューサー・石井ふく子氏の対談「恨むヒマがあったら、感謝 -91歳と92歳の人生観ー」を読んだからだ。
なにしろ、お二人ともキッパリしているのである。そして90歳過ぎた老婆であることを当然として受け止め、孤独であることを十分認識し、その上で今の人生を謳歌されている。
本書はその橋田氏の人生観・仕事観・金銭感覚が語り尽くされている。誰もが著者のようには行かないだろうが、その心意気の一部は学びたいと思う。ウジウジ恨み言を言っていても、な・に・も始まらない!

コメント

〆切本 1・ 2   左右社刊

2018-03-09 10:49:00 | 日記

作家が約束の日に出版社に渡せなかった時の「言い訳」とその対処法を特集した本。もちろん、〆切を厳守した作家もいるのだが、本書に収録されている作家(約160名)の一割もいただろうか。
大作家から現代の作家まで列挙されているのだが、これがなかなか面白い。まず世間では決して通用しない言い訳が罷り通るのだ。当然、言い訳もせずに雲隠れする作家もいる。あっという間に二冊を読み切った。

 

コメント

女系図でみる驚きの日本史  大塚ひかり著   新潮新書

2017-12-26 10:57:26 | 日記

「女系図」とは、「母親が誰か」に注目した系図。従来の系図が「どの父の子か」を主題にした男系図とは違う。日本の系図に詳しい人ならば分かると思うが、通常、女性は「女」としか書かれていない。誰の娘か確かめるだけでかなりの文献を調べなければならなかった筈である。これだけでも賞賛に価する。系図を見るのが苦痛でない人にはお勧め!
ここでは、滅亡したはずの平家が実は今上天皇まで平清盛の血筋が繋がっていることを例にあげるに止める。楽しみを先取りするようで気が引ける。「女系図」は意外の連続で面白い。
そう言えば、ヨーロッパに散在する王室・王家は同様に女系図から見ると、殆ど全てが親族になる、という文献を読んだことがある。それでも周知の通り、各王家は抗争ところ殺し合いを続けてきた。血は水より濃い。されど権力欲は血よりも「濃い」ということだろうか……。

コメント

戦後歌舞伎の精神史   渡辺 保著   講談社刊                黙阿弥の明治維新  渡辺 保著   新潮社刊・1997年刊

2017-12-24 09:34:18 | 日記

この二冊のコメントの前に、『東京人』(2018・1)「対談 歌舞伎は嫌い?! だけど面白い。武井協三・酒井順子」から、武井氏の次の発言を引用しておく。
「十年くらい前に歌舞伎を観た時“水っぽくなつたなぁ”と思いました。いわゆる新劇と変わらなくなって歌舞伎らしい“アク”や“コク”のある演技が見られなくなった」。
渡辺保氏の『精神史』のメインテーマもこれである。コクーン歌舞伎に代表される最近のカブキが武井氏の「水っぼくなった」という指摘がこれに当たるだろう。
私も同感だ。形式は歌舞伎だが形だけで、アクもコクもない。と言うか、ドタバタだ。
しかし、歌舞伎の長い歴史の中ではこのような事が何度かあった筈である。
その代表例が『黙阿弥』。渡辺氏は20年前にこの事を指摘している(但し、本書は古本屋でしか手に入らないと思う。たまたま私は持っているが)。明治維新後、折からの西欧主義に迎合した永井荷風に代表される演劇改良論者達は、河竹黙阿弥の戯作をボロクソに批判した。アクもコクも古臭いというわけだ。かくして、黙阿弥は挫折した。
今、アクやコクのある芝居をする歌舞伎役者の出番は少ないように思える。何故こうなったか? これについて渡辺氏はユニークな分析手法を使って解説している。これを書きたいが……止めておく。これが、なかなか面白いのだ。一読されたい。

コメント

同時通訳はやめらない   袖川裕美著   平凡社新書

2017-12-24 09:01:06 | 日記

通訳とは、外国語を「適切」な母国語に言い換えることである。翻訳ならば時間をかけてその条件をクリアできるだろう。しかし、同時通訳ではそうはいかない。
つまり著者に言わせれば、それを瞬時にドンピシャと通訳出来た時の快感が堪らないそうだ。これがやめられない最大の理由! しかし、それは数多くの失敗の裏返しでもある。
本書の読み所は随所に入れられた「ワンポイント・レッスン」。ここを読むと英会話の難しさとコツが分かる。同時通訳を志す人は一読を!
但し、多くの通訳者が言っていることだが、まずは正しい日本語を(日本文化とも言い換えてもいい)マスターする事。これが無いと英会話は出来るけれど、通訳した事にはなっていない、ということになりかねない。

コメント

時を刻む湖 -7万枚の地層に挑んだ科学者たち-  中川 毅著 岩波科学ライブラリー242

2017-12-23 09:24:41 | 日記

若狭湾岸の水月湖の湖底の土に刻まれた45m、7万年分の縞模様。これが過去5万年の地球の時を測る年縞・「レイク・スイゲツ」が「世界標準時計」として認められた。
簡単な割り算をしてほしい。45m÷7万年分。これが一年分。1mmにも満たない。これを数えたのだ。技術的な問題もあって、20数年に及ぶ挑戦であった。これ以上は私には書けない。これをやり遂げた人達がいたのだ。詳しくは本書を読んでほしい。
ところで、地球の地軸( N極とS極)は何度か逆転している。最後の地軸逆転は78万1000年前~12万6000年前。これを目の当たりに見ることができる地層が、千葉県市原市田淵の養老川沿いにある(千葉セクション)。
これが世界標準模式断面として「チバニアン」と命名されることが検討されているのだ。凄いな、日本の地質学!

 

 

コメント

私のヴァイオリン -前橋汀子回想録- 前橋汀子著  早川書房刊     ピアニストだって冒険する  中村紘子著  新潮社刊

2017-12-22 10:07:49 | 日記

私はお二人のコンサートを何度も聴いている。特に、ヴァイオリンは私と縁が深かったので…。お二人に共通しているのは一流の指導者に巡り合うための苦労である。そして、名器を手に入れる為の金策(ヴァイオリン)でもある。
なにしろ、時代が違う(二人とも1940年代生まれ)。誰もが今のように気楽に外国に行ける時代ではなかったし、為替レートもちがう。そして、彼女たちをサポートするシステムもなかった。
しかし、それらの苦労が現在の二人の人格を作り上げ、それがお二人の演奏に深みを与えてもいる。テクニックだけではない。その人間的な重厚さが魅力になっているのだ!!

コメント