ゆるゆる自然食Life

純喫茶・自然派カフェ・無添加食材等を綴っています。国内生産者さんを応援したく家ごはんは可能な範囲で国産食材を☆

歴史ある元銭湯がカフェに☆レボン快哉湯(入谷)

2022年05月15日 | 日比谷線沿線

初めて見た時はひっそりと佇んでおり、
思えば銭湯としては廃業したあとだったと思います。
その後カフェとしてリノベーションされたと知り、昨年2021年3月初入店。
レトロ散歩友達と入谷・下谷散策の際、寄ってもらいました。

レボン快哉湯





1928年に建てられた「快哉湯」
創業は明治末期、関東大震災により一度倒壊し昭和3年(1928年)に再建され、ほぼ当時のままの佇まいだそうです。

長い年月地域の方々に愛されましたが2016年11月、建物や設備の老朽化により惜しまれつつも閉業されました。

「人々の記憶が詰まったこの建物を未来に残したい」というオーナーの想いを受け継ぎ
この歴史的建造物は「rebon Kaisaiyu(レボン快哉湯)」として再スタートしたそう。
当初は2019年にオフィスとして生まれ変わり、その後いくつも縁が繋がり「記憶をつなぐカフェ」というコンセプトのもとに再出発を果たした、ということです。
もと詳しくはコチラ→"記憶をつなぐカフェ" レボン快哉湯|レボン快哉湯|note
たくさんの方の思いと、並々ならぬご苦労もあったことと思います。








※ここまでの外観は別の日に撮影

※以降、2021年3月後半撮影

私も文京区在住の頃、家族全員10年間銭湯通いだったので、やはり時別な思いがあります。
今はもうすべて閉業していますが、
本郷・七宝泉(漢字合ってるかわからない)
本郷・菊水湯
向丘・鏡湯
春日・日成湯
白山・富士見湯(父のみ)
小石川・初音湯(父のみ)
父はわりと、上野の銭湯などへも出向いていました。
母と私は歩いて行ける距離のみ。

佇まいはもちろん、この木札の傘入れや靴箱が懐かしいです。





銭湯の装飾に、この溶岩みたいな岩を見ることがあります。
文京区白山の「富士見湯」には、塀の上部にズラリと飾られていました。


















さて、やっと内部へ~☆








番台へはあがらせてもらえますよ~
もちろんあがって、お互いに写真も撮りました笑


この細工がいいですね~


銭湯といえば格天井、素晴らしきかな。ところで↑↑のボードにある「坂本」は、
昭和40年に消滅した旧町名(台東区坂本)だそうです。




屋号入りの振り子時計!



この「非常口」すらレトロに見える。






カウンターは現代風にリノベーションされていました。






荷物が写ってすみません。
脱衣所側がカフェスペースになっています。



かつての脱衣かごがカフェでの荷物入れに!



寒い時季はひざ掛けも借りられます。



レボン快哉湯で提供される珈琲は、店内にある焙煎機を使用して焙煎されるそうです。

焙煎機は35年程前に製造されたもので、とある喫茶店が残念ながら廃業されるとのことで、
ご縁あってレボン快哉湯にて受け継ぐことになった、とサイトに載っていました。

焙煎機もリユースとは!
歴史あるものを使えるまで使う、そんな思いに共感して始めた古民家カフェ巡り~純喫茶巡り。
原点に戻った気持ちでした。


出来れば乗りたくない体重計も健在。



床には素敵なタイルも残されていました!

そして浴室側はオフィスとなっていますが、
コミュニティスペースとして活用もされているようです。
お昼の番組の撮影やその他撮影会・女子会・オフ会・短歌の歌会などなど。
お散歩友達はハンドメイドの講師をしているので、ニット教室に使えるかどうか質問してましたよ。





※脱衣室もですが、浴室の見学・撮影はスタッフさんに許可をとります。




浴室の富士山のペンキ絵は、早川利光さんという東京で最も銭湯絵を描かれたといわれている絵師さんのものだそう。














こういう壁とかそのままなのが、いいですね~
単にリノベーションをして維持することだけでなく、過去の記憶をきちんと受け継ぐ、ということが書いてありました。



浴槽だったタイルも残されています。









鬼瓦。どこのだろう。





本棚にアルバムがあったので、許可を頂き写真の写真を撮りました^^;





脱衣所のロッカーがかわいい。




木枠の窓~
アールのところ、ほんとそのままですね。

大分後になって知ったのですが、建物は昭和初期に新潟の宮大工が作り上げた銭湯建築だそうです。
歴史が詰まった貴重な建物、素晴らしい空間を、これからも多くの人が活用してくれることを願います。
私はカフェ利用くらいしか役に立たないけど、入谷方面へは年に何度か行くのでまた立ち寄りたい。




グラパンが有名な喫茶店☆デン(鶯谷)

2022年05月03日 | JR山手線沿線・京浜東北線

2021年3月。
インスタで知り合ったレトロ建物友達と入谷・下谷・三ノ輪お散歩の日。

入谷を少し撮影して歩いてから、ランチは鶯谷「DEN(デン)」さんへ。



創業昭和46年(1971年)と老舗の純喫茶ですが、
パンを1斤使ったグラパンや、ソフトクリームが逆さに入ったフロートで一躍有名になりました。
私も純喫茶を始めた頃に知りましたが、一人で食べきる自信がなく、なかなか入れませんでした^^;









入店時、店内は若い女性でいっぱい。
出る頃にすいてきて、少し撮影させていただきました。
マスターはお一人で切り盛りされているのに、とても感じがよく明るい方で安心感があります。







一斤の食パンの中身をくり抜いて、グラタンを詰めて焼いたグラパン。
ホワイトソースのグラパンが話題にのぼりますが、
この日は肉好きの友人が一緒だったので、牛すじシチューのデミグラスグラパンを。



くり抜かれた食パンも、ちゃんと脇に付いてきます^^






牛すじトロトロ!うまうま♪
牛肉の、煮込み過ぎるとなくなってしまう部位は、別鍋で火を通してからシチューに加えるのだそう。

シェア用のスプーンフォークも持って来て下さいます。




そして、、、


何故かオムレツトーストも。こちらも美味しい!
よく食べるなーー笑


名物のひとつであるフロートはオーダーしなかったので、飾ってあった写真でご勘弁を!

次回は絶対ホワイトソースのグラパンと、ソフトクリームが巻いてあるソフト巻きプリンを食べよう。





コーヒーショップ サン(横須賀・逸見)

2022年04月24日 | その他の地域

2021年2月と3月。
横浜や横須賀方面で仕事の日が何日かあり、
休憩中は例によってレトロ散策へ出向きました。(休憩せぇw)
この日は逸見(へみ)駅へ行き、レトロ探しの前に駅近くの喫茶店でランチ。



コーヒーショップ サン




「と」が可愛い^^
ここは前日にストビューで見付けておきました。



アーチ窓のドアはいいですね~




ママさんと女性のスタッフさんがにこやかにお出迎え。
店内はとても綺麗にされています。












どことなくファンシー。


天井の段差があるのは昭和度高め。

オムライスをオーダーしました。
まずスープ。


そして、どーーんと大きめオムライス!

お店のファンシーな雰囲気とはちょっと違うイメージの、食堂系オムライスが来ました!
でも好きです!こういうの。




おしぼり受けが水芭蕉の細工でした。
ママさんがお花好きなのかな?
優しげなママさんやスタッフさんが自然に馴染む喫茶店でした。

逸見は駅近くに他にカフェも喫茶店も見当たらなかったので、貴重な1軒と思います。





喫茶テネシー(横須賀中央)

2022年04月22日 | その他の地域

何年越しだろう、こちらも念願の純喫茶。
2021年3月半ば。


喫茶テネシー


店名がいかにも横須賀っぽい。
(テネシーはご存じアメリカのお酒)
そして縦長の装テンも素敵だし、フォントがよきよき!

※全体的に画像暗めです


三角っぽいショーケース珍しいな。
ショーケースの向こう側に見えるレトロ柄にワクワク。





先客はカウンター近くに常連さんらしき女性がお一人。
でも何かを届けにいらしたようで、すぐに帰られました。





見切れちゃったけどゲームテーブルもあります。
純喫茶巡りをしていると、ゲームテーブルやピンクの公衆電話も珍しくなくなります^^;
でも貴重であることは間違いない。


ママさんはとても気さくで、撮影も快諾。
チェーン店ではなく、歴史ある喫茶店が好きだということを伝えると、とても嬉しそうでした。
だって本当にそう。間に合わせでコーヒーチェーンに入ることもないわけじゃないけど、
「ああ、この時間とお金を純喫茶の方に使いたい」と思ってしまう。





ライトはゴージャス、変化のある天井も昭和度高くて素敵!



ただ、、、いかんせん、メニューの貼り紙が多い^▽^;
右側の木製の柵みたいな仕切りも、見えた方がいいのになぁ。










天井です。



こちらは壁。





喫茶店メニューも一通りあります。



カウンターもちょっとだけ撮らせていただきました。


アーチ窓の食器棚が素晴らしい。





ライトは1個ずつ切れていました。
純喫茶あるあるです。



ボコボコしたレトログラスでアイスコーヒー。
ミルクピッチャーも好みです。
ここ2年くらい、冬でもアイスドリンクをオーダーします。
レトログラス狙いで。
どんなデザインが出てくるか賭けですが・・


こちらでは賭けに勝った笑
脚付きのボコボコグラスは理想的!


全てのレトロにテンションあがって、もはや食事はなんでもよかった。
おそらくミックスサンド。
(違ったらごめんなさい)
もちろん美味しかったです。お菓子のオマケも^^


この日は横須賀方面で仕事だったのですが、
横須賀には友人も住んでいるので、仕事でなくてもまた行く機会がありそうです♪



路地裏のアンティークカフェ*月印(横須賀中央)

2022年04月16日 | その他の地域

年に1回くらいですが、数日間京急線の横須賀方面で仕事があります。
横須賀には撮りたいレトロ建築がたくさんあり過ぎるし、行きたい純喫茶もいくつかあったので
休憩時間が充実していました。
何しに行ってるんだか・・笑※仕事です^^;

2021年3月の半ば。
県立大学駅(旧京急安浦)で降りて、安浦カフェー建築をひと通り見た後、横須賀中央まで歩きました。

純喫茶でランチした後、かねてより気になっていた路地裏のカフェへ。


月印(つきじるし)


看板建築に色ガラスがとても素敵なお店です。

こちらは少し一般のカフェの感覚とは異なり、
「喉乾いたし通りすがりに入ってみよっかな・・」というお店ではなく。

入店にはいくつかの決まり事というか、こうですがいいですか?みたいなことは聞かれます。
紙に書かれた決まり事もあったような。





色ガラスは今では貴重な型板ガラス。


まず、お店の前にはベルが置かれていて、ベルを鳴らして入店してもよいか聞きます。

確か「全席喫煙可、二十歳未満お断り」だったような。
店内は狭いというか、素敵なアンティークが置かれたり飾られたりしているので
どのみち子供連れは無理だと思います。大人でも相当気を付けなければ。
そして、店内は手元の料理も含めて撮影禁止です。

インテリアや調度品がすべてアンティーク、だと思います。
すごく素敵なので、ほんとは撮影して自宅で見ていたいくらい。
それにしても私が今まで入ったカフェや喫茶店で撮影禁止なのは、アンティークのあるお店ばかりでした。
中目黒・池之端・押上その他。



黒板に書かれたメニューからオーダーしたいものを席から店主さんに向かって声をかけ、
持って来てくれた時にお会計もした記憶があります。
これは店内が狭くて歩きづらいのと、店主さん一人で切り盛りされているため、1往復ですむように・・だったと思います。
会計の時に「おねえさん〇〇円になります」と言ってくれたのがちょっと嬉しかった笑



オーダーしたのはカフェオレでしたが、唸るくらい美味しかったです!
サービスでついた焼き菓子も、オーダーした焼き菓子もすごく美味しい。
あれを食べにまた行きたい。

帰りがけにちょうど店主さんが外に出られたので
「外観は撮影していいですか?」と尋ねたところ
「いいですよ~」と感じよくおっしゃっていただけました。
お忙しそうだし、コロナ禍でもあるし、あまり話しかけてもいけないので少し言葉をかわしただけでしたが
媚びないというかご自分の信念やスタイルを崩さず、お店の雰囲気や今いるお客さんのことを考え、丁寧に作り提供する。
そんな印象を受けました。近くなら通ってみたいです。  

場所は、Googlemap見ながら行けば迷うことは無いのですが、
少しわかりにくいかもしれません。


この路地の奥にあります。




入谷☆喫茶 路

2022年04月14日 | 日比谷線沿線

2021年3月、前回アップした「汀」を出た後はすぐ近くの「路」へ。

喫茶 路





入谷・三ノ輪は好きな純喫茶が多く、この日は4店舗入る予定でした。
(結局時短や休業等で2店舗しか入れなかったけど)





お年を召してはいらっしゃるものの、お美しいマダムがお出迎え。
店内撮影も快諾でした♪



開業当時はもうちょっと濃かったであろう色褪せたベルベットの椅子が、昭和度高めで素敵!
そして背もたれの白い布カバーも純度高い。とても綺麗に洗濯されています。
背もたれの白いカバーと言えば今は無き新橋の喫茶ジャパンを思い出す。
あと、現役では本郷の「麦」、銀座の「ウエスト」、五反田の「グリルエフ」、と他にもまだまだある。
希少にはなったけれど。














この掛け時計も昭和のリビングによくあった!



食器棚の上にはツボがたくさん。



カフェオレをいただきました。

マダムはとても気さくで、居心地の良いお店でした。
食事メニューは無さそうだったので、食後のお茶にまた立ち寄りたいです。

そうそう、お店を出る前にマッチを持って来てくれました!


裏表でちょっと違います。





入谷☆喫茶お食事「汀(なぎさ)」

2022年04月06日 | 日比谷線沿線

やっと2021年3月に入りました。

2021年3月から2022年4月現在まで、ざっとですが110店ほど未投稿のお店があります。
毎日更新出来たとしても、単純にあと110日かかる(-_-;)
そしてとてもじゃないけど毎日はおろか週に1回も厳しい(頑張るけど)。

何故、そんなにあるかというと、仕事の休憩で純喫茶もしくはレトロな食堂へ行くからです。
休みの日は純喫茶巡りもしますし、レトロ建築撮影散歩の合間も食事やお茶はするし・・
たまに、どこへも入らず帰ってくることもあるにはありますが、まれです。

さて、2021年3月初めのこの日は、4店巡るつもりで入谷へ向かいました。
結局2店はお休みで(ネット情報はない)、2店しか入れなかったのですが食事で入ったのが
喫茶お食事 汀(なぎさ)さん。







こちらは何年か前にストビューで見付けたのですが、当初「みぎわ」と読んでしまい
訪問する直前に「なぎさ」であることに気付きました^^;


華やかさを添える赤い革張りの椅子。
お客さんが点在していて、あまり撮れませんでした。








ピラフにアイスコーヒー。
味噌汁もついてきました。
食事メニューはわりと豊富だったと思います。


おっ!椅子の裏側には、、、


レトロな「ビス」。
このビスで留めてある椅子も、今ではなかなか見なくなりました。
なので見付けるとつい撮っちゃいます。
白い布がかかっていて、それがビス留めされていたりすると、もう嬉しくなりますね~笑




2021年6月閉業☆コールドンブルー(三ノ輪)

2022年04月05日 | 日比谷線沿線

只今2021年2月~3月の純喫茶等を更新中ですが
なかなか現在に追いつかないので、アップ出来ないまま閉業してしまったお店が何軒かあります
もう訪問は叶わないし、閉業したお店を見せられてもなぁという声が聞こえそうですが、一応記録しておきたいと思います。

昨年6月末に閉業された日比谷線三ノ輪駅近くの
コールドンブルー



何度も前を通ったのに入っておらず、
閉業の数日前駆け込み入店となりました。






少し出遅れてしまい、12時10分頃到着。
ケーキは全て売り切れ、そして14時にはお店を閉めるとのこと。
どこかの喫茶店もそうでしたが閉業数日前にもなると、閉店時間が早めになることがあります。





入店時満席でしたが一瞬、空いた瞬間がありました。
窓際はずっと埋まっていて、窓際から全体の景色は撮れず。




それでもこの、ビスがいっぱいのレトロかわいい椅子と、レトロヒューチャーな天井ライト、
オレンジとブルーのポップなライトも画像に残せてよかったです。








何十年も店内を照らしてきたライト。





アイスオーレをいただきました。



こんなにビスのいっぱいついた可愛い椅子、もう都内でもそんなに残ってない。





ここ数年、純喫茶の閉業情報にはアンテナを張っていますが、ギリギリ間に合ったり
全然間に合わなかったり。

もっと立ち寄ればよかったです。
三ノ輪のコールドンブルー、2021年6月30日閉店しました。

最後にいい時間をありがとうございました。




ヨウケル者の桜タルトと苺ショートケーキ(千歳船橋)

2022年03月18日 | 小田急線沿線

随分間が空いてしまいました
2021年の純喫茶がまだまだ全然更新できていませんが、季節ものを先に・・
※それにしてもアップ出来ないまま、閉業してしまったお店も随分とあります

念願の桜タルトを求めて、7年振りのヨウケル舎さんへ。

☆前回の記事→お茶とおやつ ヨウケル舎(千歳船橋)

チトフナ降りたのは2年振りくらいかな、友人が住んでいますがここ何年かご無沙汰です。
本家ブログでは最初の頃、その友人の子供の赤ちゃん時代の画像を何度もアップしています。
もう中学生だ・・・

さて、ヨウケル舎さんは7年前と外観が変わっていました!
以前は全体がガラス張りでしたが、よりナチュラルな感じに♪



入店二番乗り。
一番乗りの方は一旦入って、どこかへ行かれました^^;
許可をいただき以前は撮れなかった店内を撮影!
スタッフさんも、とても感じがよいですよ!







以前あったミシンテーブル席も同じ位置に健在!














このあと(12時過ぎくらい)に次々とご来店。
あれよあれよという間に満席になりました。
変わらず人気のようです!





チョコレートのような扉かわいい^^

そして、、、

桜のタルト・3時のショートケイク苺アイスコーヒー
苺・桜・桃の季節は、好きなカフェでショートケーキがいつ出るか、インスタで度々チェックしています。

昨年は時期を逃してしまったヨウケル舎さんの桜のタルト。
やっと食べられるーって気持ちでした。


私のスマホカメラは色味が若干薄く写ってしまうのですが、実際はもうちょっと濃い目のピンクです。






タルトの桜あんクリームはしっかり桜味で美味しいです!
パイ生地は少し塩気があり、中のクリームも甘過ぎず美味しい。

ショートケーキもずっと待っていました。
生クリームは重くない生乳感で、いいと言われたら飲めるくらい美味しい。
桃の時季が始まったらまた来なくては・・



焼き菓子もいろいろテイクアウトできます。


ところで、桜のタルトは私が入った時点で残り2個でした。※オープン10分後
予約が出来るそうで、この日ほとんどが予約で取り置きされていたのかも。
危なかった・・

フルサンもあるし、レモンタルトもいいなぁ。
次回も2個食べ確定です笑





しっかり炒められた絶品ナポリタン☆gion(阿佐ヶ谷)

2022年02月04日 | JR中央線・総武線

こちらも長年訪問がなかなか実現しなかった純喫茶。
人気店なので、曜日とか時間帯を気にし過ぎて行けなかった^^;
それに中央線沿線は行きたい純喫茶が多過ぎて。
純喫茶巡りを始めた頃は、まず西荻窪を攻めました。
その頃はまだカフェ巡りもしていたので、西荻で仕事の時は忙しかった笑
(西荻記事は2014年11~12月に記事たくさん、2019年9月に1件あります)

でも、もっと早く来ればよかった。
阿佐ヶ谷駅の北口gion


入った瞬間、こういう喫茶店にしては幅広い年齢層だなぁという印象。
グレーヘアの大先輩もいればインスタ女子っぽい若い女性もたくさん。仕事中らしきスーツ姿の人も。

満席だったのですが、なんとか1席空いていた壁側に案内してもらえました。
なので店内画像はありません。

ステンドグラスや絵画、お花のモチーフなどが飾られ、ファンシーアンティークな雰囲気。
店内の奥には、有名なブランコの席があります。

実は結構メディアにも登場しています。
「嵐にしやがれ」にも出ました。



見切れちゃったけどライトもかわいい。
今気付いたけど、紙ナプキンの模様が祇園っぽい!


迷わずナポリタンをオーダー。
「嵐にしやがれ」で見た時に椎名桔平さんが絶賛していました。

だからじゃないけど、しっかり炒められてすごく美味しい!

作り方も公開していましたが、
このナポリタン、ソースの中にすでに具がたくさん入っているそうです。
大量の玉ねぎ・ニンニク・セロリにバターとマイタケ・しめじ類を含む20種類以上の材料に、
トマトケチャップ・トマトペースト・バジルなどハーブ類を入れて3時間かき混ぜながら煮込み、3日間寝かせて完成。
このソースを固めのパスタに絡めて一気に炒めて、わざと焦げ目をつけるということで
椎名桔平さんが「鉄板で焼いた味もするしケチャップ以外のあじもする」とおっしゃっていた通りでした。

これは絶対また食べに行きたい!
と思いつつもう1年近く経ちます^^;

お店を出て外観を撮影していたらマスターが出ていらして、
こちらのハガキをくださいました!
お優しいマスター、ありがとうございます