OL主婦の小さな幸せ。

日々の出来事や小さな幸せ、お出かけ、身近なエコ、環境問題、フェアトレード、鳥のこと、アロマなどを綴っています。

熱海はレトロ建築博物館

2019年08月23日 | 旅行・小旅行

5月後半の熱海純喫茶古い建物めぐり、なかなか更新出来ずやっと最終章。

熱海はレトロ建築・古い建物だらけで、昭和好きには飽きない街だと思います。
ブロ友が博物館のようですねと書いてくれましたが、本当にそう。街全体が昭和なレトロ建築博物館

最近、駅併設の商業施設が出来てちょっと今時の駅になったけど、駅を出ればすぐに哀愁と味のある建物に出会えます。

例えばここ。

熱海スターレーン(志ほみやボウル)跡。
2012年2月に志ほみや旅館の従業員寮で火災が発生、志ほみや旅館はその後「湯宿一番地」として復活したが、
スターレーンは閉鎖され、今も休業状態のままです。駐車場には利用されている模様。

そのまま下って行くとレトロな和風旅館が点在。
こちらは「竜宮閣」。

創業は昭和13年頃だそう。熱海で泊まってみたいレトロ旅館のひとつ。
撮り忘れましたが同じ通りに「瑞宝荘」というレトロ旅館もあります。



ここも泊まってみたい「福島屋旅館」。

熱海駅から熱海銀座や旧特飲街のある中央町、レトロな建物が多い清水町などに行く際に通る坂道。
(もちろん海岸からアクセスも出来るがレトロ好きならこちらの方が楽しい)



坂道やカーブに合わせて建物が建てられている為、建物が湾曲していたり段違いになっていたり。




この古い建物もタイル使いや2階の窓の模様など気になったけど、これしか撮れなかった。
次回はゆっくり見よう。



廃業したホテル、旅館っぽい「喜むら」。中を見てみたかったなぁ。



モジャハウス進行中。



使い込まれた丸ポスト。



ずっと前にもアップしたけど熱海商工会議所のはす向かいにある「丸文名産店」の名前が残る建物。
よく見るとなかなか凝った意匠です。



ゆしま遊技場。
午前中通ったら閉まっていたけど、夕方は開いてました。


丸い取っ手がレトロ♪



熱海市内に最後まで残った「熱海ロマンス座」があった建物。
4年位前は衣料品店になっていましたが今はこの通り・・
過去記事☆熱海・伊東のレトロな風景☆その1




温泉旅館「白馬荘」。
こちらも熱海で泊まってみたい旅館のひとつ。

玄関のライトも素敵。





白馬荘の前にある「東京薬品」。
古いタイプのサトちゃんとピョンちゃんがお出迎え。



熱海旧特飲街にあるレトロカッコイイ建物。
スーパーマンというお店が入っていました。


そして、、、

熱海ではあまり見ないタイプの看板建築。「東海利器更生所?」かな?「田中屋」は読み取れる。


奥行きがあります!中が気になる~!


この木枠のガラスにレトロなライトもいい!



こちらは畳店。塗り直したような白い壁に木枠の引き戸がオシャレ。


元同僚の希望で、熱海銀座から来宮神社に向かいます。
この道中がまた木造家屋や古い建物のオンパレードで!


とりあえず連続でアップ。
























この通り、何度か通ってるのに以前とは目線が違うのか、以前の何倍も撮影しました笑





こんな感じで風情のある木造家屋・モルタル・赤線建築・看板建築・今回は撮らなかったけどリノベーション物件もあるし、
レトロ好きなら街歩きだけで充分楽しめる熱海です。

まだまだ見逃した赤線建築や、細かいところまで見ていないレトロビルなどあるので、また涼しくなったら撮りに行こうと思います。

バブル崩壊後、熱海はさびれた温泉地にまで落ち込みましたが
地域を盛り上げたいと思いを持つ方々により、見事なV字回復を見せました。
それはレトロの良さだけでは築けないかもしれませんが、
これらの建物は昭和の財産であり、熱海で暮らしてきた人たちの日常の記憶として残してもらいたいものです。




コメント

熱海の旧赤線(旧特飲街)

2019年08月02日 | 旅行・小旅行

また激務期間に突入したので間が空いてしまいましたが、やっと終わりました。
※しかし熱海終わってないのにまた月をまたぐ^^;

さて、元同僚との5月後半熱海旅行。
私は何度目かの熱海レトロ散策ですが、いつも伊東の母宅からの帰りだったのでゆっくり見て歩くのは初めて。

今回は、気になっていた糸川べりの旧特飲街・赤線の名残りを見る時間をたっぷりとりました。

それでなくとも、熱海駅から糸川近辺まで歩いて来る道中、レトロ建築好きなら思わず立ち止まってしまう物件ばかりです。
何度来ても廻り切れません。

古い建物が好きでレトロ散策をする方はご存じと思いますが、
熱海の中央町・糸川という河川の河口付近に広い範囲で赤線地帯があったそうです。
グーグルマップ上には「糸川旧特飲街」と現れます。

今はもちろん別の店舗や事務所等に使われているわけですが、
当時の造りのまま、これだけの建物が残っているのは全国でも珍しいと聞きました。
熱海の街は昭和二十五年の大火で街の大部分が焼失してしまいましたが、それでもカフェー建築として当時のまま残っています。



逆光ですみません。
現在は「スナック亜」という店として使われているカフェー建築です。
角にRの意匠、屋根近くの上部には波模様の縁取り?の装飾。



このレリーフは蔦かな?


「つたや」という屋号が残っています。
昭和32年熱海市住宅地図の熱海糸川赤線街を見ると、確かに「つたや」がありました。


当時は綺麗な二色使いの建物だったのかな・・



お隣の建物も屋号の名残が。
1階は改装されています。



その隣の不動産店。
キレイに塗り替えられてはいますが、明らかなカフェー建築。



現在は「スナック千夜」の、カフェー建築。


鷲や花の彫り物がすごい。華やかだった時代を垣間見た感じ。

いやしかしどれも素晴らしいー
昭和の財産!



こちらもおそらく。
この、建物の角をスパッと切ったような建築は、すべてそう思えてしまう。
その部分に大きく屋号が描いてあったんじゃないかと・・


ここも多分そう。

1階はキレイに改装されているけど、屋号があったっぽい角の面の部分とか、
不自然に窓が多いとか、窓の柵が可愛らしいとか、カフェー建築の要素がいっぱい。



極めつけは・・・


この豆タイル!
タイル装飾は赤線地帯、カフェー建築の特徴のひとつ。


違う通りだけどおそらくこちらも。

カフェー建築というよりもう遊郭建築といってもいい!
カフェー建築は元々遊郭が多いし。


豆タイルはカフェーっぽいけど、この出入口付近なんて元遊郭っぽい。


しかしこちら、残っているのはこの玄関?部分だけで、上はビルになっています。
でもここだけ残してくれてるだけ、往時をしのぶことが出来てありがたい。



1階が理容院と飲み屋さんのこちらも明らかに赤線カフェー建築!






この豆タイル使いと配色が素晴らしい。



こちらの建物も、玄関の上には唐破風でもあったんじゃないかと思えるような、何かを取り払った痕が。
格子窓もあるし元遊郭の雰囲気。

そして・・

特飲街のはずれに一際異彩を放つ看板建築!
半円を描いた窓やアシンメトリーな造り。
こ・これは!絶対そうでしょう。
右端の窓がないことと、左端の窓がやたら大きいのが気になります・・



上部には屋号とか紋章とかあったのかな・・
丸い紋章、6文字の屋号がうかがえます。


他にも建て替えられたり塗り替えられたりしていても、赤線地帯ならではの特徴を残す建物が数多くありました。
一応「糸川べり」なんて呼び方がありましたが、糸川からちょっと離れていてもそれらしい特徴の建物はあるし
広範囲でレトロ建築を楽しむことが出来ます。

しかし一番有名だった「千笑」という遊郭建築が解体され、更地になっていました。
おそらく以前の散策の際に目にはしているのですが、写真を撮っていなかったので残念。

次回で熱海純喫茶古い建物めぐりは終わりです。




コメント (4)

熱海の歴史的建造物~起雲閣~その3

2019年07月17日 | 旅行・小旅行

やっと激務が終わったと思った翌日、鳥取倉吉に住む叔母が他界し急遽鳥取へ行って来ました。
通夜・告別式・火葬・四十九日法要も参列し、最終日に「せっかく遠くから来たのだから見たいところ案内する」と
言ってくれた従姉夫婦に甘え、予備知識なかったけど半日観光してきたのでそれも追々アップしたいと思います。

5月後半の熱海旅行、起雲閣の最後は「ローマ風呂」と庭園から見た起雲閣を少し。

ローマ風呂は前記事の「金剛」のお部屋に隣接してありました。



床のタイルも凝った造りになっています。



浴槽はわりと深い。



そしてやっぱりステンドグラス!










通気口?までオシャレ。


タイルやステンドグラス、浴槽に至るまでとても雰囲気の良いローマ風呂でした!
使われていないとはいえ、維持するのも大変だろうなぁ。

入口の洗面室にもステンドグラス。


↑↑のステンドグラスを浴室側から。



少し先に、旅館時代の大浴場も残されていました。

こちらは一般的ですが風情があり、使い込まれたのがわかります。

別のお部屋では菊の展示などもありました。

最後に庭園に出て、外観を撮影。















起雲閣はこれでおしまい。
また機会を作って、玉姫のサンルームをもっとキレイに撮りに行きたい。

次回は熱海の旧特飲街です。




コメント (4)

熱海の歴史的建造物~起雲閣~その2

2019年07月10日 | 旅行・小旅行

仕事が深夜帰宅の日々で、なかなかアップが出来ません
前回の記事(熱海の歴史的建造物~起雲閣~その1)の続きです。

「玉姫」のサンルームでモザイクタイルの床や天井のステンドグラスに感動した後は、
隣のお部屋「玉渓」へ。
「玉渓」は、中世英国のチューダー様式でヨーロッパの山荘をイメージして造られたそうです。

こちらもまたステンドグラスが素敵です。




ライトも細工が細かくて見応えあり。



「玉渓」を出て順路通りに進むと和室。
起雲閣が旅館時代に、文豪が宿泊・執筆したお部屋を展示室として公開しています。






窓からの風景を撮影している元同僚が写りこんでしまいました。
(私も外で隠し撮りされます笑)





展示室は3部屋のみ公開されていました。




こちらには旅館時代の備品も。
「貴重品お預かり袋」に時代を感じます。


そして次のお部屋「金剛」へ。
「金剛」は迎賓の間で、小部屋と大部屋があり、小部屋の方ですら見どころ満載。

まず、この大部屋との間仕切りのステンドグラス。



右・左と両側にあります。



天上は船底天井で、ここもステンドグラス。ちょっとわかりにくいけども。



壁のタイルも織物の絨毯のようなタイルの床も素敵。


タイルってやっぱりいいなーー♪



こういうのもやっぱり撮っちゃうよね。




こちらが「金剛」大部屋。





ハートにダイヤにクローバー、トランプの模様をあしらった彫り物。



荘厳な起雲閣ですが可愛いらしさも。そして奥には中華風のステンドグラス。



お花のような模様をよく見ると、真ん中の模様が右と左、上下逆さまなんです。

これは廊下に出て裏から見た同じステンドグラス。やっぱり逆さま。

間違えたのかな?あえて右と左を上下逆さまにしてデザイン性を持たせるため?
実はこれ、そばでご婦人が話しているのを聞いたのです。
そのご婦人も理由はわからないようでした。

このあとは「金剛」に隣接されている「ローマ風呂」です!
その2までの予定でしたが、その3へ続く・・



コメント

熱海の歴史的建造物~起雲閣~その1

2019年07月05日 | 旅行・小旅行

5月の終わり、元同僚と熱海1泊旅行へ行って来ました。
熱海は彼女の希望が第一にありましたが、私もまだ歩いていない興味ある地域がたくさんあったので
この機会に網羅してしまおうと乗っかりました^^;
元同僚の行きたい純喫茶を優先的に組み込み、次の4つを目的に旅の行程を作成。

熱海の有名無名の純喫茶めぐり(これは二人の希望は同じ)

熱海の三大別荘のひとつ「起雲閣」へ行く
熱海の旧特飲街(赤線の名残り)を探す
熱海駅から熱海銀座までのレトロビル群を見て歩く

いつも彼女との旅行では純喫茶巡りが主な目的ですが
純喫茶から純喫茶へ向かう道中にレトロ物件や歴史的建造物に立ち寄るというのが、定番になってきました。
歩けば適度におなかもすくし。

なにしろテーマはレトロ・古い建物つまりは「歴史あるもの」です。
新しい商業施設や話題の飲食店へは行きません笑



まずは、唯一行った観光施設「起雲閣

起雲閣は、熱海市昭和町にある近代建築・歴史的建造物です。

1919(大正8)年、海運王と呼ばれた船舶事業の実業家内田信也氏が実母の静養の為に建てました。
その後、東武鉄道社長根津嘉一郎氏が譲り受けて敷地を拡大し、
昭和4年と昭和7年には2つの洋館を完成させましたが、
その後金沢でホテル等を経営していた桜井兵五郎氏が買い取り昭和22年に旅館「起雲閣」になりました。
旅館には多くの文豪も滞在したそうです。


昭和22年から平成11年まで52年間、熱海の高級旅館として維持して来たが平成11年廃業。
平成12年熱海市が取得、熱海市指定有形文化財として一般公開されています。


画像右側が入口です。
内田氏が建て、その後根津氏・桜井氏が増築していった起雲閣ですが
まず、内田氏の大正建築である和館「麒麟」にてボランティアガイドの方から10分程説明を受けます。



この鮮やかなブルーは後に桜井氏が塗り替えたそうです。


2階もありましたが、画像が多くなるので和室は少なめにしておきます。

特筆すべきはここから!


「玉姫」というお部屋のサンルームです。ここは根津氏が増築した洋館です。
※メインルームとサンルームに分かれている。

床はモザイク模様のタイル張り、天井や壁面は見事なステンドグラスの意匠です。






全てが手作業の、気の遠くなるような意匠、凝りに凝ったステンドグラスです!なんと表現したらよいのか・・




ガラスとガラスの間の浮き彫り?も細かい!




こちらは貝を平たくしてはめ込んだような。※違ったらすみません。


シャンデリアが斬新。天井中心部も素敵。



いや~撮りまくりました。
いまいち画像では伝わらないのが残念。いいカメラ欲しい・・

モザイク模様の豆タイルも素晴らしい。










もう、上を撮ったり下を撮ったり忙しい歴史的建造物^^;
古い建物が好きな人は概ね、昔のステンドグラスや古いタイルも好きだと思うので、三回分感動出来ます。
ずっと見ていられるようなお部屋でした!


扉もステンドグラスやタイルの雰囲気と合ってます。
モザイクタイルは陶芸家・池田泰山氏の作品だそう。

そして、こちらが「玉姫」のメインルーム。
神社のような建築様式・アールデコ様式・中華風の装飾が一堂に会したようなお部屋です。





神社仏閣に見られる折上格天井(おりあげごうてんじょう)が見事に施されている。




すごく細かい!モザイクタイルといい、職人さんの心意気と苦労が伝わってくるようです。






これでも厳選しました^^;
載せきれないのでその2・その3へ続きます。



コメント