初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

ホトケノザ   宇宙の果て      東京都江東区都立の森

2019-12-02 00:30:10 | みんなの花図鑑

 

この子が咲くと、

早春が開いた野にいるよう。

 

原産、ホントは、宇宙の果て、だと思う。

 

(仏の座) シソ科オドリコソウ属。越年生。

別名、段々な茎から、サンガイグサ(三階草)。

アジア、ヨーロッパ、北アフリカに分布。

日本では、本州以西。

花径、0.8~1.5cm 開花期、10~6月(一般的には3~6月)。

草丈、30cmくらいに。

春の七草のホトケノザはタビラコ(田平子)のこと。

名の由来、対生する葉が、仏様が座る蓮華座の形に似てる、と。

虫媒花(ちゅうばいか)ですが、

蕾のなかで受粉が完了する閉鎖花もつきます。

原産、ホントは、宇宙の果て、だと思う。

 

 

 

アーカイブ。

11月中旬。

 

 

12月上旬。閉鎖花。

 

1月下旬。

 

 

3月中旬。

 

 

 

仲間。

ヒメオドリコソウ

(姫踊り子草)シソ科オドリコソウ属。

ヨーロッパ原産の越年草。明治時代に渡来。

花期、1~5月(一般的には3~5月)。

花冠、長さ1cmくらい。草丈、10~30cmくらい。

 

ホシノヒトミと。

 

フラサバソウと。

 

 

コメント (12)