【足尾周辺】原向駅から備前楯山

                   山頂から下る途中の展望

わたらせ渓谷鉄道の原向駅から歩き出し、国道122号から銀山平への道が分岐する地点から取り付き、尾根を辿って備前楯山へ登りました。目印はありませんが、藪も無くて迷いそうな所もありません。下りは東へ伸びる尾根を辿り、1,106m峰から南下、当初はそのまま尾根を辿って通洞駅付近に下る予定でしたが、1,106m峰から藪がひどく、時間がかかりそうなので、998m峰との鞍部から東へ下りました。頂上と下りに取った尾根では大展望が得られますが、1,106m峰以降は藪もあり、足場も悪いです。先週の大萱山も今回もカモシカを見かけました。

【日 程】2009年12月29日(火)日帰り
【山 域】足尾周辺
【山 名】備前楯山
【メンバ】単独
【天 候】快晴
【コース】原向駅(9:30)→1,115m峰(11:30)→備前楯山(12:30)→1,106m峰→間藤駅(15:10)

原向駅で下車して渡良瀬川にかかる橋を渡って行く時、国道の高い擁壁の上から猿が何匹も降りてくるのが見えた。国道をしばらく歩いて支流の庚申川を渡ると左に銀山平への道が分岐する。そこに「庚申山」の大きな石碑が立っている。ここから取り付いた。取り付きは急斜面だがすぐに緩やかな尾根になる。藪は無くて歩きやすい。ケーブルテレビのアンテナが立っているところを過ぎて852.8mの三角点のあるピークに登り着く。なだらかな登りを行き、1,030mと思われるピークへ。その先の岩場を下ると、放棄されたような小屋が建っている。あたりには鉄塔が立ち、地面に溝が切られていたりしているが、今は放棄されているようだ。この先にもコンクリートの構造物の残骸が散見された。

1,115m峰のあたりから右下に茶色の水が溜まっているダムのような堆積場が見えてきた。1,095m峰からの登りは急な岩場の登りで展望が開け、備前楯山を含む三つのピークの連なりが間近に見える。ピークの一つに登りつくと北側の展望が開け、松木川の両岸の樹木の無い茶色の山肌の間から、少し雪化粧した男体山が見える。尾根づたいにピークを越えていくと、北からの登山道(目印がやたらと多い)に合流して備前楯山の頂上に着く。北側は樹木が無いので展望が大きく開ける。足尾銅山の煙害による樹木の無い山肌は、美しくないが迫力があった。

下りはピークを一つ戻って、東へ派生する尾根を下る。この尾根には下り始めには目印も見られた。尾根の北側には樹木が無いので1,106m峰までは山頂と同様の展望がある。岩場になっているので注意が必要。1,106m峰から南へ伸びる尾根を下るが、藪がひどくなる。やがて藪を抜けてザレた下りとなる。まだ尾根は長く続き、藪が出てきたら時間が取られそうだ。間藤から見た山肌が荒れていることはわかっていたが、東へ下ることにした。東の斜面には木は生えているものの、土壌が砂のように崩れやすい性質で下りにくい。尾根を行こうとしたが、けっきょく沢沿いに下る。沢が渡良瀬川に合流する手前の堰堤から、左岸の斜面を巻いて工事現場に下った。ちょうど対岸あたりが間藤駅なのだが、いったん上流に戻って廃校になったような小学校の先の橋から渡良瀬川を渡った。


山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

備前楯山の追加写真(はちさんのコメントへ)

                        簀子橋堆積場
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【足尾周辺】原向駅から大萱山、石倉山、通洞駅へ

            1,105m峰下から袈裟丸山、皇海山、庚申山方面の展望

わたらせ渓谷鉄道の原向駅から薙ノ沢の支沢に入り、尾根に上がって大萱山に登り、東に県境尾根を進み、1,105m峰から北上して石倉山から大屈沢左岸の尾根を辿り、最後は大屈沢を渡り右岸にある赤法華梅林公園に出ました。大萱山からは目印が多くて結果的には目印を辿るだけで良かったものの、道標がなくて現在位置の確認には苦労しました。

【日 程】2009年12月22日(火)日帰り
【山 域】足尾周辺
【山 名】大萱山、石倉山
【メンバ】単独
【天 候】快晴
【コース】原向駅(9:30)→大萱山(11:30)→1,105m峰(13:10)→石倉山(13:40)→通洞駅(15:20)

少し前に雪が降ったらしく道路や線路に雪が残っており、山の北面が白くなっている。原向駅前の道は、わたらせ渓谷鉄道をガードで潜ってヘアピン状に曲がって薙ノ沢沿いになる。すぐに道をはずれて右へ入り、尾根を右に巻いて支沢沿いに行く。この支沢には右から小滝状となって枝沢が合流する。支沢に沿って行く手もあるかも知れないが、枝沢の滝を右から巻いて枝沢に沿って登っていく。この枝沢沿いがブッシュなどで歩きづらくなってきたので、右の尾根に上がっていく。尾根に登りつくと木の間越しに雪化粧した山々が展望できた。しばらく尾根を行くうち、右斜面を巻いて行く明瞭な踏み跡を見つけて、これを辿って行く。やがて右の沢が迫ってきたところあたりで、踏み跡が不明瞭になったので再び左の尾根に登った。尾根がなだらかになると目印も出てきて大萱山の山頂に着いた。

大萱山のすぐ下にはアンテナ塔のある施設があった。東へ伸びる尾根を行き、二つ目のピークから南に尾根が分岐する。この尾根から登って来る単独行の男性とちょうど出会った。大萱山を目指し、途中の林道から登ってきたとのこと。こちらはさらに東へ伸びる尾根を行く。大萱山と1,105m峰との中間あたりで南側が伐採されて大きく展望が開けているところがあった。1,105m峰まではかなり長く感じ、目印は多いのだが、現在位置が分かるような道標はない。右に分岐して下る道を見て左の尾根を登って行き、途中で尾根の左にちょっと出てみると写真の展望が得られた。1,105m峰と思われるところは特に道標などは無かった。ここから地蔵岳方面への道があると思うのだが、確認できなかった。目印に従って進むと自然と北に伸びる尾根に導かれる。

いくつかピークを越えて行くと樹木に大きく何やらルートが描かれている。左に少し登ってみると三角点があった。これが石倉山1,109m峰らしい。戻って右に伸びる尾根を行く。また、尾根の分岐があって、右はおそらく988m峰に向かうのだろう。左の緩やかな尾根を選んだ。右側が植林帯となり、間がフェンスで仕切られてくる所から、道は藪っぽくなって目印も見られなくなった。この仕切り沿いに下って行くと最後は急斜面になり、注意深く降りて大屈沢に下った。大屈沢を渡り、植林帯の斜面にかすかに付いている踏み跡を利用しながら、トラバース気味に緩やかに登って行くと平らなところに出て、明瞭になった踏み跡を行くと広場に出た。公園として整備されている場所で、車道が延びてきている。車道を下って122号線に出て、通洞大橋を渡って通洞駅へ行った。

山域別山行一覧 形態別山行一覧

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【伊豆・箱根】忘年山行で幕山


いつものメンバーの忘年山行として湯河原温泉泊で当日は幕山ハイキング、翌日は真鶴半島を観光しました。冷え込んで風もある寒い日でしたが、真鶴半島や伊豆大島などの展望が楽しめました。前日に伊豆の群発地震が報道されたばかりで、体に感じる地震も何度かありました。

【日 程】2009年12月19日(土)
【山 域】伊豆・箱根周辺
【山 名】幕山
【メンバ】9名
【天 候】晴れ
【コース】幕山公園(11:00)→山頂(12:30)→幕山公園(14:00)


山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【桐生周辺】座間峠から岳山、残馬山、三境山

わたらせ渓谷鉄道の神戸駅から童謡ふるさと館、座間峠、岳山、残馬山、三境山と歩き、三境山からは道の無いところをショートカットして三境林道に下り、分岐する柱戸林道を下って童謡ふるさと館に戻りました。偶然にバスの時刻ぴったりだったので、神戸駅へはバスで戻りました。展望の良いコースではありませんが、冬枯れで木々の間から山々がけっこう見えていました。写真は残馬山の山頂手前からの展望で、左から袈裟丸山、皇海山、庚申山、錫ヶ岳、雪化粧の白根山と連なり、右端は太郎山ですが、その右には男体山など日光連山も良く見えていました。

【日 程】2009年12月8日(火)日帰り
【山 域】桐生周辺
【山 名】岳山、残馬山、三境山
【メンバ】単独
【天 候】快晴無風
【コース】神戸駅(9:00)→座間峠(11:00)→残馬山(12:30)→三境山(13:45)→童謡ふるさと館(15:10)

童謡ふるさと館の前で「座間峠ハイキングコース」の道標に従って右に分岐する車道に入る。100mほどで道標に従って左に分岐する未舗装の林道に入る。植林を手入れする作業の音が聞きながら山腹を巻く林道を行くと、沢沿いの道となる。ところが伐採した枝などが沢筋に放置され、道も完全に隠れてとても歩きにくい状態になっていた。道標があって沢筋から離れると登山道もはっきりする。ジグザグを切って尾根に上がったところには、何と林道が伸びて来ていた。ちょうど登りついたところが今のところの終点で、削られた法面からばらばらと小石が転がり落ちる状態で、まだ供用されていないようだ。林道から草木ダムや男体山などが展望できた。

座間峠までの道は落ち葉のラッセル状態で道が隠れているところもあるが、尾根を登る一方なので迷うような所は無い。木々の葉が落ちて遠くに日光連山、近くにはぽっこりと特徴のある三境山が展望できる。座間峠の道標は2年前に来た時は反対方向に立てかけてあったのが、今回は正しく設置されていた。座間峠からは地形図を見ても北側の等高線の間隔が狭く急斜面となっているので、道迷い対策として、北側の落ち込みを確認しながら歩くことにした。東へ進んで尾根に上がったところで、北に方向が変わるが、南へすぐの岳山に登ってみた。山名板も無いピークだったが、尾根沿いに南へ下る踏み跡と目印が確認された。戻って北へ向かう。

1008m峰から再び東に方向を変え、アップダウンを繰り返して残馬山へ。頂上手前の急な登りのあたりから写真の展望が得られた。残馬山頂上から三境山へは北東に続く尾根となるが、南の尾根にも目印と踏み跡が付いていた。また、南東の斜面下方面から犬の鳴き声が聞こえ、そのうち鉄砲の音も聞こえてきた。この時期に「石鴨」方面から登って来る場合は注意が必要かも知れない。途中、左へ三境林道に下る道があるはずだが、壊れた道標が落ちていたのは見たが、はっきり道を確認しなかった。岩が積み重なった急な斜面を登って三境山へ。頂上は山名板がいくつもある。山頂から北へ少し下ってから道をはずれて左へ下った。すぐに「三境平」とでも名付けたいような広く平らなところに下る。振り返ると岩場の崖が見え、山頂から真っ直ぐ下った場合はその上に出てしまいそうだった。

時間も無いので、尾根通しに下ることはせずに、なるべく南へと進路を取ると、沢沿いに簡易舗装の道が現れた。これを辿ると三境林道に出た。三境林道を下るとすぐに柱戸林道との分岐となり、柱戸林道を下って童謡ふるさと館に戻り、ちょうどやってきたバスに乗って神戸駅に戻った。駅の「列車のレストラン」でお酒を飲みながら電車を待った。


山域別山行一覧 形態別山行一覧

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )