【北海道】2週間の北海道観光と登山

              摩周湖第一展望台付近からカムイヌプリの展望
                 (左遠くに斜里岳と標津岳が見える)

9月15日から28日まで妻と二人で2週間の北海道観光と登山を楽しみました。
昨年も9月19日から29日まで北海道に行っていますが、今回は羽田空港から中標津空港の往復で、中標津空港でレンタカーを借りて移動しました。長女一家も少し日がずれて北海道旅行に来ており、途中で合流して二泊同宿しました。
ここでは概要のみの報告で、個々の山行については日付を遡って報告したのち、ここからリンク付けする予定です。

9月15日:羽田空港~中標津空港~川湯温泉
9月16日:川湯温泉滞在(藻琴山に登る)
9月17日:川湯温泉~岩尾別温泉
9月18日:岩尾別温泉滞在(知床五湖を歩く)
9月19日:岩尾別
9月20日:岩尾別~標津(羅臼湖を往復する)
9月21日:標津滞在(知床五湖を歩く)
9月22日:標津~摩周
9月23日:摩周~清里(カムイヌプリに登る)
9月24日:清里滞在(斜里岳に登る)
9月25日:清里~サロマ湖
9月26日:サロマ湖~温根湯温泉(仁頃山に登る)
9月27日:温根湯温泉~養老牛温泉
9月28日:養老牛温泉~中標津空港~羽田空港

15日は空港に着いた時にちょうど雨が上がったようで、レンタカーを借りてから開陽台展望台に寄りました。雲が多かったのですが、近くの武佐岳がなかなか形良く見えました。
16日は少し雲があるけれど晴れており、屈斜路湖外輪山の藻琴山に登りました。下ってからアトサヌプリ(硫黄山)や和琴半島にも行きました。和琴半島では雨が降ってきたため自然探勝路を歩くのはやめました。
17日は早朝は晴れていたのに摩周湖に行くと雲が多くなり、戻って川湯エコミュージアムに寄り、岩尾別温泉に移動する途中から雨になりました。
18日は天気が怪しくて羅臼岳を諦め、カムイワッカ湯の滝、知床五湖を歩きました。知床自然センターからのフレペの滝コースに熊が出て閉鎖になったため、森づくりの道を歩きました。ほかにオロンコ岩にも登りました。
19日は一日中雨で激しく降ることもあり、「北のアルプ美術館」や「知床博物館」を見学しました。「北のアルプ美術館」は山好きならぜひ訪れるべきです。
20日は羅臼湖を歩いた後、長女一家と合流して同じ宿に泊まりました。朝のうち雲が多かったのですが午後は晴れました。
21日は長女一家と知床五湖を歩きました。快晴で青空と知床連山が湖面に映えて素晴らしい景色を堪能しました。
22日は野付半島のトドワラ遊歩道を歩いた後、中標津の「道立 ゆめの森公園」で孫と遊んでから長女一家と別れました。
23日は摩周湖第一展望台からカムイヌプリ(摩周岳)を往復しました。早朝は雲が多くて山頂はガスの中でしたが、頂上に着く頃に回復して快晴になりました。
24日は早朝は曇りでしたが、斜里岳登山口の清岳荘に着くと下は雲海、上は快晴でした。沢登りのような旧道コースを抜けると紅葉した斜面が広がり、頂上からの展望も良くて楽しめました。
25日は小清水原生花園、網走の天都山展望台とオホーツク流氷館を見て、能取湖のアッケシソウ(サンゴソウ)群生地を見た後、サロマ湖展望台、ワッカ原生花園に行きました。妻が礼文島で知り合い、昨年大雪高原温泉沼めぐりコースで再会した知人が帯広から会いに来てくれました。
26日は予報に反して晴れたので佐呂間町と北見市の境にある仁頃山に登りました。登山口に着く頃には雲が多くなってしまい周辺の山は雲に隠れていました。
27日は道の駅「おんねゆ温泉」に寄って「北の大地の水族館」や「北きつね牧場」を見学しました。その後、養老牛温泉に向っていると天候が悪化して運転が大変なほどの雷雨に見舞われました。
28日は北根室ランチウェイ(KIRAWAY)の拠点となっている佐伯農場を訪れました。佐伯農場のことは北海道旅行に発つ前にNHKの番組で見ていたのに思い出さず、「荒川版画美術館」やレストランに惹かれて偶然訪れ、農場主の佐伯さんにもお世話になりました。KIRAWAYは養老牛温泉付近と佐伯牧場付近を少し歩いてみましたが、気持ちの良い道でもっと歩いてみたくなりました。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 【北海道】道... 【日 光】高... »
 
コメント
 
 
 
僕の母は… (山ちゃん)
2015-10-04 21:56:43
70歳になりました…病気もせず元気なのですが…最近は日に日に衰えていて…歩くのも大変です…。お二人のバイタリティーが本当に羨ましいです(>_<)

やはり、人生の目標があり生き甲斐がある人とはこんなにも体力が違うものなのか~とお二人を見ていると本当に思います(⌒~⌒)

僕もいつか北海道の山に登りたいですo(^-^)o
 
 
 
私の母も・・ (たぬきせんべい)
2015-10-05 22:17:02
最近、めまいがすることが多くて歩くのがおぼつかなくなって来ています。
本人は転ばないことを常に心がけて動いています。
お互い、母の衰えを見るのは辛いですね。
ただ、私の母は90歳で、私自身のほうが山ちゃんのお母様の年齢に近いわけですね。
私も今年の初めくらいは、まだまだ80歳くらいまでは歩けると思っていたのですが、5月以降はすっかり自信が揺らいでしまいました。
北海道ではどの山にも登山口に置いてある帳面に入山記録を記入するようになっているのですが、斜里岳では私たちが登った同じ日に80歳を越える方が二人も登っていました。
私も不安を抱えながらも、少しでも長く登り続けて行きたいものだと思いました。
 
 
 
Unknown (とも)
2015-10-06 13:47:47
標津町での宿でお世話になりました者です。
いろいろとチベットのトレッキングのお話とかを伺い、今後の人生の発奮につながりました。
あれから僕らの旅もお天気に恵まれ、予定していた「乗り潰し」も終えることができました。
あれから半月が経とうとしているのに、なかなか平常の生活に戻れないのが頭の痛いところです。
また北海道を旅したいですね。

どうぞお二人ともお体にお気をつけいただき、これからも素敵な旅をお続けくださいませ。

~さすらいの鉄道模型作家より~
 
 
 
鉄道の旅もいいですね (たぬきせんべい)
2015-10-08 13:39:38
ともさん、コメントありがとうございます。

北海道に来ると東京では山のことしか考えていない私でも駅や鉄道施設に興味が惹かれます。
今回の北海道旅行では、川湯温泉駅、知床斜里駅、摩周駅、清里町駅、原生花園駅、藻琴駅に立ち寄ってみました。原生花園駅ではちょうど電車が停まってくれました。
また、道が線路を渡る場所ではつい車から降りて線路のある景色を眺めたりもしました。
北海道の地方路線にまだ乗ったことがないのですが、そういう旅もしてみたいです。
ともさんのブログも見せていただきました。
趣味とお仕事が一致していていいですね。
日本の鉄道乗り潰し、がんばってください。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。