【福島県東部】女神山

                         女神山頂上

【日 程】2017年3月18日(土)前夜泊日帰り
【山 域】阿武隈山地
【山 名】女神山
【メンバ】本人、妻
【天 候】晴れ
【参 考】新・分県登山ガイド福島県の山
【コース】堀切登山口(10:30)→七ツ森林道(11:00)→月館分岐(11:30)→山頂(12:00)→月宮登山口(13:00)→堀切登山口(14:30)

3月16日から福島県の霊山の麓にある紅彩館という宿に2泊して17日には霊山に登り、翌18日は「女神山」に登ることにしました。
18日の朝食後、宿の車で霊山こどもの村バス停まで送ってもらい、バスで福島駅に戻りました。地元東京で愛用しているカーシェアリング(短時間対応の手続き簡易なレンタカー)のステーションが福島駅近くにもあり、車を借りて女神山の堀切登山口に行きました。
登山口のスペースに車をとめて登り始めます。少し登ると「休んで見っせ」と書かれた案内板のある展望地に出ます。前日よりも天気が良く、近くの花塚山も遠くの雪を被った安達太良山や吾妻連峰も良く見えました。
その先で少し下って七ツ森林道に出ますが、林道を突っ切って登ると右に月館分岐を分けます。月館方面の字は消えかかっていました。さらに登ると左に椚平への分岐を分けます。
前日登った霊山と違って雪はほとんど残っていませんでしたが、山頂直下のカタクリ平あたりから雪が出てきました。まだカタクリは影もありません。
雪の残る山頂は伝説の小手姫を祀る祠と、三角点があります。山頂からは安達太良山や吾妻連峰、北側は樹木が邪魔ですが間から蔵王が見えます。
下りは月館分岐から月宮登山口に出ました。月宮登山口は真新しい案内板や休憩場所が整備されていました。
月宮登山口からは舗装道路を歩くことになります。月宮神社にお参りし、道路を行くと珍しくダチョウが一頭飼育されているのを見ました。舗装道路をしばらく歩いて、駐車していた堀切登山口に戻りました。
車で福島駅に戻る途中、花見山に立ち寄ると梅の花が見ごろで、この時期はあまり混雑もありませんでした。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【福島県東部】霊山

                               護摩壇

【日 程】2017年3月17日(金)紅彩館泊
【山 域】阿武隈山地
【山 名】霊山
【メンバ】本人、妻
【天 候】晴れ時々曇り後雪
【参 考】新・分県登山ガイド福島県の山
【コース】紅彩館(9:00)→宝寿台(10:00)→護摩壇(11:00)→東物見岩(12:00)→日暮岩(13:20-40)→紅彩館(14:20)

昨年10月末以来4ヶ月以上も山から遠ざかり、今年の初山行になりました。
昨年9月に一昨年患った腰部脊柱間狭窄症の症状が再発しましたが、回復して10月末には一度は山に復帰できたのですが、その後、母の入院、死亡、葬儀とあってしばらく山に行けませんでした。
今回訪れた霊山は標高は825mと低いのですが古い歴史のある霊峰で、特に紅葉の時期に人気があるようです。麓には「こどもの村」が整備されていて、その一角に紅彩館という宿があり、3月16日から2泊して17日には霊山に登り、翌日は車で移動して「女神山」に登りました。
紅彩館へは福島駅から相馬行きのバスで霊山こどもの村バス停で下車します。宿まで歩いても行ける距離ですが、車で迎えに来てもらいました。前日の夜に雪が降ったため、綺麗な雪景色になっていました。
日帰りでお風呂に入ったり、食事に来る人はいましたが、宿泊客は私たち2人だけでした。霊山は紅葉の季節が良いとのことで、こどもの村も冬季の休業中だったので、シーズンオフということみたいです。温泉ではありませんが、広いお風呂も独り占めで食事もゆったりと楽しめました。
17日はゆっくり朝食をとってから出発しました。登山道に入ると雪がかなり積もっており、足跡も少しあます。ロングスパッツが役に立ちましたが、凍結している所は無くアイゼン不要でした。
霊山は突き出た岩が多く、それぞれに岩の名前の案内板が立てられています。初めは鍛冶小屋岩、次が宝寿台という岩で梯子がかけられて上に登ってみるとこどもの村と紅彩館が見下ろせます。次は見下し岩で宝寿台と同様の展望があり、その先の日暮岩入り口の分岐から周回コースがあります。宿の人にも勧められた時計回りの周回コースを取ることにして、分岐を左の国司沢・霊山城跡方面に進みます。
国司沢の看板がある所は前方の岩場の展望が開けており、紅葉の時季が素晴らしいようです。右に甲岩へのコースがありますが省略し、まっすぐ行くと大きなツララを見たりして、天狗の相撲場という所です。
次の護摩壇入口の前には「初めて霊山に来た人はぜひ護摩壇へ」という案内があり、左の分岐に入りました。護摩壇への分岐に入ると、親子でしょうか?大きい足跡と小さい足跡の二人の足跡だけになりました。いったん下って行くと雪も深くなり、風の通り道なのか強い風が吹いて来ました。「親不知・子不知」の看板があり、鎖場のトラバースを行くと岩壁の向こうに岩のトンネルがあります。展望もあり素晴らしい景観でした。
元の穏やかな道に合流して小広い霊山城跡から最高峰の東物見岩へ登り、さらに学問岩、三角点、蟻ノ戸渡りと進み、望洋台に至ります。展望はずっと良かったのですが、遠くの雪を被った安達太良山や吾妻連峰は霞んでいました。
弁天岩方面へと下り、五百羅漢岩を過ぎて弁天岩入口がありますが、弁天岩には寄りませんでした。次の日暮岩には梯子がかけてあり、上に登ると雪の無い所があったので、腰をおろして景色を眺めながら軽く昼食をとりました。
周回コースの入口に戻り、宿へと下る途中に雪がちらつき始め、帰り着く前にひどい降りになったので宿の人に心配されてしまいました。
翌日に登った「女神山」についてはあらためて書きます。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )