【鎌 倉】鎌倉アルプス

                        大平山の斜面

古くからの仲間と鎌倉アルプスの陽だまりを歩いてきました。いったん瑞泉寺に下りてから、紅葉を見に獅子舞に登り返しました。紅葉はややさえない、または早すぎたかも知れません。

【日 程】2006年12月3日(日)日帰り
【山 名】大平山、天園
【メンバ】9名
【天 候】晴れ
【コース】北鎌倉(11:25)→明月院(11:35)→天園(13:00-14:00)→瑞泉寺(14:40)→獅子舞(15:30)→鎌倉駅(16:30)
【参 考】分県登山ガイド13神奈川県の山

このメンバーで出かけるのは9ヶ月ぶりとこれまでになく間があいた。いつもは泊りがけが多いが、今回は手軽な日帰り。鎌倉アルプスの近辺には私は良く行くが、他のメンバーにとってはあまりなじみの無いエリアである。北鎌倉に10時半ごろの予定だったが、ダイヤが乱れて一時間遅れの出発となった。ガイドブックでは建長寺からのコースが紹介されているが、拝観料が必要となるので、明月院方面からのコースをとった。

明月院の入口を過ぎて、指導標に従い右に分かれる急傾斜の車道に入り、少し登って細い山道に入る。細く急な道は初めての人にはイメージとは異なったようだが、なにせ山が浅いのでたいしたことはない。すぐに左手に住宅街が迫ってくる。右手に建長寺への下りを分けると道はしっかりする。ここから先は行きかう人が非常に多くなる。

コースは小さな起伏を繰り返して、大平山へ。大平山から下る斜面は大きく開けていて、陽だまりとなっており、人が大勢休んでいる。コースのすぐ左手にはゴルフ場のクラブハウスが見える。ここでお弁当を広げている人が多いが私たちは少し先の天園の茶屋で休み、ビールとおでんを注文し、持ってきたおにぎりやお酒、おかずや果物を食べてゆっくりした。

天園から下る前に鎌倉の海が見える見晴らしの岩があって、写真を撮る人が多いが、逆光で難しい。見晴らしから下りると獅子舞方面と瑞泉寺に下る道が分かれる。獅子舞の紅葉もいいらしく迷ったが、瑞泉寺方面をとった。急に人気の少なくなった道を下って車道に出る。瑞泉寺は拝観料100円を払って入ったが、紅葉には早すぎた。

瑞泉寺を出てから今度は獅子舞方面に向かう。ところが紅葉の見所まではかなり登らなければならなかった。かなり天園に近いところまで登ってしまったようだ。イチョウの黄葉と紅葉が両方見られるが、例年に比べると冴えないらしい。来た道を戻り、鎌倉駅まで歩いた。帰りに途中下車して横浜中華街で打ち上げとした。


山域別山行一覧 形態別山行一覧


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )