【奥多摩】夏季限定!川苔谷本流と桂谷

                      百尋ノ滝
 
【日 程】2012年7月16日(海の日)日帰り
【沢 名】川乗谷本流、桂谷
【メンバ】単独
【天 候】晴れ
【コース】川乗橋(7:40)→百尋ノ滝(11:30)→川苔林道(14:00)→川乗橋(15:50)
【参 考】奥多摩の尾根と沢(奥多摩山岳会)

ガイドブックには川乗谷本流は細倉橋から入渓すると書かれていますが、それよりずっと手前の聖滝手前から入渓しました。しかし登れない滝が出てきて、巻くために林道へ出てしまったので、やっぱり細倉橋から入渓したほうがすっきりすると思いました。川苔山登山道が川苔谷本流に絡んでいるため、遡行していくとハイカーが休憩している所に何度も出くわします。ファッショナブルなハイカーの中で、一人だけひどい格好で目立ってしまいました。百尋ノ滝の巻きは登山道を途中まで登ってトラバースするとガイドブックに書かれていますが、このルートの取り方にはだいぶ迷いました。私は大きな岩壁の基部に沿って行くルートを取りましたが、あまり踏まれていません。百尋ノ滝の落ち口に立って下を覗いてみました。これだけ立派な滝だと巻くだけでも何か達成感が得られました。百尋ノ滝の上で林道の橋の下にかかる7mの滝はまともにシャワーを浴びます。このあと桂谷に入ってもシャワーを浴びる滝があります。川乗谷本流でも深い釜に入って何度かずぶぬれになっており、ちょっと震えが来るくらい寒い思いをしました。このコースは夏季限定と言えるでしょう。蒸し暑さでけっこうバテた感じのハイカーも見られましたが、私だけは別世界でした。

 

山域別山行一覧

形態別山行一覧

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )