鈴木有機農園

鈴木有機農園の代表、鈴木英俊のブログです。

堆肥運び

2015-10-31 17:52:06 | 日記

こんばんわ   鈴木有機農園です。 

 今日は枠付きの2トンダンプを借りて七ヶ浜町から牛と豚の堆肥を運びました。 新規就農者の岩佐さんに手伝ってもらい、4台運びました。 三本木町までダンプを借りに行って始まったのは10時30分過ぎからでしたので、朝早くからでしたら6台は楽に運べるでしょう。 凄く良い堆肥に仕上がっています。 明日、朝仕事にマニァスプレッターで散布して岩佐さんが来るまでヤードを空にしておきます。 

コメント

堆肥散布あと50a   昔ながらの農業を継続

2015-10-30 22:06:47 | 日記

こんばんわ   鈴木有機農園です。

 完熟たい肥全部散布が終りました。 50a分足りず明日、丸要畜産から貰って散布します。 完熟でない厩肥は籾殻を混ぜて積み重ねて、堆肥に仕上げてから使います。 肥育牛の敷き藁が厩肥になり、積み重ねて置くだけで堆肥になってくれました。 牛を飼わなくなると、堆肥作りが新たに仕事とになりました。 2トン積みの枠付きダンプを借りて運びます。 息子と運ぶはずでしたが、都合が悪く岩佐さんに手伝ってもらいます。 ピストン輸送で岩佐さんの畑に使う分も運び、良かったと笑顔になってもらうようにします。 なんといっても土地改良には堆肥が一番です。 地力が無くなって作物が病弱に育つているのが現状です。 生命力の強い作物を摂取すれば自然と健康になれるはずです。 そんな思いで昔ながらの農業を継続しています。

コメント

堆肥散布  学校水田収量予想

2015-10-29 19:31:42 | 日記

こんばんわ   鈴木有機農園です。

  きょうからマニァスプレッターで堆肥散布です。 牛の堆肥に籾殻を混ぜ込んだ堆肥ですので、風があると風に飛ばされますので気象条件に左右されながらの作業です。  まだモミのままで堆肥になってないところを除きながら完熟したところを積み込んでいます。 1個のヤードが空になったところに未熟堆肥を積み、牛糞堆肥と混ぜながら積みなおして完熟を促します。 ビニールをかけて3か月くらいで完熟に仕上げます。 残っている堆肥は1ha分位です。 足りない分は畜産業者からもらう手筈が整っています。

 岡田小学校の敷地内に作った水田からの収量予想者への表彰式に参加しました。 150㎡の収量は78.9kgでした。 0.1kg差で1位が2名、0.4kg差まで8名に鈴木有機農園のひとめぼれを賞品として授与しました。 この様子は全国テレビ放送でなく校内テレビ放送で全校児童に見てもらいました。 EMボカシをもう一回追肥すればと悔やまれます。 来年も記録更新に期待を残すのも「まぁいいか」・・・  吉右衛門さんが休日関係なく草刈り、水管理をされた、影の力は子供たちに伝わったと思います。 吉右衛門さんには功労賞で称えました。 

コメント

コンバイン掃除終了  リンパの流れ   マニァスプレッター取り付け

2015-10-28 23:08:27 | 日記

こんばんわ  鈴木有機農園です。

 デモ機で借りていたコンバインを念入りに掃除して、営業マンに清掃状態が良いので喜ばれました。 このコンバインを買ってもらいたいようでしたが、中古のコンバインを見つけてもなう約束で円満解決です。 昨日今日と清掃したコンバインの納め先が決まったそうで私としても安堵しています。

 笑元堂の冨野さんが来てリンパの流れをよくする運動を教えてもらいました。 「減食とファスティングわ日本の文化に」で料理研究家のような仕事と整体師をしている方です。 鈴木有機農園の野菜を買いに来たのがきっかけで、整体施術をしてもらいました。 あまり難しくない体操ですので続けられそうです。 食を通して縁を頂きました。

 夕方堆肥を散布するマニァスプレッターを50HPのトラクターに取り付けました。 今年の堆肥は籾殻が多いので風の強い日は散布できません。 2トン積みのトレラーの荷台にエスカレーターのように堆肥を後ろに移動させ羽根でばら撒くのです。 総延長9m位になりますので、田圃の乗り入れ口も幅広く作業がし易いように作っています。 10a1.5tぐらい散布します。 この作業から来年の旨いコメを目指すスタートです。

コメント

トラクタータイヤ装着  コンバイン泥掃除

2015-10-27 20:30:23 | 日記

こんばんわ   鈴木有機農園です。

 やっと井関のトラクターにタイヤを取り付けました。  脱着料とタイヤ処分代含めて14500円程かかりました。 中古タイヤ代52600円、新潟まで高速料金と宿泊代、ガソリン代など含めるとタイヤ2本で、93000円程になりました。 安かったのか高かったのか、新品に近い上物でしたので安い買い物と思うしかありません。 

 コンバインの掃除に取り掛かることができました。 初日にぬかるみの稲刈りで、キャタピラーに藁と泥がびっしり固まっているのを取り除くのですから大変な作業でした。 寝転んでバールで塊をほぐしながら根気よく取り除きました。 刈刃部分とキャタピラーの下回り部分を水洗いして夕方までかかりました。 明日は水洗いできない脱穀部分と取り外したカバーを洗って取り付けて清掃は終わりです。 乾いたらオイルを噴霧し錆止めをして終わりです。 

コメント