鈴木有機農園

鈴木有機農園の代表、鈴木英俊のブログです。

心労も加わる米出荷  枝豆播種(獅子王) 

2016-06-30 20:22:58 | 日記

こんばんわ  鈴木有機農園です。

 午前にと予約で、うなぎ割烹にお米の配達でした。 210kgのお米です。 品質管理には精米して袋詰めまで神経を使います。 精米所にガなどの害虫の発生を防ぐための対策と、窓は遮蔽して室温の上昇を少しでも低くしようと努力しています。 袋詰めはコメの流れを絞って目視て異物の混入を監視しています。 玄米時にカラー色選で選別していますが、念には念を入れての作業です。 商品にするまでは心労も加わる作業になります。

 午後晴れ間を見て、枝豆の播種をしました。 晩生種の師子王と言う品種です。 10月下旬に収穫になるかもしれません。 夏場のビールのおつまみと言った雰囲気ではないでしょう。

コメント

EM石鹸作り講習会

2016-06-28 20:58:55 | 日記

こんばんわ   鈴木有機農園です。

 今日は安斎さんと小林さんがEM石鹸作りの講習会を鈴木有機農園の倉庫で行われました。 今日の講習を受けた方は個人指導でラッキーでした。 1時間半位の時間で牛乳パック2個の石鹸を持ち帰れました。 講師の安斎さんからは滑々した石鹸をを頂いて、固まったら同じように裁断してアルカリ分を飛ばして、1か月後は数十個の石鹸になるはずです。 肌に良し、食器洗いも良しの万能石鹼作りの講習会でした。

 講習後、絆の井戸建屋に入り震災時の活動の様子を展示された写真などで、当時を話し合いました。 田圃では生育中の水稲で農業の講習会になってしまいました。 今日の受講された方々には9月5日のEM農法の勉強会でボランテァとして協力してくれることになりました。  EM仲間が少しづつ増えています。 頭で理論で行動するより、実践と現場で視察して五感で触れることがEM普及の第一歩です。

 

コメント

おもてなしのトマト  学校水田・生育観察  石鹸作り

2016-06-28 20:01:31 | 日記
こんばんわ  鈴木有機農園です。

 今日は朝から小雨の天気です。 大口の寿司米の出荷と玄米食のお米を出荷しました。 野菜は3か所から買い付けに来ました。 準備する間トマトを一個試食してもらいながらの販売です。 遠くから買いに来てくれるお客様です。 最高のおもてなしは、もぎたてのトマトに十字に切れ込みを入れて差し上げることです。 切れ込みはその場で食べて実感してもらうためです。 持ち帰りをなくすための工夫です。

 岡田小学校の稲の生育状態です。 むらなく順調な生育をしています。 病害虫も見られません。 7月15日から10日間、低温(18℃以下)がなければ記録更新も望める生育です。 もみ数が決定と雌しべ・雄しべを作る時期が一番低温の影響を受けやすいからです。 茎数確保はクリヤーしています。 

 明日9時半からEM石鹸作りの講習会があります。 受講生にまだ余裕があるそうです。 石鹸作りに興味ある方時間に遅れないように鈴木有機農園まで来てください。 環境に配慮した肌に良し、食器洗いに良しの万能石鹼作りです。
コメント

コンバイン納車  枝豆定植  EM石鹸作り講習会

2016-06-27 20:26:47 | 日記
こんばんわ  鈴木有機農園です。

 今日コンバイン購入しました。 中古の4条のコンバインです。 キャビン付きですので車高が高く、格納庫の入り口を掘り下げ、扉に袴をはかせた甲斐があり、コンバインうまく入りました。 工事を手伝った渡辺さんは多賀城からわざわざ嫁入りと称して見に来てくれました。 試運転する訳てもなし、格納庫で眠りにつきました。 渡辺夫妻には梅干し作りの下準備を手伝ってもらっています。
 
 4月12日に播種した「ゆあがり娘」と「ゆかた娘」を定植しました。 畑の状態が悪く定植が遅れた分徒長してしまいました。 夕方あと畦一本と言う時に親父が手伝いに来てくれ枝豆の定植は終わりました。 

29日にEM石鹸作りの講習会が我が家で行われます。 4月27日の講習会が盛況だったため再度講習をやることになりました。 使い捨ての食用油で作る環境を考えた石鹼作りです。 是非参加してみませんか。

コメント

ニンジンの間引き  宗久社中の二十周年記念食事会 恵那農高・森本先生

2016-06-26 20:02:05 | 日記
こんばんわ   鈴木有機農園です。

 今朝から午前中人参の間引きと除草でした。 適当な間隔に間引きしないと生育が悪く、虫が付いたり病気になります。 人参は鈴木有機農園の人気野菜の一つです。 次々と播種して切らさないように栽培しなければなりません。 

 お茶の教室・宗久社中の20周年記念の食事会に参加しました。 年に一度のお茶会に会うだけの仲間ですが、和気あいあいの雰囲気で盛り上がりました。 
 企画実行してくれたメンバーです。 帳尻があったのか心配ですが幹事は大丈夫と言っています。 
 今年からお茶を習い始めた若手です。食事の配膳など積極的にお手伝いしてくれています。 新陳代謝で社中から追い出される日も近いかもしれません。
 
 岐阜県立恵那農業高校の森本先生が来てくれました。 森本先生の友人・東北大教授と我が家で落ち合い、有意義な時間を持つ事が出来ました。 森本先生とは3.11大震災後、空芯菜で農地浄化・復興のために何度も生徒と来てくれた御縁です。 今回の来県は復興で関わった石巻・東松島を回って来たようです。 教授とは二度目で今日は地熱発電などの自然エネルギーの活用を教えてもらいました。 バイオマス発電など畜産農家で活用できる分野もあり、この次会う時は関係資料を欲しいとねだっておきました。
コメント