鈴木有機農園

鈴木有機農園の代表、鈴木英俊のブログです。

お茶会の客・冨野さん  釜クド製作下準備

2015-11-30 18:51:50 | 日記

こんばんわ  鈴木有機農園です。

 昨日茶会に来てくれた冨野さんが野菜を買いに来てくれました。 お茶会の様子をくまなく写真とともに書き込んでくれていました。 大根、聖護院カブとねぎを買ってもらいました。 農業の裏話をちょっとだけお話ししました。 知っていると農業を見る視点が変わると思います。 騙されなくなるでしょう。

 今日は正月用の餅の準備です。 もち米を蒸かす釜クド作る耐火煉瓦、耐火モルタルの現物の確認と価格、使用法を学んできました。 図面を起こして数量並べ方を確認しました。 明日から2基作る予定です。 これまでドラム缶で作っていましたが、4年ぐらいでダメになって作り直していました。 2基作るのに工賃抜きで6万円は掛かりそうです。 作る前がら心ときめかしています。 若返られそうです。

コメント

お茶会

2015-11-29 19:14:45 | 日記

こんばんわ   鈴木有機農園です。

 今日はお茶会で、早朝より忙しく働きました。  岩佐さんはイノシシ対策の会議の前に動噴で落ち葉を吹っ飛ばしての掃除を手伝ってくれました。  残念なのは下働きだけで、お茶会でお茶を振舞えなかったことです。 昨日今日とありがとうございました。

         

 今日のお茶会は裏方に徹して頑張っていました。 お茶を篩って棗に茶をはったり、影だしのお手伝いです。 進行状況を伺いながらお茶を点てる気配りのいる薄茶担当でした。 着物が似合う若者・冨野さんに男性が少ない茶会に華を添えて頂きました。 久しぶりに裏千家の仙石先生(90歳??)にお会いすることもできました。 このお茶会でいつも気にかけてくれる、お年を感じさせない素敵なお母さんです。 薄茶のはんとうを務めた美和さんとツーショット・・・ブログをちょっと華やかに・・・なれたかなぁ~??? お凌ぎ担当された亀山さんの御労苦に感謝しながら、良かったねぇと語り合いながら帰路につきました。 亀山さんは洗い物をいっぱい預かってきていました。 亀山さんは宗久会の重鎮です。 お茶会が成功裏に終えたのも社中の仲間が一つになった証です。

   

 

 

コメント

お茶会準備

2015-11-28 18:19:58 | 日記

こんばんわ   鈴木有機農園です。

   今日は明日の宗久教室の茶会の準備です。 岩佐さんに庭掃除の手伝いを私に代わってくれて、動力粉霧機で植木の下葉まで飛ばして綺麗に掃除してもらいました。 茂ケ崎庵の二階から薄茶・濃茶のお点前する綺麗に掃除された千庵です。 薄茶会場の準備とお点前の練習風景です。 普段より真剣に練習しているように感じます。 岩佐さんに御園棚でお点前の雰囲気を味わってもらいました。 練習を見て格好がいいとお茶に興味を持たれたようです。 明日は芋沢地区でイノシシ対策の会議があり、茶会に参加できませんが、落ち葉飛ばし作業だけ手伝ってくれます。 明日はハカマ姿で掃除が大変だろうと親切心からの手伝いです。 明日は6時半に出かけ着付けしてもらい着物姿でおもてなしです。 

 

コメント

医院でも販路拡大  私設・農業振興会

2015-11-27 21:42:34 | 日記

こんばんわ   鈴木有機農園です。

 今日は午前中、わたなべ整形外科でマッサージを受けてきました。 患者同士顔見知りであいさつ程度でしたが、寺門さんから突然お米を頼まれました。 美味しいお米なんだそうですねと言われ、2キロ詰め5個・お金も準備されていて、その場で前金を頂きました。 配達するのに住まい、お名前を聞いて寺門さんと知ったのです。 子供たちに配るのだそうです。 おまけの野菜を付けて自宅まで届けました。 看護師・マッサージ師・薬剤師の方々もお得意様です。  どんなところに行っても農業に誇りを持って話するものですから、興味をそそられて聞いてくれました。 本音で農業のことを伝えなければ農業の衰退に・・・ その思いが販路拡大に繋がっているのかも知れません。 良いものを生産販売すれば口コミが最大の味方になってくれます。 生産現場のことも話せるような農業者が増えてほしいと私設・農業振興会では考えています。 まだまだ活動範囲は広いですからね農業を目指す若者は挑戦してみませんか。 

コメント

排水掘カルバート工事

2015-11-26 19:15:39 | 日記

こんばんわ   鈴木有機農園です。

 堤防沿いの排水掘にカルバート入れる工事の責任者が説明と借地の件で来ました。 建設会社に勤めていたころの同僚、花淵さんで10数年ぶりに会って懐かしく話が弾みました。 川の沿線の田んぼに資材を置くための借地です。 21年間、日曜百姓とサラリーマンの生活をしてた頃でしたので、迷惑をかけていたかも知れません。 帰りに社長の車の助手席に・・・?   偉くなったなぁと送り出しました。 責任感の強い彼ですので良い仕事になるでしょう。 事故だけは注意してと昔に戻った口をきいてしまいました。 

 

コメント