迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

私の中のあなた

2009年10月26日 | わ行 映画
書けなくて、困ってる。いまだにどう書いたらいいか、よくわからない。
この人の映画は、いつもこうだ。心をかきむしられる。

白血病の女の子、ケイト。ガンの治療をしていることは一目でわかる。2歳で発病。到底助からないはずだったが、究極の手段を両親はとる。それはドナーとなるべき子供を作って、姉のために、血液やら、骨髄やら、臍帯やら、果ては腎臓も提供しようとすることになる。

しかし、姉が大好きなはずのアナは、考えてもいなかったことを行う。両親を訴えて、ドナーとしての役割りを拒否したいと、弁護士に相談する。前代未聞の訴えに戸惑う弁護士だったが、アナのために、訴えを起こすことにする。

驚愕したのは両親だった。ドナーがいなくなってしまえば、ケイトは死ぬ。それだけは明らかだ。母は、ケイトの病気に、すべてをささげて戦ってきた。娘のため。すべては娘のため。

当たり前だ。母は、娘のために生きている。彼女を助けるためには何でもする。ケイトの病気が何より優先することで、家族もそのためにいるものだと信じて疑わない。

奇跡は起きる。そうでなければならない・・・・。母の思いの強さは、当たり前だ。でも、現実は厳しい。ケイトはどう見ても、死に直面している。そのことを一番よくわかっているのも母のはずだ。

死ぬことはわかっていたのかもしれない。でも、どうしてもそれを認めたくない。母親が認めてはならないのだ。私の娘は助からなければならないのだ・・・・。それを認めたくないがために、自らを鼓舞し、強く振舞わずにはいられない。その姿は、どこか滑稽で、哀れだが、それが母だ。

このキャメロン・ディアスの母親役が素晴らしかった。母の混乱した思いと、どんなものにも立ち向かおうとする強さが見事に表されていた。

でも、母のあきらめてはいけないという固い気持ちに反して、母親以外は、みなケイトの死を受け入れようとしていた。そのことを一番受け入れていたのが、ケイト自身だったのではないか。

どこか謎解きのような展開だったが、この際、そこは些末な問題だと思う。あの兄弟の存在が嬉しすぎるから。

死とは本人にとってそれは重要なことだが、死を看取り、死を引きずるのは生きている人たちだ。死を受け入れ、死者を葬り、死者に対して思いを馳せる。そこが大事なんだと思う。

一人一人の丁寧な描き方に、ますます円熟味を感じるニック・カサヴェテス。半分くらいからほとんど涙腺決壊で見ていたが、ここははなっから泣きに来たので、思いっきり泣いた。あんまり泣いて、疲れてしまったが、あまりに泣かせに走ったかな・・・。

相変わらず音楽の使い方が秀逸。この音楽センスは、琴線にぴったりくる。

子供を失うことほど辛いことはない。親なら何が何でもそれを阻止しようとする。でも、どうにもならないこともある。他の家族もいるのだ。それらを全部ひっくるめて大きく見てる父親のあり方が正解みたいだったが、このJ・パトリックが予想外によかった。ものすごく久しぶりに見たような気がするが、いいおやじだった。

何がいいとか、何が悪いとかでもない。どの人物の行動が正しくて、間違いなのかでもない。でも、受け入れがたい現実が目の前に現れたとき、自分はどのように、いられるだろうか?

◎◎◎◎

「私の中のあなた」

監督 ニック・カサヴェテス
出演 キャメロン・ディアス アビゲイル・ブレスリン アレック・ボールドウィン ジェイソン・パトリック ソフィア・ヴァジリーヴァ ジョーン・キューザック

コメント (8)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 優勝いたしました! | トップ | 丑年、ご縁年・・・ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
sakuraiさんの (miyu)
2009-10-27 06:19:04
レビューを拝読しているとなんかまたよみがえって
きちゃいましたウルウルです(´▽`*)アハハ
泣かせ過ぎですよね~。うんうん。
家族それぞれの想い、でもみんながすごく思いやりを
持った優しさに溢れる素敵な家族でしたよね。
>miyuさま (sakurai)
2009-10-27 08:49:27
この監督の病気もんは、容赦ないんですよね。
そのことを覚悟して見に行かなければならないもんで、心して行きました。
その日一日、目がおかしかったです。。。。
それぞれの描き方が本当にうまかった。
お父さんと、裁判官が秀逸でした。
母は別格。
J・パトリック~ (cyaz)
2009-10-27 12:33:28
sakuraiさん、こんにちは^^

映画としては非常に上質の作品だったと思います
キャメロンもアビゲイルも上手い。
でも伏兵ソフィアはもっと上手かった
そして、
どうしても母娘に目が向いてしまうこの作品、

>それらを全部ひっくるめて大きく見てる父親のあり方が正解みたいだったが、このJ・パトリックが予想外によかった

仰るとおりです
僕は男性目線だったのでこのJ・パトリックの立ち位置がとても素晴らしかったと感じました。前に出てもダメ、引きすぎてもダメ、微妙なところが何とも言えなく良かった~
娘たちを車でビーチに連れて行く件なんて、一気に涙でした

ちなみに日曜日に『引き出しの中のラブレター』を観てまたまた泣いちゃいました
年のせいかなぁ・・・ボソッ
父親目線 (mori2)
2009-10-27 13:59:57
TBいただきました。
もう、父親目線で泣かされてしまいました。
ジェイソン・パトリックが、良かった!
泣かせの映画ではありましたが、
決して湿っぽく作ってなかったところに、
好感が持てました。

うん、イイ映画だ…。
>cyazさま (sakurai)
2009-10-28 14:19:23
監督の思いに応えて、役者がみな魂こめて演じてた・・という気迫が伝わってきました。
ダコダ姉妹が最初のキャスティングとか聞きましたが、これ見てからじゃ、考えられませんね。
で、お久しぶりだったJ・パトリックですが、よかったですねえ。ほんとによかった、。ちょっと惚れ直しました。
>mori2さま (sakurai)
2009-10-28 14:24:24
父親目線も、母親目線も、兄弟目線も、みなどれも丁寧で、納得のいく描き方で、うまいなあとつくづく感心しました。
J・パトリックはほんとによかったです。
おはようございます☆ (トラヴィス)
2010-01-22 08:33:55
TBありがとうございました☆
『私の中のあなた』素晴らしい映画でしたね♪
オイラも映画館で涙腺崩壊してました。
ソフィア・ヴァジリーヴァの演技の上手さにびっくりしました!

そして、同じ父親として、ジェイソン・パトリックに激しく感情移入してしまいました!
ホントいい映画でした♪
>トラヴィスさま (sakurai)
2010-01-24 12:29:01
コメント、ありがとうございます。
心をかきむしられる映画でしたね。
母の気持ちも痛いほどわかるし、子供の気持ちもよくわかる。
そして父親が素晴らしかったです。
あんな夫だから、妻も自分をさらけ出せたのかもです。

コメントを投稿

わ行 映画」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

私の中のあなた (Yuhiの読書日記+α)
試写会なんてこれまでめったに当たらなかったのに、今月は何故か連続して当たりました!ラッキーです。 本作は、ジョディ・ピコーのベストセラー小説を、ニック・カサヴェテス監督が映画化したもの。キャストはアビゲイル・ブレスリン、キャメロン・ディアス、アレック・...
[映画『私の中のあなた』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事が忙しく、昨夜観たのだが、明日も忙しいので、簡単に書く。  話題作だが、公開からかなりの日にちが経っている。  正直、観ないでも良い・・・、と思っていた。  あまりにも予告編で煽り過ぎていた。  <ワーナーマイカル>なんて、特別予告編第一弾、特別...
私の中のあなた (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『「きみに読む物語」のニック・カサヴェテス監督が贈る 希望と感動の物語に、この秋あなた史上最高の涙が落ちる─!』  コチラの「私の中のあなた」は、ジョディ・ピコ―の世界中を涙で包んだ空前のベストセラー小説「わたしのなかのあなた」を映画化した10/9公開...
『私の中のあなた』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「私の中のあなた」□監督・脚本 ニック・カサヴェテス □原作 ジョディ・ピコー □キャスト キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック ソフィア・ヴァジリーヴァ、トーマス・デ...
「私の中のあなた」究極の家族愛。爽やかな感動。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[キャメロン・ディアス] ブログ村キーワード  キャメロン・ディアス、女優キャリア初の母親役に挑戦!「私の中のあなた」(GAGA)。“名子役”の呼び声高い、アビゲイル・ブレスリンちゃんと親子役で共演。この秋一番の感動作!として、お薦めできる映画です。  ブ...
私の中のあなた (風に吹かれて)
誰でもいつかは死ぬけれど公式サイト http://watashino.gyao.jp同名小説の映画化
『私の中のあなた』・・・深い姉妹愛、家族の絆 (SOARのパストラーレ♪)
もともと大好きなキャメロンと近年注目のアビゲイル嬢。私の本作鑑賞へのモチベーションは正直この二人の存在がすべてだったのだが、そんなミーハーな自分が恥ずかしくなるほどに温かくも壮絶な、そしてどこまでも優しい家族のドラマだった。
私の中のあなた (心のままに映画の風景)
白血病の姉ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれたアナ(アビゲイル・ブレスリン)...
私の中のあなた (だらだら無気力ブログ)
アメリカのベスト小説を『きみに読む物語』の監督が映画化。 白血病の姉のドナーとなるべく遺伝子操作の末に生れてきた妹が、姉への ドナーとしての医療行為を拒否するために両親を相手に訴訟を起こしたこと から起きた騒動を通じ、家族それぞれの葛藤やあり方や命の尊...
『私の中のあなた』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
白血病の姉に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ。彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、母サラは愛する家族のためなら当然と信じてきた。そんなある日、アナは姉への腎臓提供を拒否し、両親を相手に訴訟を起こす...
私の中のあなた (メルブロ)
私の中のあなた 288本目 2009-48 上映時間 1時間50分 監督 ニック・カサヴェテス 出演 キャメロン・ディアス アビゲイル・ブレスリン アレック・ボールドウィン ジェイソン・パトリック ソフィア・ヴァジリーヴァ エヴァン・エリングソン 会場 TOHOシネマズ ...
私の中のあなた/My Sister's Keeper(映画/劇場鑑賞) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[私の中のあなた] ブログ村キーワード私の中のあなた(原題:My Sister's Keeper)キャッチコピー:もう姉のドナーにはならない。両親に訴訟を起こしたアナ、11歳。しかし、その決断にはある...
mini review 10455「私の中のあなた」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
アメリカの人気作家ジョディ・ピコーのベストセラー小説を、『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督が映画化。白血病の姉のドナーとなるべく遺伝子操作によって生まれた妹が、姉への臓器提供を拒んで両親を提訴する姿を通し、家族のありかたや命の尊厳を問いかける...
私の中のあなた (mama)
MY SISTER'S KEEPER 2009年:アメリカ 原作:ジョディ・ピコー 監督:ニック・カサヴェテス 出演:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイ ...