カツ★ガレーヂ

Vintage Motorcycle Laboratory

ブログタイトル

ヴィンテージモーターサイクル&ガレージLifeのブログ

CB450K0 (2)

2009-11-27 21:29:19 | CB450K0
なんと言ってもCB450K0と言うとこのクジラタンクですね。

  
俗称クジラタンク、キャメルタンクと言われるこのCB450のタンクは好きな人は本当に好きなタンクです。中にはK1にこのK0のクジラタンクを乗せておられる方もおられます。私も最初そうしようかと思ったことも有りましたが・・・。
タンク容量は16Lで今の400ccにも匹敵する容量。

  
そのクジラタンクの下に座るのが二輪初の量産型DOHCエンジン。
このRCやCRのエンジンを髣髴とさせるヘッドが溜まりません。
同じDOHCでも750のエンジン等からは見た目「DOHC?」という大人しいつくりのヘッドになっています。
レーサーであるRCやCRシリーズのエンジンを除けば私がホンダ車の中で一番好きなエンジンです。
CB450もK0まではCB72/CB77と同様180度クランクのタイプ1、360度クランクのタイプ2が有り、K1からは180度クランクのみとなりタイプは無くなります。ちなみにこのK0はタイプ2です。

  
現状アルミ錆やくすみが出ていますがシリンダーをブラストしてヘッドのカムカバー類を磨き上げたら自分でも惚れ惚れすると思います(笑)
キャブもそれまでCB72/77で採用されていたPWシリーズでは無く、初めてCVキャブが採用されています。

ちなみにセル付き♪今回はCB72の様にセル取っ払ってしまったりバッテリー小型化してセルが使えなくなったりはしないと思いますので、少しは楽が出来そうです。
バッテリーが完全に死んでますのでまずは交換してからスタートですが。
コメント (12)

CB450K0 (1)

2009-11-25 07:28:41 | CB450K0
うちに来たCB450ですが、先日外に出してじっくりと眺めてみる事に。

  
1965年に発売されたCB450K0。この車体は196 年式です。この当時のホンダの最大排気量スポーツバイクはCB72(OHCヘッド250cc)の排気量拡大型、CB77(OHCヘッド305cc)だった訳ですが、小~中型車には実績があるものの大型市場は未知の領域だったホンダが海外の600cc級スポーツバイク(トライアンフのボンネビルがターゲットだったらしい)を目標に開発したホンダ初の大型スポーツバイクがこのCB450です。
650ccに性能で凌駕する事を目標に作られているだけあってかなり野心的なモデルとなっており、特筆すべきはDOHCヘッド搭載と言う点です。これまでにホンダや他メーカーもGPレーサーや一部少量生産のレーサーレプリカ(ホンダで言うCRシリーズ)ではDOHCモデルがあったのですが、完全量産化された物としては世界初です。
しかし特に海外の市場ではこのCB450の高回転型のパワー特性にイマイチ人気が出ず、もっと大排気量で低回転でパワー、トルクを出すバイクが求められた結果、1969年の「ナナハン」こと、CB750の発売へとつながって行ったという事です。
そんな事でCB750は今でもかなり人気が有りますが、CB450は「好きな人はすごく好き」という感が有ります。

  
CB450と言ってもこの初期型(K0)からK1、K2とマイナーチェンジしながらなんでかなり長い年数発売されていました。
その中でもなんでK0なの?と言う点ですが、コレが色々と私の好きなポイントを押さえている1台でして、その辺りをおいおいと。
まずはざっくりですが、この大きなタンク、短めのシートのおかげでかなりコンパクトに見える車体ですが、なんと言っても450ccですので実際は結構大柄です。
このブログでよく出てくる表現ですがそういった「ずんぐりした所」が私の好きな所です。
私の趣味趣向を知っておられる方は「ああ~確かに好きそう」と思われるかと(笑)
私的には同様のモデルでノーマルのCB72のスタイルが好きなわけですが、そんなノーマルCB72の私が好きなポイントを強調されたモデル、と私は感じています。
この後のK1やCB750あたりからは各所に大きな変更が有り次世代のホンダの単車と言う感が強く出ていますので、このCB450が60年代前半のホンダの単車の機構?デザイン?の総決算的なバイクであると私は勝手に思っています(笑)
コメント (14)

紅葉ドライブ

2009-11-24 19:24:07 | 日記
一昨日ですが紅葉を見にドライブに行ってきました。
どうも紅葉を見るタイミングを今年も逃したらしく、ネットで紅葉情報を見たら行こうと思ってた面河渓とか石鎚とか雲辺寺とか皆「落葉」だった(泣)
紅葉ってどこでも見れるんですけど、もみじとかが多く植わっているところじゃないと「綺麗だね~」という紅葉は見れないんですよね。
寒霞渓も見頃と言うことで一度この時期にプライベートでゆっくり(いつも仕事)行ってみたいけど、自分で行くにはフェリー料金が高すぎるなぁ・・・。

  
という事でまだ見頃らしいかずら橋の方へ紅葉を見に行くことに。満濃の方を通って行ったんですけど、道中丁度「やまうち」の前の道を通って行くことになったのでやまうちに寄る事に。
かるく「大」と「ゲソ」を食べて、トイレがてら財田の道の駅に。
当日はお祭りをしてまして、初めて財田の道の駅で車を止める所に困った!
広場でもちをついていて無料で配っていたらしく、すごい行列が出来てました。

  
池田に出る道中箸蔵寺付近の紅葉が見に止まる。
ロープウェーで上がるかどうしようか迷ったのですが、ココで脱線していては・・・とパスして先を急ぐごとに。
小歩危付近まで走るといつも気になる渓谷にかかるつり橋が目に止まったので、車を止めて散歩してみる事に。

  
小歩危付近も紅葉してました・・・がしっかりした橋なんだけど足元がグレーチングで下がスケスケ。高さもあるし真ん中付近まで来るとなんだか気持ちよく紅葉の景色も見れず(笑)
意外と弱いんですよ、高さに・・・。
小歩危から大歩危は丁度今が見頃という感じでした。
その後ラピス大歩危で休憩&石を眺め、うどんだけではそろそろ腹が減ってきたと食事をしに行く事に。

  
大豊まで走って「ひばり食堂」でカツ丼を食べることにしました。ひばり食堂・・・知る人ぞ知る超大盛りの店♪
有名なのは大盛り/倍盛り丼。特にカツ丼が有名ですね~。
私も今まで何回か来たのですが今まで焼肉丼やいのしし肉丼しか食べたことが無く、今回大盛りカツ丼は初チャレンジです。
店に入るとちょうど前に入ったライダー達がそろってカツ丼(1人大盛り)を頼んでいたので続いて大盛カツ丼を注文♪

  
で、写真(ちょいとピンボケ)の結果ですが、ここの普通のどんぶり物は普通に比べて非常に多いのですが、大盛はそれが約2杯分が合体していると思われます(笑)当然カツも2枚。
カツですが超ロース(笑)で脂たっぷり、好きですけどね。
最初倍盛を行ってやろうかと思っていたのですが、いかなくて良かった(爆)
さっきうどん大食べて間食もして来てたので、この約2杯分の大盛を平らげるのにも四苦八苦でした・・・。
余談ですが倍盛りは普通のカツ丼×3くらい有りそうです。
繰り返し言いますが、ここの普通のカツ丼でも「十分」多いですね~。
あとカレー大盛なら食えそうですが、このカツ丼の米と卵のあまったるいご飯をガツガツ食べるのって腹が膨れてくるとたまらなく食欲が萎えます。

もう当分カツ丼はいい気がします(笑)
余談ですが前に座る相方さんは焼肉丼(+私のカツ丼のカツ1キレ)を完食していました(汗)周りの人からは絶対良く食べる2人と思われている!!

  
腹も膨れたのでさめうらダムまでドライブ。ダム近辺を散歩して腹ごなしです。
夏には再々渇水していたダムですが、今は貯水率60%を越えていまして香川の取水制限も解除されています。
水の恩恵に感謝しながら道の駅さめうら、633美の里とウロウロして、最後は道の駅木の香の「木の香温泉」でゆっくり温まって帰りました。

いつの間にかずら橋に行くドライブから、道の駅めぐり/食べ歩きドライブに変わってしまっていましたが・・・久々にのんびりとドライブ出来た1日でした。
コメント (6)

2009-11-23 22:22:05 | 日記
本日は勤労感謝の日という事ですが、誰からも勤労を感謝されることも無く本日も半日超仕事でした。昨日の疲れか・・・帰ってきたら居眠りを・・・という感じで1日過ぎ。

話が変わりますが先日梨を頂きました。

  
開けてみたら立派な梨でビックリです♪
鳥取に梨の食べ放題に行こうかと思っていた梨好きな私にはたまりません。

  
食べてみたら甘くておいしい梨でした。
ありがとうございました♪
コメント

捕鯨

2009-11-22 20:32:37 | CB450K0
本日は予報通りの悪天候。という事で予定だったツーリングは中止にして、急遽再来週の予定を今週に予定変更!仕事のトラブルにも顔出ししないで良い様に調整して・・・遠方に『捕鯨』に出ておりました。

  

結果・・・大漁♪
クジラこと俗に言うクジラタンク搭載の『CB450K0』。
今後のメインツーリングバイクになります。
CB72は徐々に公道が走りにくい状態になっていくと思いますので、今までCB72なんかで行っていた色々なイベントやツーリングにはコレで行く事が増えてくるかと。きっちり仕上げて不安無く走れるようになったら・・・ですけどね~♪
詳細は追って。

日帰り(と言っても先週に近いものがありましたが)で行ってきましたが1日13時間以上運転すると言うのはなかなか無い事で・・・。ETC1000円の恩恵にも存分にあずかって来ました。こりゃぁ~いいねぇ~♪
距離はあったのですが御用にならない程度で遅くも無いペースにて淡々と走って行けまして、新しいトランポのありがたみが身に染みました。しかしやはりバンタイプでは奥行きは余裕があっても高さが一杯一杯ですね。載せるのは楽だったけど、降ろす時に大変だった!

つかれた~。
コメント (22)

I・O・Kに行ってきました4 完結

2009-11-20 19:50:53 | ツーリング記
完結編ですが。1時を過ぎる頃には皆さん徐々に引き上げを始められたので、こちらも日帰り予定ですし1時半くらいまではこちらにいて、折角なのでだご汁&高菜飯を食べて長湯温泉に入って帰ろうかと思っていたのですが、先に帰ると言われていたYさんをお見送りしていると・・・。

ベロセット500がトラブルの模様。キックのリターンスプリングが折れたとか!?キックスタートが出来ない状態。しかもキックが降りてしまっているようで咬んでます。普通はココで諦めの所がココで分解作業。工具一式とか予備品とか持ち歩いている私などは普通ならおかしい部類ですが、ココでは至極普通だった(笑)続々と工具が集まって応急修理完了。
やっぱり皆旧車乗りなんですね~(笑)
応急修理して何とか動けるようになったベロセットですが、押しがけしか出来ない事&始動がイマイチな事も有り一緒に帰ることになりました。
Yさんも私も四国なので一路佐賀関を目指すことに。
2台でツーリングです♪


走行し始めて早々、久住連山の麓で先行のCB72がストップ。調べてみたら・・・ガス欠でした。ちょうど飲食店の前だったのでコーヒーを飲んで空き缶を作りベロセットから給油。
ううぅ・・・逆に私が足手まといに。
もっとどうですか?という親切な言葉をよそに『こいつ燃費いいですから』と再び走り出した2台ですが、豊後街道があまりに気持ちよくガンガン走れる道なので、ついつい×00kmオーバーペースで走行。およそ旧車のペースではありません(笑)
そんな事をしていたので、そのうちにまたCB72がストップ。2度目のガス欠・・。
ううぅ・・・申し訳有りません!
丁度ベロセットの予備オイルを持ってこられていたという事で、オイルを入れて空にした缶で給油。私が再々止めるので、どんどん押しがけがうまくなっていくY氏。結局ついて走ってもらわないと大変な事になっていたのはベロセットではなくCB72だったという事で・・・。


その後はガス欠することも無く、大分市内で給油して佐賀関へ。道中の車の多さ、信号での引っかかりの多さ、セパハンの辛さに参りながらも無事フェリー乗り場到着。
フェリーに乗ったら対岸にトランポがある私はツーリングはココで終わりでしたが、Yさんは対岸の三崎からもずっと走って徳島まで帰られました。すげ~。しかも大洲から高速を先行で走ったYさんのベロセット500、何故か120km/H巡航で走るうちのトランポは追いつかなかったり(笑)
道中石鎚山のSAに寄ってご飯までおごってもらいました。いゃいゃ・・お世話になってしまったのは此方なんですけど(泣)
Yさん、またツーリングに行きましょう!

Yさんも『夜は寒い!』と言われていましたが、私の方は帰りは車で楽々帰らせて頂きました・・・。

今回は色々な方との出会いが有り、いろんな話が出来た楽しいイベントになりました。いや~参加してよかったです♪

コメント (12)

72が走る街

2009-11-20 07:45:09 | バイク全般
昨日は終日高知市内でウロウロと仕事。
上長を積んで車で回っていたのですが、丁度夕方市内を走っていた時に前方から走って来るCB72を発見!

お知り合いの方かと思ってじっと見ていたのですが、どうも違ったようでした。
しかし以前仕事で高知市内を走っていた時にもCB72が走っていたし、夏前にツーリングに来た時にもCB72とすれ違いました。
コレだけ来る度に見かけると言うことは、高知と言う街はどうやらCB72が多く稼動している模様・・・。
コメント

集約します・・・多分

2009-11-18 23:49:55 | バイク全般
ツーレポ最中ですが、ちょいと横道に。
今年は色々とモノの移動が激しい1年。特にCLなんか2ヶ月ほどで出て行ったのですけど(汗)いや、しかし旧車って購入しても売るときに値下がりしないと言うのが良かったです・・・。そうでなければ悲惨なことに。

本題になりますがいよいよツーリングバイクを変える事になりそうです。

噂では一部の方から『買ったときからどうせ長期間保有しそうに無かった』と思われていたらしいCB1000SF。その癖していつもの様に自分好みに手を入れた1台。春の時点で県外に安定的に出るマシンが無かったのでどうしても必要だったのですが、現時点で車も有りでそこまで安定した物である必要も無くなったり。そうなると『安定性とか度外視した場合に乗りたかった』ツーリング用マシンに傾きます。
車検が必要なのが2台は無理ですし、第一増車は絶対に出来ないのでそう遠くないうちに旅立っていきそうな予感。

しかしコレを手放すとまた大型が欲しくなるような気がするしなぁ・・・。
そこでまた何か物色しても今度はそうそうポンといけない可能性大だし・・・。
やっぱりコレだけは置いておく方が良いような。迷い所です。



先日チラチラ話が出てた白いモンキーRTもいよいよ本腰入れて嫁ぎ先を探す予定。コレクションで持っているのも良いかとも思ったのですが、そんな事よりも色々したい事が有りますし、集約したいところです。
こいつはまず手放すかと。コレは心に決まってます。
オークションに出るのが早いか、良い縁談がある方が早いかだけです。

加えてレストア待ちになっているスポーツカブC115も処分しようと。本当はキチンと組んで近県の方にお譲りし、スポーツカブ人口を増やそうと企んでいたのですが。

今後はうちのガレージも完全にCB72、CB93、C110×2、次期ツーリングバイクを入れた5台に絞る予定です。
2台のスポーツカブはほとんど手を入れる所も有りませんので、残りの3台に作業を集中したいと言うところです。

コメント (6)

I・O・Kに参加してきました3(外車等)

2009-11-18 23:13:16 | バイク全般
さてそのCB系以外ですが・・・CB系以外の旧車となると全然分からない私。
という事で説明はほとんど有りません(笑)しかもその他多くの珍しい車両があったのですが、それらに興味がある方はイベントのホームページへ。

  
到着早々お声をかけて頂いたベロセット乗りさん。よく見ると以前徳島、日和佐の道の駅でお会いしたYさんじゃないですか!こんな所でお会いするなんてすごいご縁です。聞くと徳島から自走で来られたとか・・・凄いです(笑)
こちらのベロセットについては後程かなり登場するのでここでは割愛。

  
四国ではそんな見ることも無い車種でもこちらでは複数台拝見することが出来ました。こちらはカウル付の車体。こういうカスタムもあるのですね~。
フロント側からの写真が無いのが残念。

  
外車ではないのですが、こちらはすごいW650。何が凄いかと言うと『ターボ付』。軽自動車のタービンを流用して作られているのですが、かなりしっかりした作りこみです。色々オーナーさんにお話もお聞きしましたが、しっかりセッティングも出ているようでエンジンを回しているとこも見ましたが凄いの一言です(笑)

  
ノートンも何台か来ていました。やはり英車旧車系がメイン?という事があってBSA他そういう系統が多いです。
こちら四国ではほとんど実車を見ることが出来無い車種ばかりです。

  
特にBSAとかが多かったかな?こちらのBSAはタンクの色も綺麗で良いな~と思った1台。

  
さすがにそれに比べてイタ車の旧車は少なかったですね。こちらはドカ。車種は・・・私も詳しくないもので・・・。でも綺麗なデザインですよね~。

  
アグスタも来ていました。こちらも綺麗な1台。繰り返しますが四国ではなかなか走っているのはミーティングでもお目にかかることはありません(笑)
コメント

I・O・Kに参加してきました2(CB軍団)

2009-11-16 22:48:00 | ツーリング記
多々あるのですがまずはCB軍団各車を抜粋して(笑)
以降のレポには色々な方(車)のお名前、写真が登場します。
問題ないであろう写真・名前を選んで載せていますが、不都合があるようでしたらoldsportsrider@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。


まずはこちら。shiraさんの赤いCB450K0。本日も自走されてきたと言うことですが、ばっちり整備されすばらしい車両です!赤い色の車体ははじめて見ますが綺麗ですね~。
shiraさんはCB450についてお詳しい方で、色々なお話をお聞きする事が出来ました・・・が、もっとお聞きしたい事も。帰り際は時間ギリギリまでお引止めしてしまい申し訳ございません。
それにしてもうこういう物を見てしまうと『心ここに定まる』という感じです。
元々春先今のツーリングバイク用CB1000を買う時にもCB450とどちらにしようかかなり迷ったのですが、安定してハイスピードツーリングがしたいと言うことでCB1000になった訳ですが・・・すでに時間の問題です(笑)
このずんぐりした車体(特にタンク)、DOHCの渋いヘッドが~・・・。

こちらはカワカミさんのCB72。綺麗にレストアされ、青く塗られた車体です。隣に並ばせていただいたのですが、うちの雑な仕上がりのCB72と並ぶと仕上がりの差が歴然と(笑)
エンジン内部以外はかなり徹底的にカスタムも施されていて、パッと見で目立つのはやはりFCRやオーリンズサスですね。単純にリアを固めただけでなく前後バランスも考えて足回りも仕上げてあるようで、これは走ったら気持ちよさそうです。
一度ツーリングをご一緒したい所。
『乗りますか~?』とカワカミさんに勧められたのですが、ちょっと腰が引けたので変わりにお隣にいたやへーさんに乗って頂きました(笑)
アイドリングも安定していて軽くふかしてもセッティングが良く出ているのが分かります。


ちょっと遅れてこられた退役陸軍曹長さんのCB72。本日は自走ではなく軽トラに72を積まれての参加でした。
一度レストアされてからかなり年数が経っている・・・とGWの時にお聞きしました。赤ですがワインレッドに近いような濃い色の赤が良い雰囲気です。
このタンクバックが72に合っていますね!
途中で食事に行かれたのを見て他の方に『帰られました』とデマを流してしまったばかりに皆さんそれは残念と先に帰られてしまいました・・・スイマセン。



先週の香川旧車ミーティングとは所を変えて今回もご一緒させて頂いたよりやんさんのCB72。先週はCL、今週はCBです。前日に現地に入り前夜祭に参加、当日は昼まで現地にいて午後から帰途につかれたので到着から昼までの1時間少々しかご一緒出来ませんでした上に帰りにお見送りも出来ず・・・。
しかし今回改めて九州に行くのに比べると高知は非常に近いのを実感しました(笑)
その他72乗りの方ではやへーさんや同じようなレーサーに乗るアナログさん、その他『本日は乗ってきていないけれども』という方もおられてかなり濃い集まりだなと実感(笑)


ミーティングに来られていた方ではその他ピカピカに磨かれたCP77で来られている方がもおられました。
徹底的に磨きこんであって本当にピカピカです。
いや~見ていると自分の72が恥ずかしくなります(笑)

他にもCB750やGB500等も参加していてホンダ、CB系トータルですと結構な台数が参加していました。
コメント (14)