カツ★ガレーヂ

Vintage Motorcycle Laboratory

ブログタイトル

ヴィンテージモーターサイクル&ガレージLifeのブログ

ガレージディスプレイ

2019-01-24 22:00:43 | 工具・ガレージ
今年はガレージ内の改装も進めて行こうと思うのですがとりあえず今の所ちょとした所から。

貸出していたC105エンジンが帰還。一昨年作成したエンジンマウントに飾り直しました。
キャブカバーが欠品しているのでまた探す必要があります。


昨年カブ60周年記念イヤーだったのですが、限定販売されていたパブミラーを新たに展示。
スーパーカブも買おうかと思ったのですがとりあえずスポカブとFカブのみ。


スポカブ良い感じです。
皆さんは保護シートを付けておく派でしょうか、剥がす派でしょうか。
私はもったいなくて中々剥がせないタイプです。


あまり物のタンクエンブレムなどを棚に少し貼りました。
今年は以前から考えていたガレージ壁面に展示棚を作ろうと考えています。
コメント

GARAGE CLOCK

2017-07-20 06:54:35 | 工具・ガレージ
10年近く前にガレージを持った頃に買ったガレージの時計。


丁度電池が切れていた事も有り大分前から買い替えを検討。
理由はこのゴチャゴチャしたデザインの為に今何時なのかが全然分からないという時計としての致命的な欠陥によるもの。
最近ガレージで作業していても今何時なのか全く分からないという状況。


買った直後に気が付きましたが仕方なく使ってました。その頃はこういうのが結構はやってましたが最近は見かけることは無いですね。


今回交換する時計。前回の問題をふまえて非常にシンプルな作り。
ホーローで出来たビンテージ風の時計です。
本当は黒が欲しかったのですが既に黒は絶版。
まあしばらくしたら自分で黒にでも塗ろうかと。



早速取付。以前の時計より一回り小さいのですがそのデザインの為に遠くからでも時間が視認出来てGOOD。
コメント (2)

新ガレージ3周年

2017-07-06 06:58:53 | 工具・ガレージ
新ガレージに移転して昨日で3年が経ちました。
ガレージ移転時は毎日引越しやガレージ作りに忙しくガレージの事もろくに書いてなかったのでガレージ移転時の事を少し。


前ガレージは屋根部分に隙間も有ったのでウレタンで埋めたり出入口の大開口扉も隙間が有ったので目張りしたりしてましたがそれでも気密性が悪く、エアコンを付けても効きが悪くガソリンが漏れると室内まで臭くなるような状況でした。エアコンや除湿機フル稼働でも冷えが悪く湿度も下がり切らない、止まるとすぐに温度も湿度も上昇する環境で光熱費も馬鹿にならず・・・・
このガレージは前のガレージの経験から断熱・気密・防音性を重視して作っているのでウレタンで部屋を完全に包んでいます。
そんな事も有って内装仕上げは木材にしたかったのですが、それでは万が一の時に簡単に全焼してしまうと家族の反対に合い内装仕上げは不燃材を使用しています。


完成時。丁度3年前の今頃。まだ土間コンの乾燥状況がイマイチなので扇風機や除湿機を動員して乾燥させてます。
土間コンは半年ほど乾燥させるのが理想でしょうが引越の都合も有るのでそうもいきません。


まだ建築材料が山の様に残ってます。
後にチラッと写ってるのがガレージに一番乗りしているCB93。


塗床は自分で。ネットで塗床材を購入。塗床をした理由は土間から湿気が入らない様にしたかったからですね。



まずはプライマー塗装。


次にトップコート剤に硬化剤を十分混ぜこみます。


そしてトップコート施工。綺麗に見えてますがプライマーを十分乾かせずに塗装したせいかあちこちで塗料が縮み、縮んだ箇所をカットして再塗装しているのであちこちに凹凸が見られます。
自分でやるとこんな物です。


塗装後に書斎ステージを組み立て。
上が書斎スペース、下が部品置き場になります。
もっとガレージの高さを高く建築できていれば書斎スペースの下に単車を入れれるように書斎を中2階の様にしたかったのですが、反対によりそれが出来ず断念。


前のガレージで使い勝手が良かったウッド調のビニールシートを全面敷き。
とりあえずで敷いて後日木板に変えるつもりでしたが結局今もこのまま。


作業スペースだけ区画できるようにビニールカーテンを付けましたが、今の所全く使用せず無用の長物に。そこまで粉塵が出る作業はやっぱり屋外でやるんですよね。


今現在。失敗したなという事も有ればこれは成功したという事も有りガレージ作りも何度もしなければ気に入ったものが出来ませんね。簡単に買い換え作り変えが出来ない所が難しいです。


コメント (2)

バルブ置き製作

2017-06-29 07:42:46 | 工具・ガレージ
CB93のエンジンを分解した折、バルブ関係をいて置く場所に困ったのでバルブ置きを作る事に。


100円ショップでこんな箱を売っていたのでこれにバルブ名だけ適当に書き・・・



捨てようと思っていた木材をカットして穴を開けて箱に付けてバルブも挿して置けるようにしました。


こんな感じ。これでバラしているエンジンのバルブ関係もゴチャゴチャにならずに置いておけます。
我が家には2気筒車しかないのでこれで十分です。



ついでに先日父の日にもらった万力もワークベンチにドッキング。これで木板もガッチリ固定出来ました。
コメント

父の日

2017-06-19 06:55:27 | 工具・ガレージ
昨日は父の日でした。娘が小さいのでちゃんと父の日が有ります。


娘からガレージ用にと手作りのメッセージ付きティッシュ箱を貰ったのと・・・


ベンチバイスを買ってもらいました。
ベンチバイスはアストロプロダクツにて丁度展示品が格安で売っていたのですが、娘が母の日に一緒にプレゼントを買いに行ったついでにアストロに寄った時に、私が「これが欲しい」と言っていたのを覚えており、今回店で娘が奥様にこれを父の日のプレゼントに買う様に進言してくれました。良い娘です(笑)
別にこれを買わしにわざわざアストロに寄ったわけでは有りません。

また折を見てきちんと取付しようと思います。
コメント (2)

ガレージの自転車壁面収納

2017-06-13 06:13:57 | 工具・ガレージ
今のガレージに引越してきて間もなく自転車を購入。
目的は運動でこれで通勤する為だったのですが、さすがに会社までの距離が有りすぎて挫折。
それ以来玄関収納の中で保管されていたのですが・・・

そこも邪魔だと言われ外に追い出されたもののガレージも一杯、屋外ガレージも一杯、物置も一杯で置く場所も無くここしばらく屋外放置になっていました。
安物なのでそこまで気にもしないのですが、これからの梅雨の時期さすがに外に放置だとサビサビになりそうなのでなんとか置く場所を考える事に。


置く場所はここ。ガレージの壁面。
将来的にはここに飾り棚を組もうと思っているのですが、今すぐでも無いので当面自転車置き場にしても良いかなと。


早速買って来たのが部屋の高さの長さがある2×4材と「ディアウォール」という物。


まずは2×4材を部屋の高さマイナス45mmの長さに切って塗装。


上下にディアウォールと言うキャップを付けて壁に建てます。
ディアウォールにはバネが仕込んであり、ちょっと押して建てるとあとはばねの力で天井と床を突っ張り柱が簡単に倒れて来ないという仕組み。


次に登場するのがミノウラ製バイクハンガー4M。ハンドルが狭いロードバイク用の4Rという商品も有りますがうちのはマウンテンバイクタイプなので4Mを選択。
壁面と自転車中央までの距離が大体330mm有ります。


これを2×4材に固定し完成。
壁に固定しても良いのですが、さすがに自転車までとなると壁面のサイディングにそこまで重量をかけてよいのか疑問なので2×4材をかます事にしました。
柱の色は壁と近似色に塗ったのであまり目立たないなと自画自賛。


ここに自転車を載せて壁面収納完成。
こうやってみると壁に密着して収まっているように見えるのですが・・・


近くに寄ると分かるのですが、当然と言えば当然ですが思ったより壁から飛び出してきます。
遠目で見るとほとんどわからないのですが・・・
しかしこのディアウォールという商品が結構グラグラしていてイマイチ信用なりません。
賃貸で壁面に穴があけられない場合はこれでも仕方が無いのでしょうが、このグラグラな感じは地震が来たら倒れて来そうです。
自転車が壊れるのは構いませんが、下にある72や450に被害が出ると困るので、改めて柱と壁面とバイクハンガーを別の方法で固定しようと思います。
コメント

自作ワークベンチ改造

2017-05-22 07:17:10 | 工具・ガレージ
そろそろ各車両のエンジンの作業を開始していくのですが・・・


前から何とかしなければと思っていたワークベンチの狭さ。
ワークベンチ前の作業スペースなどを大きく取ろうと一般的な物よりも幅の狭いワークベンチを作ったのですが、この狭さだと作業がし辛く物置台にしかならないという結果。
失敗です。


奥行は380mm程度。大体アストロのライトワークベンチの小さいタイプと同じくらいだしこれでいいかと思って作ったのですが、やはりワークベンチの奥行きは500mm以上欲しい所ですね。
これからエンジン関係の作業が増えてくるのでワークベンチをもっと使えるようにします。


という事で既存ワークベンチを解体。奥行側のピースをもっと長い物に作り変えます。


弱い穴開きアングルなどでは無くL形鋼の50×50を調達。
意外にもL形鋼はホームセンターには置いておらず建デポで買ってきました。


これを切断してボール盤で所定場所に穴あけ。


組み立て。奥行のアングル長さを60mmに変更したのでかなり大きくなりました。


塗装して完成。所定場所に置いてみましたがやはり軽く邪魔になるくらい大きくはなっています。


以前からの問題の天板。厚みがあって強度も有って一枚ものの大きな板ってホームセンターにも無いんですよね。よくある集成材はハンマーで簡単に凹みますしこの板の調達が今後の課題なのですが、とりあえず使えるようにする為にホワイトウッドの板を買って来てカットし、大きくなって空いた場所にはめ込みました。
偶然ですが235mm幅の板が幅はそのまま嵌ったので天板の奥行きは615mmまで拡張。
しばらくはこのまま使います。


作業台としては良い寸法になりました。
中段の荷物置きスペースは前部のアングルを後ろに付け替える事で座った時に足が入るスペースが出来そうです。
次週より色々とエンジン関連の作業を開始する予定。
コメント

ガレージ内ウォールシェルフ製作

2017-05-05 07:02:42 | 工具・ガレージ
ガレージも徐々に上部スペースを有効的に使う様にしていきます。


先日作った工具棚上部の空きスペースにちょっとした収納スペースが欲しい所なので棚を組む事に。
隣りのシンクの下に入れているボールや置き場所が無い予備タンクなんかを置いておけるような場所にします。


早速ホームセンターで板を調達。安さからホワイトウッドの板が丁度良いです。


こいつをガレージに合う様に水性塗料で塗装。
本当はオイルステインがいいのですが、安さからいうと水性塗料です。


こいつも塗り重ねの回数で色が調整できます。これで3回くらい塗った程度。
やれた感じを出すならここからざっとサンダーをかけてもいいのですが今回はこのままにして置く事に。
このGWは天気が良いので塗料が良く乾きます。


今回壁に板を固定するのに使った金具。
ざっくりした塗装がちょっとアンティーク風。
今の家を建てた頃から金具類は色々と物色していますが、今時いくらでも使ってみたい良い感じの金具が有りますね。


これを壁に取り付けて・・・


板を置いて完成。
中々良い感じ。
L形金具だと上か下に金具のアームが出てしまうのですがそれが無い所が良いですね。

まだ上にもスペースがあるので折を見てまた何か考えようと思います。


コメント

有孔ボードを使った工具棚製作

2017-05-03 07:32:23 | 工具・ガレージ
この連休はガレージ内で以前から改修したかった箇所の作業を一気に行っていきます。
まずは工具棚。前のガレージではベニヤを改造した工具棚を作り使っていたのですが、やはり良く使う工具は工具棚からすぐに使えるようにしておきたいんですよね。
チェスト内でガチャガチャ工具を探す時間が省けます。


という事でチェストの上のこの空きスペースに工具棚を作っていきます。


今回はガレージにありがちな有孔ボードを使用します。
ガレージの内装で良く見かける有孔ボードですが、音楽室等防音の為に壁面内装に使われたりもします。
そんな用途が有りながら意外とホームセンターに有りそうで無い有孔ボード。
こちらでもホームセンターや建材のプロショップなどを回りましたが無かったので結局ネットで買いました。


この有孔ボードは25mmピッチの5mm穴の物ですがこういったピッチ等も色々と有ります。
ボードの色も選べたりもしますが私は必要があれば塗るので無塗装の物を選択。


これをスペースの寸法にカットして・・・


取付完了。


有孔ボードは孔に取り付ける金具の事を考慮しなければいけない為、後ろは少し浮かして取り付ける必要があります。私は適当にあったバイク用のアルミスペーサーをかましましたが、ベニヤ板の歯切れ等でも良いと思います。
このスペーサーも専用金具があるのですが非常に高価ですのでいらないかなと思います。


有孔ボードと一緒に買っておいた有穴ボード用のフック。
こんな形の物でうまく穴に引っかかる様になっています。
と言っても買うと結構高いので作った方が良いかも。
有孔ボードもこんな工具棚以外にもキッチンの調理用具棚や色々な飾り棚にも使われるようで、この金具もJ型のもの以外にも色々な形状が有ります。


フックに工具をかけて完成。仕上がりに満足です。
工具はしばらく使用しつつ色々と入れ替えたりしていこうかと思います。
これで気になっていた事を一つ達成。
コメント

充電器調達

2017-04-21 07:46:02 | 工具・ガレージ
以前から買おうと思っていたのですが、充電器を新調する事に。


昔から使っていたホームセンターで買った充電器。
主に車用と思われますが、これはこれで重宝して使ってきましたが6Vが使えなかったりかけっぱなしに出来なかったりとやはりバイク用の物が欲しいなと。


ネットで探して安い6V/12V用の物を調達。
自動判別機能付でかけっぱなしにでき、信用できないバッテリー復活昨日まで付いているという代物。


早速先日から充電できない状態となっていたCB93のバッテリーが復活・充電できるか試してみた所・・・


あえなくご臨終との判断。
このクラスの開放バッテリーも結構高いんですよね・・・
コメント