まい・ふーりっしゅ・はーと

京都発。演奏会や展覧会、読書の感想などを綴っています。ブログタイトルは、ビル・エヴァンス・トリオの名演奏から採りました。

京都市交響楽団 第643回定期演奏会(無観客ライヴ配信)

2020-03-30 16:18:29 | kyokyo
2020年3月28日(土)14:30 開演 @京都コンサートホール・大ホール
指揮 : 広上 淳一(常任指揮者) / 独唱 : 森谷 真理(ソプラノ) / 京都市交響楽団


            *  *  *  *  *

● シューベルト : 交響曲第5番 変ロ長調 D. 485
ハイドンやモーツァルトの延長線上にある作品。 室内オーケストラのような編成(規模)で、古典的で端正な響き。
その中にも、シューベルトならではの「歌ごころ」ある旋律が魅力的。 愛らしく上品な甘さが、胸に染み入るよう。

親しい楽友たちが集ってのホーム・コンサートのような雰囲気は、広上=京響のサウンドとぴったりのマッチング。
京響のシューベルトは、「未完成」・「ザ・グレイト」と合わせて3作品目。 指揮は、いずれも広上淳一さんです。

● マーラー : 交響曲第4番 ト長調
冒頭の鈴の音とフルートで刻まれるリズム(旋律)からして、この世のものでないような不思議な印象を受けます。
まるで天上世界で遊んでいるかのような幸福感に満ちた美しい音楽に、身を委ねている感覚。 ホールなら寝落ち?

そして、時おり聴こえてくるのが、田舎の祭礼の音楽隊のような俗っぽい、まがまがしさとの境界ぎりぎりの響き。
第2楽章では、「死神」が奏するヴァイオリンのソロ。 調弦の異なるヴァイオリンを、使い分けているのですね!

突然の閃光(響き)と共に、舞台に向かって左手奥から、白いドレスの森谷真理さんの登場。 その神々しさたるや!
森谷さんは、先日の「びわ湖リング」から引き続き拝聴。 美しく伸びやかな高音域、優しく包み込むような中音域。

            *  *  *  *  *

演奏後には、楽団長である門川大作・京都市長の登場。 広上淳一さんの京都コンサートホール館長就任のご挨拶も。
長年、京響金管パートを支えられてきた早坂宏明さんの卒団セレモニー。 功労者に、観客のいない客席がお気の毒。



コメント

京都市交響楽団 第642回定期演奏会

2020-02-15 17:22:12 | kyokyo
2020年2月14日(金)19:00 開演 @京都コンサートホール・大ホール
指揮 : リオ・クオクマン / 独奏 : アレクサンドラ・コヌノヴァ(ヴァイオリン)/ 京都市交響楽団


            *  *  *  *  *

● ラロ : スペイン交響曲 ニ短調 op.21
この作品は、当時の偉大なヴァイオリニスト、サラサーテに献呈。 初演もサラサーテの独奏で、大成功を収める。
タイトルは「交響曲」と名付けられていますが、スパニッシュ情緒のあふれる5つの楽曲から成る組曲風の構成。

独奏は、アレクサンドラ・コヌノヴァさん。 予定されていたソリストのキャンセルによる「代役」出演でしたが…
クオクマンさんは、コヌノヴァさんを評して「難しい旋律をさらに難しく演奏できる」と、ご紹介されていました。

高度なテクニックに支えられた、多彩な表現が可能な奏者のよう。 ただ、テクニックが先走る感じは受けません。
指揮者&オーケストラに堂々と対峙し、時にはリードするかのような姿勢、オーラが感じられ、好感が持てました。

● プロコフィエフ : 交響曲第5番 変ロ短調 op.100
この作品を聴くのは、2015年1月の京響大阪特別演奏会で常任の広上淳一さん指揮、以来のことになります。
響きの素晴らしいザ・シンフォニーホールでの演奏。 音の密度が濃く、生々しい音の記憶が鮮烈に残っています。

今回のクオクマンさん指揮の演奏は、オーケストラ内の「風通し」がよくなり、より機能的で洗練性を感じました。
人気アニメ「トムとジェリー」のシーンを彷彿とさせる第2楽章をはじめ、わくわく感たっぷりの圧倒的な演奏。

スポーティーで躍動感があり、小気味のよい爽快感を覚えるクオクマンさんの指揮。 統率力もしっかりしたもの。
気鋭の客演指揮者により、京響の更なる魅力が創出された瞬間に立ち会えた歓び。 新たな地平が開けていく予感。

            *  *  *  *  *

ソリストのコヌノヴァさんと、我等がコンマスの泉原隆志さんは、ハンブルクで同じ先生に師事されていた門下生。
アンコール曲として特別に披露されたデュオの演奏は、とてもチャーミングであり、微笑ましさを感じさせました。



コメント

京都市交響楽団 第641回定期演奏会

2020-01-19 18:44:00 | kyokyo
2020年1月18日(土)14:30 開演 @京都コンサートホール・大ホール
指揮 : ジョン・アクセルロッド / 独奏 : アンドレアス・ブラウ(フルート)/ 管弦楽 : 京都市交響楽団


            *  *  *  *  *

● ベートーヴェン : 「アテネの廃墟」op.113から序曲
序曲と言えば、同じくベートーヴェンの「レオノーレ第3番」が好き過ぎる私。 この曲は初めて聴くことになります。
作品番号からして、晩年の作品。 いかにもベートーヴェンと言ったフレーズや響きは、あまり感じられませんでした。

プログラム・ノートに「オーボエとファゴットの掛け合い」との記載がありますが、この部分は最大の聴きどころ。
演奏時間はわずか5分という小品でしたが、京響首席の高山郁子さんのオーボエの美しい音色は存分に楽しめました。

● バーンスタイン : 「ハリル」独奏フルートと弦楽オーケストラ、打楽器のためのノクターン
標題の「ハリル」とは、ヘブライ語で「フルート」の意。 第4次中東戦争で命を落とした若きフルート奏者に献呈。
バーンスタインさんから受ける陽気で親しみやすいイメージからは、かなり隔たりを感じる曲調。 少々難解な印象。

独奏フルートには、カラヤンの時代からベルリン・フィルの首席奏者を務めてこられたアンドレアス・ブラウさん。
彼らが残した数々の名盤の中で聴こえるフルートは、この方が演奏されていたと思うにつけ、感慨が胸に迫ります。

冒頭の数小節だけで、ホールの空気を一変させたブラウさんのフルートはまるでマジック。 いわば「魔笛」のよう。
アンコールで披露されたドビュッシーの小品では、楽器特有の硬質で透明感ある音色に包まれ、心が洗われる思い。

● ショスタコーヴィチ : 交響曲第7番ハ長調「レニングラード」op.60
ドイツ軍とのレニングラード攻防戦のさなか、この交響曲は作曲された。 愛するレニングラードの街と市民に献呈。
地球上からレニングラードの街を殲滅すると公言したヒトラー。 900日にも及ぶ封鎖、60万人にも及ぶ犠牲者。

存亡の危機に直面しながらも、市民のために音楽を提供し続けたレニングラード・ラジオ・シンフォニーの人たち。
空襲の恐怖と背中合わせの状況下、まさに命懸けで、レニングラード初演のコンサートに詰め掛けた市民の皆さん。

アクセルロッド=京響の演奏は、当たり前のような平和の中で、のん気に暮らしている私にとって、相当な衝撃度。
こうした極限の状況に在って、人間の(或いは音楽の)持っている力とその可能性について、思いを巡らせました。



コメント

京都市交響楽団特別演奏会「ニューイヤーコンサート」

2020-01-13 17:03:03 | kyokyo
2020年1月12日(日)14:30 開演 @京都コンサートホール・大ホール
指揮 : クレメンス・シュルト / 独奏 : 岡田 奏(ピアノ)/ 管弦楽 : 京都市交響楽団


            *  *  *  *  *

● シューマン : 歌劇「ゲノヴェーヴァ」op.81から序曲
クラシック愛好家の方でも、「シューマンの遺したオペラ作品は?」という問いに答えられる人は少ないでしょう。
作曲者唯一のオペラ作品。 ゲノヴェーヴァとは、新妻のヒロインの名前。 イマイチ、印象に残らなかったかな…。

● シューマン : ピアノ協奏曲イ短調 op.54
当時の音楽界は、ソリストの超絶技巧がもてはやされていた時代。 そのブームに反旗を翻したのがシューマン氏。
独奏ピアノとオーケストラが渾然一体となった作品。 聴衆に過度の緊張を強いることなく、溢れ出る情緒・ロマン。

正直な話、演奏時間の大半を心地よい「まどろみ」の世界の中で過ごしていたので、感想の述べようがないという…。
我が「コンサートで安眠できる演奏=ストレスのない快適な演奏」という自論からすれば、素晴らしい出来栄えのはず!

● シューマン : 交響曲第3番変ホ長調「ライン」op.97
端正でスマート、かつ、細部まできちんと表現しようとする意欲。 若々しく、けれんみのない指揮ぶりに好印象。
重心はやや軽めながら、伸びやかにきびきびとした音楽の流れ。 京響ライブCDとの演奏比較も、なかなか興味深い。

京響では、随所に登場する祝祭的な、或いは、牧歌的な金管アンサンブル(ファンファーレ)が、とても見事な演奏。
首席奏者が登壇されていないものの、充実の木管パート。 女性奏者の比率が高い弦楽パートは、見た目も実に華やか!

            *  *  *  *  *

アンコール曲は、NY定番のシュトラウスの作品の中から、チャーミングで愛らしい「ピツィカート・ポルカ」が披露。
お馴染みの「美しく青きドナウ」や「ラデツキー行進曲」をつい望んでしまうのは、聴衆の我がままなのでしょうか?



コメント

京都市交響楽団 2019年 わたくし的ランキング

2020-01-02 10:51:12 | kyokyo
今年は、全部で13公演(定期8、特別2)を聴きに行きました。 印象に残ったステージの中からランキング。
あくまでも個人的な「感動」の度合いで順番を付けてみましたので、「えー、なんで?」なのかもしれませんが。

            *  *  *  *  *

● 第1位 レスピーギ : 交響詩「ローマの松」
2019年7月7日(日)14:00 開演 @ザ・シンフォニーホール


京都市交響楽団 大阪特別演奏会 / 指揮 : 広上 淳一
圧巻は、終曲の「アッピア街道の松」。 豊かな響きを誇るホールの空間が、まるで「箱鳴り」するようでした。


● 第2位 ストラヴィンスキー : バレエ音楽「春の祭典」
2019年11月17日(日)14:30 開演 @京都コンサートホール・大ホール


京都市交響楽団 第640回定期演奏会 / 指揮 : シルヴァン・カンブルラン
センセーショナルで、原初的、土俗的な色あいよりは、洗練された機能美を強く意識させるモダンな「ハルサイ」。

● 第3位 ベートーヴェン : 交響曲第9番ニ短調「合唱付」作品. 125
2019年12月28日(土)14:30 開演 @京都コンサートホール・大ホール


京都市交響楽団 特別演奏会「第九コンサート」 / 指揮 : ユベール・スダーン
軽快なテンポと重心で、推進力と躍動感のある第9。 しかも、内声部の細やかな動きも丁寧に浮き上がらせる熟達。

● 第4位 モーツァルト : レクイエム ニ短調 K. 626(ジュースマイヤー版)
2019年11月23日(土・祝日)14:00 開演 @京都コンサートホール・大ホール


京響スーパー・コンサート / 指揮 : 広上 淳一 / 合唱 : スウェーデン放送合唱団
極端な言い方をすれば、消えゆく余韻までが愛おしく感じられるほど! 合唱音楽の神髄を聴かせてもらいました。

● 第5位 ベートーヴェン : 交響曲第6番「田園」作品. 68
2019年9月22日(日)14:30 開演 @京都コンサートホール・大ホール


京都市交響楽団 第638回定期演奏会 / 指揮 :下野 竜也
終楽章では、ベートーヴェンが託した「オー、ゴッド!」という思いに、ホール全体が優しく包まれているかのよう。

● 番外編 ワーグナー : 「ニーベルングの指環」から
2019年9月15日(日)14:00 開演 @京都コンサートホール・大ホール


第23回 京都の秋 音楽祭 開会記念コンサート / 指揮 : 飯守 泰次郎
「指環」からの抜粋のステージなので番外にしましたが、飯守さんの重厚で、滋味あふれる「いぶし銀」の職人技。

            *  *  *  *  *

京響の演奏会に通うようになって初めて、1月の第630回定期をインフルエンザのために欠席したのが心残り。
高関健さん指揮の「モルダウ」、ワイケルトさん指揮の「ロマンティック」も、ランク外ながらも印象的な名演。



コメント