生きる

一度しかない大切な人生!
自然の中に身をゆだねて、めぐり合ったもの達と、毎日を静かに、楽しく過ごしたい!

スングム 黄金の大地 44

2014-05-31 09:55:32 | 日記
会社に弁当を届けに来たスングム、ジンギョンに会う。私ここに勤める事になったのよ。複雑な表情をするスングム。
ウチャンに弁当と着替えを渡す。ジンギョン、一緒に昼食を食べようと誘う。駄目だスングムと二人で食べるから。スングム、すかさず私は仕事があるからと帰ろうとする。それを送って来たウチャン、嫁さん! もうその呼び方やめて! 弁当や下着を持ってきてくれる女に嫁さんと呼んで悪いか?帰って行くスングム。その後ろ姿を見送るウチャン。

昼食。ジンギョンのは凄いおおご馳走、その弁当をヒョンジャと部長も一緒に食べる。ウチャン来て弁当を開く。ご飯の上に卵焼きが乗った粗末なものだった。

部長の命令で本社に行くことになったウチャン。ジンギョンも本社に研修に行くことに。一緒に車で行けと言う部長。ヒョンジャはそれでは益々二人の事が噂になるわ。(ヒョンジャもこの会社のお茶くみとして強引に入社している)相乗効果と言うものもあるんだぞと部長。玄関で車に乗り込む二人。ウチャンを心配してやって来たドック、二人車に乗り込む姿を見て嫉妬する。ドックは昔からジンギョンが好きだったのだ。

薬局で英語の勉強をするスングム。ヒョンジャが胃薬を買いに来る。社長が胃の具合が悪いのだ。持ち帰ったヒョンジャ。社長にスボクが作ったすごい効き目のいい薬だと言ってチスに渡す。いらいらしたチス、薬を投げる。何が何だかわからないヒョンジャ。

旅籠。スボクとボンダルが将棋を指している。チス社長は好きにしろと言うがもしスングムに母の事が知られたら俺を恨むだろう。はらはらだ!ここに残ったのがまずかったかな?とスボク。これでいいのだと思って楽に生きろ! そうだな、将棋もできるしな。

旅籠の外。スボクが出てくる。そこへヨニの息子ジェイルが通りかかり挨拶する。誰だったかな?礼儀正しいなあ。セウン堂のものです。スングムからお父さんは歌が上手いと聞いていますと言って帰って行く。ヨニの息子なんだと複雑な気持ちのスボク。そしてヨニからあのスボクのもとへ戻ると約束して駅で待ち合わせたときに、チスは行かなかったと嘘を言ったが、ヨニは一晩中バスのターミナルで待っていた事を知った時を思い出していた。

大奥様とヨニ部屋で話している。ジンギョンはなぜ働くのかしら? 働くのはいいことですとヨニ。今はそう言う時代なのね。昔は女が働くと言えば家政婦か妓生しかなかったのに。ジェイル帰って来る。母に今日旅籠に行った?今日も行ったの?と大奥様。困った様子のヨニ。父さんも行ったって。誰が言ったの? ドックのかあさんがそう言ったよ。スングムの父さんにも会ったよ。

チス帰宅。大奥様の部屋へ帰宅の挨拶に来たチスにすかさず、いくらお金があっても可哀想な息子だ!妻が裏切ってばかりいて。甘えさせるのもいい加減にしなさい!今日も旅籠に行ったそうよ。俺たちのことに口出しするな!怒鳴るチス。自室へ戻って行きます。後に従うヨニ。

二人の部屋。この前のカーテンはスングムへのだったのか? ジンギョンに比べて部屋も粗末だからよ。スボクとは何を話した?今日初めてインオクの事をはなしたの。俺をみじめにするな。感謝する気はないのか? 感謝するつもりはないとヨニ。感謝するのはスングムにだけか?ええ!それじゃ俺は抜け殻か? 一生懸命尽くしてきたのにそれで不満があったら仕方がない。ヨニ部屋から出て行く。

ヨンダルの妻、家で寝ている。そこへボンダルが帰って来る。なぜお前ヨニが旅籠にいると言ったんだ。とぼけて何でハン社長が家に来たんだっけ?そうだ、聞きたいことがあるって言ったのだ。慌てるボンダル。セウン堂へ、チスに会う。人参畑はお前のせがれの名義だってな?はい。大金がいっただろうが? はい!戦争の時古物商で儲けた金や、博打でもうけたのやらで。町の人は知らないだから社長誰にも言わないでくれ!俺には借金がある。知られたら折角ためたもの全て亡くなってしまうから。そう言ってボンダル帰って行く。外で爺やが心配そうに待っている。大丈夫だったか?大丈夫だとボンダル。(多分この畑はヨニが宝石を売って買い、いずれスングムにあげようとしていたのでしょうと思います)女房と結婚したら嘘が上手くなった!そこへチスの運転手が来る。何か変だと感じて何の話だ?実はジンギョンとウチャンが気になって、とボンダルうまくつくろう。

本社でウチャン、ジンギョンの講習が終わるのを待っている。寄りたい所があるからと言って一人インオクのもとへ。すっかり病が重くなり痩せて青白いインオクをみて怒鳴りだすジンギョン。自分の姿を見なさいよ!ひどい顔色よ!ご飯食べてるの?あんたの助けなんていらないって言ったでしょう?母親面止めて!出て行くジンギョン。

帰りの車の中。おまえわざとおもちゃを壊す子供みたいだな!後悔するような事をわざとする。そうね、何処まで壊れるか見てみたい、とジンギョン。

薬局
スングム勉強している。喫茶店のママ(セラ)入って来る。ジョンス気を利かせて席を外す。あの子の食堂に行ったら、インオクが重い病気でで苦しんでいたのよ。スングム驚く。セラ帰る。ジョンス入って来て、外は気持ちがいいよ。散歩しよう。二人は外へでる。そこへジープに乗ったジンギョンとウチャン帰って来る。
素直になれ!つらいなら辛いと言っていいぞ!とウチャン。あんたに何が分かるの!何様のつもり!泣き出すジンギョンを抱きしめるウチャン。ショックを隠せないスングム。
あいつな何を!ジョンス、二人の所へ行く。
何をしている?殴られないとわからないのか? 止めて!とジンギョン。もうこれ以上見ていられない!来て!二人に、私は娼婦の娘なの。ウチャンは悪くない。私を慰めてくれたのよ。実母を知られたくなくてわざと浮気をしているふりをしたの。それじゃキャシーか(インオク)?とジョンス。兄さんたちは人に話すような人でないから言ったの。噂になったら私死んでやる!
何処へ行く?とウチャン。キャシーの所へとジョンス。ジョンスは幼い頃弟と二人キャシーに沢山面倒を見てもらっていたのです。

薬局。スングム英語の発音練習をしている。入って来てその発音を直すウチャン。お前はジンギョンの生母の事いつから知っていた?ずっと昔からとスングム。
ジンギョンは辛かっただろう、泣くから抱きしめた。とウチャン。それはいいわ。でも私はジンギョンに母がいるからうらやましい気がする。オンマがいるから。ウチャン、複雑な表情をする。

インオクの店。倒れているインオクを見つけジョンス、病院へ運ぶ。電話をする。出るスングム。話を聞いて驚く。気が付くインオク。おれと一緒にセウンへ行こう!
ジンギョンが誰の娘であれもう関係ないことだ。叔母さんは私の家族だ。一緒に暮らそう。自分は親がいないのに皆のおかげで生きられた。ジンギョンも大奥様のおかげで今がある。
おれもヨンスと兄弟なのに離れ離れで暮らしている。血のつながりなんてなくても家族になれる。叔母さんはおれの家族になってくれ!むせび泣くインオク。


薬局。客が来るがお目当ての薬がなく帰って行く。ウチャンが入って来る。俺を診察しろ!私は免許がないから駄目。じゃあおれがお前を診察してやろう。腕を出せ!腕を出すスングム。これは心臓がパクパクしているから心臓がわるいな。反対の手をだせ。出すスングムに、わかった!腹の中に虫がごろごろいるな!笑い出すスングム。その様子窓のそとから嫉妬深い眼差しで見ているジンギョン。
俺には夢がない。つまり未来がないんだ。そんな人間に効く薬はあるかな?ないよな。とウチャン。

会社の前、出勤するウチャン、待っているジンギョン。昨日の話だけど、切り出すジンギョンに、俺は自分に人生だけで精いっぱいだ。人の人生に興味はないし、特に出生世の秘密など聞きたくもない。じゃあなぜ抱きしめたの?俺の胸はいつも女のために解放している。自分は特別だと勘違いされては困る。

薬局。スングム英語の勉強をしている。ジンギョン入って来る。ウチャンから昨日話を聞いた。二人とも口が堅いから大丈夫とスングム。昨日ウチャンに抱きしめられたの知っている? 知ってるわ。
婚約破棄になった理由も知っている?婚約者に見られたのよ!私とウチャンがキスしているのを。唖然とするスングム。
コメント

スングム 黄金の大地 43

2014-05-30 16:48:12 | 日記
お前又間違ったか? 今度は何が欲しいんだ?とウチャン。やるよ。スングムの手の上に土を取って置く。セウンの土地が欲しくてもまだこれで満足しろ、これしかない。
馬鹿とスングム。そろそろ会社に行くから、先に行くよ。ウチャンの後ろ姿に悲しむスングムです。

ウチャン歩きながら昔父と話した時の事を思い出していた。大事なものは目に見えないと父。話の意味が分からないとウチャン。
父、高麗人参がそうだ。土に中で成長していると知っているから6年間一生懸命世話をする。人参も土のなかでそれが分かっている。それでよいのだ。もし私がいなくなってもいつもお前の傍にいる、と言った父を。

スングムも昔、ウチャンが人参の種を撒いて捨てていた時の事を思い出していました。何て事するの?とスングム。見ただろう?父はもう戦争がすぐ終わるとわかっているのに僕を一人残して母や妹の所へ行った。そして戻れなくなった。だから人参を育てる気などない。お父さんがそう望んでいるの?とスングム。だから嫌んなんだ。戦争が終わったら僕は会える、だから人参の種は必要ないんだ。と言ったウチャンの事を。
スングムはウチャンがさっき握らせた土を持って、ウチャンの馬鹿!わからずやと。

セウン物産、チスの部屋に入って来たジンギョン。何の真似だ?とチス。ここに就職したいの。馬鹿我儘は通らないぞ。私だってセウン物産の株券もっているのよ。
戦争で全部潰れ、その後私が立て直したものだ。お前のものなどないとチス怒る。恥をかかせておいて今度は金か。図図しい奴だ。大奥様の娘だ。
実母がインオクだって知っているのか?私は認めないから兄さんもそうして。私をここで働かせて! フランスかアメリカに留学しろ!私は寂しがりだから駄目よ。画を描くだろう? 才能がないの。ウチャンはどうする? 眼中にないわ。

ジンギョン、ウチャンの事務室に入って来る。隣の机が空いているのを見て、私の席ここにするわとジンギョン。何で働くのだ?とウチャン。それには答えず、私はあなたを利用しただけ。あなたはその程度の男だから。婚約破棄に協力したんだから食事位おごれよ!いいわ、皆も呼んで!

ドックの雑貨屋。喫茶店のままが砂糖を買いに来る。何かといちゃもんをつけるおしゃべりなドックの母。そこへジンギョンがヒョンジャとウチャンを連れてやって来る。ここで婚約破棄のパーティよ。中華料理店にでも行けよ!とドック。いいわよ。ご馳走を作るから外の縁台に行ってらっしゃいとドックの母。金が沢山入るのでご機嫌です。
喫茶店のママ、ジンギョンに話があると自分の店に連れて行く。昔から知っていたのでしょう?インオクの事?実母の事で婚約破棄されたくなくてわざとウチャンを利用したのよ娼婦の娘になりたくないから?あんたよくやるわ。あんたに言われたくないわとジンギョン。インオクはあんたの婚約破棄を止めようと監獄に行くことさえ覚悟したのよ。
私を捨てたくせに今更オンマ? 捨ててないわよ!大奥様に奪われたのよ!あんたの話なんて誰が信じると出て行くジンギョン。心の中は驚きで一杯だった。

ドックの家の外の縁台でジンギョン、ドック、ヒョンジャ、ウチャンの4人で飲んでいる。ジンギョンはすっかり酔っぱらっている。スングムが通りかかる。ドック、飲んでいけと声をかける。薬局を閉めなければならないからとスングム。I love you! とからかうジンギョン。ヒョンジャに連れて帰れと言うウチャン。

スングム、薬局へ。ジョンスにお酒をおごって? 金が勿体ないから駄目だ。英語の勉強をしろ! ジョンス、スングムに瓶に入った小瓶の薬を渡す。飲むスングム、自分の顔が見えなくなる薬ってないの? もう恥ずかしくって!

ヨニの部屋、ミシンで布を縫っている。何をしている?とチス。話をそらして、今日インオクの所へ行った。会えたけどジンギョンには会えなかった。
今日お前旅籠に行ってスボクに会ったな?顔は見かけたけど特に何も話さなかった、とヨニ。花瓶のピンクの花を指さし捨てろとチス。
大奥様に呼ばれてジンギョンの婚礼の荷物を片づけるように命令する。はいと答えるヨニ。

チス、ヨニ、大奥様の部屋へ。ジンギョンが会社で働くと言う。本社かそれともここでか?インオクがいるから本社は駄目。ここはウチャンがいるから彼を追い出して。大学も出ていないような男。あんな優秀な人材を追い出すわけにはいかない、とチス。ジンギョンの望むようにしてあげたらとヨニ。


ジンギョン、酔っぱらってヒョンジャに抱きかかえられながら帰って来る。驚くヨニ。もう寝なさい。母に会わなければ。シラフの時にしなさい。酔っぱらっていなければ会えないのよ、とジンギョン。大奥様の部屋。ジンギョン、働いてお母さんを楽させてあげる。うれし泣きの大奥様。そのとき耳元へ今日インオクの事で変なこと聞いたの、とだけ言って部屋に帰って行くジンギョン。もしやと案ずる大奥様。

旅籠、スングム、ウチャンの帰りを待っている。通行禁止時間になる。女将がもう戸を閉めて寝なさいとスングムに言う。不安そうなスングム。

翌朝、ドックやって来て、ウチャンいる?あんたの所に泊まったのではないの?女将。今朝起きたらいなくなっていたんだ。河原にでも行ったのかしら?スングム。
ジョンス探しに行く。河原に座っているウチャンを見つける。会社に行かないのか? ジョンス。給料袋ってやつを一度見たかったがもう飽きた。とウチャン。
給料取りにとって1ヵ月は長いからな、とジョンス。夢は何?とウチャン。良い薬を作ることだ、とジョンス。
スングムはここで人参栽培するのが夢だって。ここに二階建ての煉瓦の家を建て、窓にカーテンをつけて庭にはブランコも作るんだってさ。
お前に建ててもらいたいのさ、とジョンス。俺にはそんな資格はないから。会社に行かなきゃ!とウチャン。

旅籠にヨニ来る。カーテンをスングムの部屋にかける。見違えるように可愛らしくなった部屋。有り難うございます。それよりウチャンに言ったの?返事は?
ふざけた調子で言ったので彼もふざけて。振られるのが怖くて何かうまく言えなくて、私、中学も出てないし、学がないからとスングム。
あなたは賢いし有能な人よ。手を握り合う二人。

社長室、運転手入って来る。あの人参畑はドックのものだそうです。ボンダルが父の。それでは私が直接会って話そう。そんなに沢山金を持っているはずがない。
チスドックの店へ。ドックの母びっくりする。ボンダルは出かけている。そして例のおしゃべりの癖がでて、今旅籠に奥さんが行っているとしゃべる。
嫌な顔をするチス。帰って行く。t

旅籠。ヨニとスングム部屋から出てくる。そこへスボクが帰って来る。帰ろうとするヨニに話があると言う。二人で話始める。セウン堂はインオクをどうする気だ。あの恐ろしいばばあはインオクの子を奪っただけではまだ足りないのか? あなたはなぜインオクの心配をするのあの女のせいで私達はなればなれになったのでしょう!
彼女は私にとっては敵同然なのよ!人のせいにすれば気が楽か?とスボク。そこへチスがやって来る。スングムの部屋でスボクとチス、まだ会っているのか?いやそうではないたまたま会っただけだ。もう自分にはヨニへの気持ちなどとっくの昔捨てた。何も感じていないとスボク。カーテンをちらっと見るチス。そのまま帰って行く。後へ従うヨニ。不思議な気持ちで3人を見るスングム。
コメント

スングム 黄金の大地 42

2014-05-29 09:06:56 | 日記
スングム、I love you. 何だって?とウチャン。いいえ、違う。Give me.だった。おれもよく間違える。とウチャン。焼き栗ほしさのスングムのミスでした。

一人部屋に戻ったスングム、12歳じゃないのにI love you.何て、ウチャンに言っちゃってと独り言を言いながら顔を赤らめる。

父スボクが帰って来る。スングム、ソウルに帰ろう。英語も出来ないのに変なことウチャンに言っちゃって笑われたと父に言う。

旅籠の食堂で女将とウチャン、女将に国の解放以来手を握られたことないだろう。握ってあげるから手を出して!とウチャン。女将が手を出すとその手に焼き栗を握らせる。
この辺りでは焼き栗は10個10ウォンだ。と女将さん。そのときウチャン、スングムが焼き栗が高くなって10個30ウォンもすると言っていたのを思い出す。そうだ徳寿宮の近くの通りで売っていたのは30ウォンだった。スングムはあそこで待っていたのだとわかる。

薬局のジョンスの所へやって来たウチャン。あの日一日スングムがここにいたと言うのは嘘だろうと聞きます。誰にだって都合の悪い事だってあるよ。そういうお前は何処にいたのだとジョンス。黙っているウチャン。

セウン堂、ヨニの息子が大奥様に、叔母さんは婚約破棄されたって? そんなこと男の子の言う事ではない、誰にきいたの? 台所できたよと答えるヨニの息子。

部屋で大奥様ヨニに、インオクがジンギョンが全て知っていると自分に話した。知っていたのならなぜ私に話さなかったのだろう、一人抱え込まないで私に話せばいいのに、
町中に婚約破棄が知られたら私はジンギョンと死ぬ。ジンギョンのいない生活など考えられないと言って泣く。

帰宅したチス、大奥様に判事の父に会った。ジンギョンの馬鹿がわざとウチャンを使って恋人と会っているように演出して婚約者に見せた。今日は金を使って散々だった。
部屋に入ったチス花瓶に飾ってある花を見て、誰からもらった? スングムからだとヨニ。毎日来ているのだな。婚約破棄はジンギョンがスングムのせいにしたのよとヨニ怒って言います。

駅から出てくるジンギョン、セウンに帰ってきたのです。ドックがそれを見て駆け寄ります。ジンギョン、すかさず喫茶店にウチャンを呼んできてと頼みます。
やって来たウチャン、用件を言え。婚約破棄された。何故だ?あんたのせいよ。彼に見せるためにわざと俺を呼び出してあんなことして見せたのだろう。
母さんや兄さんはきっと黙っていないわよ。スングムにこの事話す? ウチャン無言。なんであんなことして断った? 私の秘密のためと答えるジンギョン。一緒に旅籠に行きスングムに部屋に泊めてくれる? いいけどセウン堂に電話で知らせなければと言うスングム。必要ないとジンギョン。

ウチャンとジョンスの部屋。全く真夜中に俺を呼んだり、アトリエに来いと命令したり、そのうえ俺にキスしてその場を婚約者にわざと見せたり、おれも犠牲者だ。俺はころされるぜ。

スングムの部屋。ウチャンが言ってなかった?私婚約破棄されたのよ。ある男を使って男がいるふりをした。ウチャンが好きなの?とジンギョン。これからどうするの?母と兄に怒られて日常生活に戻るの。

翌朝チスの運転手が来てウチャンを社長が呼んでいるからと連れて行く。ジョンス、ジョンギョンに帰ってウチャンは悪くないと母や兄に言えと怒る。町で噂にならなければいいが。セウン堂は野蛮な家だ。

社長室に入ったウチャン、社長に殴られる。婚約を断るために俺は利用されたのだとウチャン。部屋を出て行く。運転手入って来てあいつをあのままにしておくのかと聞く。怒鳴って怒る社長。

旅籠。ボンダルがやって来てウチャンが社長に呼ばれたって?と聞く。薬局は客が少ないと言うではないか。スングム、どうしたら客がつくかしら?
そこへウチャン帰って来る。女将喜んで朝食の仕度するからね。今店に客を呼び込むのにどうしたらいいか話していたのだ。ウチャン、そんなの簡単さ。高麗人参茶にナツメを入れればよい香りがして人が寄って来るさ、と言う。さすが開城で人参畑をやっていた人間はちがうなあ!とボンダル。ジョンスがボンダルを引っ張って小声でウチャンに開城の話はするなと言う。また俺はまずいことを言ってしまったとボンダル。ウチャン旅籠から黙って出て行く。

ヨニ、大奥様の使いでインオクに会う。あの時ジンギョンに何て言われたの?私が犠牲に何てならなくていい。娼婦だっただけでなくそんなことまでしないでいろと言われた。あの子は大奥様に似てきついからとヨニ。あの子は私が産んだ子よ。あのばばあの子じゃない!私はあなた(ヨニ)を見ると憎らしくなるのよ。私は子供を捨てていない!捨てたのはあなたなのにスングムに愛されている。もしスングムがあなたが捨てたと聞いたら何というかしら?それなのに私は罪人のように言われる。驚くヨニ。

薬局。良い香りが漂っている。ジンギョンが入って来る。何しているの? 薬を煎じているのとスングム。ここで働こうかしら?勝手にしろとジョンス。

旅籠、スボクが杏のたねを砕いている。ボンダルが来て杏の種が薬になるのかと驚く。そこへヨニがジンギョンがお世話になったと言って肉を沢山持ってやってくる。喜ぶ女将。
スングムの部屋で二人は話す。昔ウチャンが好きだったけど今はどうなの?とヨニ。今もからかわれている。結婚しようとか言うけど本心はわからないと言うスングム。
ヨニと腕を組んで送って行くスングム。セウン野原で別れてひとり帰るスングムの先に黄色い蝶が舞っている。その蝶を追っていくとその先に川を見つめて立っているウチャン
に会う。あなたの捨てた人参の種を拾った。一緒に夢をかなえない?とスングム。断る、俺には夢なんてない。金を稼いで一生ホテル住まいをする。行こうとウチャン。
I love you!とスングム。驚くウチャン。
コメント

スングム 黄金の大地 41

2014-05-28 16:44:39 | 日記
ウチャンから離れるジンギョン。呆然とするウチャン。

スングム寒さの中で2時間待っていますがもう待ちきれず帰って行きます。ジンギョンの突然の行動にすっかりびっくりしてそのまま車で家に帰ろうとしていたウチャん、突然スングムとの約束を思い出します。慌てて戻りますが、スングムはいませんでした。セウンに帰ったスングムはドックの店によりお菓子を買います。綺麗にめかしこんで誰と会っていたんだと聞くドックに笑って黙っているスングム。
薬局に行ったスングム、ジョンスに中卒検定の勉強を見てやるからやれと言われます。頷くスングム。そしてジョンスにウチャンが来たら私はずっとここにいたと言ってと頼みます。
やって来たウチャン、スングムに待っていただろう?行ってない。そうかじゃあよかったとウチャン。

アトリエで一人酒を飲むジンギョン。そこへ婚約者がやって来ます。さっきの行為の説明をしろ。他の男が好きになって浮気した。婚約破棄になっても仕方がない。望みをかなえてあげたのだ、とジンギョン。怒って帰って行く婚約者。その後何度も電話がセウン堂の大奥様からかかって来るが全く無視するジンギョン。
大奥様、婚約者と一緒ならその方がいい、もう外出禁止時間だからと。

ウチャン、スングムに今日待ち合わせの場所に行ってなかったって本当か?ある女のせいで気が動転していたんだと言う。
スングムはウチャンに好きな人が出来たのかしら。私は本当は行ったのにと思うのでした。

セウン野原、畑を耕すドックら若者達。

大奥様チスに、今日婚約者に会いに行く。チス、インオクも行くのか?そうだと大奥様。
車で出勤する途中ピンクの花束を持ったスボクが歩いているのを目撃する。

旅籠の女将、スングムに今日は青年会が畑仕事をするから昼食を作って持って行こうと言います。そこへスボクが花束を持って帰って来ます。そしてそれをスングムに贈ります。喜ぶスングム。それを見た旅籠の女将、朝食を食べているウチャンとジョンスに、若い男が二人もいるのにスングムに花も贈らないのか。二人恐縮しているようです。

部屋でスングム、父にこの花をヨニにあげていいかと聞きます。寂しそうにうなずくスボク。

セウン堂で、花を貰ったヨニ、嬉しそうにスングムに、花を贈られたことある? いいえないですとスングム。どんな高価な宝石よりも好きな人から贈られた心のこもった花
に勝るものはないとヨニ、にこにこ嬉しそうです。
誰が摘んだの?とヨニ。アボジよ、とスングム。何とも言えない表情のヨニ。スングムはヨニに、昨日ウチャンとデートの約束をして2時間以上待っていたのに来なかった。自分は行かなかったとウチャンに嘘をいったと話します。ヨニには何でも正直に話せるスングムです。

昔の家政婦の妹のヒョンジャ、薬屋に居ます。ジョンスにウチャン、昨日ジンギョンと会ったみたいだと言います。スングムにはその話はするなとジョンス。

喫茶店でジンギョンはインオクに、娼婦だっただけでなく、わざわざ罪を背負って告訴までされるような事などするな。もうこれ以上関わらないでくれ。

婚約者の母に会う大奥様とインオク。この女が金欲しさにあんな噂を広めたのです。金を貸してくれと言うのを断ったらあのような噂を流したのです。どうぞ鉾をお納めくださいと言って厚い札束を渡しますが、婚約者の母、昨夜ジンギョンが何をしたか知らないの? ジンギョンには他に男がいるのよ、昨夜息子が現場を目撃した。いちゃいちゃしていたそうではないか。怒って帰る婚約者の母。
インオク、ジンギョンは私が実母だと知っているみたいだ。刑務所に自分が入らなければならないのも知っていた。何といっても私が実母だ。あなたを許さない!自分で解決しなさいとはっきり言って出て行くインオク。

スングムとボンダル昼食を持ってセウン野原へ。ボンダル、スングムにこの土地の方角は?北向きだとスングム。そうだここへ朝鮮人参の種を蒔いて畑を作るのだとスボク。
喜ぶスングム。昼食を食べる青年たち。そこへヒョンジャがやって来て昨日のジンギョンとウチャンの話をしようとしますが、スングムがいるのでやめます。

旅籠に帰ったスングム、ウチャンが一人焼き栗をむいています。スングムにあーんと言って口を明かせ食べさせるウチャン。次の栗をウチャン自分の口にいれようとするとスングムが思わず口を開けながら、アイラブユーと言います。
コメント

スングム 黄金の大地 40

2014-05-26 17:10:01 | 日記
頬を叩いた大奥様、ヨニに部屋へ来いと言います。大丈夫かと気遣うスングム。ウチャン、スングムを連れて帰ります。ウチャン、ジンギョンの言いつけでインオクに会いに行かされたのにと怒っています。

大奥様部屋でヨニにチスに叩かれたことを言うか聞きます。言わないと言うヨニ。ジンギョンの事をどうしたらいいの。嘆く大奥様。
チスが帰って来ると大奥様はジンギョンの結婚が破棄された。インオクの事がばれたからだ。インオクに悪者になってもらって、自分が嘘を言ったと婚約者に言ってもらう。
勝手にしろと言うチス。新聞にまで婚約の事が出たのに破棄された理由が出てしまったらジンギョンの人生は終わりだと言う大奥様。
生母の事をジンギョンは知っているのか?とチス。まだ知らないが結婚して子供が生まれたら話すと言う大奥様です。

ウチャン、会社の車でスングムを送ろうと言います。そしてドライブでもしようか?と聞きますがスングムは会社の車を私用に使っていいのかと言い家に帰ると言います。旅籠にはスボクが帰って来ていました。インオクがスングムの部屋で寝ていると聞き急いで中に入るスングム。

インオクは絶対病気だとボンダル。ジョンスがやって来て診察します。肺水腫だ!知っているのか?なぜすぐ入院しない?そのうちするからと言うインオク。すっかり痩せてしまっていました。

インオクはスングムにジンギョンの事を聞きます。婚約破棄になったと言うスングムの言葉にショックを隠せないインオク。

ジンギョンが帰って来る。ジンギョンの部屋で帰りを待っていた大奥様、必ず結婚解消させないから心配するなと言いますが、実はジンギョンは大奥様がインオクに罪を着せる話を立ち聞きしていたのでした。

翌朝目覚めたスングム。横に寝ていたインオクがいないのに気付きます。インオクはセウン堂に行っていたのです。あの妓生が何もかも婚約者の母に話したのでジンギョンは婚約破棄になった。あの家は金目当てなのだ。あの家に行って自分は金目当てででたらめを言ったと言えと言う大奥様。
インオクは大奥様の嘘を言ったと言えと言う申し出を受ける事を約束します。あの家は法曹界に顔がきくから国訴される前にこちらが告訴するがそうなると投獄もありうるがよいか?良いと答えるインオクです。

スボクは旅籠に干してある朝鮮人参を見て、これは誰のだ何処で買ったものかとボンダルに聞きます。スングムがセウンの市場で買ったのだとボンダル。驚くスボク。

ウチャンはセウン物産に新しい背広を着て出社しています。ソウルの本社に書類を届けるよう言われたウチャン、スングムに電話して市役所の傍でデートにいい場所は何処かと聞きます。徳寿院の横の通りだと答えます。ではそこで5時に会ってデートしようと言うウチャン。スングムはおめかししてワクワクしながら待ちます。本社を出ようとしたウチャンにジンギョンから電話があった。アトリエに来るようにと言っていると会社の上役から言われます。アトリエに行ったウチャン、デートの時間があるから話があるならすぐしろと言いますが、スングムとデートするのだと察したジンギョン、ウチャンに抱き付きキスをします。そのときドアーを婚約者の男が開け、その様子を目撃してしまいます。














































コメント