生きる

一度しかない大切な人生!
自然の中に身をゆだねて、めぐり合ったもの達と、毎日を静かに、楽しく過ごしたい!

私の心は花の雨 120

2016-10-31 17:33:16 | 日記

全てがわかった義母、イルランにスチャンと夫婦でヘジュはあんたたちの娘でしょう。よくも今まで騙した!と怒りもあらわにイルランに食って掛かりました。

イルランも負けずにい、自分が義母と会社に20年間尽くしてきたと言います。

そして許しを請うのですが。

許そうとしない義母、ついに取っ組み合いになり、倒れた義母は心臓の持病から発作を起こします。盛んに薬を探す義母にイルランが渡そうとするのを遮ったスチャン、2人は会社へと逃げます。その姿を社長を見まいに来る途中のソノの父に見られてしまったのを気付かなかった2人。

ソノの父が家に入ると倒れている社長を発見。そのそばにはスンジェと並んで写っているヨニの写真がありました。全てを悟ったソノの父です。急いで社長を病院に運びました。

驚いて駆けつけたスンジェ、医者はまず助からないだろう。意識が回復するのは難しいと言います。やっと合えた母に何も孝行してないのにと嘆くスンジェ。

ヨニは社長が来るのを待ちますが、一向に来ない社長に不安をつのらせていました。

イルランとスチャンの所に会社の役員が来て、大変だ社長の遺言に全てを甥のドクスに託すと書いてあると告げます。

驚いたイルラン、病院に行き医師に義母の今後の状態を聞きます。

医師はまず意識を回復することはないだろうと断言。安心するイルランですが、頭の中を自分が逮捕されたときのありさまがよぎります。

そして何と義母が一時意識を取り戻し、スンジェがわかります。喜ぶスンジェ。

しかしイルランは社長がこのまま行ってくれることを願い、一人病室に入って、酸素吸入器を取り外そうと手を伸ばしたその時スンジェが入って来て、何をするんだ!と叫びました

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の心は花の雨 119

2016-10-28 16:43:30 | 日記

ヨニはなぜイルランがあの刺繍をしてある産着を知っていたのか?何とかしてその理由を暴こうと決心しました。

義母はあの百日紅花の刺繍をイルランがやったとは信じられなかったのです。20年間一緒に暮らしたのに

刺繍をしている姿を見たことが無かったからです。そこで町の刺繍やに行き、スンジェから借りた例の刺繍のハンカチを見せ、最近これと似た刺繍を頼まれなかったか聞きます。男の人が来て頼んだとの答え。スチャンの写真を見せると、この人だとの証言に益々、二人が偽物だと確信するのです。

イルランは義母の社長がどうも自分達を疑いだしていると感じ、義母を認知症にして社長代理に自分がなり、会社を売って金を持ち逃げすることをスチャンと計画します。そのために医者から義母の認知症の認定書を金を使って取ります。

一方、義母は甥のドクスにイルラン達があなたが言っていたように偽物だ、その証拠を得るためにもとスンジェの病院で看護婦をしていた女性に確証を貰おうと出かけますが、引っ越していて居場所がわからないのでした。

 イルランとスチャンが義母を認知症にして会社乗っ取りを計画している話をしているのを偶然通りかかった義母が聞いてしまいます。そしてスチャンがイルランにスンジェとヨニの写真を自分が保険として仕舞ってあるとヨニを脅迫していたのです。それを聞いた義母急いでその場所を離れます。その様子をやって来たヘジュが見て、母たちに知らせました。

急いで家に帰った義母、スチャンの部屋の引き出しからスンジェとその妻が写っている写真を見つけました。そこにはなんとあのヨニがスンジェと写っていたのです。

慌てて受話器を取りヨニに電話します。あなたの夫の名前は何? スンジェです。確証を得て、会う約束を取り付けます。

そこへイルランとスチャンが入って来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の心は花の雨 118

2016-10-27 15:45:56 | 日記

思わず呼び止めるスンジェですが、ヨニは気付かず行ってしまいます。まだ再会の運命は訪れてはいなかったのです。

ガンウクがコンニムがヘジュを階段から突き落とした事件はヘジュの嘘だった事がわかり、スンジェはコンニムに合い謝ります。そしてデパートの出店を頼みますが、心の負担になるからと断ってしまうのでした。

スンジェはコンニムの父に合って謝りますが、彼女の父もなかなか素直に受け入れがたかったのです。

父が帰宅すると、コンニムが父の帰りを待っていました。

デパートにカフェを出店するのを断ったらしいが、それは素直に受け入れた方がいいとのアドバイスに、コンニムも社長の申し出を受け入れる決心をします。

一方ヘジュは嘘をついたことでコンニムに謝るように父から言われ、暫く出社もするな、自宅で謹慎せよと言われてしまうのでした。

祖母に頼んでも厳しく謹慎せよ、コンニムに謝るのが先だと言われてしまいます。

イルランもスチャンもこの発言にイラついていました。

(この3人どこまで悪者なのでしょう、物の考え方があまりにも利己的、こんな人間がいるのですね。物語とは言え)

イルランとスチャンに呼び出されたヨニ、女将たちにコンニムが自分の娘ソナであることを当分隠すように頼みます。そしてソナが盗まれクッパヤの父に拾われた時、身なりのいい女性が逃げて行ったのを目撃した話を聞き知ったヨニは犯人を何となく予想し始めていましたが、なぜそうしたのかが疑問でした。

何としても渡米せよと言うイルランとスチャンに、自分がいると何か不利ななることでもあるのではと思い始めます。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の心は花の雨 117

2016-10-26 07:59:07 | 日記

それを聞いたコンニム驚きますが、兎に角ヨニが旅立つ前に引き留めるために走り出しました。

ヨニはバスを待つ間コンニムがくれた袋の中を見ると手紙を見つけます。

それには、自分も実は今の両親は本当の親ではない。20年前に捨てられていたのを拾われたのだと書いてありました。あの右足のほくろを思い出したヨニ、コンニムがソナだったと気付きます。そして彼女も急いで引き返すのです。

2人は抱き合います。20年ぶりの親子の再会でした。

ゆっくり二人で話し合う親子

もっと早く打ち分けるべきだったと後悔する女将

ああ!どうしたもんか?と悩む女将のもとに現れた二人、母娘、皆は大喜びで2人を歓迎しました。

飛行場に行き、ヨニを多の場所へと追いやる予定だったスチャン、ヨニが飛行場に現れなかったと言って戻って来ます。何が起こったのか心配するイルランとスチャン。

翌日ヨニ親子は町を散策しておそろいの髪飾りを買ったりと楽しんでいました。

ガンウクはヘジュを突き落としたと言う事件の事実は嘘だと確信して、証言を取り、ヘジュが勝手に階段から落ちたのをコンニムのせいにした事実を掴みました。

出勤途中親子仲良く腕を組んで出かけたヘジュ、向こうからコンニムとヨニが腕を組んで嬉しそうにやって来るのに出会います。慌てて転んだふりをして父親の目をそらします。ヘジュの常套手段です。

しかし運命は近づいて来ていました。

町で楽し気に買い物をしているヨニの姿を、スンジェが見たのです。

彼はあの雨の夜倒れていた女性が病院に搬送して、別れる時、自分の手を握って「スンジェさん!」と言った言葉を忘れなかったのでした。そしてその女性を探していたのです。彼女から自分の過去の記憶が蘇るかもしれないと思ったからでした。

思わず駆け寄るスンジェ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の心は花の雨 116

2016-10-24 16:36:35 | 日記

コンニムは跪いてジェームスに謝る父の姿を見て、もういいからと抱き上げます。考えてみると言うジェームス。

2人は出て行きます。

スンジェはヘジュを見舞い、コンニムを許してやってほしいと頼みます。ヘジュはいつまでも不仲なのはいやだから許すが、ヨンファをデパートのカフェから出てもらってほしいと頼みました。

叔母はコンニムの事で悩んでいました。夫のドクスが心配して彼女に聞きます。結局コンニムが兄夫婦の実子でないことを言ってしまいます。

それをクッパヤの店の前にいたヨニが聞きつけ、店に入って来ます。ヨニはコンニムが実子でないのかと聞きます。慌てた叔母、そうじゃなく犬の事を言っていたのだ。大邱にいたときに子犬を拾った話をしていたのだと。何となくふに落ちないながらも出て行くヨニ。

ジェームスは仕方なくコンニムにデパートの出店を取りやめてほしいと言います。仕方なく承諾するコンニムでした。

着々とヨニをアメリカに送る準備をするイルランとスチャン。

ヨニは世話になった会長にアメリカに行くからとあいさつに行きます。

しかしこの会長は翌日詐欺の容疑で逮捕されてしまいます。

ヨニは最後の別れにソナの墓を訪れます。するとガンウクがいてやはり花をささげていました。声を掛けたヨニにガンウクは父の過ちをわびます。ヨニはあなたが悪いわけではないのに、何となく疎遠になっていた。もうわだかまりはないからと言います。

ヨニはイルラン達からアメリカ行きの飛行機の切符を受取り、いよいよ出発の朝を迎えます。コンニムは前日ヨニの部屋を訪れ、切符とトランクを見て、ヨニがアメリカに行くことを知り、その晩は二人でヨニの部屋に泊まります。

叔母はついに義姉(クッパヤの女将)にコンニムが自分が拾われた子だと知っていると教えました。驚く女将です。

コンニムはヨニを途中まで送って行きます。別れ際にソナのはめていたブレスレットを一つコンニムの手にはめて、今度会う時まで持って居てねと頼みました。頷くコンニム。

義妹からコンニムが自分が実子でないことを知っていると聞いた女将、驚きます。そしてヨニが今日アメリカに立つためにコンニムが途中まで送って行ったと聞き慌てる女将。

そこへ戻って来たコンニムに、あなたはヨニの実娘だと告白します。驚くコンイムです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加