生きる

一度しかない大切な人生!
自然の中に身をゆだねて、めぐり合ったもの達と、毎日を静かに、楽しく過ごしたい!

スングム 黄金の大地 88

2014-07-31 16:41:56 | 日記
スングム、ウチャンに本当にお父さんと一緒に北に行った人に会った。本当に彼だった。
2人で探すが見当たらない。

薬局
例の怪しい紳士またやって来て例の人参薬を買う。
ジョンス、この町にどれぐらいいられるのですか?
紳士、あと3~4日だ。

喫茶店
ウチャンとスングム行く。
ママに例の紳士の事を聞く。
ママ、キム理事を知っているみたいだわ。すぐにチスを呼んだから。
私も戦争中あの男が店にやってきたりしたので覚えているの。パクね。久しぶりに会ったわ。
彼は戦争中特殊部隊にいて、度々北へ出入りしていたのよ

ウチャン、社長に会いに行く。
なぜパク社長と知り合いなのですか?
倉庫の事で合ったが信頼できそうになかったので取引しなかった。俺も昔の事でよく覚えていない。しかし何で君が?
ウチャン帰る。
チス、理事になぜパクが今頃やって来たのか?何を企んでいるのか?しっかり尾行をつけて見はれ。

薬局
スングム来てジョンスにあの変な紳士来なかった?
さっき又薬を買いに来たとジョンス。
あの人、パクって言うんだけど、ウチャンの父とあの大晦日の日に北へ行った人なの。さっき気が付いたのとスングム。
ウチャンやって来る。社長はパクに倉庫の事で合ったと言っていた。

スボク、社長がウチャンの家の財産を取ったのだと気付く。

例のおしゃべりドックの母、大奥様の所へ行って、そうだ!ウチャンのお父さんを北へ連れて行った人がこの町にやって来たそうだとしゃべる。慌てる大奥様。早々にドック母を家から追い払う。

夜会社ジンギョンとウチャン、秘書のヒョンジュから鍵を借り社長室で当時の記録を探しているジンギョン。ドアーの外で見張りをしているウチャン。そこへ社長がやって来て何をしている?ちょっとわすれものがあってとごまかす。社長室にいたジンギョン、気を利かせて急いでコーヒーを持って出てくる。何だかふに落ちない社長。

帰宅したチスに大奥様、町に現れた男って北に行った男なの? 


スングムとウチャン働いている。
ヨニがやって来る。ウチャン会社に行くと言って帰って行く。
スングム、ヨニに貴女の夫は戦争中人参を手に入れようとした。
ヨニ、スングムに、毎日お互い崖っぷちにいる感じだわね。私の事は気にしないで疑うことがあったら調べて頂戴。

ジンギョン、ウチャンにあの男が会社に来たと教える。
駆けつけるウチャン、社長室にはあの二人がいる。

コメント

スングム 黄金の大地 87

2014-07-30 17:17:50 | 日記
ウチャン喫茶店から慌てて出てきたチスに会う。何故ここに?
人にちょっと会うので、君は?
インオクに会うので。
そこへ見知らぬ男が喫茶店から出てくる。慌てた様子のチス。ウチャンは気が付かない。
その男はそのまま無視して行ってしまう。何となく安堵した様子のチス。運転手も出て行く。
インオク、待っている。
ドックの母さんがドックが結婚資金を5000Wスングムの人参畑を借りる資金に出した事で怒っているが、自分たちで何とかしようと言う相談だった。ジンギョンが渡米するので何となく寂しげなインオク。

喫茶店の外。何が目的だ?とチス。パク(例の怪しい紳士)、信用できれば俺はお前の味方になれると。
パクそれだけ言うと又喫茶店に入って行く。ママはこの男を知っているらしく相手をしている。

チス、運転手に、彼には監視をつけ、ここに来る前を調べろと命令。

ウチャンとジンギョン話している。
ウチャン、昔ケソンに人参、数千本あった。父はこの人参ほしさと母と妹を連れて来ようとその人参の3割をチスにやる約束で北へ連れて行ってほしいと頼んだ。それだけの金があれば会社を設立出来たはずだ。チスがヨニに付き添って金村にいたのは嘘だとわかった。
人参の話が出てから大奥様とチスは仲良くなった。
もしそれが事実だったら?ジンギョン。
お前はかかわるなとうちゃん。

薬局
ヨニ来る。さっき電話したら大奥様が出たから切ったとスングム。
スングムと二人薬局の奥の部屋で話す。
ウチャンが夫を疑っているのをあなたも知っているの?あなたも疑っているの?とヨニ。
川の流れが早ければ30分でケソンへ行く川を渡れるそうですとスングム。
嘘と犯罪は違うわ。夫は犯罪は冒せない人だわ。
社長は平気でうそを言うのを私は何度も経験した。12年前父さんにも同じことを。そんな人だから犯罪は冒せますとスングム。
彼の嘘は私のせいよ。私が身重だったのに逃げようとした。それから彼は変わったのよ。なのにその日北へなどありえないわ。駅の近くにいたはずよとヨニ。
貴方とは立場が違いすぎるとスングム。

旅籠
ドックの母が又ドックの結婚資金を返せと言ってやって来る。女将少しづつ返すからと小金を渡すが腹が収まらないドックの母。
インオクが5000W返す。大喜びで機嫌がよくなるドック母。


スングが耕したり石を掘り起こしたりしている。
スボク来る。草を背負っている。
何それ?とスングム。
堆肥を作るんだ。草を刈って積み、米ぬかを混ぜそれを何度か繰り返すと良い土になるのさとスボク。
気が遠くなる話ね。
農業とはそんなものだ。土が良くなるまで勉強だと思って頑張れ。
わかったわ。
ヨニに会ったんだって?
社長を信じるって。
その言葉が悲しかったのか?
悲しいと言うより遠く感じたわ。セウン堂に行く道程遠く知らない人みたいだった。
母さんの立場なら当然そうなるな。

会社の会食で飲んだ後ウチャン、部長と二人飲みに行く。
キム理事(運転手)は凄い金持ちだ。故郷に沢山の資産を持っているんだ。皆戦時中に買ったものだ。と部長。
大奥様に気に入られるのは簡単さ。大奥様の知りたいことを教えてやればいいのさ。例えばキム理事は社長のために人を殺した。その話を大奥様に言ってから俺は怖くてと部長。

ジンギョンとウチャンが話した事を思い出している。
父は人参をやるから北に連れて行ってくれと頼んだと言った言葉を。
チスの書斎に入って当時の記録を探すジンギョン。ヨニが急に入って来る。驚くヨニ。眠れないので本を探しに来たとごまかすジンギョン。
今日スングムに会ったんだって?ジンギョン。
ウチャンが夫を疑っていると聞いて夫をかばったら気を悪くして。彼はこの家の家長だから信じないとヨニ。

ウチャン部屋で
父が昔この家を出て行った時の置手紙を読んでいる。もし困ったことがあったら洞窟の人参の種を売れと書かれている部分を読み返している。その姿をスボクが見ている。

ウチャンとスングム畑へ。
2人とも汗びっしょりで働いている。
汗をかいて働いていると色々忘れていいなあとウチャン。

製造所に寄るスングム。そこを通りかかる例の紳士。
人参が白でなく黄色いのはなぜだと聞く。種類が違うのですとスングム。
そうかと納得して去っていく紳士。
知り合いか?とやって来たスボク。
いいえ。でもどこかで会ったような気がするの。
久しぶりにあの歌を歌ってくれ、あの You are My Sunshineをとスボク。
その当時を思い出すスングム。ウチャンの父がスングムが人参の花のようだと言ってくれた時の事だ。そのときドアー開けて時間だ早くしろと言った男、そうだあれがあの紳士だった!と思い出し慌ててウチャンに知らせに走る。
ウチャンもその紳士に途中で会い、これが母親の結び紐だ。父親に似ているなと行った時の声と似ていると気付く。
そこへスングム走ってやって来てあの大晦日の日ウチャンの父を迎えに来た男だと言う。
コメント

スングム 黄金の大地 86

2014-07-29 15:47:26 | 日記
スングム、ジョンスにヘラン爺がウチャンに何の話をしたのかしら?

ウチャン、ヘラン爺が自分に打ち分けた事実を思い出している。
あの12年前ヨニがスボクの元へ戻ろうとして金村駅で一夜を過ごした時チスはずっと駅の外にいたと言うのは嘘で、その日一日の消息がわからなかったと言う話を。益々社長を疑い始めるウチャン。

大奥様に爺や、なぜ社長はあの晩の事で嘘を言う必要があったのでしょう。
貴方の下らない良心があなたの主人を貶めることにならないようにしなさいと大奥様。

部屋で
ヨニ、チスに12年前の大晦日貴方は私を金村の駅で下した後何処に?
ずっと車の中で過ごしていたとチス。
その晩チス12年前船を雇ってウチャンの父の人参の種を取りに行き、妻と娘を連れに行くと言うウチャンの父を運転手の理事一人を付き添わせて行き、理事一人が戻ってきた晩を思い出しうなされる。

人参畑を耕しに行くウチャン、ドック、スングムの3人。
石ころばかりで大変な作業にドックが何でこんな悪い土地を借りたんだ?石を取り除くだけで一年かかるとウチャンに言う。
怒ったスングム、石は多いが白地で黄地でもある。後ろに森もあるし傾斜していて水はけもいい、それに何より北向きだと反論するが、実はこれはウチャンとドックがスングムをからかって言っていたのだった。
ウチャン、さすがに人参の組合員は違うな。スングムならやりとげるさ。
励まそうとしたんだとドック。和やかな雰囲気の3人です。

セウン一家で朝食をしている。
大奥様、ジンギョンに今日ソウルへ行きましょう。洋服も買ったり色々準備があるでしょう。髪型も変えなきゃ。
何で急に?又見合い?
渡米前に会わせたい人がいるの。大奥様。
本当に嫌。お断りよ!座を立つジンギョン。
朝食抜きのジンギョンにミルクを持って行くヨニ。
義姉さんも知っていたの?なぜ義姉さんまで。兄さんが母さんの味方をする理由は何?
知らないわとヨニ。

ボンダルの不動産屋
爺や、ウチャンに会いあの日金村で見たのがチスではなくヨニであったこと。それはチスにそのように言えと言われてチスが一晩中駅の外にいたと言わされたこと。そうなった理由は奥様がチスに隠れて人参栽培をしていることがばれないためだったがそれがばれてしまったからだと。
奥様がスングムに人参渡すまで大奥様にばれたらまずいそれでいいなりになった。
俺たちにこの話をしたことがチスにばれたら爺やは大変な事になるとボンダル。
自分はセウンを離れようとしたが旦那様が許さなかった。奥様を庇う方が無くなってしまうと思いとどまったとヘラン爺。

ボンダルとウチャン
俺とスボクが警察に留置されたことがあったな。あの時の仕掛け人は運転手の理事だったんだ。これにはチスも関係していたのだろう。
証拠がないとウチャン。
この話もするべきだったな。俺は昔小舟を二隻持っていた。チスが君の父さんから人参の種を3割貰って父さんを北に連れて行くと約束したんだ。
昔母の結び紐を持った男に会ったことがある。顔は全く覚えていないがとウチャン。

薬局
ジョンス、スングムにウチャンはまだ父が生きていると信じて戸籍も抹消しないでいると。スングムはさっき解毒剤を買いに来た紳士がどこかで見たような気がして気になっている。

ウチャン、ジョンスにこの日を待っていた。セウン物産設立の資金だ。ヤン部長、キム理事(運転手)チスも調べる。出来ることは何でもやるとウチャン。

爺やヨニにウチャンが社長を疑っているようだと話す。そこへやって来た大奥様、ヨニに誰のおかげでスングムに人参畑をあげられたと思ってるの?スボクとの生活はたったの一年でしょう?13年と言う長い年月このセウンにいるのよ。セウン堂の人間らしくしたらどうなの?と相変わらずヨニに厳しく当たる。

ジンギョンとウチャン
最近お奥様と兄が仲良くなった。何か妙だわ?何をしたいの?ジンギョン。
1953年の社長の日記だとウチャン。

電話でウチャン、インオクに呼び出される。
そこへ例のあの見知らぬ紳士が入って来る。
そこへ運転手の理事もやって来る。理事相手を捕まえて倒そうとして反対にやられてしまう。
さっそく理事チスに電話、青ざめてチスが駆けつけてくる。
二度とここへは来るなと言っただろう!
立派になったものだと紳士。二人は喫茶店を出て行く。そこへウチャンがやって来て鉢合わせ。
コメント

スングム 黄金の大地 85

2014-07-28 18:12:04 | 日記
ジョンス、スングムが嬉しそうにヨニに電話しているのを見る。こんな単純な事何故できなかったのかしら、とつぶやくスングム。これもあの爺やの説得があったからでした。

会社
ウチャンが不機嫌な様子なのでジンギョンがどうしたのか聞く。
組合の登録にスングムについて行ったらケソンの方言を話す人が沢山いて何だか昔を思い出したんだとウチャン。
家の会社の秘密を知りたいの?とジンギョン。ああ。とウチャン。手伝うわ、ジンギョン。戦後のどさくさから会社を作った頃のが知りたいんだとウチャン。納得するジンギョンです。

薬局
変な見慣れない中年の男が解毒剤を買いに来る。(この男がウチャンの父を北に案内した人物)

大奥様から金村の薬局に行き漢方薬を買って来いと頼まれたヨニ出かける。
スングムは金村に集金に行くが二人はばったり会うのだった。
そうめんやで昼食を食べる二人。ウェイトレスが持ったお盆が危うくヨニに当たりそうになったとき、思わずオンマー危ないと言ってヨニお肩を抱き寄せるスングム。嬉しそうなヨニ。思わずオンマーと初めて呼んでしまうスングム。二人は嬉しそうに微笑みを交わす。
私は旅籠の皆にかこまれて幸せだとスングム。
偶然会えてよかったとヨニ。
ヘランおじさん(爺や)に宜しく伝えて下さい。良いお話をしてくれたのです。とスングム。
私もいつも助けてもらっているのよとヨニ。


その様子をヨニを車で送って来た理事の運転手が見ている。そしてチスに事細かに告げるのだった。

喫茶店でジンギョンと偶然会ったインオク。寂しそうな様子にジンギョンが一緒にアメリカに行かない?
私の事は心配しないで。アメリカなんてセウンから行ったのはヨンスだけだったのよ。セウンの話を屑拾いをしていたジョンス兄弟から聞こうと缶や瓶を貯めて置いてあげて話を聞いたものよ。あなたがお嫁に行ったらあなたの家政婦として働くわとインオク。

セウン
ヨニ、チスにジンギョンの結婚話、大奥様の命令に従うの?
勿論だ。良い話だ。昔俺がした罪を大奥様に知られてしまったんだ。

ウチャンとスングム旅籠に帰るので道を歩いている。
私自分の事しか考えなかった。ウチャンの事も考えなければいけなかったわ。
(直ぐ前を歩いていた例の男、ウチャンと聞いて思わず顔を隠す)
夢の中に父は出てくるんだけど一緒の男の顔が怖くて思い出せないんだとウチャン。

セウン物産の前に佇む見知らぬ男、偉くなったものだと呟く。

ヘラン爺、ウチャンに話があると言い呼び出す。
あのヨニがスボクと待ち合わせた日、チスはいなかった。いたと証言するように言われたけれどどうしても本当の事を言わなければと思った、とヘラン爺。

ウチャン、やはりチスが怪しいと睨み、ジンギョンに当時の会社の記録を急いで見つけてほしいと再度懇願する。
コメント

スングム 黄金の大地 84

2014-07-25 17:08:00 | 日記
薬局
ウチャン、ジョンスに人参栽培の契約役所でした、組合の登録にはスングムが行っていると言う。

スングム登録出来なかったと言って帰って来る。
何故できなかった?とジョンス。
人参の種の処理の仕方を聞かれて言えなかった。
種は固いから植える前の処理が大変なんだ、とウチャン。
あと高麗イチゴって何だと聞かれたけどわからなかった、とスングム。
人参の花の事さとウチャン。
組合長はケソン出身で方言が難しくてよくわからなかったけど、登録できるまで頑張るわとスングム。

大奥様、ヨニにジンギョンが留学する前に結婚相手を見つけて一緒に行かそうと思うの。今日ソウルで製薬会社の会合があったけどその会長の次男が今アメリカに留学しているの。その人と結婚させようと思っているのよ。
ヨニ複雑な表情をする。

スングム、薬局で夜遅くまでヨニから貰った人参耕作日誌をみて勉強している。

チスに誘われてウチャン二人で飲みに行く。
昔息子にしたいと言ったら断られたな。子供の時からしっかりしていた。
スングムにしたことを除けばボクは社長を尊敬しているとウチャン。
あれはスングムではなく、チョン・スボクにしたんだ。
愛のためにここまで人を苦しめるとは理解に苦しみます、とウチャン。
俺は彼女ヨニに夢中なんだ。そして彼女を不幸にしている。
ジンギョンには何もかも整理して米国に行ってほしい。

ウチャン、部長から理事(運転手)が何か秘密を隠していると聞く。
ウチャンも何となく変だと感じているのだった。

ウチャン夜夢をみる。
父がケソンに秘密で行った時の様子を見るのだが父の姿ははっきりわかるのだが相手の顔がどうしても見えずもがき目をさます。

スングム、ヨニの日誌をずっと読み、気が付くと朝になっている。旅籠に帰るとその朝早くにやって来て、わかめスープを作って行ったヨニの事をインオクから聞く。スングムの初めての誕生祝いだった。ヨニ以外誰も誕生日を知らなかったのだ。旅籠の女将が父と二人で食べと言い、スングムは父と2人でヨニが作ってくれた誕生祝いのわかめスープを飲む。二人とも涙ぐんでいる。

さてスングムは登録も無事終わり出てくるとウチャン笑って誰だって登録出来るのさ。組合長がからかったのさと言う。
苦笑いするスングム。
薬局に帰るとすぐにセウンにその旨電話する。ヨニが出て、スングムは昔のテント学校の跡地で栽培することにしたと話す。2人ともお互い喜び合う。
コメント