ハートの贈りもの―2017―黄金時代05年

2017-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。”一なるものの法”を学ぶサイトです。

嵐を避ける避難場所を求めて―AA マイケルの羽根の下

2012-10-30 10:09:24 | AAマイケルのメッセージ


米東海岸の嵐がすごいことになっていますね。各地で非常事態宣言が出され、NYSE やナスダックも休場です。

また、太平洋岸では、M7.7という巨大地震も発生しました。幸い、例の如くファミリーたちに守られて、人的被害はまったく出ていないようですが。何という大きな奇跡でしょうか。それに慣れっこになってしまいましたか?笑)波動が低かった数年前なら、大惨事を招いていたはずです。

このフランケン・ストーム、サンディと地震に関しては、イルミナティ(ナチス・ブッシュ)が起こした HARRP による人工災害だとするベンジャミン情報英語版・陰謀論も出回っていますが、本日出た、AA マイケル(大天使ミカエル)・チャネリング情報では、明確に否定されています。man-made ではないと。浄化や東西でのバランスを取るために、地球が起こしたもののようです。嵐に関しては、鎮めるべく、今、スペース・ファミリーが作業をしているとのこと。

日本に関しては、またぞろ、NWO の手先といわれるアーミテージとナイが来日して、「米にとって、日本の脱原発は受け入れがたい」など傲慢に説教しています。これに関しても、奴らの訪日の目的は何らかの要求であり、満たされなければ、地震テロを起こすと脅迫している、という情報もあります。この件については、そのうち何処かのサイトが取り上げ、大々的に恐怖を煽って喧伝するかもしれませんので、前もって、ここで触れておきますが、警告・忠告?・リークと称して、そのような情報が故意に流されるケースは多々あり、ほとんどは実現していませんから、本気で心配するのはやめましょう。

さて、世界を見回せば、各地で、それぞれ(結局のところはイルミナティ支配から自由になりたいという願いを含んだ)大衆によるデモが益々激しくなっており、天界やスペース・ファミリーからのメッセージで前々から教えられていたことですが、まさに、世界は嵐に突入した感じです。しかし、相変わらずマスコミは足かせが取れず、真実を報道しませんから、何を頼りにしたらいいのか。。

このような中で、避難場所はあるのでしょうか?

日々、表も裏も含めて、ネット内に流れる情報を見ている中で、私が最も信頼できると思うのは、今や、チャネリング・メッセージです。

とりわけ、毎日のように送られている AA マイケルや、銀河連邦のサルーサ(現在、チャネラーのマイク・クインシーさんは The 2012 Scenario の会議で講演するためセドナにおり、休載しています)のメッセージは、今、世界で何が起きているか、真実を伝えてくれています。

特に、AA マイケルは、The 2012 Scenario のサイトで、リンダ・ディロンさんを媒体として、質疑応答を含めた生チャネリング・ラジオ番組で、様々なタイムリーな情報を下ろしてくれています。

まさに、今現在の世界の政治経済情勢や、我々が行うべきアセンションへの準備について、解説してくれており、彼の高い波動・愛のエネルギーに触れるのは圧巻です。心が震えるような喜びです。毎回、少し遅れますが、会話のトランスクリプトも出されますので、直接聴く以外にも、ぜひぜひ文章でもお読みになることをお勧めします。大天使が私たちに語りかけてくれるという、何千年間、人類が待ちに待った奇跡が、実際に起きていて、それを私たちも経験できるのですよ!

現在、私が必ずフォローしているのは、このAA マイケルのインタビューと、彼が、ロン・ヘッド氏を媒体として下ろしてくれているメッセージです。他にも、月1回と頻度は少なくなりますが、ロナ・ハーマンさんによるチャネリング・メッセージも、毎回、素晴らしいものです。

大天使と会話する、あるいは、そもそも大天使の存在が本当なのかどうか、まだ疑っている方もいるかもしれませんが、今は、そのような「時」なのです! 地球の次元上昇が始まっているので、次元間のベールが薄くなり、高次の存在との距離がどんどん縮まっているのです。

「これまでになく、あなた方の近くにいる」そう伝えられる状況なのです。これまでの歴史の中で、天使から啓示を受ける、天使と直接対話ができるというのは、次元の大きな隔たりのせいで、ごく限られた、歴史上ほんの数名の人間にしか許されなかったことですが、今は、手を伸ばせば、少なくとも心の手を伸ばせば届くところまで、来てくれているのです。同時に、私たちの立ち位置も上昇したのです。

今の時期の AA マイケルの愛と叡智にあふれたメッセージを、できれば、日々、タイムリーに読んでいただきたいと思いますが、日本語で下りている訳ではないので、よく理解できないという方は、既に、ロナ・ハーマンさんが本として出版している彼のメッセージ集を、手元に置かれておくことをお勧めします。

この「光の翼」は、2002年の出版にもかかわらず、驚くほどこの時期にも通じるメッセージが満載です。まるで、今この時のために書かれたかのようです。

光の翼―私はアーキエンジェル・マイケルです
クリエーター情報なし
太陽出版


また、アセンションに備えるためのワークブックも、とても役に立ちます。

アセンションのためのワークブック―アーキエンジェル・マイケルからの贈り物
クリエーター情報なし
太陽出版


周囲でフランケン・ストームが吹き荒れ、足元の地面が揺れ動いても、AA マイケルは、「加護を願う者は守られる、影響を受けない」と言ってくれています。

本当の自分自身を思い出しつつある今、宇宙の兄弟姉妹同様に、天界の存在も、私たちにとっては、決して架空の存在でもなければ、未知の存在でもない、かつて普通に姿が見え、共に暮らしていた仲間だった、という考えを、素直に受け入れられる方も増えているのではないでしょうか。

一人でも多くの人が、すぐそばで手を差し伸べてくれている天使たちの存在を思い出し、その羽根の下に避難場所を見つけられることを願っています。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大胆になるUFOのデクローク | トップ | 子供を起こす―光の灯台10月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL