「まっちゃん」日記~「市民派県議をめざして」かぬま・あわの活性化大作戦 サードステップ実施中!

「つながる」かぬま運動展開中。政治をより身近なものにするために、私の活動近況等を公開させていただきます。

6月県議会終了。党員・サポーターご協力ありがとうございました。

2011-06-30 08:45:38 | Weblog
 28日に6月県議会定例会が終了しました。今回は、自身の一般質問を含め、内容の充実した議会でありました。しかし、課題は山積みです。次回の議会に向けて、益々、調査活動を強化していきます。
 民主党党員・サポーターの募集も昨日終了しました。前年度より、やや減りましたが、それでも、相当数の方々にご支援をいただけました。
 今後の党活動は、7月に入ってすぐに、企業・団体並びに自治体からの概算要望を受けてのヒアリング活動を実施します。出来る限り皆様のご要望にお応えできるよう、役員一同努力するつもりです。
 また、細部については、随時の報告もお見逃しなくよろしくお願いいたします。
コメント (1)

本日、民主党県連幹事会開催。

2011-06-24 08:26:33 | Weblog
 本日、民主党県連幹事会が宇都宮市で開催されます。先日の定期総会を受けての向こう一年間の活動計画を中心に、喫緊の課題について協議、決定いたします。
コメント

節電トライアル結果が公表。

2011-06-24 08:21:12 | Weblog
 去る、6月22日夏至の日、最高気温34℃の中、県庁を中止に県内で「節電トライアル」が夕方6時~8時の時間帯で行われました。私も、オープニングセレモニーに参加しました。
 サンセットコンサートや、キャンドルタイム等幻想的な雰囲気の中、節電を味わっていたとの報告を受けました。
 なお、節電結果でしたが、前年の同時期の同じような気象条件の平成22年6月28日と比較した結果、16.4%の節電結果を確認され、所期の目的を達成しました。
 今後も、このトライアルを参加に、15%削減の今夏節電目標達成に向けて、全県民の皆様によろしくお願いいたします。
コメント (1)

鹿沼市の業者が放射能汚染を救うかも?

2011-06-24 08:10:55 | Weblog
 22日には、福田代議士の手配により、民主党斉藤県議、壬生落合町議と共に、那須町の高久町長に放射能汚染除去にまつわる前向きな提案を鹿沼市の業者と共に訪問しました。
 那須町の率先した動きをキャッチしてのことでしたが、町の方針は町内のすべての小中学校の校庭の土砂を表土除去し、新たな砂を覆土する方法で、除去した土砂は敷地内に埋めて、1メートル覆土するとの内容でした。
 今回の提案は、セラミック加工の鉱物(特許申請中)による放射能汚染物質の吸着除去というものであり、もともと、重金属専門の資材でしたが、福島第一原発の至近距離からの汚染物質による試験結果、効果があることを受け、この間、国も含めて協議を重ねてきたものです。
 いずれにしても、前代未聞の話ですが、今週の土曜日、午前9時頃から那須町伊王野小学校にて実証実験を行う旨、那須町から昨日承認通知の決済が下された模様です。大いに、この実験に注目し、是非とも、実験が成功し、今後の放射能汚染除去対策に役立つことを期待します。
 鹿沼市は、飯舘村の避難民対策に始まり、市内企業2社が放射能汚染水収容タンクや放射能汚染土壌洗浄等の作業に携わる等、本当に喜ばしいことです。
 続報もまた随時報告していきます。
コメント

緊急要望書

2011-06-24 08:04:14 | Weblog
 去る6月20日、民主党栃木県連は放射能汚染除去として、校庭等の汚染土砂除去の財政的支援を柱とした要望書を高木文部科学大臣に提出しました。翌日の下野新聞に報じられましたが、現在、28日の最終県議会に上程されるべく、県での補正予算が準備されています。約88,000千円強の補正額との情報が入りましたが、国の支援は、1マイクロシーベルトを基準にしたものとのことであり、本県の予算は、国基準を踏まえつつ、過去の調査結果を考慮した組み立てとなっているとのことです。
 未来の子供たちのために、今はできることをしっかりと考え、やり遂げる必要があります。
 しばらく、ブログ投稿ご無沙汰でしたが、放射能汚染対策と児童交通死亡事故対策に専念していた余り、更新できていませんでした。細かい情報をまたお出ししますので、何卒、ごひいきによろしくお願いいたします。
コメント