「まっちゃん」日記~「市民派県議をめざして」かぬま・あわの活性化大作戦 サードステップ実施中!

「つながる」かぬま運動展開中。政治をより身近なものにするために、私の活動近況等を公開させていただきます。

地域医療の充実は本当に必要

2012-06-10 20:02:26 | Weblog
 4月中旬に脳梗塞で私のごく親しい女性が病に倒れました。本当に余談を許さない日々が続きましたが、近代医療の凄さでしょうか、最善を尽くされた治療の結果、その女性は、みるみる回復し、いよいよその病院を退院し、塩原の病院でのリハビリに入ることとなりました。
 一時は、生死を彷徨った女性は、その強い生命力が病状を克服し、今は自力で食事ができるまでとなりました。今後は、麻痺のある右半身の回復に向けてリハビリに励むこととなります。
 地域医療の充実は、私の政治としてのテーマでもあります。国の臨床研修医制度の影響もあり、本県の医師数は大変少ない現状です。便のよい地域に多くの新人医師が行ってしまうという現状は、益々医療過疎を促す結果となります。元気な栃木県を作るためには、健康な栃木県民を作ることだと思います。医療インフラの整備をはじめ、医師数の確保や診療科の偏在解消等、県民総ぐるみで考えるべき課題です。
 冒頭の例にもありましたが、たまたま自分の地域に優秀な医師がいたことが幸いなことでした。逆にすぐに治療を受けたくても、医師がいない地域もあることを考えると、この経験を教訓に栃木県の地域医療の充実、本気で考えていきたいと思います。
コメント

議会あり方検討会

2012-06-07 07:43:36 | Weblog
 昨日は、AKB48の総選挙で盛り上がりました。本県出身の大島優子さんが第1位返り咲き。本当におめでとうございます。次回27枚目のシングルを歌うため、そして、メンバーのセンターポジションを確保するための、ファンクラブ会員、CDを購入された消費者の皆さんの総選挙。何か、純粋な応援のあり方を感じ取れた気がします。
 今の政治には、こうした純粋な応援したいと思わせる部分が欠落してしまったのだと思います。AKB48のメンバーは、修行時代、大変な苦労を体験し、メンバーの皆さんも子供ながらに思い悩んできたと思います。今の時代、なんでも揃ってしまう、親が子供に失敗をさせない、そんな生温い生活感が存在していると感じています。今でこそ、一世風靡したAKB48。しかし、これまでになるための努力は素晴らしいものです。これからの時代に何かヒントを与えてくれた感じがします。
 さて、話は変わりますが、本日は議会あり方検討会が行われます。我が会派は、県議会改革を目指す立場から、私もメンバーのひとりとして、会議に参加します。県民有権者の皆さんへの県議会広報のあり方、委員会の持ち方等各会派の意見集約を行い、相互討議を行う予定です。県民に開かれた県議会を作れるよう、努力させていただきます。
 最後に、私達も大島優子さんの頑張りに学び、本県の発展のために、努力あるのみです。
コメント

最近の政治の話

2012-06-05 07:53:18 | Weblog
 県議会も本日は、経済企業委員会で議案並びに特定テーマの審議です。
 さて、6月3日は鹿沼市長選でしたが、現職佐藤市長が2期目の当選を無投票で果たされました。応援してきた立場として、正直、ほっとしています。一期目は、鹿沼市が将来に向けてまちづくり、ひとづくりを進める上での重要なルールづくり、そして、財政健全化を中心に市政の舵取りをやられてきましたが、是非とも、二期目は鹿沼市の無限の可能性を伸ばせるような、市民、地域協働のまちづくりに邁進していただければと考えています。
 昨日、野田改造内閣が発表されました。社会保障と税一体改革の審議を進めるうえでの対応とのことでしたが、評価はいろいろの様子です。会期終盤でもあり、いろいろと難しい局面を乗り越えなければならないとは思いますが、是非とも、頑張っていただきたいと思います。
 本県では、谷参議院議員が、法務副大臣に昇格されました。本当に喜ばしいことです。とにかく激務になるとは存じますが、体調管理に気をつけて、精一杯の働きをしていただけるよう、地方からも支えたいと思います。
 これからの20日間は、国会においても目を離せない場面が続くとは思いますが、挙党一致で何とか乗り越えてほしいと思っています。
コメント (1)

本日から県議会会議

2012-06-01 07:56:49 | Weblog
 通年議会は6月会議に本日から入ります。今回は、本会議場での質問はありませんが、上程される予算案、そして、条例などの議案審議が委員会を中心に行われます。並行して議会あり方検討会も進められます。県議会改革に向けて努力あるのみです。
 予算案では、竜巻突風被害を受けての県独自の見舞金制度の創設など、追加補正予算案も報じられています。また、エコシティー宇都宮の補助金返還に関する県と宇都宮市の裁判議案等もあります。慎重審議を目指します。
コメント

いよいよ有識者会議へ

2012-06-01 07:50:48 | Weblog
 クレーン車事故の法改正の動きについては、去る5月16日の与党法務・内閣・厚生労働合同部門会議での遺族会、日本てんかん協会のヒアリングが行われたこともあり、与党、政府内での動きが加速してきました。
 報道によると、警察庁でも有識者会議を設置し、法改正に向けて6月5日の第1回会議をかわきりに、9月まで月1回程度の検討を重ね、法改正の方針を決定するとのことです。これまで、運転免許交付制度の改正を求めたクレーン車遺族の会の皆さんが求めている趣旨を踏まえた動きであり、本当に感謝するものです。いずれにしましても、私も引き続き遺族の皆さんと精一杯寄り添い、初期の目的達成に向けて邁進する決意です。
コメント