「まっちゃん」日記~かぬま・あわの活性化大作戦 サードステップ実施中!

より政治を身近なものに。皆様に活動近況をご報告いたします。

金環日食

2012-05-21 23:49:30 | Weblog
 皆さんはご覧になったでしょうか。本日、栃木県でも金環日食が観測されました。私も、自宅で見ることができました。本当に、129年ぶりの瞬間に巡り会えたことは、とても運がいいと思いました。鹿沼市内では、小学校で朝早めに登校をして、校庭で観測する光景がありました。NHKの全国放送でも南押原小学校の観測の様子が放映されましたが、こうした学習もとても効果的です。
 こんな、幸せな瞬間を味わうことができ、本当に幸せです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通年議会、臨時会決定。

2012-05-18 08:23:12 | Weblog
 昨日、通年議会開会後初の臨時会が行われることが決定し、日程が25日に行われることとなりました。
 内容は、芳賀地域の竜巻被害対策に関する集中質疑で、各会派毎に代表質疑を行うこととなりました。全体120分を会派構成人数で配分し、民主無所属は20分の時間配分の予定です。5月6日の発生以降、直ちに現地調査や緊急要望、政府要望、そして、度々の政府からの現地調査の手配、更には、現時点でできる対応としての地方交付税の前倒し配分等この二週間の取組みがありましたが、質疑に際しては、今後を見据え、今回の災害における県の対応はどうだったか、今後はどのような対策が求められる等を中心に、質疑が展開されると思います。県の自主性、独自性、指示命令の実情等災害に強い県土づくりのためには、備えの体制の状況を常に検証することが重要です。
 今後、短時間ではありますが、会派政調で質疑案をまとめ、来週に備える予定です。このほか、近々の情報ですが、今週土曜日は農林水産省副大臣が農業被害の実情について視察調査する模様です。県の立場としては、柔軟な対応を求めると共に、東日本大震災並みの支援を求めていく考えです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民主政調「法務・内閣・厚生労働合同部門会議」参加

2012-05-17 07:39:26 | Weblog
 昨日の新聞報道にもあったとおり、16日、民主政調「法務・内閣・厚生労働合同部門会議」が開催され、遺族会、日本てんかん協会の代表者が出席のうえ、各々の意見陳述が行われました。私は、遺族会に同行し、一連の対応を注視しました。特徴的な意見として、遺族会は、今回のクレーン車事故は過失犯ではなく、故意犯である。そもそも、過失とは何なのか?10年間に12回の事故、そして、本来法律上不可能な大型特殊免許の取得、てんかん発作がいつ起きても仕方がない状態で、犯人が無責任な行動を続けた結果の死亡事故であることを強調し、刑法における危険運転致死罪適用に向けた改正、運転免許交付制度改正を強く求めました。一方、てんかん協会は、遺族会がてんかんに固執して署名を行ったことを強調し、法改正におけるてんかん病名を記述することには、反対の立場を表明されました。その後の部会出席の各国会議員からは、さまざまな意見が出されましたが、「病名を特定しなければ法改正については、応じられるのか」といった質疑がてんかん協会に投げられ、そういった趣旨であればやむを得ないとの見解が示されました。ちなみに、2010年の事故件数72万件のうち、てんかんの方は71件、うち申告者は5件ということで、7%しか申告がなく、全国で100万人のてんかん患者がいるなか、仮に3分の1が免許取得可能年齢としても、その93%が未申告ということはいかがかといった話も出されました。いずれにしても、啓発だけでは限界であり、こうした実情を受け、諸外国の制度等も研究しながら、日本の運転免許交付制度を改正するべきとの方向が確認されました。今後、部門会議は、各部会で継続的に協議がなされ、一定の期間を経て、合同会議で民主党案をまとめ、政府へ要望するとのことでした。
 私は、遺族会の方々が、てんかん協会に対して、真正面から質疑をしている姿、そして、あくまでも、今回の事故の本質は、てんかんそのものを差別するのではなく、運転ができる状態にない方が、未申告で免許所得や更新を繰り返し、挙句の果てに死亡事故を起こしている実態を注目していただき、その抑止策を法律で実施してほしいということを丁寧に訴えていることが一定国会議員にも伝わったのではないかと思います。そして、まじめに病気と向き合っている患者さんのためにも、わかりやすい法改正を強く要望したいと思います。昨年の事故発生から、寄り添ってきましたが、あっという間の一年間でした。もう一年間経ったのかと感じますが、大きな石を皆で少しずつ動かしているような重たい課題に直面している中、人間の命や社会秩序、更には、被害者支援のあり方を学んでいるように感じます。これからも、出来る支援、行動を模索し、努力を続けます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

災害対策(竜巻)その1

2012-05-16 08:58:42 | Weblog
 今回は、5月6日に発生した芳賀郡方面の竜巻災害について中間報告を行います。6日の昼間発生した竜巻は芳賀郡方面に甚大な被害をもたらしました。特に、農家の方々にとっては、田植え直前でもあるこの時期に、農地にガラス片が散乱するなど、大変な被害をもたらしています。今回の災害を受けて、与野党共々積極的な動きをしています。与党民主党は、早速当日現地入り、翌日7日には一夜明けての状況を各自治体の災害対策本部を訪ね把握すると共に、現地の山岡代議士とも連携して、まずは、自治体の救済につながる災害救助法の適用申請を早急にすることを求める緊急要望書を知事あてに提出しました。その後、茨城県連と栃木県連とで対策本部を設置。両県で連携して、特に、国の対策を強化するよう断続的に協議をしています。また、現地対応ですが、中川防災大臣、細野環境大臣、衆議院災害特別委員会等が断続的に入り、直に現地の方々の声を集約させていただきました。本日の朝刊にも載りましたが、すぐにできることを進めています。まずは、6月配分予定であった地方交付税を3自治体に前倒し交付措置しました。本日16日に5億3千万円が現金交付されます。また、激甚災害に匹敵する対応をということで、具体的な支援メニューの洗い出しをしています。
 一方、県においても、農漁業災害対策特別措置条例の適用をはじめ、6月臨時会に向けて補正予算の検討に入っています。県議会もこうした状況を受けて、災害対策特別委員会が21日に現地調査、25日には、臨時本会議で、各派代表質疑を予定することとなりました。まさに、通年議会の効果です。必要なときに必要な対応をということで、動きが出てきました。ともあれ、備えあればであり、今回の突然の災害に対しましては、謹んでお見舞い申し上げますとともに、私も党の視点、県議の立場からできる対応を引き続き行なっていく決意です。
 今後は、昨日、民主党栃木県連から党本部幹事長室に提出した具体的な要望等も踏まえ、その都度、決定した内容につきましてもご報告いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学校のトイレ

2012-05-15 08:20:37 | Weblog
 朝、ニュースがわかるという新聞の解説本を読みました。学校のトイレ特集でした。子供たちの生活習慣が変わり、洋式トイレの少ない学校では用をたすことができないとの実態でした。以前市内の小学校においても、トイレが汚いとか、子供たちが大を我慢し、学校帰りには家まで猛ダッシュしているなどの要望をいただき、せめて、清掃用具くらいきちんとさせたいとの話となりましたが、抜本的な解決にはいたっておりません。背景には家庭生活における洋式トイレの習慣であり、また、幼児期の保育園や幼稚園では、大半が洋式でのしつけを授けている実態があります。そして、小学校に入学すると、和式トイレが多いことに驚く。そのほか、学校で大に入るといじめやからかいのもとに。最近では、大が小かがわからないようにと、個室トイレを整備する都市部の学校も出現しているとか。しかし、鹿沼では、そんな膨大な整備費はないと思います。学校トイレの問題。真剣に取り上げる課題かも知れません。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

さつきマラソン

2012-05-14 08:08:43 | Weblog
 昨日は、第32回を数える鹿沼市のさつきマラソンが開催され、私も5キロの最終ランナー係として完走しました。私が担当した最終ランナーは、78歳つくば市から参加した方で、このマラソンは10数回参加しているとのことでした。最初から最後までペースを乱さず、本当に安定した走りでした。道中、先日の竜巻被害の話等いろいろと話しもしました。四国のお遍路回りを始めたとのことで、とにかく、自身の時間を有効活用している方でした。
 走った後は、足立区の方々、そして、地元下沢の方々と交流の場に参加しました。足立区の方々とは、20年来の交流で、今年は鹿沼市と足立区の友好都市20周年にあたります。秋には、鹿沼市でトレランを開催する話も持ち出され、とても有意義な時間でした。下沢の皆さんは、本日のマラソンのおもてなしがわりに、泉町彫刻屋台でお囃子を演じられました。こうした、さまざまな営みで作られているさつきマラソン。益々、市民や参加者にとっても期待できるマラソン大会に飛躍すると思います。私も健康保持のために、来年以降も走りたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地方自治体議員フォーラム

2012-05-10 08:13:02 | Weblog
 5月8日、9日と東京都で民主党地方自治体議員フォーラム総会、研修会に参加しました。そこで、さまざまな講師からの基調講演、党所属国会議員からの講演を聞き、大変参考になりました。
 日本の最近の貿易の状況。31年ぶりにも貿易赤字になった。31年前は第2次オイルショック。そして、今回は第3次オイルショックだとの指摘でした。日本は、輸出は減少していない、むしろ、輸入が増えている。そして、その輸入増加の最大の原因は、油であること。その背景には、日本のエネルギー政策があると。極端な円安促進等よりも、エネルギー政策、省エネルギ、節電を心がけるべきとの指摘でした。電気料金の値上げ。前回のオイルショックの際にも、値上げを行い、電力需要を一定抑制できたとのことでした。しかし、低所得者からも一律で料金徴収を行うことはいかがかとのこと。例えば、月1万円以上支払っている加入世帯からは、料金を上乗せしてもいいのではとの提言もありました。家庭内のエアコンが複数台ある家庭が多い中、多額に料金を払っている世帯が、節電を行うことが一番効果があるとの提言でした。
 それから、日本は先進諸国と上手に貿易関係にあるとのことでしたが、国内需要が冷えきっているとの指摘でした。国内支出が増えないのは、資産家の内部貯蓄が増えていること、つまり、経済学的な方程式があてはまらない実情にあるとの見解でした。その立証はすべて政府データを提示しての説得力ある説明でした。
 真実を知るということは、とても大切であると感じました。今回のフォーラムでは、大変多くの収穫がありました。高校生の中退率の低下、再入学者の増加、全国の公立病院の財政健全化傾向、出生率の増加等、この2年半の政権交代後の施策展開により、着実に改善されている分野も数多くありました。地域主権。基本的に、地方分権は、国からの流れを受ける「受け身型」であるのに対し、地域主権は「地方のことは地方で決定する」つまり、地方の主体性を促す施策であるとのことです。そして、画期的な法律が「国と地方との協議の場法」です。地方6団体が法原案を作成しての法律制定でした。今までは、省庁協議→事務次官協議→閣議決定→国会審議との流れでしたが、今回のこの法律は違います。地方の声が国策にしっかりと反映されるシステムが確立されてきています。
 今こそ、正念場。しかし、国民の生活が第一の政治がかなり見えたような気がしています。私たちは、こうした事実をしっかりと受け止め、多くの住民の皆様に広めようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

災害救助法の適用に向けて

2012-05-08 00:07:26 | Weblog
 昨日、5月7日は、竜巻等の突風等被害に襲われた芳賀地域を緊急に政務調査しました。民主党県連で、地元県議と対策会議を行い、被災した茂木町、益子町を訪れました。午後には、地元代議士並びに地元県議、市議が真岡市、益子町を再訪問し、各自治体のトップと協議しました。
 私は、宇都宮市に戻り、緊急要望書を作成のうえ、県連代表並びに県議会同僚議員と共に、副知事を訪ね、緊急要望書を提出しました。
 内容は、県が早期に被災状況を把握し、国に対し災害救助法の適用に向けた申請を行うことをはじめ、4項目についてです。
 いずれにしても、県民生活に突然の影響を及ぼした突風等被害が早期に解決されるよう、できることを行なっていく決意です。
 追伸:大阪維新の会市議団が家庭教育支援条例案を撤回した記事を目にしました。正直、15条と18条の案文を読み、驚きました。しかも、ホームページでの弁解は、維新案ではないとのこと。たたき台のたたき台と述べていますが、たたき台にすること事態、信じられません。私も県人権施策推進審議会委員を担っている立場として、無視できない内容でした。議員がこうした誤った知識で、住民のためのルールを作るとしたら、とても問題だと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エデンの東。

2012-05-06 18:34:52 | Weblog
 皆様こんにちは。連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。天候には余り恵まれませんでしたが、私は、連休後半は、仕事、そして田植えの手伝いを行いました。田植えは、補助に過ぎませんでしたが、苗箱を運んだり、肥料や除草剤を入れたり、更には圃場をならしたりと必要に応じての作業でした。4日は雨交じりの変化の激しい天気、そして、5日は晴天でしたので、少々日焼けもしました。
 親戚や友人が集い、皆で行う田植えはとても良かったです。無心で田んぼに向かった二日間でした。
 さて、本日は、ジェームス・ディーン主演のエデンの東を観てきました。鹿沼市映画鑑賞会の皆様が長年取り組んできた映画鑑賞会。実は、情報センターでは、今回が最後となりました。映画文化の高揚を目指してきた取り組みが遮断され、今後は、市民文化センターでの再開となるとのことですが、運営経費の問題もあり、多くのボランティアの皆様による映画鑑賞チケット販売支援も必要とのことでした。いずれにしても、こうした取り組みが鹿沼市から絶えることのないよう、私も微力ながら活動に参画していきたいです。
 さて、映画の感想ですが、ジェームス・ディーンは少々不良じみた双子役の一人を演じましたが、実は、両親思いであり、自分を表現することが下手な子供でした。最終場面では、いろいろなアクシデントが家族を襲いましたが、最後に、父親が病に倒れ、ベッドの上でのラストシーン、「看護師はいらない。お前が看病してくれ」といったシーンでは、自分の想いが通じたことを象徴しており、とにかく深い内容の映画でした。
 今の世の中に通じる内容だったと思います。明日からも、気分を切り替えて、連休明けの仕事をこなしていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月。鹿沼市のイベント盛り沢山。

2012-05-04 00:06:39 | Weblog
 昨日、そして、今日と5月にしては珍しい大雨です。田植え時期に差し掛かっていますが、足手まといです。とにかく、昨年も大変な被害に遭った一年でしたので、用心するべきですし、私も、身近な地域から災害点検を心がけていきます。
 さて、4月はいろいろありました。9日には、クレーン車事故遺族の会が法務大臣と国家公安委員長に署名提出を行いました。当日の随行をはじめ、当日まで手配の対応をさせていただきました。とにかく、昨年末からの遺族会の皆様の署名活動は大変だったと思います。県内外で8回にわたる街頭署名でしたので、本当にきつかったと思います。法務大臣が、17万筆の署名を目の前にし、「署名はもう十分です」と発した瞬間の遺族の皆様の安堵は本当にその通りだと思います。とにかく、この活動が実り、法律や制度改正につながることを切望しています。
 4月16日からは、県議会では通年議会がスタートしました。全国初の取り組みであり、12月27日までの256日間の会期が決定し、初日は、補正予算の審議決定が行われました。また、常任委員会も充実し、議案審議に加えて、特定テーマについての議論も行われることとなりました。二元代表制の県議会としての機能強化が図られる意味では、県民の皆様にもより身近な県議会になるものと思います。しかしながら、これから細部についての議論も残されています。議会あり方検討会で、そうした項目については議論決定していくこととなりますが、私もその一員として、努力させていただきます。
 5月は、鹿沼市もイベントが盛り沢山です。さつきマラソンは12,000人超のエントリーですし、さつき祭りや花火大会も行われます。東京スカイツリーのオープン効果にもあやかり、多くの観光客が来街され、鹿沼市を満喫していただくことを願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加