「まっちゃん」日記~「市民派県議をめざして」かぬま・あわの活性化大作戦 サードステップ実施中!

「つながる」かぬま運動展開中。政治をより身近なものにするために、私の活動近況等を公開させていただきます。

上都賀病院2期工事竣工。

2014-09-30 08:34:46 | Weblog
本日の朝刊で掲載がありました。私も参加しますが、10月5日(日)二期工事の竣工式が開催されます。新しくなった病棟、最先端機器の導入等により、鹿沼市を中心とする県西医療圏も命と健康を守る施策が充実します。今から6年前の市長選。現在の佐藤市長は「新駅よりも医療と福祉」をスローガンに、JR日光線新駅構想をやめ、地域医療の充実を求めました。その成果でもありますので、感無量です。これから地域医療の拠点として益々の充実を図っていただければと思っています。
コメント

第37回かぬまマンデーレポート。

2014-09-29 19:03:38 | Weblog
本日、午前8時よりJR鹿沼駅前におきまして、第37回かぬまマンデーレポートを開催しました。冬に始まったマンデーも早秋の気配となりました。私からは、先週の動きとして第3回民主党とちぎ政策研究会の報告、更には県議会報告、そして、鹿沼市の動きとして市民文化祭開幕や鹿沼まるごと博物館の基本計画策定市民会議の報告等を行いました。大勢の皆様にご清聴いただき、無事に終了することが出来ました。継続は力なり。これからも辻説法頑張って続けていきます。
コメント

鹿沼市民文化祭開幕式。

2014-09-29 00:38:19 | Weblog

昨日、13時よりまちの駅・新鹿沼宿におきまして、鹿沼市民文化祭開幕式が開催され、県議会を代表して参加しました。鹿沼市の最大の文化の祭典は、これから歌謡、民謡民舞をはじめさまざまな部会におきまして多種多様な催しを繰り広げます。まさに文化芸術の秋。鹿沼市の文化芸術はレベルが高いです。開幕式直後のアトラクションでは、歌謡部門の発表をはじめ、尺八の共演等が行われました。来月早々にはねんりんピックとちぎ2014も開催され、全国から来街する皆様をもてなします。これからの鹿沼がまさに旬です。
コメント

第3回民主党とちぎ政策研究会(概要報告)

2014-09-28 08:50:08 | Weblog
昨日午後、宇都宮市で第3回民主党とちぎ政策研究会が開催され、参加しました。概要報告をいたします。講師は、㈱資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表でした。テーマは、「もう当たり前じゃなくなる食糧・エネルギーの安定供給?! 危機的状況突入した日本の対策」。概要ですが、中東・北アフリカ地域の急増する食糧需要、年率3%以上の急激な人口増、水資源不足、ランドラッシュ(進出先での農地争奪戦)、日本との輸入食糧の競合(トウモロコシ、小麦、大豆)等食糧調達に新たな課題が噴出しているほか、同地域における長期化・周辺化する紛争がエネルギー供給を脅かす事態等エネルギーや食糧の大半を輸入に依存する日本は危機的な状態に突入する恐れが否定できないとの話でした。そして、今後の日本の展望としては、日本が追求してきた3つの安定「価格、品質、供給」の堅持のための「つながる農業」の実践、現在約3000万トンの食糧と600億トンの水を輸入している現状を捉え、国内生産の「適地適作」と安定供給のための品目毎の生産量の設定と分担栽培等の強化を挙げました。結びには、自然の力を最大限発揮させ持続させる「日本農学思想」、多様な農業と食材の維持、250万㌶のうち230万㌶が中山間地域であることを踏まえた対応策の実施等を強化するべきと提言いただきました。「食と農」、人間が生きているためには不可欠な要素。大変勉強になりました。
コメント

「選挙に影響するから白黒つけない・・・。」

2014-09-27 10:22:13 | Weblog
閣議決定撤回陳情で県内議会の委員会や本会議の採決に「賛否先送り」が相次いでいると、本日の下野新聞朝刊の1面に掲載がありました。来春の統一選をにらんでの曖昧な対応と批評されていましたが、私も本当にそう思います。栃木市議の自民党の議員の勇気ある賛成討論には感謝いたします。こんな大切な陳情、「選挙に影響するから白黒つけない・・・。」そんな馬鹿な話がありますか。国民ならば、立憲民主主義に照らし合わせれば、閣議決定の白紙撤回は当たり前。歴代の内閣の判断が全て反故にされてしまうなんておかしいんです。私は白紙撤回賛成の立場で毅然とした対応を貫きます。
コメント