「まっちゃん」日記~「市民派県議をめざして」かぬま・あわの活性化大作戦 サードステップ実施中!

「つながる」かぬま運動展開中。政治をより身近なものにするために、私の活動近況等を公開させていただきます。

栃木県の犬猫殺処分ゼロに向けて その1

2016-12-31 16:57:17 | Weblog
栃木県の犬猫殺処分ゼロに向けて調査を開始しました。茨城県の殺処分ゼロを目指す条例が制定されましたが、他県の動きも随時入ってきています。神奈川県の課題についてネット記事(抜粋)を掲載し、皆様と一緒に考えていきたいと思います。神奈川県は県動物保護センターにおける殺処分ゼロを達成しましたが、その背景を探ると、動物愛護団体や個人のボランティアさんに相当な負担がかかっていることがわかります。結果、「センターの殺処分ゼロ」を達成しても、犬猫の健全な譲渡が進まない限り、シェルター等での一時飼育が増えるなど、目に見えない大きな課題が蔓延してしることがわかります。「適正飼育」これは動物愛護管理法の理念でもありますが、同時に具体策としての個体数管理のための「避妊去勢に対する支援」や「ボランティアに対する支援」等多岐に及ぶ対策を考えなければなりません。非常に奥深いこの課題を新年は詳しく調査していく決意です。

<以下ネット記事(抜粋)>

犬猫「殺処分ゼロ」、神奈川県の方針に疑問や批判 神奈川、ボランティアに負担集中
カナロコ by 神奈川新聞 12/31(土) 9:03配信

ボランティアが猫の救出に向かった「多頭飼育崩壊」の現場。一人暮らしの男性の部屋で73匹を保護した=8月、海老名市
 県が掲げている犬猫の「殺処分ゼロ」の方針に、疑問や批判の声が相次いでいる。県動物保護センター(平塚市)に収容された犬猫を引き取り、譲渡先を探すボランティアに負担が集中しているからだ。黒岩祐治知事は施策を継続する意向だが、動物を「生かす」ために解決すべき課題が山積している。
 「センターから民間にたくさんの動物が移動している。理想だけでなく、足元を見てからゼロ展開してほしい」。12月15日の県議会厚生常任委員会。口頭陳情に立ったNPO法人神奈川動物ボランティア連絡会の代表が訴えた。
 同センターは、犬は2013年度から3年連続、猫は14年度から2年連続で殺処分ゼロを達成。黒岩知事は「達成は快挙」と喜んだが、登録ボランティア(愛護団体や個人)頼みなのが実情だ。15年度は、センターが収容した犬396匹と猫623匹のうち、ボランティアが犬175匹、猫は約8割に当たる495匹を引き取った。
 「もう限界」。猫保護団体「たんぽぽの里」(相模原市中央区)の代表(51)が漏らす。15年度に県センターから引き取った163匹の大半は、引き取り手の少ない病気や高齢の猫だった。1匹の医療費に約40万円かかった例もあり、寄付に頼る団体の運営を圧迫している。同年度はこのほか、センターを介さず約300匹を引き取っており、40だったシェルターの収容定数を一昨年と昨年20ずつ増やしたが、常時定数をオーバーしている。
 「どんどん譲渡を進めないといけない。でも、安易な譲渡はできない」とこの代表。気軽に飼い始めた飼い主が簡単に手放す-。その連鎖が、行き場のない動物を生み出しているからだ。無計画な飼育で飼い主の手に負えないほど繁殖する「多頭飼育崩壊」も増えていると感じている。
 米国と日本で臨床経験を持ち、同市内で保護動物専門の病院開設の準備を進める獣医師(55)は「センターが『生かす』施設に転換したなら、行政の役割を再構築しなければならない」と指摘する。喫緊の課題として(1)センターの土日稼働や、獣医師の24時間対応などソフト面の充実(2)ボランティアの負担や飼育環境の調査(3)飼い主とトラブルになるリスクの高い多頭飼育崩壊への介入-などを挙げる。
 さらに、簡単に答えの出せない命を巡る問題もある。例えば、瀕死(ひんし)の動物に多額の医療費を費やすべきか、安楽死させるべきか-。この獣医師は「殺処分ゼロを語るならば、課題の一つ一つに真剣に目を向け、解決策を話し合わなければいけない」と強調している。
コメント

小池都知事、教育機会の平等化のため私立高校の授業料の実質無償化を検討。

2016-12-30 09:45:23 | Weblog
東京都は、新たな私立高校の支援策の検討を開始しました。小池都知事は自身の公約でもある「私立高校完全無償化」に向け、独自の上乗せ予算案を検討するようです。栃木県は、私教連からの陳情を一発不採択。この差は何なんでしょうか?もっと学生にお金をかけてほしいと思うのは、私だけでしょうか?以下ネット記事(抜粋)を掲載します。

<ネット記事(抜粋)>

東京都の小池百合子知事が、教育機会の平等化のため私立高校の授業料の実質無償化を検討していることがわかった。世帯年収910万円未満を対象に、都内の私立高の平均授業料の年44万円を国と都で肩代わりする案を軸に、新年度予算に都独自の上乗せ分として新たに約140億円を計上する方針。庁内には慎重論もあるが、小池都政の目玉にしたい考えだ。
 都によると、私立高の授業料無償化は大阪府が世帯年収590万円未満、埼玉県が同500万円未満を対象に実施するなど、全国に広がりつつある。都の案はより対象が広く、「他にない取り組みになる」(都幹部)。小池氏は7月の知事選で、都独自の「給付型奨学金」を公約に掲げていた。
 都立を含めた公立高校の授業料は、民主党政権時代の2010年度に無償化された。都内の私立高校については現在、私立高生の半数の8万5千人程度にあたる910万円未満の世帯を対象に、収入に応じて段階的に国の支援金や都の奨学金を支出している。ただ、私学側からは「公立高と、なお自己負担のある私立高では差がある」と不満が漏れていた。
 今回、都は現在の支給世帯に一律44万円を支出する実質無償化を検討。都内在住の私立高生に、都外の私立高に通う生徒も含める予定だ。都の支出は、現行の給付型奨学金が年約50億~60億円で、新たに約140億円が必要という。
 私立高の授業料無償化は公明党が強く要望しており、小池氏とのつながりはさらに強くなると見られる。ただ、奨学金の拡充について、都庁内や都議会自民党には「多額の税金を使って中間所得層まで無償化することに理解が得られるか」「ばらまきになる」と慎重な声もある。舛添要一前知事も在任中、「給付制は反対。自立の精神がない。もらってそれでいい、ではモラルハザードが起きる」としていた。都予算案は来年1月下旬に公表され、2月から都議会で議論が始まる。                     (伊藤あずさ)朝日新聞社
コメント

2017年新春遊説日程で~す!

2016-12-29 17:17:12 | Weblog
松井正一、年末年始遊説日程をお知らせします。お忙しい中誠に恐縮ではありますが、皆様とお会い出来ることを楽しみに活動して参ります。
2017年も松井正一頑張ります!
<遊説日程>
 2017年1月 2日(月) 民進党第2区総支部新春遊説 
               午前10時    さくら市桜野「カワチ薬品前」
               午前11時30分 日光市「渡辺佐平商店前」
               午後 1時30分 鹿沼市「まちの駅新鹿沼宿」
      1月 3日(火) 民進党鹿沼市支部新春遊説
               午前9時~終日 鹿沼市内一円の遊説
      1月 9日(月) 第147回かぬまマンデーレポート 7:30 JR鹿沼駅前
      ※鹿沼マンデーレポートは、直前告知もいたします。
      1月28日(土) 民進党鹿沼市支部遊説
               午前9時~終日
            
コメント

あと3日となりました。

2016-12-29 17:10:07 | Weblog
あと3日となりました。年内のあいさつ回りも概ねとなり、理容店で頭をさっぱりとしたところです。1月のスケジュールの整理と地道に準備も始めています。この一年間、本当に多くの方々にお世話になりました。こころから感謝いたします。皆様、ありがとうございました。
コメント

大きな地震でした。皆様大丈夫でしょうか?

2016-12-28 23:20:41 | Weblog
大きな地震でした。皆様大丈夫でしょうか?民進党本部からも連絡が入り、危機管理の体制を布き、栃木県連にも連絡をいただいております。現在、私も情報収集にあたっています。何か特徴的な情報がありましたら、お教えください。栃木県危機管理課からは、第一報が入りましたが、大きな被害はない模様です。
コメント