「まっちゃん」日記~かぬま・あわの活性化大作戦 サードステップ実施中!

より政治を身近なものに。皆様に活動近況をご報告いたします。

65歳以上4人に1人超。

2016-06-30 08:25:20 | Weblog
いよいよ高齢化社会の到来です。2015年国勢調査抽出情報によりますと、65歳以上の方々の割合は、全国26.7%、栃木県25.8%であることがわかりました。現役世代の減少は今後様々市民生活にも影響を与えます。本格的にこうした傾向を意識した行政施策を講じていかなければなりません。私自身も引き続き調査・研究を続けていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

期日前投票好調です。

2016-06-28 02:12:11 | Weblog
以下ネット記事抜粋を掲載します。期日前投票が総務省の発表では好調のようです。果たして栃木県はどうでしょうか?18歳投票権スタートの歴史的な選挙。3年前の投票率を大幅に超えてほしいです。「栃木を変える。」「たのべたかお」候補、連日元気に栃木県内を遊説し、自身の思い、そして、本選挙にかける意気込みを有権者県民に訴えています。

<以下ネット記事(抜粋)>

総務省は27日、参院選公示日翌日の23日から26日までの4日間に全国で181万6971人が期日前投票を行ったと発表した。全有権者の1・7%に相当する。1日当たりの平均投票者数は、2013年の前回選挙の同時期と比べ24.3%増加した。
 投票日の14日前時点の比較では、期日前投票者の1日平均は、前回が34万3642人だったのに対し、今回は45万4243人となった。今回から選挙権年齢が18歳まで引き下げられたことや、自治体によっては夜10時まで期日前投票を受け付けていることなどが影響したとみられる。
 期日前投票は、投票日前日の7月9日まで、市区町村が設けた投票所で行うことができる。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かぬまマンデーレポートはお休みです。

2016-06-27 02:00:05 | Weblog
本日のかぬまマンデーレポートは、参院選に伴い、政治活動の制限がされていることから、中止となります。ご了承ください。第124回かぬまマンデーレポートは、7月11日(月)に鹿沼市役所前におきまして行う計画です。また、ご案内いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有権者の反応は。学生の意見は。

2016-06-27 01:47:26 | Weblog
参院選も初の選挙サンデーを終了しました。私も午後街頭宣伝の現場で「まちの声」を聞くことが出来ました。徐々に浸透していることが分かりましたが、意外と反応ははっきりしていました。ある調査によると、栃木県の有権者の反応は、政策重視、特に経済政策、年金・社会保障、憲法改正等が関心事でありとても参考になりました。選挙に行く方の割合はまだわかりませんが、なるべく多くの有権者県民の皆様に投票に行っていただき、高投票率の選挙になることを期待したいと思います。昨日は夕方大学生との意見交換をする機会がありました。いずれも政治や世の中に対する意見を述べたいとの話でした。特に19歳の学生は、初めての投票であり、「必ず行く」とのことでした。選挙制度に触れ、この人はふさわしくない人を投票でチェックする方法も提案されました。いわゆる最高裁判所裁判官の国民審査のような方式です。近く関係部局に提案すると共に、学生の皆様との具体的な交流を図りたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍政権の大失態!「年金財源が危ない」

2016-06-26 09:45:26 | Weblog
拡散希望です。以下ネットニュースの抜粋です。安倍政権の大失態です。今回の英国ショックにより、年金財源が兆円単位で吹き飛んでしまう。皆さん、ご存知ですか?この政策は安倍政権のとった年金財源の運用方針の変更によるもの。早期に軌道修正しなければなりません。国民の皆さんの年金です。もはや、アベノミクスでは何の対策も効果も出せません。今回の参院選、これは一日も早く「年金財源を守る」つまり、「年金選挙」にするべきなのです。皆さんはこれでも現政権に賛成しますか。私は、このことは国民の意思で一日も早く止めなければなりません。消費税も先延ばし、おまけに英国ショックで年金財源が吹き飛んでしまったら、大変なことではないでしょうか!

<以下ネット記事(抜粋)>

正に激震だ。大方の予想を覆して、イギリスでの、EUからの同国の離脱の賛否を問う国民投票で、離脱派が勝利したことにより、株式市場は文字通りパニック状態になっている。昨日24日、米国や欧州、アジアの各市場で株価が急落。世界同時株安の様相を見せてきた。日本でも、東京株式市場は、08年のリーマン・ショックを超える下げ幅となるなど、株価が大暴落した。

◯金融不安で年金消失―予測されていたリスク

問題は、株をやっている人々が被害を被るわけではない、ということだ。今回の英国ショックで、私達の年金が兆円単位で吹き飛んでしまう恐れがある。2014年10月、安倍政権は、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用ルールを変え、それまで2割程度だった株式市場への年金運用を、一気に5割に引き上げた。つまり、年金運用が、より株式市場の動向に強く影響を受けるようになったのだ。株式市場が好調な時はいいが、逆に金融不安が起きると、リスクが年金を直撃するようになる。実際、昨年1月の時点で安倍政権は、今後の年金運用の最大損失額を「21兆5000億円」と見積もる想定を、長妻昭衆議院議員の質問主意書に対する答弁書の中で示していた。その後、世界的な株安による影響で、2015年度は約5兆円という巨額の損失を出したと観られている。今回の英国ショックによって、さらに年金運用での損失拡大は避けられないだろう。

◯安倍政権のエゴが招いた年金5兆円損失

莫大な額の年金損失が懸念されながら、なぜ安倍政権は、株式市場に年金資金を大量投入することにしたのか。それは、膨大な資金が流れこむことによって、日経平均株価が底上げされ、「景気回復」を演出できたからだろう。日経平均株価は、安倍政権の支持率にも大きく影響する。要するに、安倍首相は自分の支持率を維持するために、国民の大事な年金をハイリスクな金融ギャンブルにぶち込んだ、ということなのだ。舛添前都知事なんか問題にならない程の公的資金の私物化と言うべき、愚行である。

◯安倍政権の責任は?

英国ショックによる世界的な金融市場の動揺はしばらく続くものとみられる。安倍政権は、GPIFの年金運用の割合を以前に戻し、正確な損失額を明らかにするべきだ。有権者としても、一連の年金巨額損失を参院選での投票の判断材料とすべきだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

序盤戦の攻防。

2016-06-25 02:16:13 | Weblog
参院選も3日が終了しました。広い栃木県。たのべたかお候補も徐々に皆様の地域に街宣で入っています。まだまだ全部の地域には及びませんが、とにかく地域選対の皆様、野党統一ということで、推薦をしていただいているすべての政党関係者の皆様、連合栃木をはじめとする労働団体そして推薦団体の皆様に敬意を表します。報道各社の評価は、現職がリードです。しかしながら、この選挙は絶対に勝たなければなりません。企てた作戦を着実に実行し、県民有権者にしっかりと選択いただけるよう最善を尽くします。今回の参院選の結果如何によっては、憲法改正が進むこととなります。憲法違反の集団的自衛権も憲法改正をして合憲にするのではと心配しています。危機感を持たなければなりません。政治は無関心であっても無関係ではありません。従いまして、まずは「投票に行く」このことをすべての皆様に意識づけ出来ればと思います。最初の土曜日です。候補者も一生懸命頑張っています。私も頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界経済に大きな打撃!日本は大丈夫だろうか?

2016-06-24 14:10:12 | Weblog
以下ネットニュースです。英国の国民投票結果が波紋を呼んでいます。急激な円高株安に転じています。日本経済は大丈夫なのでしょうか?

<以下ネット記事(抜粋)>

【ロンドン時事】英国の欧州連合(EU)残留か離脱かを問う国民投票は、23日午後10時(日本時間24日午前6時)から全国382カ所の開票所で開票作業が行われ、BBC放送によれば、離脱支持票が僅差で残留支持を上回り、過半数に達する見通しとなった。
 1973年に前身の欧州共同体(EC)参加以来、43年にわたる英国のEU加盟に終止符が打たれる。域内2位の経済大国である英国の離脱で欧州は分裂し、大きな岐路に立たされる。また世界経済に大きな混乱を招くのは必至だ。
 この直撃を受けた東京外国為替市場は大混乱に陥り、英ポンドは売りが売りを呼ぶ暴落状態となった。一方、「安全資産」とされる円に投資家の資金が逃避し、対主要通貨で急騰。株式市場は全面安の展開だ。
 開票状況は24日早朝(同午後)現在、334地区の開票所の結果が判明し、離脱支持は51.7%(1467万1127票)で、残留支持は48.3%(1371万9814票)。
 当面の焦点は残留派を率いたキャメロン首相の進退となる。首相は離脱となっても辞任しないと明言していたが、自ら実施した国民投票で屈辱的な敗北を喫した以上、首相の座にとどまるのは困難との見方が強い。
 イングランドの地方部で予想以上に離脱派が強く、注目区だった中部サンダーランドでも離脱派61%、残留派39%で大差となった。残留派はロンドン、リバプール、マンチェスターなど大都市部やスコットランドで強みを見せた。残留派の女性下院議員ジョー・コックス氏が殺害された事件が残留支持を後押しする可能性も指摘されたが、伸び悩んだ。
 今回の国民投票は、キャメロン首相が2013年、次期総選挙に勝利した場合に実施すると公約。昨年の総選挙で勝利し、今年2月のEU首脳会議でEU改革案に合意したことを受け、首相は残留支持を表明し投票に臨んだ。
 残留派は「離脱は英経済に大打撃となる」と主張。離脱派は、域内の移動の自由の原則により流入するEU諸国からの移民の脅威を強調した。運動期間を通じて、双方の支持率は最後まで拮抗(きっこう)する接戦が続いた。イングランド労働者階級の移民増加への反発の大きさを残留派が見誤った可能性がある。投票率は72.2%だった。
 最終結果は、中部マンチェスターの市庁舎で首席集計官が「朝食時間ごろ」(日本時間24日午後)にも発表する。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参院選選挙戦二日目。「雨にも負けず・・・。」

2016-06-23 10:13:56 | Weblog
6月23日、参院選選挙戦二日目です。雨にも負けず「たのべたかお」候補、頑張っています。本日は、下都賀地域の遊説を丁寧に行っています。下都賀地域の皆様、たのべカーを見かけましたら、あたたかいご声援をよろしくお願いいたします。新聞各紙も参院選栃木県選挙区の記事を多数掲載いただきました。今回の選挙、私は、「18歳投票権スタート元年」ということで、「高投票率」を希望しています。「政治は無関心であっても、無関係ではいられない」まさに、政治は皆様の未来を決める、そして「国民生活のための予算やルールを決める」重要な選択機会であります。私も多くの皆様に関心を寄せていただき、「投票に行っていただく」ような運動となるよう、精一杯の情報発信に努めていきたいと思います。そして、「野党統一候補」「県民統一・市民共闘」のたのべたかおさんを県全体に広めていく決意です。何卒、よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ参院選公示。

2016-06-22 01:44:33 | Weblog
いよいよ参院選公示です。「わが党かく戦う」を掲載します。たのべたかおさんとの運命的な出会い、そして、純粋に日本の将来を憂い、自分たちで何とかしなければと自身の人生のすべてをかけて戦う決意をもって頑張る「たのべたかお」さんこそ、真の政治家です。私はこの運命的な出会いを「歴史に残る選挙」にするために、全力を傾注します。公示前段の準備は、期間が短いながらも出来ることをすべてやってきました。多くの市民・県民の皆様、労働組合の皆様、そして、今回の選挙は7つの政党がひとつになる「野党統一」の戦いとなりました。自公政治の問題点は多くの県民・市民、そして有権者の皆様がわかっています。しかしながら、私たちがその受け皿になれるかどうかがカギです。政策の不一致とか、政治観が違うとか批判をされていますが、市民・県民の皆様が「野党統一」を求めて大きなうねりを作ってくれました。そして、平和憲法を守ってほしい、憲法違反の安保法を一日も早く廃止してほしい、こうした悲痛な叫びが今回の大義であります。立憲主義、それは、日本の民主主義にとって不可欠です。しかし、集団的自衛権を認めさせるために、そのことをも反故にした、安倍内閣の責任は重大です。いまこそ、この参院選を以って、県民・市民の力でブレーキをかけなければなりません。私もそうした固い決意のもと、今回の参院選を不退転の決意で頑張る覚悟です。「たのべたかおで栃木を変える。」頑張ります。皆様と一緒に。

<以下民進党栃木県連からの抜粋>

わが党かく戦う

今次参議院議員選挙は、安倍政権と国民の良識との戦いにほかなりません。
さらに、『国のかたち』を壊すのか、国民・県民の暮らしと平和を守るのか、時代の
大きな分岐点にたつ今の日本の行く末をも決める選挙でもあります。

私たち民進党栃木県連は、この選挙を通じてまやかしのアベノミクスを一日も早くや
めさせ、成長と分配の両立を果たす経済政策を力強く訴えます。
人への投資と社会保障制度の改革が一番の経済対策になることを丁寧にわかりやすく
説明していきます。

民進党推薦候補予定者・たのべたかおさんを先頭に、野党全勢力、暮らしと平和を希
求するすべての県民の力を結集し、この選挙を 全力で戦い抜きます。
必ず勝利を勝ち取り、安倍内閣を退陣に追い込みます。

2016年6月21日
民進党栃木県総支部連合会
代表  福 田 昭 夫
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第123回かぬまマンデーレポート。

2016-06-21 08:29:41 | Weblog
昨日午前8時より、JR鹿沼駅前におきまして、第123回かぬまマンデーレポートを開催しました。いよいよ参院選公示直前ということもあり、参院選の政策、栃木選挙区「たのべたかお」さんの紹介等を中心に訴えました。たのべたかおさんは、NHK宇都宮放送局長を辞しての挑戦です。東大法学部卒ということで、中央省庁に大勢の同級生、同窓生が在籍しており、県民の声を届ける即戦力。安倍総理の「改憲発言」にもあるように、もう暴走を止めなければなりません。そのためには、非自民野党統一候補が勝利しないと、国民のための政治が実現出来ません。その先頭に立ち戦う「たのべたかお」さんを栃木県民全体の力で国政壇上に押し上げるために、私も全力で臨んでまいります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加