石油と中東

石油(含、天然ガス)と中東関連のニュースをウォッチしその影響を探ります。

ニュースピックアップ:世界のメディアから(6月30日)

2011-06-30 | 今日のニュース

・カタール、アルゼンチンとLNG輸出契約。2014年開始、年間5百万トンで20年間供給。

 

コメント

ニュースピックアップ:世界のメディアから(6月29日)

2011-06-29 | 今日のニュース

・アブダビ、8月積み原油価格を5-8%引き下げ

 

コメント

BPエネルギー統計レポート2011年版解説シリーズ:天然ガス篇(2)

2011-06-29 | その他

 

(注)本稿は「マイ・ライブラリー(前田高行論稿集)」の下記URLで一括ご覧いただけます。

http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0189BpGas2011.pdf

 

 

2.世界の天然ガスの生産量
(1) 地域別・国別生産量
 2010年の世界の天然ガス生産量は3兆1,933億立方メートル(以下㎥)であった。前年はBPが統計を公表した1970年以来初めて生産量が前年を下回ったが、2010年は史上最高の生産量を示した。生産量を地域別でみると欧州・ユーラシアが1兆431億㎥と最も多く全体の33%を占めている。これに次ぐのが北米(8,261億㎥、26%)であり、これら2地域だけで世界の6割に達する。その他の地域はアジア・大洋州4,932億㎥(15%)、中東4,607億㎥(14%)、アフリカ2,090億㎥(7%)、中南米1,612億㎥(5%)であった。(図「地域別天然ガスの年間生産量」http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/2-D-3-94aGasProductionByRegion2010.pdf参照)

 各地域の生産量と埋蔵量(前章参照)を比較すると、中東は埋蔵量では世界の40%を占めているが生産量では14%に過ぎない。これに対し北米は埋蔵量シェアが世界全体の5%にとどまるのに対して、生産量のシェアは26%に達しており、埋蔵量と生産量のギャップが大きい。このことから地域別に見て天然ガスの生産を拡大できるポテンシャルを持っているのは中東であると言えよう。

 次に国別に見ると、天然ガス生産国第1位は米国の6,110億㎥、第2位はロシア(5,889億㎥)であり、この2カ国の生産量が飛び抜けて多い。ロシアは02年以降08年までは米国をしのぐ世界一の天然ガス生産国であったが、09年は前年比12%と大幅に落ち込み米国に首位の座を明け渡し今年も僅差ではあるが米国が第1位である(詳しくは下記3項参照)。米国はここ数年シェールガスの開発及び生産が顕著であり、生産量とともに埋蔵量も大幅に増加している(前章「天然ガスの埋蔵量」参照)。

この2カ国に続くのがカナダ(1,598億㎥)、イラン(1,385億㎥)、カタール(1,167億㎥)である。特にカタールはLNGプラントの相次ぐ完成により前年の893億㎥から一挙に1千億㎥台に増加している。6位から10位にはノルウェー(1,064億㎥)、中国(968億㎥)、サウジアラビア(839億億㎥)、インドネシア(820億㎥)及びアルジェリア(804億㎥)が名を連ねている。(表「国別天然ガス生産量ベスト20」http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/1-D-3-94GasProductionByCountry2010.pdf  参照)
 
(2) 地域別生産量の推移(1970~2010年)
(図http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/2-D-3-94cGasProductionByRegion1970-2010.pdf 参照)
 1970年に1兆㎥を超えた天然ガスの生産量はその後2008年まで毎年前年を上回り、2008年には3倍の3兆㎥を超えた。2009年は史上初めて対前年比マイナスとなったが、2010年は史上最高の3兆2千億㎥弱を記録した。石油の場合は第二次オイルショック後に需要が前年を下回り続けオイルショック前の水準に戻るまで10年以上の歳月を要している(前章石油篇「生産量推移」参照)。これに対して天然ガスは一昨年初めて前年を下回ったことを除けば一貫して生産が増加しており、石油と大きく異なっている。

 地域毎の生産量の推移にはいくつかの大きな特徴が見られる。1970年の世界の天然ガス生産は北米と欧州・ユーラシアの二つの地域で全世界の94%を占めており、残る6%をアジア・大洋州、中東、中南米及びアフリカで分け合っていた。1970年に6,630億㎥であった北米の生産量はその後微増にとどまり、世界に占めるシェアも66%(1970年)から26%(2010年)に低下している。欧州・ユーラシア地域の生産量は1970年の2,819億㎥から急速に伸び、1982年には北米を追い抜き、1980年代後半には全世界の生産量の半分を占めるまでになった。しかし同地域の生産量も90年代以降伸び悩んでおり、2010年の世界シェアは33%にとどまっている。
 
 一方、1970年には生産量200億㎥以下でシェアがわずか2%しかなかったアジア・大洋州或いは中東は、90年以降生産量が急速に増大しており、特にここ数年加速された感がある。その理由としては生活水準の向上により発電用或いは家庭用燃料としての天然ガスの地域内の需要が増加したことに加え、これまで先進外国市場から遠いため困難であった輸出が、近年では液化天然ガス(LNG)として市場を拡大しつつあることをあげることができる。

世界的にみると天然ガスの対前年増加率は3~4%前後と石油生産の伸び率を上回っており、石油から天然ガスへのシフトが進んでいる。天然ガスは石油よりもCO2の排出量が少なく地球温暖化対策に適うものと言えよう。この点では今後々クリーンエネルギーである原子力或いは再生エネルギーとの競合が厳しくなると考えられる。但し原子力は福島原発事故問題を抱え、再生エネルギーもコストと安定供給が弱点である。天然ガスの将来がどのようになるか注視する必要がある。

(3) 生産量が増加している国、減少している国(2000~2010年)
 2000年以降の世界全体の天然ガス生産量は漸増傾向を示しているが、その中には生産量が顕著に増加或いは減少している国がある。ここでは二大生産国である米国及びロシアに加えカタール、英国、カザフスタンの5カ国について過去10年間の生産量の推移を見てみよう。(図http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/2-D-3-94bNaturalGasProdByMajorCountry2000-10.pdf 参照)
 
 2000年の米国とロシアの生産量は前者が5,432億㎥、後者が5,285㎥で拮抗していた。その後、米国の生産量は漸減し、一方ロシアは漸増した結果、2002年にはついにロシアが米国を追い抜き世界一の天然ガス生産国となった。両者の差は次第に広がり2006年の生産量はロシアが5,952億㎥、米国は5,240億㎥となった。しかし米国の生産量は2005年を底として上昇傾向に転じ、2009年には再び世界一の生産国となった。2010年の生産量は6,110億㎥ に達し2005年の1.2倍に増加している。2005年以降の米国の生産量が急速に増加したのはシェールガスの生産が商業ベースに乗ったことが大きな理由である。これに対してロシアは新しいガス田の開発により生産量を着実に伸ばしている。その背景には主要な需要家である西ヨーロッパ諸国の消費が年々増えていることがあげられる。しかし2008年のリーマンショックで西ヨーロッパ諸国の景気が冷え込むと2009年のロシアの生産量は前年比13%と大幅な減少となった。ロシアの天然ガスはパイプラインで西ヨーロッパに送られており、備蓄が効かないパイプライン輸送は末端の需要に左右されやすいと言える。一方需要側の西ヨーロッパ諸国にとってはエネルギー安全保障の観点からロシア依存の脱却及び調達ルートの多角化が喫緊の課題となっている。

 北海の天然ガス生産も先細りであり、西ヨーロッパ諸国はユーラシア大陸を横断する新たなパイプラインを敷設してロシア以外の中央アジア諸国から天然ガスを輸入することを模索し、或いは中東からの液化天然ガス(LNG)の輸入に踏み切ろうとしている。2000年に1,084億㎥であった英国の天然ガス生産量は2010年には半減しており(571億㎥)、同国はLNG受け入れ基地を建設しカタールから輸入を開始した。

カタールは英国の他にも新たなLNG顧客を熱心に開拓しており、昨年末には年間生産能力7,700万トン体制を築いた。こうして同国の生産量は2000年の237億㎥から2006年には507億㎥、そして2010年には1,167億㎥に急増している。また中央アジアのカザフスタンも2010年の生産量は336億㎥に達し、10年前の3倍以上となっている。

(続く)

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。
 前田 高行 〒183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601
   Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642
   E-mail; maedat@r6.dion.ne.jp

コメント

ニュースピックアップ:世界のメディアから(6月28日)

2011-06-28 | 今日のニュース

・OPEC事務局長、EUとの定期協議でIEAの備蓄放出を批判。 *

・サウジアラビア、最高石油会議開催。原油情勢を協議

 

*OPEC-EUコミュニケ参照。

http://www.opec.org/opec_web/en/2085.htm

コメント

BPエネルギー統計レポート2011年版解説シリーズ:天然ガス篇(1)

2011-06-27 | その他

 

(注)本稿は「マイ・ライブラリー(前田高行論稿集)」の下記URLで一括ご覧いただけます。

http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0189BpGas2011.pdf

 

 

BPが毎年恒例の「BP Statistical Review of World Energy 2011」を発表した。以下は同レポートの中から天然ガスに関する埋蔵量、生産量、消費量、貿易量のデータを抜粋して解説したものである。

1.世界の天然ガスの埋蔵量と可採年数

(1)2010年末の確認埋蔵量
 2010年末の世界の天然ガスの確認可採埋蔵量(以下単に「埋蔵量」と言う)は187兆立方メートル(以下tcm: trillion cubic meter)であり、可採年数(R/P)は59年である。

 埋蔵量を地域別に見ると中東地域が全世界の埋蔵量の40%を占めている。これに次ぐのが欧州・ユーラシアの34%であり、この2地域だけで世界の埋蔵量の4分の3を占めており、その他のアジア、アフリカ、南北アメリカなどはすべて合わせても全体の26%にとどまっている。このように世界の天然ガスの埋蔵量は一部地域に偏在していると言える。
(図http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/2-D-3-92aGasReservesByRegion2010.pdf 参照)

埋蔵量を生産量(次章参照)で割った数値が可採年数(R/P)であるが、2010年の天然ガスのR/Pは59年である。これを地域別で見ると中東地域は100年以上である。これに対して北米はわずか12年にすぎない。その他アフリカ(71年)、欧州・ユーラシア(61年)が全世界平均を上回っており、中南米は46年、アジア・大洋州は33年である。

 次に国別に見ると、世界で最も天然ガスの埋蔵量が多いのはロシアの45tcm、世界全体の24%を占めている。第二位はイラン(30tcm、16%)、第三位カタール(25tcm、14%)であり、これら3カ国だけで世界の埋蔵量の54%に達する。4位以下、10位まではトルクメニスタン(世界シェア4.3%)、サウジアラビア(4.3%)、米国(4.1%)、UAE(3.2%)、ベネズエラ(2.9%)、ナイジェリア(2.8%)、アルジェリア(2.4%)と続いており、上位10カ国の世界シェア合計は77%である。
(詳細は「国別天然ガス埋蔵量ベスト20(2010年末)」 http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/1-D-3-92bGasReserves2010byCountry.pdf 参照)

(2)1980~2010年の埋蔵量及び可採年数の推移
 1980年末の世界の埋蔵量は81tcmであったが、2010年末のそれは187tcmである。埋蔵量は2.3倍に増加しているが、これは1989年、2001年及び2008年の3回にわたる大幅な増加を挟みほぼ4期に分けることができる。
(図「天然ガスの埋蔵量と可採年数(1980~2010年)」http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/2-D-3-93aGasReserve&RP1980-2010.pdf 参照)。

1980年代は年率4%の割合で伸び、1988年末の埋蔵量は109tcmに達した(第1期)。そして1989年には対前年比12%と大幅に増加し、同年末の埋蔵量は122tcmとなった。その後1990年代は年間成長率がやや鈍り平均2%となり、1999年末の埋蔵量は149tcmであった(第2期)。2001年は前年比9.7%拡大して同年末の埋蔵量は169tcmに達したが、2002年以降2007年までは年間成長率が1%以下に停滞している(第3期)。そして2008年には前年比4.5%増の185tcmとなっている(第4期)。これは中央アジアのトルクメニスタンで大型ガス田の発見があり埋蔵量が2007年の3倍強に拡大したこと及びこれまで非在来型ガスとして扱われていた米国のシェールガスの生産が経済ベースにのるようになり、可採埋蔵量として統計に加えられたためである。因みに米国の天然ガスの可採埋蔵量は5.4tcm(04年)→6.0tcm(06年)→6.9tcm(08年)→7.7tcm(10年)とここ数年で急速に増加している。

 可採年数については1980年から現在に至るまで60年前後で殆ど変化していない。上に述べた通り1980年以降現在まで可採埋蔵量は一貫して増加している。しかしこの間、天然ガスの消費が大幅に伸びており(本編第3章「天然ガスの消費量」参照)、そのため可採年数が横這い状態となっている。これは逆に言えば、世界の天然ガスの消費量が急激に増加するなかで、それを補うだけの十分な新規ガス田の発見或いは非在来型ガス(シェールガス)の商業生産が可能になったことにより可採年数が維持された、とも言えるのである。

 地域別の埋蔵量の構成を見ると、1980年は欧州ユーラシア地域が世界全体の41%を占め最も大きく、次いで中東地域が30%であった。この2地域が世界の埋蔵量の7割強を占める構図は2010年まで変わっていないが、欧州ユーラシア地域の比率は1990年代初めに43%まで上昇した後、徐々に低下し2010年末には34%になった。これに対して中東地域の世界に占めるシェアはほぼ一貫して増加し、2000年には世界最大の天然ガス埋蔵地域となった。

その他の地域に関しては北米地域のシェアは1980年以降大きく低下しており、同年に世界の12%を占めていたものが、2010年には5%に落ち込んでいる。これに対してアジア・大洋州地域は1980年に6%であったシェアが2010年には9%に増大しており、天然ガスの成長地域となっている。
(図http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/2-D-3-93bGasReservesByRegion1980-2010.pdf 参照)

(続く)


本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。
 前田 高行 〒183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601
   Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642
   E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

コメント

ニュースピックアップ:世界のメディアから(6月27日)

2011-06-27 | 今日のニュース

・イラン石油相代行「OPEC生産枠の拡大には断固反対」。サウジを強く非難。

 

コメント

今週の各社プレスリリースから(6/19-6/25)

2011-06-25 | 今週のエネルギー関連新聞発表

6/20 Shell   Shell and CNPC agree on global cooperation and establish well manufacturing jv http://www.shell.com/home/content/media/news_and_media_releases/2011/shell_cnpc_well_manufacturing_jv_20062011.html
6/21 国際石油開発帝石   インドネシア共和国 セブク鉱区ルビーガス田の開発移行決定について http://www.inpex.co.jp/news/pdf/2011/20110621.pdf
6/22 出光興産/国際石油開発帝石   北海道および秋田県での地熱開発に向けた共同調査実施について http://www.idemitsu.co.jp/company/news/2011/110622.html
6/22 昭和シェル石油   ソーラーフロンティア、サウジアラビアに拠点を開設 【ソーラーフロンティア株式会社】 http://www.showa-shell.co.jp/press_release/pr2011/0622.html
6/24 経済産業省   国際エネルギー機関(IEA)加盟国による協調行動の実施について http://www.meti.go.jp/press/2011/06/20110624002/20110624002.html
6/24 石油連盟   IEAの協調行動への協力について(会長コメント) http://www.paj.gr.jp/paj_info/press/2011/06/24-000498.html
6/24 国際石油開発帝石   オーストラリア イクシスプロジェクト 液化天然ガス(LNG)販売について http://www.inpex.co.jp/news/pdf/2011/20110624.pdf

コメント

ニュースピックアップ:世界のメディアから(6月25日)

2011-06-25 | 今日のニュース

・アジアのLNGスポット市場、未だ$14/mmBtu以下。タンカー用船難が理由。

 

コメント

BPエネルギー統計レポート2011年版解説シリーズ:石油篇(5)

2011-06-24 | その他

(注)本稿は「マイ・ライブラリー(前田高行論稿集)」の下記URLで一括ご覧いただけます。

http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0187BpOil2011.pdf

 

5. 世界の石油精製能力
(1)2010年の地域別精製能力
 2010年の世界の石油精製能力は日量9,179万バレル(以下B/D)であった。これを地域別でみると最も大きいのはアジア・大洋州の2,839万B/Dで全世界に占める割合は31%である。これに次ぐのが欧州・ユーラシアの2,452万B/D(27%)であり、第三位が北米(2,097万B/D、23%)である。石油消費量ではアジア・大洋州、北米、欧州・ユーラシアの順であるが(前章「世界の石油消費量」参照)、精製能力では欧州・ユーラシアと北米の順位が入れ替わっている。このことから欧州・ユーラシアは精製能力過剰の状態にあり、北米は反対に精製能力不足の状態にあることが推定される。
(図http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/2-D-4-91aRefineryCapacitybyRegion2010.pdf 参照)

 国別では米国の精製能力が1,759万B/D、世界全体の19%を占め、2位の中国(1,012万B/D、11%)以下を大きく引き離している。以下は3位ロシア(556万B/D)、4位日本(446万B/D)、5位インド(370万B/D)、6位韓国(271万B/D)と続き、世界上位10カ国にはこのほかイタリア、サウジアラビア、ブラジル及びドイツが入っている(表「国別石油精製能力(2010年)」http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/1-D-4-91RefineryCapacitybyCountries2010.pdf参照)。

(2)1965~2010年の地域別精製能力の推移
(図http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/2-D-4-91bRefineryCapacitybyRegion1965-2010.pdf 参照)
 1965年から2010年までの地域別の精製能力の推移を見ると、欧州及び北米の先進工業地域は1965年以降第二次オイルショック(1979年)までは精製能力が大きく増えている。この時代は欧米先進国の経済が拡大し石油需要が急伸したため、各国は将来を見越して製油所の新増設を盛んに行った。しかしオイルショックを経て1980年代に入ると石油製品の需要が急減したため、先進地域は過剰な精製能力を削減せざるを得なかった。特に欧州では1979年に32百万B/Dあった精製能力が1990年代後半には25百万B/Dにまで削減されその後現在まで漸減傾向が続いている。

 これに対してアジア・大洋州地域では日本は欧米同様精製能力が減少したものの、全体としては中国、インド、東南アジアなどの需要が拡大し、石油精製設備の新増設が活発に行われた。この結果オイルショックの前後を通じてアジア・大洋州の精製能力は一貫して拡大しており、1965年にわずか360万B/Dであった精製能力は2010年には8倍弱の2,839万B/Dに達している。この間1997年には北米地域を追い抜き、また2008年には欧州・ユーラシア地域の能力を上回り、2010年にはその差はさらに広がっている。アジア・大洋州は今や世界最大の精製能力を有する地域となっている。

 米国、日本、中国及びインド4カ国について見ると(グラフ「米・日・中・印の精製能力の推移(1965-2010年)」http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/2-D-4-91cRefineryCapacityUsJapChinaIndia.pdf 参照)、1965年の米国の精製能力は1,039万B/Dで、日本は5分の1の192万B/Dであり、中国及びインドの精製能力はともにわずか20万B/D強に過ぎなかった。米国はその後急速に精製能力を増強し1980年には1,862万B/Dに達し、日本も同じ時期に564万B/Dのピークに達している。これに対し中国、インドも設備増強を図ったがその足取りは鈍かった。

 ところがオイルショック後の1980年代に入ると、米国は余剰設備を次々と廃棄して15百万B/D台にまで精製能力を落とし、日本も4百万B/D台に減らしている。これに対し中国とインドは1990年代後半から急速に設備の新増設を行い、特に中国の伸びは目覚しく1999年には遂に設備能力で日本を追い抜いた。

 1990年代後半から2010年までのこれら4カ国の設備能力は、日本のみが1995年の501万B/Dから2010年には446万B/Dへと減少しているのに対し、米国は1,533万B/Dから1,759万B/Dへと15%増強、中国は401万B/Dから1,012万B/Dへ2.5倍増、インドも113万B/Dから3.3倍の370万B/Dとそれぞれ大幅な設備増強を行っている。

(3)米国、日本及び中国の精製設備稼働率(1980~2010年)
 精製能力に対して実際に処理された原油の量(通油量:Refinery throughputs)で割ったものが設備の稼働率である。2010年の全世界平均の稼働率は82%であり、中国と米国は84%、日本は81%であった。

 1980年以降の稼働率の推移を見ると(図「主要国の製油所稼働率(1980-2010年)」http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/2-D-4-92RefineryOperationRatio.pdf 参照)、1980年の米日中3カ国の稼働率は米国72%、日本71%に対し中国は世界平均(75%)を上回る84%であった。その後2年間中国と日本は稼働率が急激に下がり1982年には日本は60%、中国も72%に落ち込んだ。これはオイルショック前に将来の石油需要の増加を見越して製油所を新増設したものの需要が急減したためである。その後80年代後半以降石油需要が回復したため世界の平均稼働率は80%台に上昇し米国、中国も稼働率が80%台に回復した。しかし日本だけは過剰な設備を抱えたまま稼働率は60%台にとどまった。

90年代は3カ国で明暗がわかれ、米国は90%以上、日本も80%台半ばを維持したのに対し、中国は精製能力を急拡大したため(上記(2)参照)、稼働率が70%以下に低下した。しかし2000年以降は経済が世界的規模で拡大し、中国の石油精製設備の稼働率も急速に改善されている。2005年の世界の平均稼働率は86%、米国、日本及び中国はそれぞれ88%、91%、83%と非常に高い水準に達している。2005年以降は米国と中国の立場が逆転し、中国は安定した稼働率を維持しているのに対し。米国は稼働率が年々低下している。また日本の稼働率の落ち込みは一層厳しく、2009年には3カ国ともほぼ同じ程度の稼働率となっている(日本78%、中国79%、米国81%)。2010年は3カ国を含め世界全体の稼働率は3ポイント程度改善している。

(以上で石油篇を終わります。次回からは天然ガス篇です。)

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。
 前田 高行 〒183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601
   Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642
   E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 

コメント

ニュースピックアップ:世界のメディアから(6月23日)

2011-06-23 | 今日のニュース

・サウジアラビア、日本の顧客に原油追加供給

・原油相場の下落で見せつけたサウジアラビアの実力

・オーストラリア、全てのLNGプロジェクトは予定通り完成するのか?予断許さぬ市況環境

 

コメント