a vacant mind

虚無と音楽

drive

2013-10-31 | 音楽等
R.E.M drive

死をテーマにしたアルバムautomatic for the people
たぶんそんなイメージはあまり感じなかったが
メジャーアルバムとしては内省的なアルバムが売れたのが不思議でもあった
アメリカの暗さは深刻ではあるし日本以上に本音と建前のある国ではないだろうか
国民に恐怖を与えない意味での情報コントロールは時代錯誤になってしまった
というか漏れまくっていますネット上でもすでにコンピュータの支配移行が加速しているのかもしれない
電源を落としても復活するバックアップシステム、シャットダウンできないシステムの構築は人ではないものが構築する

コメント

集金

2013-10-31 | Diary
前の会社の集金へ
というか本当は一緒にもらいたかったのだが
会社の都合で月末まで待つことになった
前日にメール今日電話をかけてなぜかコンビニで待ち合わせして前月分の給料をもらいました
相変わらずお金にはルーズですというか1ヶ月しか経っていませんが
とても危険な感じがしたそれだけ経理が杜撰だったし税務署も動いているはずなんだけど
来年までにはきちんとしないと会社存続どころではなくなるはず
データ上では上がってきているはずなのですからきちんとしないと自滅してしまう
まあとりあえず自分が働いた分のお金は回収できたので後は気を付けてくださいということだけです
わたしの名前はでてこないはずだって会社でもない会社でしたから
辞めて正解だったのかもしれません危険だ危険だという感じが高まっていましたから
きちんとすれば普通の会社になれるはずなのですけどその辺が経営者としては失格です
コメント

図書館

2013-10-30 | Diary
本の匂いがあまりしない
自分の鼻がおかしくなったのか?
宮武 外骨どこ行ったのだろう?
蔵書が寂しくなった気がした
なんだか物足りない感じがした
埴輪雄高の虚空はなかったかな?
精神医学書も減ったような
哲学の本も半分くらいになった気がする
座席はその分増えたのかな?
こんなものかと寂しい気持ちになった
図書館が大きな箱に思えた
コメント

音楽ばっかり

2013-10-30 | 音楽等
日々は平坦になってしまい
音楽聴いていると辛うじて冷静さを保てる
Aphex Twin - Nannouという曲だったんだ
誰の音楽かはすぐにわかるというかこのアルバムも結構聴いたからか
まさか映像があったなんて思わなかった


コメント

道化師のソネット

2013-10-30 | 音楽等
さだまさし

なんとなく耳にしていた曲
小さかったからよくわからず聴いていた
音は憶えているものです
いま聴いている音楽とは違うテレビや街角で流れる音が響いてこないのは何故?


コメント