a vacant mind

虚無と音楽

すでに

2011-06-30 | Diary
すでにはじまっている
もうとまることはない
おもいえがくせかいは
きょうつうではない
つなげるものでもなければ
つたえるものでもない
かわるべきはひとそのもの
かわるためだけに
このせかいはある
にほんだけじゃない
ほしにかかわるものすべて
そのすべてを
コメント

2011-06-30 | Diary
今までが変だった日本
これからやっと変わるのかもしれない
おかしいことはおかしいのだ
変であることをイケているだなんていかれている
大企業があまりに酷すぎたということでもあるが
秘密主義のいきすぎが公開すべきことも公開しない
個人情報保護法は本当は企業にとって都合がよかっただけのようなそれと官僚連中
国民のことを一番わかっていないのが国で
選ばれてた議員はただ自己主張が強かっただけのような気がする
保身に終始している姿はこれが日本のトップの在り方なのだと媒体を使って宣伝してくれる
コメント

母親

2011-06-29 | Diary
画家さんから電話
どうやら母親の病状が思わしくないようです
日に日に弱っていく姿はしのびないようです
母親になにができたのだろう?
コメント

貴様はなまけている

2011-06-29 | Diary
そうなのかもしれない
そうなのだけど本人の自覚なんでしょうね
自覚できなければ周囲がどう言おうが聴く耳をもたない
目を閉じ耳を塞ぎ口を閉じる
走り続ける必要はないし立ち止まりつつ進んでも構わない
僕はついていないそんなことばかりじゃどうにもならない
心の防護壁はそう簡単には壊せない
人の中に生きていながら死んでいた
私はなまけているだけと言われても否定はしない
生きて知りたいと思うから生きているだけです
それがなにかわかったときわからなくてもいいかな
コメント

saturation

2011-06-29 | 音楽等
urge overkillのメジャー第1作
といっても日本じゃそんなに有名じゃないか
ニルヴァーナの人気はダントツでしたからね
グランジという括りでした
パンクの流れを汲むバンドでしたが
僕はもともとパンクとかどうでもよかった
といっても気付けばパンクと言われているCDは百枚以上あるので嫌いじゃないんでしょう
saturationは疾走感溢れるアルバムですね
ドライブに向いているかもしれない
こういうのを聴いたあとクロームとかストゥージーとか聴きたくなります
飽きるとカーペンターズ聴いてますけどね
コメント