a vacant mind

虚無と音楽

なにも

2011-01-31 | Diary
何も変わっていないが
全く何も変わらないわけじゃない
そうじゃなければ
今生きてはいないでしょう
生き方が間違っていたなんて思いません
そういう生き方しかできなかっただけ
目の前にある答えを僕は疑い続けました
そう考えてはいてもそれが見当違いだったのだ
思い込みというものは厄介で時に暴走してしまう
真っ直ぐなのに歪んだ解釈をしている
純粋なのに真っ青になっていく
人を信じられない人になっていました
今もそうなのかもしれません
近すぎても遠すぎても人の関係は成り立たない
微妙な距離を保てるようになると生きやすくなるんでしょうね
いつもどこか冷めている感覚が
何を考えているのかわからないと思われているかもしれない
熱くなれそうにもないそういう人は他にたくさんいるからいいや
コメント

どうなる

2011-01-31 | Diary
これだけいろいろなことが
立て続けに起こると
もうなるようにしかならない
第1次産業は壊滅的な状況になりつつある
その影響は全業種に渡っていますが・・
これからどうするかというよりも
今やれることに対処していくしかないでしょう
コメント

気管支炎

2011-01-30 | Diary
一度のどを痛めると
治癒するのに時間がかかる
まあもともと喉は弱いので気を付けているのですが
抉らせてしまうと何ヶ月も咳がとまらない
気管の炎症が治まるまで待つしかない
酷い場合は何度か病院に通いながら原因究明しなくてはいけませんが
どんな病気も軽く見てはいけない
わかっているつもりなのにわかっていない
そんなことはよくあるものだ
でも誰が一番辛い目に合うのかといったら自分自身なのだ
コメント

うつむき

2011-01-30 | Diary
うつむく少年
青空は好きで
雲を目で追っている
アスファルトの道路
そこになにがある
なにがあるわけでもない
ただ視線に堪えきれないだけ
自信のかけらもないのでしょう

うつむく少年たち
まるで自分を見ているよう
プレッシャーをかける人は多く
それを叱咤激励のつもりでいるだろうが
それは自信を失くさせるだけ
壊れやすい心は簡単になおせない
コメント

できごと

2011-01-29 | Diary
振り返える過去
そこにいたのか?
ときどき曖昧になる
過去と現在に接点を感じられない
なにかが欠落したままなのか?
欠けている人間
いらないひと
負の連鎖反応というか
ほんとだ思考停止状態
考えすぎるとどうでもよくなる
正常か異常か
それが問題になろうと
日常が変わるわけがない
誰かになろうとしても
誰かになれはしない
ただ無意識に自己防衛が過剰になる
自己防衛が過剰になって
争いを招いてしまう
人の遺伝子がそうさせるのか?
過去は変えられない
それだけのこと
コメント