a vacant mind

虚無と音楽

requim for a dream

2013-03-31 | 音楽等
portishead

こういう音が聴きたくなる時は静けさを求めている時
一人の時間がないと落ち着かなくなる
それをわかってもらおうとは思わないが
いつも人と一緒にいると疲れてしまうのです
頭がおかしと言われようとも時を止める作業が必要なのです
意図的に止めることそれは生存するためでもあります

コメント

ここにいる

2013-03-31 | Diary
どこにもいないのに
ここにしかいない自分
どこへ向かおうともどこだろうとも
僕はここにしかいませんでした
別のところにいる自分なんて絵空事でしかないけれど
それもまた僕にとっては救いでもあったのです
ありえないことを夢想すると馬鹿げていると冷笑する人がいる
ありえないことを考えるのが人でしょうからそれはおかしいのです
すべてが理路整然としているならばこんな混乱した世界にはならない
ここにいるそれだけで堪え切れない人間もまたいるのです
コメント

がんばれない

2013-03-31 | Diary
がんばれと言われるとがんばれなくなる
やはりほとほどの仕事量がいいみたい
そんな甘いことをと・・言う方もおられますが
その基準はひとそれぞれなのです
それをわかっていないと無理強いをしてしまう
それでもがんばっている方はたくさんおられるのはわかっています
心の病と向き合いながら生きていかないといけない
そのためにできることはするようにしていますが
それ以上はgive upするしかない
コメント

I'm So Tired

2013-03-30 | 音楽等
The Beatles

私のそのまんまの状態です
書くことはあるけれど疲れている

コメント

The Tell-Tale Heart

2013-03-30 | 音楽等
Alan Parsons Project は僕がはじめて買ったCD
怪奇と幻想の世界ではなかったアイ・ロボットでした
ライブをしないバンド
でもボーカルはさまざまな有名な人たちが参加している
あのころの自分となにが変わったのかたぶん殆ど変わっていない


コメント