a vacant mind

虚無と音楽

21年

2012-04-30 | 音楽等
マイ・ブラッディ・バレンタインいまだ新譜がでない
1991年の2ndを最期にアルバムをだしていないバンド
でも解散した訳ではない
生きている間に3rdはでるだろうか?




コメント

格安

2012-04-30 | Diary
一見得した気もするが
経費極限まで削り
人間性なんて全く必要としない
削るだけ削って一部の人間だけが儲かる
福島の原発も危機管理のなさが招いた人災
関越道の高速バスの事故もある意味起こるべくして起きた人災
空港もそれが導入されてはじめているからいつ墜落してもおかしくない
鉄道の事故も過密ダイヤを組んだ挙句乗客106人の命を奪ったJR福知山線脱線事故
安全性を横に置いたがために起きた人災は
もはや医療の現場でも教育の現場ですら問題となっている
いま陥っているデフレスパイラルは結局私たちがの社会が招いているもの
息切れして当然の状態にあることは間違いないでしょう
日本の人口も減っていきます外国人を受け入れる土壌はいまだできていない
先進国になれなかった先進国になってますね
コメント

遠い記憶の果て

2012-04-30 | Diary
思いだせない過去は
思いだすまでもなく
でも忘れているようでいて
どこかにいつも引っ掛かっている
そうやって人は生きていくしかないのでしょう
引っ掛かりが少しずつ角が取れていったらいい
満丸にしたいものです
遠い記憶もやがては私でしかなくなる
コメント

ドゥルッティ・コラム

2012-04-29 | 音楽等
ドゥルッティ・コラムよりはザ・スミスが好きだった
今倍以上の年齢になってドゥルッティ・コラムを聴くと
頭の中であのときの感情が甦ってくる
僕の中では消化されているのだろう
黒い感情はなくならない
あっても気にならなくなるもの
敵を無理やり探すことはないのだから



コメント

感情の起伏

2012-04-29 | Diary
生きている限りどうにもならない
マイナス思考は自分の性癖だと思っています
無理に変えることはないのだと感じる
考え過ぎて何にも考えないより悪い方向へ向かう
そんなことの繰り返しの中で少しは自分を理解できたのだろうか?
無のときもあるけれど激しい憎悪に取り込まれてしまうと制御しようとして暴走する
黒い波動を見に纏わないように坦々とすべきことをする
でも完璧になんて思わない50%くらいでいい
コメント