a vacant mind

虚無と音楽

自分不幸

2010-05-31 | Diary
自分だけ不幸
そんな子供が何を見る
誰のことも信じられない
孤独であることが楽なだけ
誰にも相手にされず
何が起きているのかすらわからない
何かが起きているとしても他人事
ときに当事者ということもあるのに
気づかないふりをしているのだ
不幸をくらべても仕方ないのに
不幸をくらべてみる
こんなのはとても苦しいな
よくなりようがないではないか
取り巻く状況を負の景色に変えていく
世界は終わるのだと偽預言者のように
つぶやいているのだ
コメント

愚かなり

2010-05-31 | Diary
人のことは言えない愚かさ
本当は何も言えはしないのだけれど
愚痴でも呟いてしまうのは仕方ない
ひとりごと誰も聞いていないのだけれど
まあ人には鬱陶しいだけでしょうね
そういうところが人をイラつかせたのだろう
愚かさや弱さを強調したからといって
誰もかわいそうだなんて思いません
ただ人を遠ざけてしまうだけなのです
ひとりで愚かさを噛締めていると死にたくなるけれど
変わることもできるのです
極端に変わることはいいとは思えませんけれど
コメント

県外5頭出荷

2010-05-30 | Diary
口蹄疫で県外に5頭出荷らしいが
一体どこへ出荷されたのでしょうね
記事を探してもどこにも見当たらない
発生した畜産農家から出荷されたものです
ウィルスに完全に汚染されているはず
いくら宮崎で食い止めようとしても
すでに出荷されているであろう5頭はどうにもならない
殺傷処分されていればいいがその段階で人を通してその地域で感染しているはず
もう宮崎だけの問題ではないし出荷された5頭を早急に見つけないと
日本の畜産は終わってしまうかもしれない
北海道から沖縄まで厳戒態勢のはずだが政府は何をしているのだろう
県外での発生がないことを祈るしかない
疑いがある以上はあらゆるケースを想定しないで何が危機管理なのだ
コメント

何もない

2010-05-30 | Diary
しずかに
ゆるやかに
とめどもなく
なみだかこぼれる
こんなはずじゃなかった
こうかいだろうか?
それにしてもこっけいだな
かっこわるくてわらってしまう
かえようのないみちのり
こうしていることのおどろき
しへとつながるものでしかない
コメント

からっぽ

2010-05-30 | Diary
内面にある空っぽな部分
人を信じられない部分でもある
そして失ってしまった何か
人を信じられなくても
生きてはいけますが
寂しく空しく悲しいものにはなるでしょう
それでお金とか執着したら守銭奴かな
自分自身の中で基準となるもの
それが崩壊してしまったら
自分自身が信じられなくなります
主張すべき自分などいなくなります
ときに自身を亡霊のように感じるようになる
いてもいなくてもどうでもいいと・・・
現実生活との折り合いは当然ですがなかなかつきません
突き動かす何かが欠けているのですから
コメント