a vacant mind

虚無と音楽

Silver Age

2012-11-30 | 音楽等
ボブ・モールドの新譜みたいです
アルバムタイトルどおりなんでしょう
でもなんだかsugarを思いだすなこのKeep Believing は
ベテランの方が面白いアルバムをつくっている
気負うのではなく自然体でやっている
地元のCDショップではないでしょうからネットで購入かな?

コメント

アンデス少年ペペロの冒険

2012-11-30 | Diary
内容はおぼろげにしか憶えていない
でもオープニングとエンディングの曲は憶えいるのだ
子供も大人も一緒に見ていたアニメ
大人もアニメ見て涙流していたものです
元気一杯だけじゃ今のアメリカのアニメみたいだ
ディズニーがテレビで再放送されていたころ
アメリカのアニメは他にもハンナバーバラなど面白いアニメがたくさんだった
心温まる物語はつくれなくなっているのかもしれない

コメント

Echoes of Time

2012-11-29 | Diary
時が共鳴する
けたたましい音が響き渡っている
いままでとは違う雰囲気
何かがすでに変わっている
これまではいつの間にか終わったようだ
人の基準は何の基準にもならない
それでいいのだと思う

コメント

ブラック企業

2012-11-29 | Diary
劣悪な労働環境
人を人とも思わない
利益優先の度が過ぎている
サービス残業なんておかしなことを言う
労働基準監督署は機能していない
明らかに犯罪だと立証されなければ動かない
人がいないと動かないのに
その人を減らし続けて酷使する
ものを作る環境はズタズタに寸断されもはやロボット化しかない
ロボットが世界をつくる
やがてロボットが世界を支配する
感情をもたせればそれは生命を芽吹かせる
ネットではすでに産まれているのかもしれませんね
コメント

苦しみの中から

2012-11-28 | Diary
生きる苦しみ
長く生きるということじゃない
長生きしたいとは思えなかった
老後なんて想像もつかなかったし考えることもなかった
日々の苦しみから逃れていたのだけれども
肉体と精神が乖離していきました
小刻みに震える魂は起きていても寝ていても続いていた
この世はとても残酷な側面をもっています
救ってくれるものを探し続けてもどこにもいません
導ける人はいるでしょうがとても少ない
見極める目を耳をもたなければ騙されてしまうこともある
日々の苦しみが雪のように積もっていく
その重みに押しつぶされないように
なにをなしていいのかわからなくなったらなにもなすこともない
その苦しみの中にいる自分と向き合うだけ
死んでいるであろう日々をまだ生きている
不思議だよ
コメント