a vacant mind

虚無と音楽

こども

2015-01-31 | Diary
いない
ずっと変わらない
年齢を重ねることで
何か変わったかもしれないし
何も変わっていないかもしれない
笑わない子供だった気がする
なにがあったのでしょう
孤立することも多かった
何故にとは感じなかった感じることができなかったから
人との距離はやはりどこかいつも疑ってしまうから

コメント

Teenage Fanclub - Dark Clouds

2015-01-31 | 音楽等



久しぶりにCDを取り出して聴いていた
このアルバムはTeenage Fanclubの中で一番聴いたな
音楽だけは毎日聴いているんだ
まるで生きるために聴いているような気もする
体の衰えはわたしがわたしの悲鳴に参ったため
それでも音楽は聴いていた
ノイズもフォークもブルガリアンボイスも
それが救いだったのかもしれない
コメント

風邪じゃない

2015-01-30 | Diary
風邪も何か月も拗らしているとそれは風邪じゃない
それにしても風邪がなおらないなと診察したのが狭心症への道
高血圧が先に発見されたというより前から高かった
それに20代後半で心不全の診断がされていた
若いので大丈夫だという過信があったのだと思います
周囲にそういう人がいたらそれは風邪ではないのかもしれません
現在はインフルエンザが猛威を振るっています
なのでマスクをして働いています
それでなくても抵抗力がなくなっているので予防です
でもマスクの紐は長時間つけていると耳が痛い
コメント

時の流れ

2015-01-30 | Diary
すでに止まっている気がする
大きな流れは大きく蛇行している
人が増えるほどに個性が失われていく
集団が同じ色に染まっていく
違和感を覚えながら理不尽の牙城が高く積み上げられていく
ということはもとから人の存在自体が自然界において理不尽なのでしょう
理不尽が世界を構築する
やはりどこか無理がある
コメント

Slapp Happy - I'm all Alone

2015-01-29 | 音楽等
Slapp Happy - I'm all Alone
コメント