a vacant mind

虚無と音楽

リーダー

2010-09-30 | Diary
知事さんは宣伝マン以上のことしただろうか?
1期4年を務めあげました2期目はでないとのこと
国政か都知事に立候補するんでしょうね
知事になって何か変わったのか?
景気は相変わらず悪いままだし
建築関係者の知事に対する不信は根強いものがある
第1次産業における鳥インフルザや口蹄疫とニュースとしてはインパクトはあったし
この県がニュースで取り上げられることも多かったが
雇用のないところに様々な負の要因が重なっています
問題は相変わらず山積していますが国政はもっと大変でしょう
胡座をかいていた県庁職員に渇が入ったのは事実
なあなあ主義にメスが入ったことはよかったのだと思います
ただ簡単に元に戻ってしまう要素があるのは確かです
役所や役人の体質はそんなに変わってはいません
いなくなったら元に戻そうと必死になるでしょうね
コメント

異質なもの

2010-09-30 | Diary
人の空間に溶け込めない
それはよくあること
なぜそうなのか?
ここに存在していることを否定しているから
ここではないところへ行きたいのなら行けばいい
でもできないから一人でもがき苦しんでみる
助けなんてないよ
歪な思考はわたしをどこへ向かわせるわけでもなく
わたしがわたしを否定している
コメント

マニュアル

2010-09-29 | Diary
マニュアル通りにするのは楽だけど
マニュアル通りにならないことは多い
マニュアルに拘りすぎて融通が効かないと
おおごとになることもある
日本はマニュアル天国ではあるけれども
それが没個性化に拍車をかけてしまっている
企業人としてのその人は見えるのだけど
その人そのものが見えることはないし見せる必要はないと思っている
本音と建て前では家族も会社も溝を深めていくだけ
マニュアルに頼りすぎるから臨機応変さが足りない
マニュアルに書いていないていないことはしない
その方が無難に事をやり過ごせるから
この辺なんでしょうに日本がダメになってしまったのは
コメント

占いの知人

2010-09-29 | Diary
去年の5月に亡くなられた占いの知人
年は相当離れていましたね
スナックのマスターで占いを売りにしてました
人間的にどうかというといい人とは言えない
でもバイタリティーのある人ではありました
基本利用されている感じがしてその人とは距離をとりました
占いはどちらかというと商売の一環であってそれ以上それ以下でもないように思えました
占う人に占ってもらう場合はやはりあまり近すぎない方がいいかもしれない
全然知らない他人であるからこそ面白いのだ
まだ50代だったかな癌が進行してしまって亡くなられました
コメント

占い

2010-09-28 | Diary
朝のテレビ
新聞の運勢とか
参考程度に見ている
変わってないな自分
いい意味でも悪い意味でも
閉ざされた世界
占いに頼ることはないがあくまでも参考なのだ
大したことのない人生というのは簡単だけど
言ってしまうと自分を否定しているみたいだ
コメント