a vacant mind

虚無と音楽

そして自分も狂っている

2007-03-31 | Diary
矛盾せずに存在しようとしても無駄なこと
変えられないものがあるとしても
少しずつ有り様を変えることもできただろうに
純粋でありたいと願っていたのかもしれない
そうあって欲しいと願うものがそうでないことも少なくない
強くなる為に壊れそうな自分を変えようとする
もっと強くならなければと
その強さをもって失われたものも数多あるのだが
そう選択したのならば後悔はないだろう
誰かの選択を選択したのであれば話は別ではあるが

そして自分が狂っているかもしれないとしても
それはそれで構いはしない。
コメント

日本の会社は狂っている

2007-03-30 | Diary
身の丈を超えたことに必死で土台を失っている
慢性的な過剰労働があらゆる事故を誘発している
命を削らなければ生きられないにしても
多くの命を巻き込むような狂った会社理論など無策でしかない
大企業の暴走を見て見ぬふりをしてきた国の責任は大きい
徒党を組んで不正を犯せば正論になってしまう恐ろしさ
都合のいい雇用体系をつくり上げておきながら、何の責任も感じないどころか無責任な経営者を増産していく。
日本がおかしくないと言っている人は、自分の行動範囲でしか物を見ることができない人。
命に関わる現場においても採算性を重視するようでは、重大な事故が起きない訳がない。
とにかく日本人は疲れている慢性的に疲れている。
コメント

死に

2007-03-29 | Diary
四面楚歌になっていく
考えてみれば自業自得
ネットすらできなくなる日も近い
内面から沸き上がってくるものは
どちらかというと自身を侵食してしまった
侵食されながら腐食していくみたい
何をやっても駄目な日は寝るのがいい
腐臭を放っている気にすらなっていく
いらないのかもしれないが
そういえば今だ季節の変わり目
真っ黒になることはいつものことだ
コメント

相反する行動

2007-03-29 | Diary
行動が伴わないから思考が停止しているようだ。
頭の中だけのことを実行させようとしても無駄なこと
頭の中で物事が整理されないままで行動しても中途半端になりかねない。
頭の中で考えていることが時に無意味な堂々巡りをすることもある。
どこにも自分を見出せずに生きるとしても生き続けていることで、自分を全くわからないということもなくなっていく。付き合いたくもない自分を切り離すことなどできないから、自ずと向き合わざるを得なくなっていく。
自己完結している世界に変化を起こすとしても劇的なものにしては悪化は避けられない。
通常の世界ではないからこそ慎重さと軽妙さが必要になるのだが、「まあいいっか」となるまでの道程はとても遠くに感じられる。
動かなくてはいけませんが闇雲に動くくらいなら、じっとしている方がましです。
自分の行動パターンを自分が知らなくては同じ過ちを繰り返すだけなのです。
思っていることと違っているとしても、そこから見えてくるものが次へと繋がるのでしょう、例え拒絶してたいものであれ現実が消え去る訳でもないのですから。
コメント

just for a day

2007-03-28 | 音楽等
slowdiveを聞いていたような気がしていたが、聞いたような聞いていないような・・・。
マイブラよりも牧歌的だった気もしていたが、ラジオで聞いたのかレンタルして聞いたのか忘れてしまった。店頭でジャケットを見てこんなジャケットだったのかと思いつい手にしてしまった。
本当はアシュ・ラ・テンペルの振動を買おうとしたのだが、店頭になかったというのもある。
何故か1枚は買いたくなってしまうから、ショップへは行かないように心掛けているのだが今でもショップに行くと何かないかと物色してしまう。
slowdiveは買おうとして買わなかったものの1つだったので、値段も手頃ということもあり、ついつい買ってしまった。
コメント