エコなニコニコ日記 社会企業エコフェアネットワークのブログ

厳しい時代を生き抜き、よい社会を作るために環境問題や格差問題の代替案である私の事業や参考になるだろう情報を書いています。

継続は力なり。

2021-03-31 15:55:00 | 生き方
「新訳聖書」ロマ書五章(パウロ)の言葉。

「患難は忍耐を生じ、忍耐は練達を生じ、練達は希望を生ず。」

近年の心理学の研究であるグリット力(目標をやり抜く力)でも、この写真みたいに最初はスキルは生まれ持った素質による才能と努力の掛け算ですが、だんだんスキルは磨かれていき、ついにはスキルと努力の掛け算で達成が生まれることが科学的に明らかになっています。

「グリット力」著アンジェラ ダックワース
https://www.amazon.co.jp/dp/4478064806

私は現代社会で重視しがちな学歴や生まれ持ったポテンシャルより、目標を達成するには生涯学習やコツコツ努力する姿勢や改善の継続がより重要であるという真実に、もっと世間は目を向けるべきと思います。



コメント

未来に希望と夢を持ちましょう!

2021-03-31 15:54:00 | Weblog
視覚と聴覚の重度障がい者ながら、社会福祉家として世界的に活躍したヘレン、ケラーの言葉。

「この世で一番哀れな人は、目は見えていても未来への夢のない人です。」

私もなかなか仕事や志の活動がうまくいっていないと思いがちで、夜に未来に悲観的になり自分の過去にもネガティヴになり、自分の目標を諦めかけた時は非常に苦しかったです。

しかし翌日にレジリエンスの本を読み返して(現実的な)楽観主義や自己受容などを取り戻したら、生きづらさが凄く減り前向きで生産的に戻れまた元気になりました。
コメント

良いアイディアを考えたなら、もっと実験してみましょう。

2021-03-31 15:53:00 | Weblog
ソニー創業者の盛田昭夫の言葉。

「アイディアの良い人は世の中にたくさんいるが、良いと思ったアイディアを実行する勇気のある人は少ない。」

私は現代なら多くの人達が忙し過ぎてなかなかできない面なども多いと思いますが、たしか西武の創業者の堤康次郎もこの盛田昭夫と同じ様なことを言っていたと思います。

例えば発明家エジソンは小学校中退で実験の効率はあまり良くなく天才的な賢さはなかったのかもしれません。しかし彼はすべてから熱心に学ぶことによる独学と、10代から独自の山ほどの試行錯誤の実験や行動の積み重ねで、魔術師ともついには発明王とも呼ばれました。

私も最近は自分の志の自営業のあり方を考えてばかりではなく、なるべく働きながらも時間をさきたいです。
そしてエジソンの良い面である、自分の頭で考える旺盛なチャレンジ精神に学び、試行錯誤のPDCAの実験を例え失敗を繰り返しても、もっと積極的にしたいと考えています。
皆様もITが発達した現代は、いろいろなチャレンジがやりやすいチャンスかと思います。
コメント

SDGsの様な持続可能性へのチャレンジを、弱肉強食の人類の不幸な宿業を変えるチャンスにしたいです!

2021-03-21 21:34:00 | Weblog






私は人類流転の歴史で繰り返されてきた、強者が弱者を犠牲にして、我が世の春を謳歌してきた姿があると思います。

現代なら学校での「スクールカースト」で、強い体育会系のイケメンやギャルがオシャレして、大人しいオタクみたいな人達を下に見ていじめたり、先進国や大企業や正社員が途上国や中小企業や非正規労働者から搾取して、「勝ち組」を誇っている様なあり方です。

私はその現実をそのまま受け入れるのには、疑問があります。
ではそれを変えるのは、「人間革命」の様な宗教か、社会制度か、社会(集団)の空気か、などあります。

私は特に教育が重要と思います。
孔子が当時の乱れた社会を正すために教えた、仁愛や正義の大切さを伝えた論語や、
それまでの主君への忠誠から、必要な国の変革が新しい志と教えた吉田松蔭や、
クラーク博士や内村鑑三が教えた、地位やお金の追求より、人間主義的な大志を追う生き方の重要さを伝えたり、
現状の日本の偏差値の高さを目指して競争してばかりより、北欧みたいな地球温暖化などの真実を教える実学や自己実現や多様性や主権者教育をしたり、
することが必要と思います。

私は覇道のあり方のエゴイズムと経済合理性の両輪の追求で、地球が壊れそうになっている現代だからこそ、SDGsみたいなもっとバランスのとれた皆が幸せを感じられる様な社会を目指す好機にするべきと思います。
コメント

レジリエンス「自分の欠点を受け入れられる人のほうが、逆境に強い。」

2021-03-20 18:29:00 | Weblog






最近に私がすごく響いたレジリエンス(回復力)のあり方です。

「自分の欠点を受け入れられる人のほうが、逆境に強い。」
(自分の欠点を受け入れた上で、では、どうするのかを考える。)

本「逆境力のコツ」 著 植西聡より引用。
(私の中で買い貯めた15冊の中でベスト2になる内容がいいと思うレジリエンス本で、よかったら皆様にお勧めします。)

私は昨日どうしてもなかなか直せない欠点にとらわれてすごく自己嫌悪に陥り、人生に絶望的になりなにか引きこもりになりそうな位に低迷しました。
しかし翌日にレジリエンスの理論を必死に思い出して、集めたレジリエンスの本達を読み返しました。

すると一般的にも「Nobody is a perfect.」(完璧な人は誰もいない。)と言います。できるだけ完璧主義にならず、自分の強みや弱みを把握して、強みを伸ばしてしかし治せにくい弱みは否定せずに、なるべく受け入れるあり方の大切さを書いてありました。
そして、「自分に欠点があることを恐れ恥じれば、もっと悪い欠点に陥る。」と古代ローマの詩人ホラティウスの言葉も引用していました。
なるべくはそうならない様に自分の欠点や弱点をできるだけ受け入れた上で、どうそれを克服するかまたはいかに向き合っていくかを考えるべきとあり、私はそれを読み学んで必要な自己肯定感を取り戻し、また前向きな生き方に戻れました。
コメント

藤野の里山や芸術の道を散策したら、スランプを抜けてすごく元気になりました!

2021-03-01 13:42:00 | Weblog




私は介護の資格の学校に4月からおそらく入り直して、今はそれまでつなぎで派遣で建設現場での資材運びや清掃の仕事をします。

しかし昨夜は睡眠障害の治療の機械をつけた時間が遅くて、今日は昼まで寝てしまいました。
明日の派遣の仕事が早朝から始まるから、そんなに早くは起きられないと思い、明日の予約をキャンセルさせてもらいました。
しかし代わりに藤野への移住や就労に相談にのってもらってきた方に、かねてから勧められていた藤野の山を散策に行きました。





いい運動になり、すごく元気になりました!今後は山登りや自然散策を趣味にしたいです。

そして「若い時の苦労は買ってでもしろ。」と言うし、来週初めから建設現場で働き心身共に鍛えて、世間という道場で揉まれて人間としても成長していきたいです!






コメント

長年引きこもり支援をしてきたNPOが提案する「自分らしい生き方、働き方、幸せのあり方」の必要性について!

2021-02-13 18:12:00 | Weblog



私は最近にメンタルの調子を崩し、引きこもりっぽくなった私を救ってくれた情報です。
それは、引きこもり支援NPO法人「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」の提唱する「自分らしい生き方、自分に合った働き方、自分にとっての幸せのあり方」という様なあり方です。

今はコロナで家での自粛生活をよぎなくされている方達が多いと思います。
私はなかなかメンタルの病院の予約が取れずに、その薬が一種類が切れてしまい一時は重い鬱、不眠、食欲不振などで、ひどい低迷に陥りかけました。レジリエンスの学びの実践でなんとか乗り越えましたが。
そして今は病院にかかり薬も処方してもらい、体調は回復しました。

私は体調が一番悪い時に、週刊誌SPA!や朝日新聞で、現代は40歳以上の中高年の引きこもりの方達が60万人以上いて、一説には100万人から200万人もいるという可能性がある実態が書かれていました。
引きこもりの原因は一度正社員から外れると、なかなかやり直しのきかない社会構造や、離職や病気などが絡まり複雑化する様です。


そういう方達には、ありのままの自分を肯定する自己承認が必要や、生活保護などの社会保障の活用も求められることが書いてありました。
また引きこもりに苦しんだ自分の体験をもとに、同じ様な悩みを抱える当人やその家族を支援する方達などが載っていました。

私は調子が悪い中で、その記事に苦しんでいるのは自分だけじゃないんだとすごく安心感を持てて、こちらのKHJのホームページを調べてみました。

すると親の相談や居場所の支援以外にも、当事者の自分らしい生き方を追う大切さが書いてありました。
今の就労を目指すばかりの自立支援では、当人の生きるパワーが不足しがちで、なかなか結果につながりにくい面があると書いてありました。
もっと常識やべき論やジェンダーなどにとらわれず、自分らしい生き方、働き方、幸せのあり方を探す必要性も訴えていました。

こちらのチラシにある以前にあったシンポジウムのホームページの学びでは、様々な引きこもりや生きづらさを抱えた方達の自分らしい生き方、働き方、幸せのあり方などが詳しく書いてあり、すごく興味深かったです。
よかったら引きこもりや生き方に迷う方達も、読んでみることをお勧めします。

ちなみに心理学に基づく幸福学のブログはこちらになります。
こちらでも、やはり自分らしい生き方、働き方、幸せのあり方の重要性を述べていると思います。

コメント

コロナによる大変で過酷な状況の今は特に、セルフコンパッションで自分自身に慈悲、慈愛の思いやりの姿勢をより持ちましょう!

2021-01-27 16:33:00 | Weblog



私は今メンタルの病院に予約が殺到していて、なかなか病院にかかれず、最近はついに毎日飲んでいる薬の一種類が切れてしまいました。
そしてそのためか今日はなかなか朝起きられずに、介護の資格の学校も休んでしまいました。

大分落ち込みついぐじぐじと自分を責めてしまい、重い鬱状態になりかけました。
ある意味で今の日本人の美徳は、現実以上に己に厳しさを求めて過ぎて、できない自分を責めてしまうあり方がかなり多いかと思います。
しかし私も日常生活で、自分をある程度は厳しく律する必要はあるかと思います。

ただメンタル本はできない自分をあまり責め過ぎずに、ありのままの自分自身をもっと受け入れる様な生き方をしようと書いてあることが多いと思います。
そして私も最近は幸福学で学んだ、こちらにある近年に心理学で効果が実証された、セルフコンパッションを実践しています。
そして自分の中でなるべく適切なバランスでそれを心がけていると、自分の生き方に必要以上に迷ったり、時に自分に否定的になり過ぎる鬱みたいな落ち込みを、かなり改善できる様になりました。

そういう風に今は自分自身をできたなら、自分のいい意味での良き理解者にして、より自分を信じてコロナウィルスなどの嵐が過ぎ去り、また自力で働いて稼げる明るい未来を実現していきたいです。

コメント

日本の面子(恥)の文化という生きづらさからの、適切な開放を目指して!

2021-01-23 19:33:00 | Weblog




私は先日にインターネットのSNSやブログで、自分が実は生活保護を長く受給してしまっていることを書きました。
ありがたいことに多くの方達にそれを理解してもらい、深く感謝と自分のあり方にある程度肯定感が持てました。
しかし時に朝に起きた時や疲れていた夜などに、明かしたことによる世間からの悪口の噂や陰口の可能性がたまらなく怖くなり、自己肯定感が下がりかなり苦しい思いを持ちました。

そしてメンタル本に書いてあった、朝起きた時などに必死に「自分が好き。」「自分は大丈夫。」と念じる習慣を実践していました。
また幸福学にある「ありのままに。」(独立とマイペース)を読み返すと、かなり落ち着いてきました。

しかしよく日本では、生活保護を取らざるおえない状況に追い込まれた人が、「生活保護を取る位なら、死んだ方がまし。」と言って、「生活保護=恥」とされる風潮が強いことなどがあります。
そういう中で、私はいかに人間は自分のプライドを適切に持ち、またそれをどう保つべきか、そして日本に多い面子の文化について考えました。

そこで参考になったのは、最近私が読んだ「勇気の科学」という、幸福学の研究者でもある大学講師のロバート ビスワズ ディーナーが書いた本です。
この本によると世界の各国により自尊心に関する文化は異なります。
アメリカやカナダなどの北米は、「尊厳」の文化であり、その内容は各人は平等な立場で、自己の自発性や自律性を尊重する、自己評価の基準は内側にあり、良い行動の基準は罪や法律に基づきます。

また南米やアフリカは「名誉」の文化であり、他者の評価に敏感で、自分や家族の名誉を傷つけられたなら、暴力的な行為すら厭わない勇気を重んじる傾向が強い文化です。また自己評価の基準は内部と外部にあり、良い行動の基準は恥にあります。

そして日本や韓国は「面子」の文化であり、自分が他者の目にどう映るかが重要であり、その評価を自らの行動の指針にします。また面子の文化は階層的な組織が形成されやすく、その「序列」が人間関係に影響を与えます。
また自己評価の基準は外部にあり、良い行動の基準は恥、罰にあります。

(写真に詳細が図で表されています。)

私は東アジアに多い面子の文化は、協調性や調和など良い面もありますが、マイナス点は「赤信号みんなで渡れば怖くない。」みたいな危なさもあると思います。
それよりもっと北米にある様な尊厳の文化に学び、その自己評価を内から評価するや、善悪の基準が自己の内側にちゃんとある様な、長所を取り入れる必要性を強く思います。

また私は精神科医の加賀乙彦が書いた本「不幸な国の幸福論」を読むと、そこにも日本人は「個」育てが苦手だとあります。そして世間の「普通」とされるあり方から外れて、自分を持ち時に「変人」と呼ばれる様なことを、厭い恐れるあり方の問題点が指摘されています。
また「正しく悩む」重要性も書いてあります。

そして別の精神科医の町沢静夫は、日本人は健康的に生きたいなら、世間からのイメージの集合体の様な評価から自分を判断するのではなく、自分の内側から自分をなるべく現実に促した形で妥当に自己を評価をする重要性を書いていました。
これはある意味で人間の一生の課題だともありました。

私も自分をどう評価するべきか考えてきて、時にある世間の心ない悪口ややっかみに動揺せずに、私はなるべくありのままの自分にYESを言うことを前提にしたいと思います。
そして自分が現実的に客観的に、適切ななすべき生き方や行動をしているかを、内側から判断する必要性も感じています。

私はこういうあり方なら、生活保護=恥という世間の風潮に流されずに、自分なりにその是非を考えて的確な判断ができて、どうしても必要な方達が生活保護に抵抗感が薄れて、この制度を利用してこの危機を生き延びられるかと思います。
コメント

1月24日(日)にスペースレピアが日本学術会議の任命拒否についての憲法カフェを開きます!

2021-01-22 12:33:00 | Weblog





社団法人「生命、地球、平和産業協会」(スペースレピア)が、この度に憲法カフェというイベントを開きます。

こちらの団体は、西郷隆盛が言った無私の敬天愛人の精神に基づく様な、当会代表の渡辺和子(ビタミン和子)さん達による、混迷する社会や悩める方達を救う経世済民の事業や活動を行っています。

菅政権の日本学術会議への任命の拒否について、学び考え話し合いたい方はぜひご参加ください。
私もこちらの憲法カフェにZOOMから参加します。

どうぞよろしくお願い致します。

「憲法カフェ ※ズームか、リアル10名程 入退場自由
14時~17時 講師 大山勇一弁護士による資料と基調講話
テーマ「憲法と学術会議任命拒否と政府の視点」LEPIAから「学術会議の歴史的経緯と業績」事実資料   
参加者からの質問、発表、ディスカッション
参加者の発表や配布資料は、事前協議で決定
ズーム申し込みの方には、当日午前中に参加URLを送信します。
資料は、お申し込みと参加費確認後、pdfで送信か、会場配布
Zoom、会場ともに参加費1,500円
リアル会場:明日香出版社1階 文京区水道橋2-11-5 有楽町線3番出口3分
会場ご参加希望の方は、早めにお申し込みください。残席数席です。」
コメント